下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

APIZZA

続 池袋 APIZZA

今日は「新年独白」です。
IMG_7188

IMG_7186
1月3日はお節料理に飽きたのでスウィーツを求めに奥様と新宿伊勢丹にやって参りました。
奥様は、歌舞伎町の新守護神であるゴジラを見たことがないとの事でしたので見せてあげました。
あまりにもリアルなので驚いていました。

IMG_7190

IMG_7191

IMG_7194

IMG_7195
歌舞伎町は本当に安心、安全な街になりましたね。
あのゴールデン街にも変な人がいなくなりました。
若かりし頃、ゴールデン街で会社の同期とオカマのお姉さんをからかいましたら、マジにキレてしまい追いかけられ、ゴールデン街を逃げ回った事がありました。
昔のオカマは、見かけとは裏腹で意外にも喧嘩が強く、甘く見ているとボコボコにされたのです。
個人的には昔のオカマは体育会上がりの人が多かったので、強いのは当たり前だと臆断していました。
私の高校のバレー部の先輩も、どのようにして人生双六の賽を振り間違えたのか筋金入りのオカマになっていましたから。

C0WVDHXVIAA5fLn

C1AmAuAVQAAcmZM
ゴジラと言えば年末の紅白歌合戦はひどかったですね。
「シン・ゴジラ」や「タモリ・マツコ」の強引な挿し込みは受け手の人間の生理を無視しているとしか思えないですよね。私と奥様は、仕方がないので、こういう事だろう、とか、そういうふうに感がえればいいんじゃないの、とかでムリクリ辻褄を合わせて見ていたので疲れてしまいました。
で〜もこのような挑戦は結構な事です。
挑戦なしに進歩なしですから。

進歩と言えば大竹しのぶさんの「愛の賛歌」は良かったですね。
今まで聴いてきた「愛の讃歌」(訳詞:岩谷時子さん)は、安定感こそありますが、ちょっと嘘くさい感じがしましたが、今回の「愛の讃歌」(訳詞:松永祐子さん)は、輪廻転生からの天国での再会のくだりは愛の強さに心が揺さぶられました。これはおおいなる進歩というよりもブラッシュアップであります。
この歌はピアフが生涯で最も愛した人である、マルセル・セルダンに向けて創られたそうです。
彼は、船でピアフの元へ向かう予定を変更して、飛行機事故で行った為に生命を失ったそうです。
その悲報を聞いたピアフは、親しい友人に「彼は、永遠にあの空で私を待っていてくれる。私の望みは彼に会うことだけ。だから死ぬのは少しも怖くはないのよ」と言っていたそうです。
しか〜し、この詩はセルダンの生前に書かれた物であることが判明しているのですって。
相思相愛で誰もが知る仲ではありましたが、妻子を持つセルダンとの恋愛に終止符を打つ為に書いた物だと考えるのが正しいようです。
という事は、訳を担当された松永祐子さんの意訳の妙でしょう。
加えて、しのぶた失礼大竹しのぶ(昔は太っていた)さんの表現力でしょう。
心より感動しました・・・
最後にこの名曲を紹介して終わらせていただきます。

愛の讃歌 大竹しのぶ 投稿者 dm_5055cb6ebe0b9
たとえ空が落ちて 大地が崩れても♪
怖くはないのよ あなたがいれば♪
あなたの熱い手が 私に触れるとき♪
愛の喜びに私は震えるの♪

あなたが望めば 世界の果てまで行ってもいいわ♪
髪の毛も切るの 家も捨てるわ 友達さえも♪
祖国も裏切る 怖いものはない あなたがいれば♪
あなたの他には何にもいらない この命さえも♪

いつかあなたが去り 死んでしまっても♪
嘆きはしないわ また会えるから♪
私にも死が訪れ 青い空の向こうで♪
愛し合う二人は二度と離れない♪

神は結び給う♪
愛し合う二人を・・・♪


IMG_7076

IMG_7077
今日は若夫婦と鬼子母神に出没です。
鬼子母神といえばこのお店でしょう。
今日のお店は「APIZZA(エーピッツァ)」 池袋東通り本店 さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-18-30
電話番号:03-5953-2900
定休日:無休

IMG_7078
お店の外観です。

IMG_7079
店内の雰囲気です。

今日のオーダーはサラダセット(サラダ&ビバレッジ)@421円にそれぞれに好きなピザを加えたものです。

IMG_7084
まずはサラダです。
野菜がシャキッとしていて冷え具合も申し分ありません。
出足からご機嫌です。

IMG_7086
ピザですが、まず娘はチカ@648円です。
チカとはこのお店の亡くなられた創業者の奥様の名前です。
このピザの内容は、トマトソース、三種のチーズ、バルミジャーノ、サーモントラウト、オニオン、マヨネーズです。
これはサーモントラウトとマヨネーズの相性の良さですね。
このような美味しい組合せを考えるのは楽しいでしょうね、と思わせるような美味しさです。
ご機嫌です。

IMG_7088
私はクワトロフォルマッジ@626円です。
クワトロ(4種類)のフォルマッジ(チーズ)の内容は、ブルー、ゴーダ、モッツァレラ、バルミジャーノです。
ピザの上に大量の蜂蜜をかけ回していただきます。
これは鐵板の美味しさです。
加えてクワトロフォルマッジで@626円はお得感がありますね。

IMG_7085
長男はペスカトーレ@702円です。
このピザの内容は、トマトソース、エビ、タコ、アサリ、三種のチーズ、バルミジャーノ、ブラックペッパーです。
これはまさしくペスカトーレ(漁師)の味わいです。
汐の香りが鼻孔にささる漢(おとこ)のピザです。
美味しいですね。

IMG_7089
最後はデザートピザのチョコレートバナナカスタードです。
沢山の生クリームとアイスクリームを乗せていただきます。
本当は店長のお薦めのブルーベリーピザも一考したのですが、初志貫徹したのでした。
しか〜し、会計の後一瞥したブルーベリーピザも美味しそうでした。
次回はブルーベリーピザをいただきましょう。
味ですか、超ご機嫌のデザートピザでしたね。

IMG_7072

IMG_7069
帰り際に店長から、来年もよろしくお願いいたします、と言われました。
実はこの日はまだ大晦日でして、若夫婦と信心する「穴八幡」にお守り替えに行った帰りだったのでした。

それでは(^_-)

池袋 APIZZA

今日は「国士舘物語」です。
51ZZb-qVv2L__SX354_BO1,204,203,200_
1981年。シティボーイになるために上京した僕が入学したのは、国士舘大学体育学部体育学科。
僕の、特別すぎる四年間が幕をあけた。
体罰、しごき、上下関係・・・・・あの頃の教育現場には、たしかに「暴力」が存在した。
「暑苦し切ない」体育会系青春小説!

私のような一般的な高校生にとって、開成高校を勉学の絶巓とすると国士舘高校は暴力の絶巓でした。
当時、漆黒の蛇腹の制服を見ると恐怖で皮膚という皮膚が泡立ちました。
そういう意味では国士舘高校は不良の巣窟と言い換えても良いでしょう。
d74817f6

img_6
実際、蛇腹で群れをなして新宿の繁華街でヤクザと乱闘事件を起こしたりとか、東武東上線沿線の暴走族を片っ端からしめたり、許可なく渋谷駅前で街宣活動をしたりとかその傍若無人ぶりは枚挙にいといません。
以下の事件も紹介しましょう。
昭和48年6月12日(火)時間不明
国鉄高田馬場駅ホームで停車中の山手線電車に乗っていた東京朝鮮中高級学校の高校生約30人に、 ホームにいた国士舘高校生、国士舘大学生ら約20人が襲いかかり暴行、電車の窓ガラスがこわれ、約10分間立ち往生、双方で5人が1〜2週間のケガをした。
警視庁戸塚署は暴力行為現行犯で国士舘大生8人を逮捕した。
この事件はその場にいた人間から聞いた話ですか、この乱闘劇は、ホームはいうに及ばず線路にも飛び降り、それこそ高田馬場駅全体を騒乱劇の舞台にし、国鉄は安全確保の為に電車の運行を停めたそうです。
幾ら昔といえどもそのハチャメチャぶりは突き抜けています。

当時の国士舘は「天皇の御心のままの政治」をとなえる柴田学長のワンマン経営でした。
紀元節、天長節、陸・海軍記念日などの行事が軍艦マーチの伴奏つきで行われ、教育勅語の暗唱、「君が代」斉唱、皇居遥拝までありました
入学式等の式典の際には、金モール服姿でたつ学長の前を学生が日の丸のつけた旗をかついで分列行進をすることもあるそうです。
圧巻は入学式です。
黒ずくめの礼服に身を纏った総長先生がオープンカーに乗って入場しますと、楽団の高らかな軍艦マーチの音曲に押されながらゆるゆると進む中、国士舘大学、万歳、万歳の唱和のシャワーを浴びて登壇するそうです
加えて、厳しい学内統制の監視役は学生監制度(高校は補導課)、大学に五十人、高校に十人ほどいて、 クラスを担任して常時学生を見張っているそうです。
授業中の教室に入ってきて所持品を点検したり、衣服の乱れを正したりしています。
学生には順番で使役があり、一万人の学園に用務員も守衛もいないそうです。
館長代理の話として、学生監制度が重苦しいと言うが、もしこの制度がなかったら国士舘の誇る秩序はくずされ、それこそ学園紛争でロックアウトが恒常化している早稲田大学のようになってしまうだろうと言いきっております。

閑話休題。
前フリが長くなりました。
ピカレスク(悪漢)小説としては面白いものでした。
例えば村の神童が開成高校に入学したとたんレベルの違いで普通の人間に成り下がるように、地元で神ってる強い不良中坊も国士舘高校に入れば普通の人間になってしまう、という競争の原理は面白く感じました。
作者は、暴力礼賛はしていないのですが、結局暴力を受けた人間は、知らず知らずのうちに自分自身も暴力体質に染まってしまい、それがどこかのタイミングで暴発してしまうという事を書かれていました。
具体的には主人公の友達の卒業後のエピソードを書いた「いま」の項がそれに当たります。
結局、友人達の負の経歴(暴力)は払拭できないみたいな顛末になっており、その点が残念でした。
当時のファッションがきめ細かく再現されており、当時シティボーイだった私は懐かしく読み返しました。
昔、武闘派の方にお奨めの一冊です。


THE PROFESSIONAL OF JAPAN



luisa-20th-01

IMG_5765

IMG_5768IMG_5769
今日は長男とオペラ「ルイーザ・ミラー」を観に行きました。
2時間40分の長い舞台ですが楽しめました。
体が震えるような演者の声量にはいつもながら驚かされます。
感動しました。

終演の後、次男と義娘がまっている池袋に移動しました。
今日のお店は「APIZZA(エーピッツァ)」 池袋東通り本店 さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-18-30
電話番号:03-5953-2900
定休日:無休

IMG_5771
お店の外観です。

IMG_5772
店内の雰囲気です。

pizza
メニューです。

このお店はちょこちょこお邪魔していました。
店名は、先代の社長がNYマンハッタンのスライスピッツァこよなく愛していて、滞在中数々口に運んだそのピザの形がAに似ていることから 「Aピッツァ」と呼ぶようになり、それが店名になったようです。
このお店の特徴は人数分に切り分けてくれるので、沢山のピザを食べ比べする事ができます。

IMG_5773
まずはピクルス@302円をいただきました。
色鮮やかです。
食感最高です。

そしてピザの面々です。

IMG_5774
マリナーラ@292円です。
にんにくの香りがたまりません。
ウマウマです。

IMG_5775
ビスマルク@540円です。
厚切りベーコンと半熟玉子の組合は秀逸です。
ウマウマウマです。

IMG_5776
アンチョビオリーブのバジーレ@540円です。
アンチョビとバジルソースって合うのですね。
ウマウマです。

IMG_5777
クワトロフォルマッジ@626円です。
ブルー、ゴーダ、モッツレラ、バルミジャーの構成です。
クワトロフォルマッジとはイタリア語で4種類のチーズです。
これ今日一です。
美味しさで味覚中枢が壊されました。
ウマウマウマウマです。

IMG_5779
皮つきオーブンポテト@410円です。
シンプルですが飽きがこない美味しさです。

IMG_5780
パンチェッタトマトバジーレ@896円です。
フルーツトマトの甘さに感動しました。

IMG_5781
トロトロ豚肉赤ワイン煮@842円です。
豚肉がトロトロでホロホロです。
味わいが深いですね。

実はまだまだあるのですがパチリするのに疲れたので以上で終わります。
しか〜しこんな「コスパ良し」のカジュアルなピッツェリアってあるのですね。
ご機嫌なディナーでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ