今日は「日本最強の苗字」です。
日本最強の苗字は「山田」さんだそうです。
「山田」さんは、一般的な名字の一つで日本を代表する姓であります。
平凡な名字の代表として知られています。
その代表的な名前と申せば山田太郎さんです。
古くは私の中学の同級生の西川君のオジサンである芸能プロダクション「新栄プロダクション」社長である山田太郎さんがいます。山田さんが歌った「朝刊太郎」は大ヒットして、この曲で紅白歌合戦に初出場して以来連続で三回も出演しています。
074-00132-0135
その後に続く山田太郎さんと申せば野球漫画「ドカベン」シリーズに登場する人気キャラクターです。
ちなみに彼のポジションは捕手で右投左打です。
新潟県新潟市旭七ヶ町生まれの神奈川県横浜市育ちの甲子園出場選手です。
鞄の中にご飯だけを詰めたでっかい弁当箱(ドカッと大きいドカ弁)を入れていたことからドカベンのあだ名がついたのです。
山田姓が日本で周知したのはこの漫画の影響が多いと思います。
ちなみに、山田姓は全国で12番目に多く、2,017,604世帯で約83万人もおられます。
全国に平均的に分布していますが特に西日本に山田姓は多いそうです。
山田さんの地名は、全国に2,000か所存在しています。
よく役所で名前を書く時に、山田太郎、山田花子の記入例を見たような感じになっていますが、その率は約1%以下(正確には0.9%)でこれを世の中では「都市伝説」と申します。

山田姓がなぜ強いかと申しますと、山田と呼べば、明るく前向きな感じがします。
要は「ヤッホー」に近いものがあり、そこに山田姓のすごさがあります。
山田姓はYAMADAとすべて母音で構成されており、その為に口を大きく広げて発音されます。
これを言語学では音声の放射状態が良いといいます。
さら〜に、「や」は「い」から「や」になるように発声するのでストレスがありません。
さら〜に、「ま」は口唇破裂音と申して唇の刺激がなく発音できるので楽しいのです。
赤ちゃんが始めてしゃべる「ママ」は発音して楽しいから覚えるみたいです。
さら〜に、「だ」は華麗なるフィナーレを表す歯茎破裂音です。
例えば、これでいいのだ、のような言いきりです。
纏めますと「い〜や」ではじまる「や」を起承とし「ま」を転として「だ」を結としますとこの苗字はなな何と起承転結で構成されているのです。
即ち山田とパンダは皆が口にだして言い易い完成された名前なのです。
これが山田最強伝説の理由であります。
ちなみに私の苗字はかなり難しくて小学校の3年生まで自らの苗字を書けずにいた為に、山田姓には怒りさえ覚えたのですが所詮苗字で戦っても勝てる相手ではなかったのですね。
本内容は、NHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!【山田】」からのテープ起こしとなっています。


山田太郎と言うと、何となく「新聞少年」がデビュー曲のような気がしますが、デビュー曲は1963年の「清らかな青春」で、何と10枚目のシングルがこの「新聞少年」なんですね。



IMG_9222
今日は有楽町に出没です。
長崎ちゃんぽんのお店「桃園」の閉店の後に新店がオープンしていました。
そのお店とは「四条富小路 麺屋虎杖(イタドリ) 有楽町」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
電話:03-3215-3955
定休日: ランチ営業、日曜営業

IMG_9224
お店の外観です。

IMG_9227
店内の雰囲気です。

IMG_9226
メニューです。

今日のオーダー「カレー担々麺」@780円です。
店内に入りますとホールスッタフさんのオペレーションがギクシャクしています。
いまだ慣れていないのですね。
IMG_9229
待つこと4分で「カレー担々麺」の到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0162
スープは熱々で結構ですが担々麺的な味わいではありません。
どちらかと申せばカレーラーメンです。
麺は細麺で表面積を少なくしていますがスープにパンチがないので中太麺でも良かったように思います。
まぁ不味からず美味からずです。
無料のご飯があったのが救いです。
この担々麺は日光の手前、即ちイマイチですね・・・

それでは(^_-)