下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

鮒忠

人形町 鮒忠

今日は「樹木希林嚊左衛門異聞」の話です。 
4086160
やったことがほんのわずかだもの。
やり残したことばっかりでしょう、きっと。
一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、本当にたわいもない人生だから、大仰には考えない。
靴下でもシャツでも最後は掃除道具として、最後まで使い切る。
人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に尽きるということだと思う。
自分の最後だけは、きちんとシンプルに始末することが最終目標。
私は「なんで夫と別れないの」とよく聞かれますが、私にとってはありがたい存在です。
ありがたいというのは漢字で書くと「有難い」、難が有る、と書きます。
人がなぜ生まれたかと言えば、いろんな難を受けながら成熟していくためなんじゃないでしょうか。
私、とにかく今、一人でやっているでしょ。
ここに来るのも一人、何をするのも一人。
誰かに頼むとその人の人生に責任を持てないからみんなね離婚してね、次にいい人と出会ってるつもりでいるけど、似たようなもんなのね。
ただ辛抱が効くようになっただけで・・・
人がうれしかったりした時に、 泣くことが多いわね。
悔しい、悲しい、で泣いたことはないわね。
「なんてすてきなことを言うんだ」っていう時に泣けてくるね。
がんはありがたい病気。
周囲の相手が自分と真剣に 向き合ってくれますから。
ひょっとしたら、この人が来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう?
そういう意味で、がんは面白いのよ。
夫1人だけ、奈落の底に落として、自分だけ保身ということはしません。
もし生まれ変わったら、内田とはもう逢いたくない。
もし次逢ったら、また好きになってしまってまた大変な人生を送ってしまうから。
「幸せはいつも『今』ここにある」より転載

C0C3sdgVEAAHY9s
樹木希林さんは嚊左衛門(気が強くて男勝りの女房を、戯れて男の名のようにいう言葉)でした。
1964年に俳優の岸田森さんと結婚していますが1968年に離婚しています。
1973年10月に内田裕也さんと再婚するのですが、1年半で別居しています。
別居が始まったのが1975年4月なのに。
1975年5月には妊娠して長女也哉子さんを授かります。
1975年4月末と5月初めは、ほぼほぼ同時期なので、妊娠と引き換えに別居したのかもしれません。

img_0
個人的には内田裕也さんも大変だったと思います。
内田裕也さんのフラワー・トラベリン・バンドのヴォーカルをやっていた頃の、希林さんが内田さんを声援をしている姿が今でも目に焼き付いています。
当時、希林さんの応援の仕方はひたすら異常で、周りの若い女性ファンがドン引きしていた事を覚えています。
良く申せば熱狂的なファン、悪く申せばストーカー的な応援でした。
個人的には後者の色合いが強かったと思います。

DlNS2Z7VsAA5scU
希林さんが「ムー一族」の打ち上げパーティーの席上、番組プロデューサーの久世光彦さんと番組出演者のともこさんとの不倫を暴露し大騒ぎになった事がありました。
その発言を聞いて真っ先に、バカヤロー。そんな話やめろ!と絶叫したのは久世さんの友人としてパーティーに呼ばれていた沢田研二さんでした。
その後すぐに席を蹴って会場を後にしたのでした。
希林さんの発言を受けた久世さんは、今、希林さんが言ったことは事実です。
ともこも大きなオナカで頑張りました。
このことは僕の不徳です。
でもこれが人間なのです。
僕はムーが大好きでした、とスピーチしたのでした。
ところが数時間後、騒ぎを聞きつけた希林さんの夫、内田裕也さんが店に飛び込んできたもののジーンズ姿のため入場を断られ、押し問答の末、パトカーまでが出動する騒ぎもあったのです。
その際に、殺気立った裕也さんは、あのヤロウ、離婚だ、と息巻いていたのですが、その騒ぎに対して、希林さんは、久世さんがああした状況の中でなし崩しにショボショボしていくのが耐えられなかった。
2人の気持ちを軽くしてやろうと思って言った、とその発言の真意を語っていました。
その一方で、裕也さんには、離婚というならああ上等、とキッパリと決めて、沢田さんに対しては、ああいう見せかけの優しさが久世さんをダメにした、と反論していたのです。
なんとも偉丈夫な女性だなとただただ驚いていました。

manbikikazoku0522

MG_8492-1269x846
個人的に最期に彼女をみたのは「万引き家族」でした。
この映画ではリリーフ・ランキーを演じる治は、この家族の中で、父親的な役割をしているわけですが、求心力がいまひとつ弱かったのです。
その治の代わりに家族を束ねたのは希林さんが演じる祖母・柴田初枝でした。
とても素晴らしい演技でした。
ご冥福をお祈りいたします。合掌。


「万引き家族」予告編



IMG_9872 (2)

IMG_9873

IMG_9875

IMG_9876
今日は人形町に出没です。
今日のお店はよく行きますがアップは初めてです。
今日のお店は「鮒忠」人形町店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町1-16-1
電話:03-3661-8286
定休日:日曜日

IMG_9877
お店の外観です。

IMG_9880
店内の雰囲気です。

IMG_9878
メニューです。

今日のオーダー「幕の内弁当」@900円です。
店内は活気にあふれています。
花番(客の注文を奥に通したり、できた料理を運んだりする人)さんが独楽鼠のようにテキパキと働いています。
私の注文をとった際は「まく一丁〜」と奥に通す高らかな声が発せられました。
昔の下町の雰囲気が横溢しています。

IMG_9879
座るやいなやお茶とおしぼりが到着しました。

IMG_9881
待つこと7分で「幕の内弁当」が到着しました。
見た目「THE和食」です。

IMG_9883
オカズは、刺身はマグロの赤身が三切れ、イカフライ、唐揚げ、春巻、玉子焼き、焼売、紅白蒲鉾です。
味噌汁は蜆の味噌汁です。
それでは実食です。
マグロは極美味ではありませんが鮮度があり美味しいです。
揚げ物は、イカフライが想像を超えた柔らかさで高評価です。
唐揚げは祖業の鶏を使っていますので柔らかく且つジューシーであります。
春巻き、玉子焼き、焼売も美味しいです。
特筆すべきはオカズのすべてが熱々です。
なかなかできるものではありません。
これを世にいう「凡事徹底(なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと)」のあるべき姿なのでしょう。
白眉は蜆の味噌汁です。
蜆の出汁が良くでていてとても美味しかったですね。
老舗激戦区の人形町で人気店を張っている事がよくよく理解できました。

それでは(^_-)

北千住 鮒忠

今日は「日馬富士引退考」です。
spo17112120020040-n1
大相撲の日馬富士が、平幕貴ノ岩を暴行し負傷させた事への責任をとって引退しました。
しか〜し、日馬富士の師匠の伊勢ケ浜と日馬富士本人は基本的に反省していません。
伊勢ケ浜親方は記者会見の席上、九州で引退を決めたことについては?
ともう一度質問されると、決めたというか、そうなったんじゃないですか、それを今言っているんだから、その質問はちょっとおかしいんじゃないですか、と逆ギレして答えていたのがそもそもの証左であります。
貴乃花親方が変な横車を押さなければ不問に付された話だ。
そもそも、相撲の世界で兄弟子というのは、げんこ篇に無理と書くんだ。
花田だって親子二代の相撲村の住民だ、そんなの百も承知二百も合点のはずだ、というのが本音でしょう。
そのような親方の発言の影響もあったのか、当の日馬富士も引退の会見で暴行の動機について聞かれた際に、後輩の礼儀がなっていない時に直し、教えるのは先輩の礼儀、と正直に答えています。
これは、正しいと信ずるなら、暴力を行使してもかまわない、と読み替えられます。
相撲の世界では、少しは文句を言いたくても、素直に親方や兄弟子の指導に従って、精進したから強くなったのです。お相撲さんの全ての技は相撲の基本が出来ていなければ生かされません。
その為には、つらくても親方や兄弟子の言う通りに素直に聞いて、下半身を鍛え、股割り、てっぽう、しこをふむ、すり足などなど、そういった基礎訓練を何度も何度も繰り返してきたから成長したのです。
強くなる力士は、もともと素質があったのでしょうが、その素質も適切な指導がなければ、十分伸びなかったのです。
要は村社会のルールに同じ住民の貴乃花親方が意を唱えたので大問題に発展していって、それにマスコミが飛び付いたのです。いずれにしましても、今の親方らが現役時代には、暴行ともとられかねないような厳しい指導を受けていましたので日馬富士には同情的なはずです。
従いまして、今回の事件を契機に今さらですが「暴力は許されない」との意識をすべての親方らが持ち、角界を内側から変えていかなければならないのです。

それにしても日馬富士は今回の暴行で全てを失ってしまいました。
年収1億円、パンチの数を20発としますと、1発5百万円です。
これこそげんこ編に損とかいて、殴り損と読むが如しであります。
今回の事件は、日馬富士は白鵬への忖度から自ら拳で貴乃岩を打擲(ちょうしゃく)したのです
そうであれば相撲協会は日馬富士の引退届をすぐに受理せず、全容がわかった時点で受付しても良かったのです。相撲協会も白鴎の思いを忖度したのでしょうか。
個人的には、諸悪の根源は相撲協会です。
相撲協会は今回の事態を貴乃花親方外しで反撃を開始しています。
具体的には、白鴎の申し出による冬巡業帯同させなかった事です。
会社のトップ成績の営業部長が、自らの査定が低いの事に腹を立て人事部長を更迭したようなものです。
これが横行するのであれば相互牽制は機能しません。
加えて、NHK解説交代は、相撲協会が貴乃花親方の敵対的姿勢を看過できなかったという事でしょうか。
これはある種の日馬富士的暴行と同質なものといるでしょう。
このような事をするのであれば、所詮プロレス同様の興業ですから、といえば良いのですが、国技の矜持がそれを阻んでいるのでしょう。
万が一、貴乃花親方が、貴野岩を通じて知り得たモンゴル人力士同士の情実的な取り組みを具体的に話し始めましたらそれこそ国技からの決別を意味します。
そもそも相撲を国技と決めた法律もなく、どうやら国技館という建物でやっているので国技らしいですよ。


この野球選手の神対応に感激する


IMG_3791

IMG_3792

IMG_3793

IMG_3795

IMG_3796

IMG_3797

IMG_3798
今日は北千住に出没です。
それにしてもイカガワシイ街であります。
加えて、この町は純粋の食べられるお店がありません。
困ったときにはこのお店です。
今日のお店は、私の大好きな「鮒忠」北千住店さんです。

住所: 東京都足立区千住2-52
電話:03-3881-3504
定休日: 不明

IMG_3802
お店の外観です。

IMG_3804
店内の雰囲気です。

本日のオーダー「うな丼」@2,080円です。
yjimageWC6D5C06
時間は19時で書き入れ時だというのに、店内はへべれけの酔客×2人だけです。
どうやらこの2人はネクスコ東日本に関係するビジネスマン達のようで、盛んに談合の話をしています。
私が公取の人間でしたら完璧にアウトです。
一応、仕事柄打合せ議事録取っておきましたがね(笑)
さら〜に、面白いのは手元が危なくなってきており、飲みかけの酎ハイをこぼしてしまいました。
すると、手元がおぼつかなくなってこぼしたんだ。
わざとじゃないと、と言ってこぼした分を継ぎ足してもらうようお願いしたのです。
お店の店員は、お代りですか、といえば、滅相もない、こぼした分だけですよ、と言い返しましたので、お店のご主人が、いいよそのくらい、と言って継ぎ足していました。
元大酒飲みでしたので、この気持ちはよくよくわかります。
しか〜し、手の運動神経がなくなるなんて、一体、何時から飲んでいるのでせうか?
ネクスコさん!
完璧な怠業(オサボリ)ですよね(笑)

IMG_3805
待つこと17分で「うな丼」の到着です。
どこから見ても「うな丼」ですが「うな丼」独特の馥郁たる香りがありません。

IMG_3806
気を取り直して実食です。
鹿児島産の鰻みたいですが、不味くはありませんが、美味しくありません。
香気がないとは、単に、セントラルキッチンで加工された鰻を温めただけでしょう。
この日は寒かったのですが店内には火の気がありません。
その為に、食べていながらも体に寒さが染みてきて、食べるやいなや退散しました。
このお店は私の大好きな「鮒忠」さんではありますが、当然のことながら再訪はありません。

それでは(^_-)

神楽坂 鮒忠

今日は「splashな日々」です。
今日は最近撮った画像を主体に纏めました。
宜しかったらお付き合いください。

#これはスゴイ誤字です。
IMG_7373
しかしすごい誤字ですね。
久々なクリビツです。
書いた方は社員研修にいくより漢字研修にいくべきでしょう、ハイ。

#ようおこし。
IMG_7398
これは御堂筋線の心斎橋駅内のトイレです。
さすが大阪ですね。
東京ではこのようなセンスはありません、ハイ。

#オペラに行って参りました。
オペラ
色々な偶然が重なりましてオペラを見に行く事になりました。
実は今迄オペラを見たことがありません。
それなのに超有名な外国オペラをしかも特等席(S席)で予約してしまいました。
さらにさらに家族全員で行く事になったのです、マジです。

そこで足慣らしということで「モーツアルトレクエイム」を観に行く事にしました。
一人では心もとないなので音楽に造詣の深い長男に頼み込み一緒にいったのです。
オペラ歌手は歌の技術を競っているのだそうです。
例えば、ソプラノやテノールなどの歌手は、普通では考えられないような高い声を出します。
しかもそれを立派に歌いきるのです。
例えばスケート選手がジャンプを成功させた瞬間に、私たちが「おおっ!」と思うのと同じように、歌手がすばらしい声を出したときも、私たちは心を揺さぶられるような感動を体験できるのです。
さら〜に難しい高音を出すことだけが評価されるわけではなくて、そこにたどり着くまでの歌の旋律を、いかに美しく優雅に歌えるかを観るのも鑑賞のポイントだそうです。

IMG_7520

IMG_7511

IMG_7514

IMG_7519
約90分間の公演ですが、あっという間に終わってしまいました。
私の持論では、あっという間に終わってしまうものは面白いのです。
加えて人間があのような大音量の声を出せる事を目の当りに見れたのは感激でした。
これでオペラの楽しみ方が分かったので、本チャンのオペラ観劇が待ち遠しくなりました。


I can't even put into words how dangerous this is・・・



IMG_7525
ということで今日はオペラ観劇の流れで神楽坂にやってまいりました。
知っているお店は22時すぎということで全て閉店していまして、唯一食べられるお店として残っていたのは「鮒忠」さんです。今日のお店は「鮒忠」本家神楽坂店さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂5-34-1
電話:03-3260-6323
定休日:無休

IMG_7526
お店の外観です。

IMG_7533
店内の雰囲気です。

IMG_7528
まずは長男とお疲れ様乾杯です。

IMG_7529
付出しのジャガイのにっころがしとホタルイカ@300円です。
画像のとおり光輝いているホタルイカは美味しです。

IMG_7530
ごま塩きゅうり@400円です。
きゅうりはエッジがたっていてこれまた美味しです。
レベル高いですね。

余談ですが、大学の同級生に鮒忠の息子さんがいたような気がします。
ここでちょこっと蘊蓄を・・・
鶏肉はその昔高級食材だったことから、焼き鳥そのものはかなり高級な食べ物でした。
それまでの庶民の間で焼き鳥といえば、ガラ、スジ肉、あるいは雀を使ったものでした。
そこで鮒忠の創業者の根本忠雄さんは 鶏肉を使った焼き鳥の儲けを度外視して売りだしてみると思いのほか売れたのです。
鮒忠
お店のあった浅草千束の目と鼻の先に吉原にも深夜まで売って歩きこれらが相俟ってお店は大繁盛したそうです。
当時の人気プロレスラー力道山も焼き鳥を食べに来ていました。
その後、昭和二十六年頃に安い食肉用ブロイラーが普及すると、 焼き鳥は本格的に大衆の間に広まっていき今日の隆盛の礎を築いたそうです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7532
続きまして「とり唐揚げ(もも肉・皮)」@820円です。
これは中身が物足りなかったのですが、ことのほか衣がカラッと揚がっていて美味しゅうございました。

IMG_7534

IMG_7535

IMG_7536

IMG_7537
締めに頼んだのは「串焼き塩おまかせ10本」@3,400円です。
まかせ10本は、豪傑焼き鳥、ささみ、手羽、レバー、皮、つくねだんご、やげん軟骨、砂肝、ピーマン肉詰め、はつの盛り合わせです。

IMG_7538
焼鳥の取り外しの金具がありました。
これは便利です。

味ですか、やげん軟骨以外はすべて美味しかったです。
とくに豪傑焼き鳥は秀逸です。
ちょっと高いような気がしますが量が多かったので「コスパ良し」と言わせていただきます。
たまには焼鳥もいいものですね。
ちなみに私の幼い頃の食卓にはよく鮒忠さんの「鰻のかば焼き」がおかずになっていました。
酒好きの父が鮒忠で飲んだ後にオミヤとして買ってきたからです。
今は昔であります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ