下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

THE有頂天酒場

続 神田 THE有頂天酒場

今日は「ポジティブ視点」です。
ごちそうさん
「魚島季節(うおしまどき)の挨拶」。急用ができたからと挨拶まわりに出られなくなった和枝は同行せず、め似子はひとりで鯛を持って挨拶まわりをはじめましたが、どの家に行っても鯛は受け取ってもらえず門前払い。

実は、和枝は、め似子に先駆けて誰にも気づかれぬように、鯛を親戚縁者の各家にすでに送っていたのです。しかも、め似子のことを悪く言う手紙まで添えて。

め似子の用意した鯛は拒絶されて、手元に鯛が残ってしまった上、今度は和枝が密かに贈った鯛のお返しとして、鯛が次々と西門の家に届けられて来たのです。

大量の鯛をめ似子はすべて使い切ろうと、師匠(近藤正臣)に助けを求めに行さました。すると、師匠は一冊の本を貸してくれました。「鯛百珍」という鯛料理の虎の巻です。

ありとあらゆる鯛料理づくりに励むめ似子に、静(宮崎美子)や希子(高畑充希)も面白かって手伝いはしめました。

そうして出来上がった数々の鯛料理を、悠太郎も加わって堪能し、和枝の策略は不発に終わってしまうのでした。
「『ごちそうさん』第七回第42週『たいした始末』」最新エンタメ情報より転載

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」を「あまあちゃん」ロスをいやすために例によって毎日深夜01時頃奥様とみています。
正直に申しまして「ごちそうさん」は「あまちゃん」より面白いのです。

めいこ
当初は単なる大阪嫁いびり物語かと思いきや、そうではありません。
要は「細腕繁盛記」の大阪版ではないのです。
特に今日の放送のようにネガティブ視点をポジティブ視点に変えて見る、視点を変えると違う物が見えてくると言うメッセージは非常に心に染みわたりました。
具体的には今日め以子が言っていたこの件(くだり)です。

これが本当の始末か・・・
美味しく食べる方法はあるのよね。
骨も腸(わた)も人もきっといっしょだよね
骨は食べられないけどいい出汁(だし)がでるし、腸(わた)は扱いにくいけどその分珍味になるし、いやなとこって、見方ひとつっていうか、あつかい方ひとつっていうか、きっとそういう風にすれば楽しいおうちになるのよね。
今日みたいにごはん食べられるのよね。

要は学校教育のように間違えを恐れ、完璧主義で生きることではなく、どうやったら自分の人生を面白くできるかに集中すべきということなのでしょう。
そんな生き方をするためにまず必要なのは、物事を近視的な眼でその表層を見るのをやめることです。
視点の切り替えを行う、換言すれば短所の裏返しは長所になるということなのです。
欠点だけを見つめていては視野狭窄になり、その中おいて二次元的、相対的な価値を考えても人生はエキサイティングになりません。
視点を切り替え俯瞰することにより、短所の中に埋没していた長所を浮き彫りにすることで、問題点が明確になり、その解決の糸口をみつけることができるのです。
その糸口さえ見つけることができれば、今日のめ以子の様な幸せな気持ちになれるのです。

特に日本人は右顧左眄(うこさべん)的性癖から人からどう見られるか、人と比較して自分はどうなのかを気にしすぎる傾向があります。
そのために「こうあるべき」といった画一的な価値観に縛られてしまい、自由な行動を自ら妨げてしまうのです。
自由な行動を促すためには、短所の裏返しは長所であるという極めて当り前の定理に戻るべきなのです。


鉄拳さんの「家族の話」です。じんわりと心が暖かくなること請合います。



IMG_7681
今日は神田に出没です。
今日の昼食は15分で食べなければなりません。
ということでせっかち飯を頂くのはこちらです。
今日のお店は「THE有頂天酒場」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-5-1 大蓄ビルB1
電話:03-5577-5622
定休日:土・日曜日、祝日

IMG_7783
お店の外観です。

IMG_7793

IMG_7788 - コピー

IMG_7789
店内の雰囲気です。

IMG_7782

IMG_7787
メニューです。

今日のオーダー「元祖!とりテキ定食(スタミナガーリック)ご飯お替り無料・全品ドリンクバー付」@750円です。

IMG_7790

IMG_7792
待つこと9分で「元祖!とりテキ定食」の到着です。
見た目、ポテトチップスがのっているかと思ったらフライドガーリックじゃん、定食です。
なにか圧迫感ありますね。
気を取り直して実食です。
できたてですので熱さは充分すぎます、というかtoo hot!です。
このとりテキは軽い衣がついています。
聞くところによりますとこの「とりテキ」は、三重県ご当地グルメの「とんテキ」をアレンジしたものだそうです。

味ですか、もう少し衣が美味しかったらイケましたのに、で〜もまずまずの味です。
やはりここの名物「から揚げ」に比べますと格が落ちますね。

IMG_7786
ドリンクバーがあったので個人的には満足です。
せっかち飯なのに多くを求めてはなりません(笑)

それでは(^_-)

神田 THE有頂天酒場

今日は「そうだったんだ其の弐」の話です。 

◆なぜ大相撲の土俵の屋根は浮いているのか?
昔は柱があったのですけれど、TV中継の邪魔だから屋根と一緒に外したそうです。
でも、屋根を外したら、呼び出しや行司の声が響かなくなってそれで屋根だけ吊るすようになったのですと。

◆横綱の注連縄(しめなわ)の意味は?
あの注連縄(しめなわ)って、神道では「標(しめ)」といって、神様のいる場所とそうじゃない場所とをわけるものなのですね。つまり神棚と同じで、あの向こう側には神様がいるわけです。
横綱の場合は、オチンチンがそれに当たります。
本当かしらん?

◆浅草の雷門の前にある有名な蕎麦屋のオヤジ!
このお店で蕎麦を食べている時水を頼むと「蕎麦を食っている時に水なんか飲むな」と怒られるらしい。
蕎麦を食べ終わった後に爪楊枝を頼むと「爪楊枝を使うような蕎麦の食い方をするな!」とこれまた怒られるらしい。
マジですか、このお店は5〜6回は行っていますが、このような目には合っていません(笑)
蕎麦通のお店ですか。しかしこのお店のご希望の様に毎回蕎麦を喉で食べていたら疲れます。
若い頃は真の江戸っ子になるべく、蕎麦を喉で食べていたのですが、あっという間にお腹に吸い込まれてしまうため、満腹感に達せず、何皿も蒸篭を頼むことになり大出費となりました。真の江戸っ子になるのは“オアシがツライね!”と思った次第です。
この蕎麦屋のオヤジのコダワリに容喙(ようかい)する気はありませんが、客の食べ方に文句言うなら金とるな、金とるなら会員制の蕎麦屋にして、一見さんを驚かすな、と言いたいところであります。

◆宗像(むなかた)さん
宗像とは胸の刺青の意味です。潜水漁撈を生業とするためフカなどを避けるため体に装飾を施した集団で、彼らの守護神は沖の島にある宗像神社です。
沖の島は宗像の神体島であるために今でも女人禁制です。
この名前は私が担当していたパナソニック電光の女性課長が宗像(むなかた)さんという奇名?だった為に覚えていたのです。
実は私は宗像(むなかた)課長さんを初めての挨拶で宗像(しゅうぞう)課長さんと読みちがえてしまい、大変失礼をした思い出があります。本音を申せば、このような読み違いをする様な苗字にはきちんとルビふってよ、と言いたいところではあったのですがね。
その後で、宗像(むなかた)課長から、九州には宗像市もありそれなりに浸透した名前ですよ、との説明を受けたのでした。


Is Japan cool? かっこいい ・ カワイイ 日本



今日は神田に出没です。
今日のお店は、前から気になっていた唐揚げ食べ放題のお店「THE有頂天酒場」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-5-1 大蓄ビルB1
電話:03-5577-5622
定休日:土・日曜日、祝日

IMG_0245
お店の外観です。

IMG_0250
店内の雰囲気です。

IMG_0246

IMG_0247
メニューです。

IMG_0248

IMG_0249
本日のオーダー「鶏唐揚げ食べ放題定食(小鉢、漬物、ご飯、汁物付)+フリードリンク」@750円です。
鶏唐揚げ食べ放題といっても@750円では19個まで、20個から29個は+100円、30個以上は+200円ですがね。それでもすごいコスパですよね。
さらいえいえば13時すぎると、普通の「唐揚げ定食」が@500円だそうです。
このお店お最高記録は男性が35個、女性が25個だそうです。
となりに座った若いビジネスマンは15個を頼んでいました。
ちなみに私は6個です。
待つこと、5分で着皿です。
味ですか、店名の通り居酒屋さんの唐揚げです。少し衣が硬いかなというくらいで普通に美味しいですよ。
私は6個で充分ですが、食欲旺盛な若い人には垂涎のお店でしょうね。
フリードリンクのコーヒーが美味しかったのはうれしかったですね、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ