下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

YOU

続 東銀座 YOU

今日は「コカ・コーラを飲もうよ♪」です。
12eab923899e51afd8dc3f6d9a0acc30--halloween-themes-halloween-fun
始めてコーラを飲んだのはいつでしょうか、多分小学校の高学年の頃だと記憶しています。
何とも薬臭い味だというのが第一印象でした。
アメリカではバッドマンやロビン少年も毎日コーラを飲んでいるのだろうか、バットマンもコーラを飲むとゲップをするのだろうかという疑問が沸々と湧いてきたものです。
コーラと申せばコカ・コーラ社が香料のレシピを公開していないことから、原材料に関しても様々な揣摩臆測が生まれています。
そのひとつに、コカ・コーラのレシピを知っているのは2人の重役だけというのがあります。
2人である理由は1人が突然事故などで死んでももう1人が知っているので存続できるからだそうです。
それ故この2人が同じ飛行機に搭乗することはないそうです。
どうですか、これはやはり都市伝説でしょう。

2834
始めてウィスキーコークを飲んだのははっきりと覚えています。
それは中学3年生の時です。
剣道部の先輩が同じく高校の先輩からパー券(不良主催のパーティーの券)を買わされ、それをさばききれないので、なななんと中学生の我々に売りつけたのです。
私は剣道部の友達と当時流行っていたアイビールックでバッチリとキメていきました。
会場は地元の源森川にかかる橋のたもとにあるイカガワシイ喫茶店でした。
店内にはいりますと、会場内は照度の低い電球色のダウンライトで演色されていました。
その薄黒い光にからみつく紫煙、生ぬるいよどんだ河の底にへばりついている山椒魚の皮膚のような滑(ぬめ)っとした空気、未成熟な男女の淫靡でかつ火照った猥雑な熱情が彼我・貴我なく混じりあってたゆたう(揺蕩)していました。さら〜に、奥に進むと主催者側の男子達は、てめえら会場荒らしだったらこの人数でシメルぞと、ガンを飛ばして(目力で相手を押さえる)私たちを脅かしていました。
完璧な不良少年少女の集いでした。
しか〜し、ほとんどが高校生ですから、最年長でも18歳になったばかりです。
今思うと完璧な精神的なストレッチ(背伸び)であります。
眼が暗闇に慣れてきますと、蔵前中の剣道仲間がいることを発見しました。
この雰囲気にビビらされていたのでお互いににすり寄って雑談を始めました。
すると蔵中のアタマを張っていた間瀬はポケットからマッチを取り出して、胸ポケットに忍ばせた煙草を取り出してから、気どった仕草で煙草に火をつけ、頭上に大きな煙の輪を二つ作り、モク(煙草)はショッポ(ショートホープ)に限るぜ、とリョウフ(不良)を演じていました。
それにつられて、私たちも、ショッポか、一本くれよ、と本当は煙草なんか吸った事はないのですが、間瀬にヤスク見られるのが嫌で強がりを言ってしまったのです。
私たちは、いまだ喫煙経験がないので、ほとんど空ふかしでごまかしていました。
室内が暗かったので私たちの疑似喫煙は間瀬にばれる事はありませんでした。
当時は、煙草×1本で英単語を10個忘れるという都市伝説が蔓延していました。
それに加えていかんせん未成年ですから煙草は厳禁だったのです。
その割に飲酒は大甘でしたので不思議な下町の戒めでした。
飲み物は、冬だったので女子はホットコーラ(甘いだけ)でした。
これは美味しくありません。
男子はウィスキーコーク(甘辛いだけ)か飲めない奴はタバスココーラ(辛いだけ)でした。
始めて飲むウィスキーコークは変な味でした。
炭酸の刺激が強くてすぐに酔うのですが、あまり美味しくありません。
実は今日のフリネタのエッセンスはここにあったのです。
当時のこのようなパーティで使われたウィスキーはトリスのようなスコッチ系でした。
最近、近所のカナダ人とウィスキーコークの話をしていましたら、ウィスキーコークはアメリカ系の甘いウィスキーにしか合わないとの事でした。
だから不味かったのですね。
ごめんなさいコークm(__)m
君を疑ってしまって・・・


ということで口直しにこの曲を!
コカ・コーラを飲もうよ♪



IMG_6003

IMG_6015
今日は銀座に出没です。
この間いただいた極上のオムライスの味を思い出しました。
今日のお店は再訪です。
今日のお店は「YOU (ユー)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話:03-6226-0482
定休日: 年末年始

IMG_6004

IMG_6005

IMG_6007
お店の外観です。

IMG_6010
店内の雰囲気です。

IMG_6008
メニューです。

きょうのオーダー「you飯セット(たまごサンド&珈琲)」@1,100円です。
今日も店内は女子比率が高いですね。
私の隣の席は品女の高校生の4人組です。
この高校は山口百恵さんも末広涼子さんも入れてやったのに私の妹を落とした憎むべき高校であります。
彼女たちの話を耳をダンボにして話を聞いていましたら、やはり高校生の会話は楽しげですね。

IMG_6009
待つこと1分でテーブルセットの到着です。

IMG_6011
待つこと7分で「たまごサンド」の到着です。
黄色と黄緑は色合いが良いですね。

IMG_6012
それでは実食です。
うん、美味しいです。
玉子がイケますね。
マヨネーズが優しい味わいです。
特上の味わいではありませんが、心とおなかが和みます。

IMG_6013

IMG_6014
食後の珈琲です。
珈琲は砂糖なしのホイップクリームが一緒に付いており、すっきりしていて深みのある苦みが高評価です。
まだ隣の品女の4人組は楽しく話しています。
学生の頃だったら100%話しかけていたでしょう・・・

それでは(^_-)

東銀座 YOU

今日は「怒鳴る人」です。
171108_enbujyo
この間、新橋演舞場の路上を歩いていると、演舞場脇の交差点で私の鼓膜が破れんばかりのクラクションが私の周辺を支配しました。
音の根源を見ますと、直進の高級外車が右折のタクシーに割り込まれたみたいで、直進の車がそれに対するクレームで大音量のクラクションで抗議したようです。
しばらく歩いていますと、今度は肉声の大音量が耳をつんざきました。
またまたその音源を見ますと、直進の車が急きょ左折して且つくだんのタクシーを追い抜いて路肩に停めさせ、その運転手が車から降りてきて、そのタクシーの運転手にガンガンに文句を言っていたのです。
タクシーの運転手は100%彼が悪いのでひたすら謝っていました。
その運転手は怒り疲れたのでしょうか、最後には、これに懲りて二度とするなよ、とキメをだして自らの車に戻りました。運転手席ドアを開けたら、助手席にいたのは多分に奥様でしょうか、その女性に対して、トコトン言ってやった。グーの音もでなかったぜ、カッカと笑いながら、高級外車のシートにその身を沈めてからおもむろに車を発進させました。

que-12153597867
私はこの一連の出来事を見て、こんな昭和な人が平成の世にも現存していたのだと驚きました。
しか〜し、この人なんでここまで怒れるのですかね?
このような人は、他人より自分の方が優れているといつも思っているので「他人を言い負かす」とか「自分の意見は絶対正しい」と思っているのでしょう。
周りから見たら、自己中心的で器量の狭い方にしか見えないのですけどね。
人間誰しも「ストレス」を持つものですが、その発散の方法が単に「クレーム」という形で現れているタイプなのでしょう。他のストレス発散方法を知らないが為に、融通の効かなさがクレームとして現れるのでしょうか?
普段から認めてもらえないからこその、鬱憤からの情動となるでしょう。
これは「認知欲求」と言われるようです。
しか〜し、これは「ストレス発散のための八つ当たり」に近いものがあるような気がします、ハイ。


このような目に会った方にはこの動画をお勧めします。
格闘技・武道・武術をリアルの喧嘩で使うとこうなる



IMG_5851
今日は雨にけぶる東銀座に出没です。
今日は「これを食べてから死ね」とまで言われているオムライスをいただきにあがりました。
今日のお店は「YOU (ユー)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話:03-6226-0482
定休日: 年末年始

IMG_5852
お店の外観です。

IMG_5863
店内の雰囲気です。

IMG_5864
お店を特集した記事です。

IMG_5854
メニューです。

今日のオーダー「you飯セット(オムライス&珈琲)」@1,300円です。
店内は70%女子です。
その為かなんかかまびすしいですね。

IMG_5855
待つこと4分でテーブルセットの到着です。
福神漬けがうれしいですね。

IMG_5857
待つこと11分でオムライス&珈琲の到着です。
オムライスはあたかも黄色い大理石みたいな感があります。
きれいですね。

IMG_5859
スプーンで切れ目をいれて開くと、ホイップクリームの溶け込んだオムレツの中身が揺蕩(たゆたう)と広がります。柔らかいとろとろ濃厚のオムレツが、ベーコン・玉ねぎの美味みの効いたケチャップライスを優しく包みこんでいきます。それでは実食です。
これは美味しいです。
なんだろうこの雲の上に登ったよう感じの美味しさは・・・
この副作用でしょうか、高温の油の中に落ちた水滴のように、食べるに従って心の中のわだかまりがプチンプチンと音を立てて爆ぜていきます。
得も知らない幸せを食べているからでしょうか?
玉子好きなら絶対に外せない一品と断言しても良いでしょう。
絶品です。

IMG_5861

IMG_5862
珈琲は砂糖なしのホイップクリームが一緒に付いており、すっきりしていて深みのある苦みが高評価です。
幸せの極大化ここに至るであります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ