下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

Rレストラン&バー

浅草 R レストラン&バー 4th

今日は「安産祈願」です。
長男夫婦に子供ができたので安産祈願に行って参りました。
私が選んだ神社は、亀戸浅間神社なのです。
なんで浅草神社ではないのと思われる向きもありましょうが、この神社は我が家の子供達のゴッドファーザー(名付け親)なのです。
長男の名前も次男の名前も、私が名前を付けてここで、その承認者になってもらいました。
今、このように書いていて、もしかしたら私の名前もそうかもしれません。
と申しますのは、ここの神社の当時の宮司さんである玉野さんと、私の大阪の伯母が親しく付き合っていたからです。確か、私の名前の時も、玉野さんがかかわったような気がしています。
なんでそのように考えに至ったかと申せば、私の名前はかなり格調が高いのです。
多分に私の父親はこのような名前は思い浮かばないでしょう。
さら〜に、父親は私の名前は、私が初めての子供なので誰かに頼んだと言っていました。
御徒町の伯母からも、私がかつて玉野宮司にお世話になったような事を言われたことがありましたので、意外にもこの仮説は真のような気がしてきました。

IMG_1304

IMG_1297

IMG_1303

IMG_1301
閑話休題
この神社は安産・育児・子授けの神とされる木花開耶姫命(このはなさくやひめ)を祀っています。
安産の祈祷は、妊婦の名前、夫の名前、それに住所、出産予定日が読み上げられるのです番地まで言われていたのには正直驚きました。
神様が訪問していだくからでしょう。
何やら神様はジャパンポストみたいですね。
そのあとは、清らかな雰囲気の中ご祈祷して頂き、玉串を捧げるなど、まさに神事でした。
圧巻は、鈴祓い、鈴の音清めです。
鈴の音は、邪気や魔を祓うことに効果がある他に、神気を起こして奮い立つ意味で、神事の道具として、使うのだそうです。この鈴が醸し出すシャンシャンという音は、天より降り下る、天と空の神気を、音で現しているそうです。
特に低音の鈴の音は、大地より湧き出る神気の様子を表現します。
大地の神気は、私たちが力強く生きるために、欠かせないエネルギーなのです。
目に見えない神気を、人間が五感で捉えるために行う方法が鈴祓い、鈴の音清めなのです。
そして、この鈴の音は、この世の全ての邪気を祓い、清らかな神気がますます栄え、生物の活気が起こり、身体の内面より活力が生まれ、命を育み、そして、魂を伸張させるのであります。
私たち家族はこの儀式を始めて経験しましたが、日本人ならこの清らかさに大いに感動すると思います。
皆さまも、お子様、お孫様ができましたら是非ご体験ください。
ちなみに孫のXデイは、10月25日のようです。
母子とも健やかで、玉のような赤ん坊が生まれてくるのを心待ちにしております。


チャップリンの史上ベストスピーチ



IMG_1286

IMG_1287
という事で今日のランチは4.5人で行われました。
今日のお店は「「R レストラン&バー」さんです。

住所: 東京都台東区雷門2-16-11 ザ・ゲートホテル雷門 13F
電話:03-5826-3877
定休日:年中無休

IMG_1288
お店の外観です。

IMG_1289
メニューです。

きょうのオーダー「ランチ&デザート」@1,850&@500=2,350円です。
今日は長男に予約を頼んでいたのですが、満席で「予約叶わず」でした。
お店にきましたらマネージャーが、どうされましたか、とお声掛けしていただきましたので、席がとれないのだけども、と言いますと、バックアップの席で良ければありますよ、と言われたので、その好意に甘えました。
最近、このお店はいつも満席で予約が取れにくくなってきました。
バックアップの席は意外にもテラス席でした。
プチついています。

IMG_1290
待つこと7分で「キアヌとチキンのサラダ」の到着です。
見た目、清涼感があります。
野菜はエッヂが立っていて噛みしだく音もシャキシャキであります。
美味しいです。

IMG_1291
同時にホテルブレッドも到着です。
個人的には、ここのブレッド大好きです。
エクストラバージンオイルでいただくのも良し、インハウスのバターでいただくのも良しですが、私はバターをお勧めします。ななんと4回もお代わりしてしまいました。

待つこと37分で「ハンバーグステーキ ポーチドエッグ添え デミグラスソース」と「鮮魚のポワレ 鈴廣浅草店“ふくふく揚げ”添え グルノーブル風」が到着しました。

IMG_1292
まずは私の「ハンバーグステーキ デミグラスソース」です。
肉美味しです。
ポーチドエッグも温かみが十分あって高評価です。
ホテルのハンバーグステーキはこうあるべきだという一品です。
美味しいです。

IMG_1293
次に私以外の家族が頼んだ「鮮魚のポワレ 鈴廣浅草店“ふくふく揚げ”添え グルノーブル風」です。
見た目、サレオツな盛り付けです。
ポアレですからカリカリの焦げ目のある皮美味しです。
ケレンみなく仕上げた一品です。
安定感ある味です。
美味しいです。

IMG_1295
食後のデザートです。
盛り付けがきれいですね。
オレンジケーキは甘さ控えめで高評価です。
美味しいです。

IMG_1296
珈琲です。
大カップでのサーブです。
ここの珈琲は酸味が少なくて、私の好きな味わいです。
大満足なランチでした。

それでは(^_-)

浅草 R レストラン&バー リターンズ

今日は「謹賀新年」です。
本年は丁酉(ひのととり)です。
酉年生まれの人は、頼れる兄貴分、姉御肌で優れた直観力を頼りに即行動を起こせる人ですが、反目に回ると外づらは良いですが本音を言わない神経質の人のようです。
丁酉の丁は充実している伸び盛り、ところが酉は、もうこれ以上は成長しない状態なのです。
ちょっと矛盾を感じませんか?
丁酉の年は、上述のとおり干と支に矛盾が感じられる年なので、自分の力に過信することなく慎重に、外部の力をうまく利用すれば何も恐れず、進んでいけるそうです。
いずれにしても、バーナム効果(誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象)ですから右から左へと聞き流してください。古いか・・・
酉という字は、飲み物の器からきています。
従いまして、お酒にまつわること漢字が多いのです。
まずは酒ですね。あんど焼酎、泥酔、酔顔・・・
「酔い醒めの水は甘露の味」は故事です。
今年は少しお酒を飲む練習をしてみましょうか。
という事で元旦です。
元旦は恒例の両親の墓参と浅草への初詣です。
長男夫婦もJoinしました。
画像主体ですがお付き合いください。

#今戸神社
IMG_7091

IMG_7092
奥様が長男夫婦に錯誤で1時間遅れの待ち合わせ時間を指定したことから、私が建てた元旦のスケジュールはいとも簡単に壊されてしまいました。
一言で申しますと、最初に訪れるはずだった両親の墓参が最後になっただけなのですが、一年の計は元旦にあり、と言いますからね、こういう点に下町っ子はこだわるのです。
最初の訪問地は今戸神社です。
今戸神社といえば良縁招き猫が有名な縁結び神社です。
ちなみに福を招くという片手を上げた招き猫は、この神社が発祥の地と言われています。
「古事記」の中で初めて結婚した男女の神である「イザナギノミコト」と「イザナミニノミコト」が祀られていることから 縁結びのご利益を求めて多くの婚活中女性が訪れています。
元旦のこの日も多くの若い善女がお参りに来ていました。

#待乳山聖天
IMG_7095

IMG_7098
次に訪れたのは、待乳山聖天(しょうでん)様」です。
待乳山聖天は「聖観音宗(しょうかんのんしゅう)」です。
浅草寺一山のお寺のひとつで、本龍院というのが正式な名称です。
ここには何回来たでしょうか、数えきれません
待乳山の高さは9.8メートル、東京で一番低い山です。
低地の中にあるので、周りがよく見えて眺望がすばらしいところです。
江戸時代はここから国府台(千葉県)まで眺望できたそうですよ。

IMG_7096
ここでは義娘に正しい鐘の鳴らし方を教えました。
やはり、下町生まれの家に嫁いだのなら、鐘の鳴らし方は覚えてもらえませんと(笑)

#被官稲荷
IMG_7100

IMG_7102
その次に訪れたのは被官稲荷です。
この神社は18歳の時から信心しています。
名前の通り「官を被る」すなわち官位を授かるという意味から出世祈願の神社です。
そのため、就職・出世・商売繁盛を祈願する人が多いのです。
社殿は小振りですが、関東大震災・東京大空襲の被害を奇跡的に免れたことにより安政2年(1855)の創建当時のものなのです。
ご利益ですか、ありますよ。
ちなみに京都にある伏見稲荷大社の分社です。

#三社神輿
IMG_7103
三社にはお参りしませんと。
そういえば、二ノ宮と三ノ宮の神輿には肩を入れた事がありましたが、一之宮だけはありませんでした。
機会を見つけてグランドスラムを達成しておきませんと・・・

#雷門
IMG_7106

IMG_7105
DJポリスが、提灯をゆすらないで、く・だ・さ・い、と絶叫していました。
いるのですね、浅草にもフトドキものが。
多分ですよ、このように声をからしてでも言っておきませんと、提灯にぶら下がるヤカラがでてくるのでしょうね。
万が一ですよ、ぶら下がって提灯でも落としたなら、即座に土地っ子にボコボコにされ、白目をむいたらツタンカーメンのミイラみたいな鄭重な簀巻きにされて、大川(隅田川)に流される事でしょう。
その後、川面にいる100余羽のカモメさん達にその双眼をツンツンと突っつかれる事でしょう。
カモメさんに目を突っつかれますとかなり痛いですよ(笑)

#縁起獅子
IMG_7141

IMG_7159

IMG_7145

IMG_7146
この芸人さんは初めて見ました。

IMG_7149

IMG_7155
長男が大盤振る舞いのご祝儀?を芸人さんに渡したことから、義娘にハート風船のプレゼントを作ってくれました。
こいつは春から縁起がいいわいなぁ、であります。

という事で今年初めてのお店はこちらです。
よくぞ、元旦に予約が取れたものです。
ここでも、こいつは春から縁起がいいわいな、であります。
今日のお店は「「R レストラン&バー」さんです。

住所: 東京都台東区雷門2-16-11 ザ・ゲートホテル雷門 13F
電話:03-5826-3877
定休日:年中無休

IMG_7134
まずは元旦点描です。
静岡出身の総支配人が静岡愛を前面に出したイベントを企画していました。

IMG_7132

IMG_7133
お酒は静岡の酒蔵の花の舞酒造さんの「花の舞」です。
この酒造はすべて静岡県産米を使用しています。

IMG_7129

IMG_7131
つき立ての餅はこれまた静岡名産の安倍川餅です。
ちなみに安倍川餅は、江戸時代初期、安倍川岸で、徳川家康が茶店に立ち寄った所、そこの店主が黄な粉を安倍川上流(梅ヶ島)で取れる砂金に見立て、つき立ての餅にまぶし、「安倍川の金な粉餅」と称して献上したものです。
家康はこれを大層喜び、安倍川にちなんで安倍川餅と名付けたという故事を、総支配人は連呼していました。
これまた静岡愛です。
しか〜し、肝心の安倍川餅の画像は撮り忘れました。初ポカであります。
そうそう、総支配人さん、あいすみません。
ご尊顔の掲載許可を取り忘れていましたが新年ですのでお許しください。


IMG_7108

IMG_7138
店内の雰囲気です。
スカイツリーが綺麗ですね。
店長が私の顔を認めて新年の挨拶に参りました。
わざわざご丁寧にありがとうございます。

IMG_7112

IMG_7113
メニューです。

今日のオーダー
今月のシェフランチ@3,000円です。
ランチセットメニュー@1,850円です。

IMG_7114
待つこと6分で「ツナとレンコンのサラダ」の到着です。
これはツナ美味しです。
野菜もシャキッとしてエッジが立っていて口内感触最高です。
出足良いですね。

IMG_7115

IMG_7116
待つこと19分で「フォアグラのソテー」の到着です。
フォグラは欧州はハンガリー産です。
口内でトロケマス。
バルサミコソースもセンスの良さを感じます。
これは美味しいですね。
口福の神様が降臨しました。

IMG_7117
待つこと38分で「ハンバーグ煮込み STAUB仕立て」の到着です
これは見た目以上に美味しいです。
STAUB(ストウブ)のアロマレインの効果でしょうか。
噛みしただくたびに肉汁が口内で弾けて結構な味わいです。

IMG_7119

IMG_7120
待つこと38分で「平田牧場三元豚ロースと“栃木屋商店の木綿豆腐のロースト”とキノコのソース」の到着です。
栃木屋さんは創業明治20年の浅草にある豆腐屋さんです。
三元豚ロースと木綿豆腐のローストのコラボレーションは良いですね。
三元豚ロースの「硬」と木綿豆腐のローストの「軟」の組合せが良いのでしょう。
個人的にはマッシュポテトの安定感溢れた味わいが高評価です。
美味しいです。

IMG_7123
デザートの本日のケーキとシャーベットの盛り合わせです。
見た目綺麗です。
小豆と黄な粉の組合せはシャーベットに合います。
ご機嫌なデザートです。
今日はすべてがご機嫌な味わいです。
ここでも、こいつは春から縁起がいいわいなぁ、であります。

IMG_7126
ジャンボ珈琲も高評価です。

#番外編
IMG_7173
子供の時・・・
このようなオレンジジュースが出る水道が心より欲しかったものです。

謹賀新年
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ