下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

鷲神社

浅草 舟和 リターンズ

今日は「浅草七福神巡り」です
地元三田会主催の「浅草七福神巡り」に参加しました。
実は土地っ子なのに「浅草七福神巡り」に行ったことがありません。
折角なので参加しました。しか〜しほとんどが訪れた寺社仏閣なので会員の方々にトリビアネタを紹介していましたら、途中から観光ガイドをさせられました。
諸先輩にちょっとでも疑問が沸きますとすぐに質問され続けた「浅草七福神巡り」です。
朝9時にスタートして昼の13時に終了するという約4時間、20,000歩≒7kmの旅でした。
「こいつぁは春から縁起がいいわい」であります。
ちなみに、ここで言う春は、新春、正月のことです。
正月から縁起がいい、ということですからね。
全部紹介しても詮無きことなので私が個人的に興味を持ったところを紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#浅草七福神巡り
asakusa_map
コースは図の通りです。

IMG_1112
端からこの色紙を買えば一件落着なのですが、それはそれで天の邪鬼ですので、きちんと自分の足で回ってお参りしましょう。
ちなみに各寺社の署名は@300円ですので掛ける9か所で@2,700円です。
それに色紙が@300円ですので計3,000円になります。
出来合いを買っても値段は同じです。
塾員から一番多かった質問は、お寺と神社の違いでした。
わかりやすく紹介しますと「お墓のある所がお寺で、鳥居のあるのが神社」で宜しいかと思います。
しか〜しもう少し難しくお寺と神社の区別方法を説明しますと「仏尊像を安置し、仏教の教えを説く僧侶の住むところがお寺で、 日本の神様の御魂を祀るところが神社」なのです。

#今の日本堤
IMG_1127
日本堤とは昔の山谷です。
ここは昔本当に危険でした。
路上には酔いつぶれた日雇い労働者が櫛比しており、油断してあるけば寝ているオジから、オアシ(お金)をくれ、と言われてガシッと足を掴まれました。その度にその手を踏みにじり、オジが痛さで手を離した瞬間に脱兎のごとくその場から逃げ去ったものです。
今はそのような人間はいませんでした。

IMG_1121

IMG_1122
朝7時半からやっている寿司屋さんっていうのにもクリビツしました。

IMG_1124

IMG_1125
酔っ払って頭を刈にくるな、って当たり前でしょう。
しか〜し床屋さんは刃物がたくさんあるので、泥酔者が暴れたら危険なことこの上ないのであります。
必然の防衛策であります。

#鷲神社
tori

IMG_1135

IMG_1143
しか〜しお酉様と非お酉様ではこれだけちがうのですね。
うすうす想像していましたがここまでとは思いませんでした。

#ごはん500人前お釜
IMG_1147
これいくらすると思いますか?

IMG_1148
なな何と22萬円ですと。
ちなみにみそ汁ですと1,000人前です。

#矢崎神社
IMG_1152

IMG_1154

IMG_1157
訪問したことがないのは、この神社だけです。
拝殿の格天井(ごうてんじょう)には、神武天皇の御代から今日にいたる「日本馬乗史」を描いた100枚の絵が奉納されています。
人物、馬の姿態、武具、服装などすべて精密な考証のもとに描き上げられていて、馬にまつわる歴史が一目瞭然に理解できる貴重なものであります、
揮毫は、海老根駿堂画伯です。
最近では「ラストサムライ」公式ガイドブックに天井画×10枚が使われたそうです。

IMG_1161
ちなみにこの神社の斜め前は七代目新門辰五郎・浅草神社宮頭杉林さんの会社です。
この方の三本締めの発声がありませんと三社の神輿はあがりません。

この後昼食を兼ねた新年会がありました。
私はお酒を飲まないので諸先輩の方々の他愛もない話を聞いていましたが、大先輩の話が面白かったのです。
こともあろうに、石原裕次郎は中卒だ、と言い放ったのです。
理由を聞きますと、裕次郎は塾高(慶応高校日吉)で成績が劣悪だったので、志木高に転校せられたのですが、その後は学校にいかなかったので除籍されました。
だから中卒なのだそうです。
するとそれを受けて塾高卒の先輩が、それは違うよ。裕次郎は塾高を目指すが受験に失敗し、慶應義塾農業高等学校(志木高)に籍を置いたんだけれど運よく塾高に編入学したんだよ。そんで卒業後は法学部政治学科に内部進学したんだけれど放蕩生活に明け暮れて大学にいかず中退したので高卒が正しいんだよ、との事でした。
面白かったのは裕次郎の中卒話ではなく、塾高での落第者は志木高に編入されていたという話でした。
さら〜に昔の塾高には20歳の高校三年生が当たり前にいて、休み時間には普通に煙草をくゆらしていたそうです。
今では考えられません。ヘェ〜×5個でありました。

今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。
IMG_1172
居酒屋の昼食というかおつまみは味が濃いものばかりでしたので甘味が食べたかったのです。
という事で今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-22-10
電話:03-3842-2781
定休日:無休

IMG_1163

IMG_1165
お店の外観です。

IMG_1169
店内の雰囲気です。

IMG_1166
メニューです。

今日のオーダー「小倉白玉」800円です。
店内は女性比率が高く単身での男性は私だけでした。
IMG_1168
待つこと9分で「小倉白玉」の到着です。
見た目甘そうです。

それでは実食です。
IMG_1170
小豆が良く炊けていて美味しいです。
甘さも控えめで小豆の風味が良く味わえます。
白眉は白玉です。
私は白玉ののっぺりした味わいが口に合わず普段は残します。
しか〜しこのお店の白玉でだけはしっとりしていて食べられるのです。
白玉粉が良いのでしょうか。
いやいやこれは老舗の技でしょう。
満足な浅草の甘味でした。

それでは(^_-)

池袋 キッチンチェック 5th

今日は「お酉さま」です。
IMG_0044

IMG_0047

IMG_0048

IMG_0049

IMG_0052
下町っ子ですので毎年「お酉さま」には出向きます。
私にとっての「お酉さま」は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで、固定化される典型的な習慣であります。今年はめずらしく「一の酉」の宵宮に会社の同期と行ってきました。
早めに行ってしまったために、境内は閑散としていてこの静寂は生まれて初めての経験です。
昨年と同じ熊手を買おうと思い去年求めたお店に行ったのですがまだ店開きしていなく、冷やかしで入ったお店で、似た熊手の値段を聞きました。
八は末広がりで縁起がいいので8万円といいたいところだが、今日の口開けのお客なので、清水の舞台から飛び降りたつもりで8千円だ。もってけぇ泥棒、との事でした。
私はたまらず、去年は3,000円で買ったよ、と言いましたら、冗談じゃねぇや。こんな貧乏人、相手にしてられるけぇ。おととい来やがれ、ってシッシッと追い払われました。
犬じゃないんだから・・・
まぁ口開けだからオモチャにされてしまいました。
「二の酉」でリベンジです。
今度は百万円の札束を両手に持って、そのクソ生意気な顔をパンダのように腫れあがるまで、しばきたおしてあげましょう。

ところで皆様、四(よん)の酉はご存じでしょうか。
もちろん11月には存在しません。
というか数学的に無理だからです。
具体的に申しますと、お酉さまの一番早い始まり方は、12日間の間隔で開催されますので、11月1日、11月13日、11月25日の三回です。
しか〜し浅草の古老に言わせますと、昔は四の酉まで有ったというのです。
その証拠に「四の酉まである年は火事が多い」という言葉が今でも残っているからです。
元理科系としては納得がいきません。
一体全体どういうことなのでしょう?
Netで調べましたら過去に閏11月(旧歴)という11月と12月の間に存在する月があったそうです。
1600年から順にならべますと、1601年,1639年,1737年,1756年,1794年,1813年,1832年と7回存在していたそうです。
で〜も、このロジックであれば六の酉まで存在するので、私なら「六の酉まである年は火事が多い」との様に警句を変えます。
その一方で板橋区西台の善長寺境内にある西台大鷲神社では、11月の酉の市から数えて4回目の酉の市(今年は12月9日)が催されています。
今年で128年目になるそうです。
もしこれが正しいのなら「毎年、火事が多い」となってしまいます。
ちなみに浅草鷲神社のHPでは「三の酉の年は火事が多い」とされていますが、私が幼少のころから諳んじていましたのはあくまでも「四の酉まである年は火事が多い」であります。誰か私のこの「50年物の穴」を開けてください。

お酉様
最後に下町っ子のウンチクです。
「お酉様」の東隣が「吉原」ですから昔から「吉原」とは縁が深かったのです。
この日の「吉原」では通常開けない大門以外の門を開いて遊客を呼び入れたといわれます。
それは酉の市への参詣が新吉原に繰り出す格好の言い訳ともなって、鷲大明神と吉原はまさにタイアップの関係が成立していたのです。
さら〜に郭外への外出が禁じられていた遊女達も身元のしっかりとした客となら酉の市へ行く事ができたそうです。
現在ではソープの淑女連がくるかといえばそれはありませんので予めお断りしておきます。

浅草の夜のにぎはひに
まぎれ入り
まぎれ出で来しさびしき心 
石川啄木 


こういうオチは大好きです。



今日は池袋に出没です。
IMG_0072

IMG_0074
今日は洋食にキメ打ちです。
今日のお店は「キッチンチェック」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館1F
電話:03-3985-1926
定休日:無休

IMG_0073
お店の外観です。

IMG_0075
メニューです。

今日のオーダー「カキフライ(サラダそえ、ライス付)」@1,500円です。
IMG_0076
待つこと6分で「カキフライ(サラダそえ、ライス付)」の到着です。
食べこたえありそうです。
カキフライは大ぶりのものが4個です。

それでは実食です。
IMG_0077
カキフライを口いっぱいにほおばり、噛みしだきますと、瀬戸内の海原を漂っている様な気持ちになります。
このカキは臭みがまったくなく、まさに海の滋養を頂いている感じです。
これは美味しいですね。
ブラボーであります。
大満足の夕食でした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ