今日は「大食い王選手権」です。
マックス鈴木
テレ東の「大食い王選手権」が好きです。
何故なのでしょう・・・
多分マラソンに似ているからでしょう。
もしかしたら人生の縮図として見ているのかもれません。
従いまして見る時は初めから真剣にみています。
今回久々に素晴らしい新人がでてきました。
その名は「MAX鈴木」さんです。
無類の胃袋強さで勝ちぬき日本の大食いの頂点に立ちました。

何故大食いができるのでしょうか。
以下はネットからの転載です。
大食いできる方は胃の形状がもともと大きく、医学的には曝状胃(ばくじょうい)という名前がついています。
更に消化管停留時間が短く、吸収効率も低ければ肥りません。
普通の人が練習してもあんなに食べられるようにはなりません。
遺伝子的にも脂肪を燃焼させるβ3アドレナリンレセプター(太りやすい遺伝子)というものが関与していると言われています。これを阻害するTrp64Arg変異(遺伝子異常)というものが元々ある人はエネルギーを効率良く体に蓄える働きをします。
要は日本人の33%はこの遺伝子異常で太りやすいのです。
これが少ない人は吸収が悪く肥らないと言われています。
テレビで大食い選手権を見るたびに、この人たちの胃はどういう構造になっているのだろうかと常々医学的な好奇心を持っていました。先日、大食いの女性に食後に胃の透視をしていました。食後にすること自体すごいのですが、お陰で食べ物が胃に満タンになる前から十二指腸に流れ込んでいく様子がよく分かりました。
物理的に不可能と思われる量をどうやって体内にいれて、しかも消化するのか疑問でした。
答えは未消化のまま体外に排泄されているようです。
だから太らないのでしょう。その代わり1日に20回もトイレに行くそうです。食費は月に30万かかると言っていました。

如何ですか・・・
大食いの方の宿痾(しゅくあ)は上記のことからお分かりのとおり痔です。多分。
未消化のまま体外に排泄されていてその回数が20回でしたら誰でも痔になるでしょう。
ちなみにギャル曽根さんは一日7〜8回とか聞いています。
彼女もかつては痔主でした。
元痔主の私としてもかかる宿痾に対しましては、衷心よりご同情申し上げる次第であります。
もしかしたらそれを避ける為に食後に吐いているのですかね・・・
それであれば食べ物に対する冒涜です。
命あるものを頂いているわけですからね、そうでないことを祈るのみです。

いずれにしても大食いの方に合理性はありません。
健康問題、衆目からの特別視、経済的負担等から鑑みても特段の有利性は見出せません。
仮に第二次関東大震災の際、どこかの避難所に身を置いていたとしますよね。
炊き出しのご飯をそれこそ10人前も食べたら村八分になります、というか大ヒンシュクものになります。
その際、ある種の遺伝子異常で栄養が希釈されるので普通の人の10人前食べないと死んでしまうのです、とでもいうのでしょうか。
茶化してすみません。
いずれにしても大食いの方は「不幸に選ばれし人」みたいな気がするのです。
記憶で申せば大食い女王であった赤阪尊子さんは、家族で食事する時は皆オヒツでご飯を食べていたのでこれが普通だと思っていた、と言っていました。
遺伝性のものなのでしょうね。

大食いはあまり得意でないのですが、かつて大酒飲みは得意でしたので限界への挑戦はよくよくわかります。
特に酒を飲んで相手を酔いつぶした時の快感はこれまたよくよくわかりますので、これからも大食いの方に対しては応援し続けていくでしょう。
頑張れMAX鈴木さん、死なない程度に!


欲しい・・・



今日は飯田橋に出没です。
IMG_9613
小腹がすいたので夕食です。
今日のお店は「ソウルソウル」さんです。

住所: 東京都千代田区富士見1−7−8
電話番号:03-3237−6606
定休日:日曜日

IMG_9603
お店の外観です。

IMG_9608

IMG_9604
店内の雰囲気です。

IMG_9607
メニューです。

今日のオーダー「チャプチエ+ライスセット」@880+@320=1,200円です。

待つこと14分でご飯と副菜(パンンチャン)の到着です。
IMG_9609

IMG_9610
左からキムチ、餃子、ナムル、ケランマリ(韓国卵焼き)です。
味ですか、特筆するものはありません。
なにか拍子抜けです。

待つこと25分で「チャプチエ」の到着です。
IMG_9612
見た目透明感があります。
それでは実食です。
「チャプチエ」はかすかな甘みを感じる以外は特筆するものはありません。
何なのでしょうか・・・
完璧にインパクト不足です。
これなら家で作った方がよかったです。
なので韓国家庭料理のお店なのですか。
ちがうでしょ(笑)
どうしたのでしょうか前はもっとおいしかったような記憶があります。
まぁ食べる人の体調もありますので軽々なことは申せませんが、甚だ残念な夕食でした。

それでは(^_-)