下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

鴻星海鮮酒家

勝どき 鴻星海鮮酒家 リターンズ

今日は「私が暇な時にやること」の話です。
私はすご〜くすご〜く暇な時には、長年に亘って付けてきたエクセルで作った家計簿から子供達にかかった支出を抜き出して別のエクセルシートに転記しています。
時間をかけたくないのであればマクロを組んでやる手もあるのですが、あくまでもひまつぶしですからね。
どちらかというと、これを転記することで子供達の成長記録にもなるので、思い出したようにたらたらとやっています。

成長記録の中で心に残るのは、子供達が初めて自転車に乗れた日のことです。
長男が初めて自転車に乗れたのは1992年7月26日(日)で、場所は札幌のたきのすずらん公園です。
次男は1996年5月3日(金)で、場所は札幌の厚別競技場です。
親としては、子供が補助輪なしで自転車に乗れたのは、通過儀礼とはいえうれしいものです。
このことは、子供達の将来の前途洋洋とした可能性を暗示しているかのような気持ちになってしまい、胸にあついものがこみ上げてきます。
その一方で奥様はどこへでも勝手にいけるので、交通事故にあってしまうのではないかと少しblueになっていました。
この辺りは父性・母性の差なのでしょうね・・・

しか〜し結構な金額をつかっているものです。
イフの喩でいえば、もし子供達がいなかったら、今頃はHawaiiに別荘を持ちベンツか何か乗りまわしているのでしょうね、多分。
でも子供達がいたので、行きたくもない会社にも行き、聞きたくもない命令にも従っていたのでしょう、そういう意味では子供達に感謝です。

ところでこの表ができあがったらどうしましょう。
子供の結婚式に将来の参考ということでプレゼントでもしますか、そんな野暮な事はしないで次は孫の支出記録に変えましょう。
それよりもなによりも早く結婚してもらいたいものです。
そうしてもらわないと孫の顔が見られませんので・・・


くりびつてんぎょのいたおどろ!



IMG_5184

IMG_5185
今日は晴海トリトンに出没です。
今日のお店はかつて赤阪四川飯店総帥陳健一に「料理の鉄人」に勝ったシェフの店である「鴻星海鮮酒家」晴海店さんです。
なな何と7年ぶりの再訪です。

住所: 東京都中央区晴海1−8−16
電話番号:03-5547-6166
定休日:無休

IMG_5187
お店の外観です。

IMG_5193

IMG_5194
店内の雰囲気です。

IMG_5188
メニューです。

今日のオーダー「香港風牛ばら肉と大根の煮込みセット」@900円です。
鴻星海鮮酒家は1987年、尖沙咀に1号店を開店して以来、香港に11店舗、そして日本では東京のお台場、新橋、晴海にも支店を持っています。
そしてこのお店は、かつて赤阪四川飯店総帥陳健一に「料理の鉄人」に勝ったシェフの店である、と書きましたが、その周權忠総シェフですが、原則香港在住ですのでこのお店にどれだけその影響があるのかは不明です。

7年ぶりの再訪ですが店内はそれなりに満席です。
一時期閑散としていたのですが、お客さんが戻ってきた?様です。

待つこと7分で「香港風牛ばら肉と大根の煮込みセット」の到着です。
見た目本場中華風です。
それでは実食です。

IMG_5192
あれっ!
スープが冷めています。
ホールスタッフさんにその旨もうしますと、そうですか。変えましょうか、です。
このような対応は私が唾棄するものです。
それでもそそくさと換えの熱々のスープを持ってきてくれました。

IMG_5189

IMG_5190
気を取り直して実食です。
八角の香りはしますが、スパイスがパンチ不足です。
これではただの牛ばら肉と大根の煮込です。
香港風はどこへいったのでしょう。
味ですか、それなりの味です。
不味くはありません。

IMG_5223
正直、この料理はこのようなトロトロしたお肉に、八角、小茴香、クローブ、シナモン等のスパイスがガツンときいた味付けをimageしていたのですがね。
所謂Hong Kong tasteです。
でもこれはあくまでも私の摺り込みであり、お店が供する料理とは全く関係ないのですが。
いずれにしても私のimageが過大すぎました。
次回は先入観無しで来る事とします。
エッ、再訪するんですか!

それでは(^_-)

晴海トリトン 鴻星海鮮酒家

すみません今日も21:00という早い時間に終わったので同期と部下とで飲みに行ってしまいました(ヘラ)。

今日は映画「マジックアワー」のイントロダクションです。
マジックアワーとは、映画の専門用語で夕暮れのほんの一瞬のこと。太陽が地平線の向うに落ちてから、光が完全になくなるまでわずかな時間にカメラを回すと、幻想的な画が撮れると言われています。一日のうちで世界がもっとも美しく見える瞬間、それがマジックアワー」ザ・マジックアワーオフィシャルサイトより転載。

マジックアワー
これは朝日なので、これの少し前の時間ですかね

要は光源がないので、陰影がない綺麗な写真が撮れるとのことです。
そして三谷監督が言いたかったのは、人は誰でも一日の内に最高に輝く瞬間があるよ、もしも今日なくても明日、あるいは明後日、あるいは近い将来に必ずその瞬間が来るから一日々を頑張って生きて行こうぜというエールなのですね。この映画面白そうです、絶対見に行きます。


今日のお店は晴海トリトン内3F階にある「鴻星海鮮酒家」です。
そして今日の獲物は「福建チャーハン」@1,260です。



このお店当Blogで二回ほど書きましたけれど最低です。
前回も接待飯でなければ二度と行かないと宣言しましたが、今回は接待飯なので懲りずにいってしまいました。
味ですか、赤阪四川飯店総帥陳健一に「料理の鉄人」に勝ったシェフの店とは思えません。最も勝った人は香港在住なので直には関係有りませんが・・・

接客悪い、熱々でない、味はハッキリしないという三重悪です。今回で三回目ですが何ら改善されていません。こんなチャーハンどこでも食べられます(怒)
場所が良いのでで賑わっているだけなのでしょうか、それともランチのみ手を抜いているでしょうかネ

今回もお取引様からもこれは美味しいと一言も言われずに、ひたすら商談を続けていたほどですから押して知るべしですネ(笑)

それでは(^_-)

続 鴻星海鮮酒家

風邪がヌケナイヨです。
今日は朝方体調良かったのですが、出社したら咳が止まらず大変です。
まだ本調子じゃないみたいですね。

昨日も早く寝ればよいのに、デジカメのマニュアル見ていたら病気みたいなもので読み始めると止まらなくなっちゃうのです。
どうしてマニュアルが病的に好きかっていうと、こんな使い方があったんだなあという「気付き」が嬉しいのとそれを体感した時に感じる無常の喜びに感動しちゃうのです(異常カナ)。

ということで今日のお店は晴海にある「鴻星海鮮酒家」です。
ここは二度目の登場です。
たしか前回はペケでしたので行きたくなかったのですが、一緒にいたお客さんが行きたいと申されるので他を選べなかったのです(悲

今日の獲物は「海老ワンタンメン」@900です。


結論今回もペケです。まず一ペケは接客の悪さです。二ペケはスープのぬるいこと。三ペケは量の少なさ。唯一良いところといえば海老ワンタンの美味しいところだけです。
これは流石に大したもので、海老のプリプリ感とそれを包む水晶の様な透き通ったモチッとした皮との相性は最高です・・・但し温かければさらにすごいと思われます。
よくこれで鉄人珍健一に「料理の鉄人」で勝てましたね?

やはりランチタイムに行くのが間違っているのかしらん?
当たり前だわ、こういう店にはVIPタイムに行くものじゃ(活
といいつつ自腹じゃ二度と行かないでしょう(納得)


それでは(^_-)



訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ