下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

CoCo壱番屋

神田 CoCo壱番屋

謹賀新年
今日は「今年の干支の午(うま)」です。
新年
2014年「甲午」(きのえうま)が始動しました。
本年も宜しくお願いいたします。
今年の干支は午(うま)です。
午(うま)って牛(うし)に字体が似ています。
角の有り無し、でしょうね、多分・・・
NETで調べましたらちがっていました。
午(うま)は草木の成長が極限を過ぎ、衰えの兆しを見せ始めた状態を表しているそうですよ。
要は当て読みでした。

午(うま)年のひとは陽気で派手好きです。
だれとでもオープンにつき合うことができ、リーダーシップをとっていけるタイプです。
また負けず嫌いなため、人に後れをとることを嫌う面もあります。

午人間万事塞翁が
午(うま)にまつわる言葉はかなりたくさんありますので、その中で代表的なものを紹介しましよう。
それは人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)です。
人生における幸不幸は予測しがたいということです。
幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのですから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえです。
あるとき、塞翁という老人の馬が逃げてしまいましたが(不幸)、まもなくその馬が優れた馬を連れて戻ってきたので人々が祝福しました(幸)。ところが、老人の子がその馬から落ちて怪我をしました(不幸)。
しか〜し、怪我をしたおかげで、若者たちの多くが戦死したというのに、老人の子は兵役を免れて死なずにすんだ(幸)という故事からきています。
私はよくクレームの時にこの言葉を使います。
どのようにも使い回しができるので楽で〜すよ。

勝駒
午(うま)にちなんだこのお酒は「勝駒 大吟醸 火入れ酒」720ml \2,940です。
「勝駒」って名前が良いですよね。
日露戦争の戦勝を記念にして、「勝駒」と命名されたそうです。
なるほど「勝鬨橋」と命名の由来が一緒です。
「勝鬨橋」は、明治の時代より幾度となく架橋計画がありましたが架けられませんでした。
1905(明治38)年1月18日に日露戦争における旅順陥落祝勝記念として有志により築地と月島を結ぶ「勝鬨の渡し」が設置されました。
昭和15年この渡しの場所に架けられた橋が「勝鬨橋」と命名されたのです。

閑話休題おはなしはもどりまして
旧年上場会社のVIPと会食する機会が数回ありました。
多分なにかの偶然かと思いますがこのお酒がでてきたのです。
多分ですよ「勝駒」の名前の猛々しさがVIPの方々のお気にいりなのでしょう。
味は皆異口同音、凛と澄んで清冽な味わいを持った日本酒、という評判です。
プラ〜ス、本当にこれが純米酒の香りですか、っていうほどの果実香がします。
私も飲みこそしませんでしたが、その馥郁を鼻腔で確認することができました。
私がお酒を再開する時のお酒はこれにしようと決めています。
今年一押しのお酒です。
お試しあ〜れ!


海外のドッキリ院奮擦動く)


今日は寒いですね。
こういう日は暖かいものが食べたいですよね。
ということでhotなものを求めて入ったのはこのお店です。
今日のお店は「CoCo壱番屋」 神田駅西口店さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-10-2 笹木ビル 1F
電話番号:03-5207−7271
定休日:無休

IMG_8313
お店の外観です。

IMG_8314
店内の雰囲気です。

IMG_8315
メニューです。

今日のオーダー「スープカレー(3辛)」@690円です。
仄聞するにCoCo壱の「スープカレー」は美味しくないときいていました。
どのような味なのでしょうか。

IMG_8316

IMG_8317
待つこと8分で「スープカレー(3辛)」の到着です。
見た目、カレータンメンじゃん、です。
それでは野菜をかき分けてスープを一口すすります。
うん、イケますね。午(うま)いです・・・
野菜の甘さとカレーの辛さが渾然となってえも言われぬ味です。
体が温まります。
しか〜し「スープカレー」は肉系がないともの足りません。
次回は「チキンスープカレー」にしませう。
そうそう「スープカレー」は2014年3月までの限定販売ですので早めに食べときませんと食べ逃してしまいます・・・

それでは(^_-)

交通会館 おかめ 4th

今日は「Splashな話」です。
宜しかったらお付き合いください。

#1 マー君に伊丹市民栄誉賞
マー君
兵庫県伊丹市は10日、同市出身でプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスで開幕から世界新記録の24連勝を果たし、チームのリーグ初優勝に大きく貢献した田中将大投手(24)に、市民栄誉賞を贈ると発表した。同賞の受賞者は、昨年のロンドン五輪柔道女子78キロ級で銀メダルを獲得した杉本美香選手に次ぎ2人目。

田中投手は伊丹市立昆陽里小、同市立松崎中を経て駒大苫小牧(北海道)に進み、夏の全国高校野球選手権で優勝した平成18年には市長特別賞を受賞している。

藤原保幸市長は「豪快かつ繊細で気持ちのこもった投球、雄姿は多くの市民に大きな夢と希望を与えてくれた」と贈呈理由を明らかにし、日程を調整し、本人に表彰状などを手渡したいとしている。
「産経ニュースWEST」より転載

この市民栄誉賞にはクリビツです。
クリビツしたのは理由があります、この記事は完璧に関東地区では抹殺されており、多分ですよ、関東地区で知っている人はわずかでしょう。東北では皆無でしょう。
ということで意図的に情報統制された事にクリビツしたのです。
さらにマー君が関西人だということは、私は何故だか知っていましたが、これってrareネタではないですかね(笑)
やはり東北楽天イーグルスのエースが関西出身というのはおかしいでしょう・・・
2006年の夏の甲子園、マー君はハンカチ王子との死力を尽くした投げ合いの中、決勝引き分け再試合となりました。再試合でも1回途中からリリーフしましたが、最後の打者としてハンカチ王子に三振で討ち取られ3対4で敗れたシーンは今でも鮮明に覚えています。
応援していますよ、マー君!

#2 CoCo壱番屋
カレーうどん
会社のフードゾーンに「CoCo壱番屋 」さんができました。
このお店は23時までやっていて、いつも残業で遅い自分としてはすごく重宝しています。
先週金曜日に23時ギリで入店しました。
Netでここの「カレーうどん」が美味しいと知っていましたので、試しに頼んでみました。
辛さはお約束の4辛です。
待つこと10分で「カレーうどん」が到着です。
熱い事、熱い事、多分カレーの辛さも影響しているのでしょうがそれを割り引いても尋常な熱さです。
しか〜し空腹だった事もありそれでも3〜4分で完食しました。
空腹を満たす代償として口の中の至るところが火傷状態となったのです。
店長がcashierを担当していたので何気に、この「カレーうどん」熱いですね。温度80度くらいですか?と聞いたところ、この乾麺は茹で芯が残ってしまうので、90度まで温度をあげています、とのことでした。
さすがに驚いて、普通このような麺類は熱くても80度でしょう。90度は体に危険ですし、拷問です、といったら私の言っている意味が分からなかったようで、何か怒られているのだということに体が反応したらしく目を白黒させていました。
しか〜しこの温度は熱すぎです。
乾麺だけ別に湯がいてから汁(つゆ)にあわせればいいのに、と思うのは普通の感覚ですよね・・・

#3 新入社員
新入社員
今私のグループには新入社員が配属されています。
立場上、親身の指導の毎日です、結構大変です。
例えていうのであれば、服を着たまま水泳大会にでて泳いでいるようなものです。
要は服が新入社員です。言い換えれば重荷です。
仕方ないですね、新入社員は我が社の将来の宝ですから、大事に育てませんと。

その彼がこの間の部門打合せの時にある案件を、それは「にっつ」です、と言って説明し続けていたのです。
私や部下達は、数量が3っていう意味で言っているのだろう取っていたいのですが、それではどうしても説明がつきません。
さすがにおかしいと思った私が、さっきから「にっつ」って言っているけれど、それは数字の3の事だろう、って聞きましたら、ちがいます、数字の2です。アレッ、数字の2は「にっつ」とは言わないのですか・・・
ちなみに彼は帰国子女です。
英語はうまいのですが、日本語に難ありです。


1959年(昭和34年)9月26日、和歌山県東牟婁郡潮岬に上陸した台風15号(伊勢湾台風、国際名:ヴェラ)は、紀伊半島から東海地方を中心としほぼ全国にわたって日本列島を直撃、明治維新以来最大の被害を出した台風です。
犠牲者5,098人、負傷者38,921人を出した伊勢湾台風は、1995年1月17日の阪神・淡路大震災が発生するまで、自然災害被害としても、第二次世界大戦後の最大のものでした。台風としては現在も最大である。そんな伊勢湾台風の規模がどれほどのものだったのか、今の人々にとってはなじみの深い、NHKで用いられている、台風の進路予想図を使って再現した映像がニコニコ動画にアップされ話題となっています。
伊勢湾台風がどれくらいの規模だったのか?見当もつかなかったわけだが、暴風域を表す円の大きさと、その巨大な円が日本列島を覆うように北上していく図を見ることで、とんでもないことになっていたことが視覚的に理解できます。
台風は、26日18時過ぎ、930 mb の勢力を持って潮岬の西 15 km 付近に上陸。26日朝までの進行速度は毎時 30 km 以下であったが次第に加速して、上陸後は 60 - 70 km で紀伊半島を縦断し、中央高地を経て27日0時過ぎに日本海に抜けた頃には 90 km にも達していたのです。



IMG_7478
今日は有楽町に出没です。
なにか妙に甘いものが食べたくてしかたありませんでした。
そういう時はためらうことなくここでしょう。
ということで今日のお店は「おかめ」交通会館店さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3216-6008
定休日:日、祝日休み

IMG_7479
お店の外観です。

IMG_7481
店内の雰囲気です。


IMG_7482
今日のオーダー「あまから弁当(おでん、黄粉おはぎ、茶飯おにぎり)」930円です。
待つこと4分で「あまから弁当」の到着です。
今日のオーダーは昔下の町にあった「あまから屋」さんの定番ですね。

それでは実食です。

IMG_7483
おでんは、大根、蒟蒻、ハンペン、竹輪、竹輪麩です。
よく炊けています、イケますね。

IMG_7484
黄粉おはぎは安定した美味しいさ、甘さです。

IMG_7485
茶飯おにぎりはちょっと線が細いですが、その分をパリッと巻かれた海苔に助けられています。

そうじて合格点です。
しいていえば量が多い事くらいですか、食後はかなりの満腹感に苛(さいな)まれした。

それでは(^_-)

東陽町 COCO壱番屋

今日は「勿体ないを再認識」の話です。
「食糧危機がいわれますが、計算上は70億の人間が生きていける食糧は十分あるんです」。佐藤さんば開口一番、こう断言した。世界の穀物生産は年間20億填。これを70億で割ると1人当たり3000kgになる。カロリーベースに直すと1日に2900キロカロリー。成人の必要カロリーは約2100キロカロリーだから、子どもも含む70億には十分だ。しかも、魚などの資源を加えればさらに余裕がある。
ならば、なぜ食糧危機が叫ぱれるのか。3つの要因があるという。 
「第1は穀物の一部を家畜に食べさせていること。肉14kgを作るのに10倍の穀物がいる。モンゴルのように草を食べるなら問題はないが、米国のようにトウモロコシなどで肥育すると大量の穀物が必要になる。第2は地域による偏り。欧米や日本には十分な食糧があるが、アジアやアフリカの一部では圧倒的に不足している。先進国は地球のあらゆる地域から食種を集め、その中には貧しい途上国も含まれる」
「第3は先進国のモラルの問題です。現在、日本で作られている米は800屠強。ところが、統計を信じるなら日本で年間2000万鼎凌料が捨てられている。単純に比較はできないが、作っている米の2倍半ですよ。家庭の冷蔵庫で、コンビニやスーパーで食べられる食料が無駄になっている。賞味期限がほんのわずか過ぎただけで、品質に何の問題のないものまで捨てられている」
日経新聞「食と環境 佐藤洋一郎さんに聞く」より転載


一年間に過程で処分している四大家電製品(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・クーラー)の総廃棄台数と、全家電メーカーの年間生産台数がほとんど同じです。
昔は壊れたものでも、修理する専用の業者がたくさんいました。壊れた鍋でも修理して使ったものです。鍋を直すのは、鋳掛け屋さん。茶碗が割れたら、焼き接ぎ屋さん。下駄の歯がすり減ってしまったら、歯入れ屋さんなんてのもありました。それだけものを大切にしたんですね。「愛・地球博」ではエコがテーマになり、「もったいない」という言葉がもてはやされました。物は大事に使い、壊れたら直して使う。エコの基本ですが、江戸時代はこれが究極の形で機能していた時代であったのです。

消耗品でもそれは徹底していました。火起こしの原料だった炭も燃料として燃えた後灰として窯に残り、それは灰集めの業者に引き取られ肥料として売られました。江戸時代は、化学合成物質なんてありません。自然のものを使っているからこそ、灰になったあと、肥料として利用できるわけですわな。ダイオキシンの心配はありませんから、100%リサイクルです。考えてみれば、昭和30年代でもゴミと言えばほとんどが生ゴミで、週1回自治体が回収していましたが昔のりんご箱の様なゴミ箱が各家庭に1個あっただけでした。また、家畜の糞や人糞も農家が回収していって肥やしとして再利用していました。昔のトイレは当然、汲み取り式。日本式は下水に流しませんから川も汚れません。環境に易しい仕組みが自然と出来上がっていたのです。そう考えれば下水方式の現在の方法は、せっかくの水道水を何と無駄にしているか、さらに下水処理施設まで作って処理をするという手間まで掛けているのです。効率としては江度時代の方が無駄がなかったと言えるでしょう。

食料もそうです。昔は食べ物を腐らさない様に保存し、上手に食べる知恵がありました。刺身が残ったら酢や味噌に漬ける。あるいは焼いて食べる等物を無駄にせずに食べきる努力をしていました。

飲料水についていえば、関東地方の年平均降水量は1500mmであり、日本の年平均降水量1700mmの約90%に当たりますが、関東地方には約4100万人の人々が生活しており、一人当たりの使える水の量は1300m/年・人と全国平均5000m/年・人の26%しかありません。
その為にミネラルウォーターを使用し2011年には3,172,000キロリットルを生産しています。その内、輸入数量は589,000キロリットル(19%)と今や水においても自給自足ができない状態になっています。

今何をどう食べるのか、何をどう使うのか、一人一人がもっと自覚しなければいけない時期にきていると思う今日この頃であります。

ちょっとおもしろいドッキリがありました。 
シンプルに入り口の開き戸にイタズラしただけのものですが、ひっかかる人が続出する映像です。
ドアにあるはずのガラスを取り除くとどうなるか、ご覧ください。
この人もスカッ、あの人もスカッ。あるつもりだと思いこんでいると、こうも見事に空振りしてしまうものなんですね。でも、失敗する人の共通点は、よそ見していることにあるようです。前はちゃんと向いて歩きましょう。


今日は東陽町に出没です。
仕事多忙でお昼を食べ損ねたのですが、あまりの空腹に耐えられず、15時に遅い昼食となりました。ということで今日のお店は「COCO壱番屋」東陽町駅西口店さんです。

住所: 東京都江東区東陽3-27-29 ハイツ東陽パーク1F
電話:03-5653-3820
定休日:年中無休

IMG_1819
お店の外観です。

IMG_1821
店内の雰囲気です。

IMG_1820
メニューです。

IMG_1822

IMG_1823
本日のオーダーは「ポークカツカレー・200帖4辛」@730円です。
私たまにたまらないくらいCOCO壱のカレーが食べたくなります。
今日がたまさかその日だったのです。
そして今日体はoilyなものを欲しており、その帰結としてカツカレーとなったのです。

待つこと6分で、カツカレーの着皿です。
見た目美カレーです。ウン、美味しそうでね。
まずはホールスタッフさんにソースを頂いてから、カツにおもむろに掛けます。
それでは実食です。
カツはカラッと揚がっていてサックリ感がうれしいです。肉は硬からず柔らかずで丁度よい弾力です。これは美味しいです。
カレーは私の好きな辛さの4辛ですので不味いわけがありません。
そのカレーに親の仇のように福神漬を入れて、真っ黄色になるくらいにとび辛スパイスをかけて一気呵成にいただきます。
全身の毛孔から汗が噴き出てきて、まるでサウナ状態のようになります。
これですね、COCO壱の醍醐味は・・・
すっかり元気になり、帰社してからの深夜残業?に対するpowerが湧いてきました。
Thank you!COCO壱

それでは(^_-)

赤塚 CoCo壱番屋

今日は「中国人から見た日本人」の話です。 
筆者が来日したばかりのころ、中国の習慣が抜けず8時に出社していた。就業時間は8時半だ。ところが、通訳の女性から「早すぎるのは良くない」と注意を受けた。他の人がプレッシャーに感じるからだという。確かに日本人社員はみな判で押したように「ちょうど良い時間」に出社し、早く来すぎても誰にも知られないよう配慮していた。

知り合いの中国人教授が路地を歩いていた時、背後に車の気配を感じた。最初は気にしていなかったが、ずっと後ろを付いてくる。何事かと振り返ると、自分が道をふさいでいたことに気づいた。車はクラクションも鳴らさずに教授が気付くのを待っていたのだ。教授は自分が悪かったとすぐに端に寄ったところ、逆に運転手から「すみません」と謝られた。

筆者が近くの市民プールに行った時、ロッカーでの着替えの最中、背後にずっと子どもが立っていた。さして気にせず、悠々と着替え荷物をまとめその場を離れた途端、その子は私の隣のロッカーを開け始めた。なんと、その子は私が終わるまでじっと順番を待っていたのだ。これが筆者だったら早々に「どいて」と言っていただろう。

日本人は人前であまり音を立てない。食事は静かに食べ、携帯電話は常にマナーモード。それに、やたらとヒソヒソ話をする人が多い。口に手をあて何やら話すのは中国では失礼な行為にあたるが、日本では教養が高い人のすることらしい。サプライズで友人の家を訪ねるのもご法度だ。招待されたら行って良いが、その際は必ず「お邪魔します」「お邪魔しました」と言う。とにかく人様の邪魔になってはいけないらしい。
「エキサイトニュース(レコードチャイナ)」より転載

この記事面白いので掲載しました。ある中国人が見た「日本人観」なのですがうまく表現されていると思います。

会社のエレベータで外国人(英会話圏人)と乗り合わせました。男性2名、女性2名です。
どうやら女性二人は初めて日本に来たようです。
そして以下が彼らの会話です。
男性A「日本のエレベータの中って話をしちゃいけないんだ」
女性A「本当、わかった。小さな声でしゃべるわ」
男性B「小さな声でもしゃべっちゃいけないんだよ」
女性A「わかったわ」
男性A「それに人と目をあわせてもいけないんだ」
女性B「ウソッー!仕方ないわ。上を向いているからフロアに着いたら教えてねェ」
といって二人の女性はズーッと上を向いていましたが、途中でこの男性の引掛けに気がついて大爆笑となりました。
これなんかも日本人のマナーを表している一つの事例ですね。

エレベータっていえば最近よく目にするマナーなのですが、特に乗り合わせて地上階で降りるとき、皆でゆずりあってなかなか降りないのですね。
私は営業という仕事柄いつも忙しいのでそういう時は“すいません”っていってサクサク降りちゃうのですが、最近このゆずりあいがひどくなってきている様に思います。
個人的には出口に近い方から、順々に降りればいいのにと思うのですが、この辺りも日本人の「謙譲の精神」の表れなのでしょうか・・・

今日は打合せで赤塚に来ています。時計を見たら20:10です。
会社に戻るかどうか微妙な時間ですネ。
すると眼のまえに飛び込んできたのが「CoCo壱番屋」さんの看板です。
今夜の帰趨はきまりました、「CoCo壱番屋」さんを見たら仕事よりカレーです。
ということで今日のお店は「CoCo壱番屋」東武下赤塚駅前店さんです。

住所: 東京都板橋区赤塚新町1-21-12
電話:03-5904-5176
定休日:無休

IMG_7269
お店の外観です。

IMG_7266
店内の雰囲気です。
このお店ってsnackっぽくないですか、そうですよね。私が思うにsnackをCoCoさんが居抜で買い取ったと思うのですが・・・そんなわけないか(笑)
「CoCo壱番屋」さんの発端は1977年。
宗次徳二と直美の夫婦が名古屋市の郊外でやっていた喫茶店で、食事の出前を扱いはじめたことに始まります。自分たちが家で食べていたような、家庭的な味のカレーを出前のメニューに加えたら、お客様からの注文が殺到し始めました。
カレーはラーメンと並ぶ国民食と言われています。しかも注文を受けた時に温めなおすだけで提供でき、お客様を待たせずにすみます。そこで2人は「これだけ人気が出るのなら、カレーの専門店を作っても、やっていけるのでは」と考え始めたのです。リサーチのため上京し、たくさんのカレー店を食べ歩いてみた結果「わが家の手作りカレーが一番おいしい」と自信を深めた2人は「ここが一番や!」という思いを込めて、カレー店の名前を「CoCo壱番屋」と決めたのです。
「 CoCo壱番屋HP」より転載


IMG_7265

IMG_7268
今日のオーダーは「ポークカレー200g+4辛+チーズ+ガーリック」@710です。
多分私は「CoCo壱番屋」さんでは、この数十年間この組み合わせしか食べていないと思います。
そしてさらにこれに大量の福神漬、とび辛スパイス、さらに少量のソースが定番なのです。
味はあえて記さなくても、人口に膾炙しているので割愛しますが、疲れている時にこのカレーを食べると元気がでるのです、ハイ。
美味しいですネ、ご馳走様でした。

それでは(^_-)

CoCo壱番屋

カレーを食べると頭の働きが良くなるという記事を読んでからそのことが摺りこまれました。
ということで今日のお店はCoCo壱番屋です。
久々に行ったらナナ何と値上げしていたのですね。カレーが@50、トッピング等はそれぞれ@50〜100程度上がっています。
このお店そもそもの発端は1977年。宗次徳二と直美の夫婦が名古屋市の郊外でやっていた喫茶店で、食事の出前を扱いはじめたことに始まります。自分たちが家で食べていたような、家庭的な味のカレーを出前のメニューに加えたら、お客様からの注文が殺到し始めました。
カレーはラーメンと並ぶ国民食と言われています。しかも注文を受けた時に温めなおすだけで提供でき、お客様を待たせずにすみます。そこで2人は「これだけ人気が出るのなら、カレーの専門店を作っても、やっていけるのでは」と考え始めたのです。リサーチのため上京し、たくさんのカレー店を食べ歩いてみた結果「わが家の手作りカレーが一番おいしい」と自信を深めた2人は「ここが一番や!」という思いを込めて、カレー店の名前を「CoCo壱番屋」と決めたのです。(CoCo壱番屋HPより抜粋)

私がいつも食べるのは200gの4辛でチーズとガーリックに死ぬほど福神漬けを入れて食べるのがお約束です。


私はここの味好きです。福神漬けはさらに好きでこれだけでもご飯を食べられると思います。
ところで隣りに座ったお兄さん10辛を頼みヘッチャラチャラで完食していました(驚き)
私は5辛が限界です。
なにやら辛いものは耐性ができるようで、昔作家の阿佐田 哲也が貧乏だった若い頃お腹を空かせない為にかけそばに七味唐辛子を一本入れてたべていました。
しかし徐々にそれでは物足りなくなり最終的には3本までかけるようになりました。
結果胃潰瘍になり血を吐き入院したそうです。
なにごともホドホドが肝要ですね

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ