下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

麻雀

日本橋 すきやばし次郎

今日は「麻雀に人生の縮図を見た」の話です。
謹賀新年
いよいよ今日から新年度の2016年己亥(つちのとい)が始動しました。
本年も宜しくお願いいたします。
日本経済はなだらかなアッパートレンドではありますが、今一つキレがありません。
これは高度経済成長の亡霊にいまださいなまれていて国際化の推進、IoT(インターネット・オブ・シングス)を筆頭としたデジタル革新の実行があがっていない事にあります。
過去の成功の桎梏を一日もはやく解き放ち、リスクを恐れず、それを背骨にして能力の覚醒(多くの失敗の後飛躍的に良い仕事をする事)を邁進していくべきでしょう。

img_776a01108d45c069894ab33b665aa0ed744264
という事でこのフリネタを書いている時はいまだ師走です。
高校の友人と麻雀忘年会で格闘していました。
あらためてこの中国で生まれたゲームの面白さを再確認しました。
9時から17時までの8時間の長丁場ですがトップを目指して一生懸命に牌を握りしめていました。
麻雀は人生の縮図ですね。
私の高校の友人は高校の時に優等生ではありませんでしたが、大学jは皆それなりの処にはいっているので知的レベルは同じだと思います。
それなのに勝ち負けが生まれる一番大きな要因は「運」です。
その次の要因は大局観ではないでしょうか。
例えば、負けが込んでいる時は縮小均衡、勝っている時は拡大発展です。
このように決めたらそのフィロソフィーに準じる事です。
ここがブレていると判断を誤ります。
麻雀の効用としてプレーヤーの本質的な性格がわかります。
普段は意図的に糊塗している塗装が高温の熱気によりはげ落ちるのです。
その為にその人の裸の性格が露出するのです。
この日も、ある重電メーカーの役員をやっていた友人が、多飲のせいもあったのでしょうかかなりマナーの悪いことをしていました。
ビジネスの世界では裃を着ているので顕在化しないのでしょうが、このような現場ではあたかもバナナの皮をむくようにツルンとそのおぞましい裸体をさらしてしまうのです。
当然のことながら、卓を囲んでいるメンバーからブーイング飛んでいました。
高校の時はそのような性格ではなかったのですが・・・
男をさげてしまいました。
私の戦績ですか5人中の4位のブービーでした。
私の負けた分はこの後の反省会の原資となりました。
高校生の時にこの悪魔の遊戯を知りえなかったら、間違いなく立身栄達をしていた事でしょう・・・
こういう言質を「負け犬の遠吠え」と申します。


上原ひろみ 即興でマイ・ウェイを神技演奏



IMG_1904

IMG_1902

IMG_1903

IMG_1890
今日は華のお江戸の日本橋に出没です。
今日は日本一と冠されている「すきやばし次郎」日本橋店さんにお邪魔しました。
日本一のお寿司はどうなのでしょうか・・・

住所: 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ 7F
電話:03-3211-4111
定休日: 不定休(高島屋に準ずる)

IMG_1891
お店の外観です。

IMG_1894

IMG_1901

IMG_1900
店内の雰囲気です。

IMG_1892
メニューです。

今日のオーダー「にぎり(9貫)」@3,240円です。
初「すきやばし次郎」さんです。
緊張していますが写真撮影の可否だけは確認しておきました。

IMG_1895
座るやいなやお茶とテーブルセットが用意されました。

IMG_1898
待つこと2分で「にぎり(9貫)」の到着です。
見た目、高級感があります。
今日のにぎりは、中とろ、赤身、白身、いか、イクラ、帆立、小肌、穴子、玉子です。

IMG_1899
それでは実食です。
まずは中トロから頂きます。
あれっ?
高級店の中トロは脂がのっていません。
何故なのでしょうか。
私の好みではありません。
シャリはもっと塩気や酸味が立っているのかと思っていましたたけどそこまででもありませんでした。
さら〜に、外硬内硬のシャリで供されるとはすごく驚きました。
これがレジェンド「すきやばし次郎」さんですか。
羊頭狗肉と言わざるを得ません。
他のネタも似たようものです。
誤解をさせていますが寿司としては普通のお寿司です。
決して不味くはありません。
唯一の救いは鋭い眼光で店内を睥睨する板さんに本店の雰囲気を感じる事ができました。
良かったですこの程度の金額で収まりましたので・・・
というかこのお店は本店とは別物なのでしょうね。
でなければ本店には海外のMVPなぞが訪れませんでしょうから。
まぁ、日本一の寿司店の雰囲気を味わえたのだから「良し」としますか。

それでは(^_-)

神田小川町 二代目つじ田 味噌の章 リターンズ

今日は「トランス状態其の壱」の話です。 
いきなり麻雀の話です。
この悪魔の遊戯と向き合ったのは高校二年生の時です。
いわゆる青年のrite of passage(通過儀礼)ですか、当時の青年は早く大人になりたいという欲求から酒、異性、煙草、喧嘩、ギャンブル等、大人への振舞いの自己模倣を行っていたのでした。
私に限っていえば、数あるrite of passage(通過儀礼)の中で、お酒は中学校2年から飲んでいたので外しといてのめり込んだのが麻雀でした。
たまさか剣道部の仲間と卓球部の仲間が雀友で、初中後(しょっちゅう)高校そばの雀荘に入り浸っていました。
今思うと1年後に控えた大学受験の消極的逃避だったのでしょうか・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
そうそうトランス状態の話でしたよね。
麻雀で役マン(一番難易度の高い役)っていう役があります。
私の通っていた雀荘は、役マンを上がるとお店からbeverageが出てなお且つ役マン名と本人名を張ってくれるのです。
これは当時の高校生としてはtop-levelのstatusでして、半年に7枚張ってもらった猛者がいましたが、これは我が高校においては東大の理三、若しくは慶應の医学部への現役合格の次に尊敬されるものでした。
今思うと、高校の先生が終業後この雀荘に同僚の教師と麻雀をやりにきて、張り出してある自高生徒達の役マン札をみたらなんと言ったかと思うと・・・怖いもの知らずでした、ハイ。

そうそうトランス状態の話でしたよね(笑)
私は高校の時半年に6回はありえませんが、麻雀回数に比例してそれなりに役マンはあがっていました。
すぐに役マンで上がるときっていうのは、この牌ほしいなと念じるとその牌がきます。
さらに次はこの牌が欲しいなと念じるとその牌がきます。これが連続して役がテンパルといとも簡単に相手から当たり牌がでてくるか、若しくは四暗刻(役マンの一つ)なんかは積って上がってしまうのですね。
この様な時、私はまさに今神になり変わっているのだと思ってしまうのです。
これって一種のトランス状態だとおもうのですが。
パチンコ、パチスロ等は全くやらないので分らないのですが、やはりこの遊戯でも同様に神の降臨を感じる瞬間ってあるのではないでしょうか?

その逆で、今でもたまに夢にでてくる毎回同じ内容のterrible storyがあるのです。
それは就職がきまって遊び呆けていたたら、何故か大学2年の時の必修の英語が履修されてないことが発覚し、急遽再試験を受けることになったのです。
しかし蟻とキリギリスよろしくズブズブに遊び呆けていたものですから、完璧に英語を忘れていることが分り、慌てて試験勉強をするのです。
しかし付け焼き刃なものですから、いくら勉強しても英語が全く身につかず、すごく焦るのです。
するとその時に毎回、死んだ父と母がでてきて、どうするんだ。落第したら許さんぞ、と怒られ、なお且何故か呼んでもいない奥様もでてきて、子供が小さいのに会社に入れなかったらどうするの、って怒られます。
すると私は、俺って今大学四年生なのに、何で結婚していて子供もいるんだ、って言い返しますと、そんな、馬鹿なこと言っているから英語を落とすのよ、ってさらに奥様は厳しく怒ります。
するとその後これまた毎回同じ様に高校の友人がでてきて、お前、また英語落としたの、だから英語はとっとけよ、って言っていたじゃないか。俺は今度の春の人事で執行役員になるからな、と笑い飛ばすのです。
さすがにこの辺りから魘(うな)され方がひどいので少しずつ覚醒してきており、これは夢だ、夢だ、落ち着けって、自分に言い聞かせているとこの悪魔から目が覚め、また同じ夢見て魘(うな)されちゃった、いい加減にこの怖い話は上映中止にしてよ、と言って苦笑いをして寝直すのです。
これも一種のトランス状態ではないかなと思うのですが?
ちなみに私はそこそこの成績で大学は卒業しているので、この夢には全く身にお覚えがありません・・・上映責任者出てこい(笑)


名古屋KARA



今日は日曜日です。
奥様と、神田小川町に靴を買いに来ました。日曜日の神田ってお店がほとんどやっていないのですよね。その中で営業している「二代目つじ田 味噌の章 ラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都千代田区神田小川町1-1
電話:03-6659-7676
定休日:不定休

IMG_0310
お店の外観です。

IMG_0311
メニューです。

IMG_0313
奥様のオーダー「味噌ラーメン」@800円です。
このお店は接客が良いので好きです。並んでいると夏は冷たいお茶が、冬は暖かいお茶が供されますしね。
待つこと12分で着丼です。
見た目美ラーメンです。
トッピングはブロック状の刻みチャーシュー、角太メンマ、炒められたモヤシや玉葱、刻みネギ、青海苔、生姜です。
スープはお約束の熱々です。麺は札幌ラーメンでは定番の玉子縮れ麺です。
味ですか、美味しいですよ。
再訪する度に、味が洗練されてきています。
尖がった感じが以前に比べると少ないですが、本場札幌の味噌ラーメンを東京版にしたような風情です。お試しあれhappy01

IMG_0312
私のオーダー「辛味噌ラーメン」@900円です。
この辛味噌ラーメンは足立区の六町にあるラーメン屋さんのインスパイアだそうです。
この真っ赤な団子が辛味噌です。徐々に溶かして食べるのがお約束です。
味ですか、ちょっと辛いですね。それも私の好きな辛さではありません。
ちょっとwetな辛さです。個人的には麻辣系の辛さが好きなので仕方ありません。
それとこの辛さに負けないようにですか、スープが強かったですね。
個人的には「味噌ラーメン」の方が好きです。
まぁラーメンは百人百様ですから・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ