下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

魚菜はざま

月島 魚菜はざま リターンズ

今日は「擦り込み」です。
英語はあまりうまくはありませんが、プライベートを含めて不定期に話しています。
所詮外国語ですので、日本語との違いが色々ありそれらに触れる度に面白く思っています。
例えば発音です。
マクドナルド→マクダーノ
ニコン→ナイコン
エッフェル塔→アイフルタワー
ウィンナー珈琲→ヴィアナコーヒー
とかですか、ウィンナー珈琲は英会話圏の人がきくとウィンナーソーセージが入っているコーヒーだと思うそうです。
イケア→アイキーアですが、この間同僚に聞きましたらこれは英会話圏の人がなまっているらしくて本社のあるスウェーデンではイケーアと発音されている様です。
私の好物のシュークリームは靴のクリームと理解されますので、シュークリームが好きというと目を白黒します。
これはフランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」が転訛したみたいで致し方ありません。
正しくは「creampuff」であります。

JANGLISH
このような差分はまだ笑いながら許してもらえるのですがJanglishには厳しいものがあります。
私がよく使う「volumy」はアウトです。これは「too much for me」と言い換えないと不機嫌になります。
「Fight」は「叩きのめせ」と喧嘩の時に使うので要注意です。
英語で言うなら「Go for it!」みたいな感じですか。
そうそう「頑張って」という意味で「hanging in there」が使えると擦り込まれていたのですが、これまた意味不明でして、完璧にぶら下がっているみたいに取られます。
Netで調べたましたら、そこにぶら下がっている→まだ落ちていない→何とか踏ん張っているよ、みたいなイナダ→ワラサ→ブリのような三段論法?で、苦しい状況の時などにかける励ましの言葉のようです。
かえってシンプルに「Good luck!」あたりが無難ですか。
最近Janglishとして定着しつつある「super delicious」は使った瞬間に英会話圏の人がキレました。
その理由は、英語では「delicious」以上の賛辞はないんだ、と一刀両断でした。
さらに「instant water heater type」を瞬間湯沸かし器みたいな人という意味で使いましたら、ある英会話圏の人は初めて聞く英語だけれど意味はわかるよ、と笑ってくれたのですが、ある英会話圏の人は、変な英語使うなよ、それを言うなら「irritable」だろうとこれまた一刀両断でした。
統計学的母数が少ないので上記の話には普遍性はありません。
しか〜し個人的には英会話圏の人たちは自国の言葉に敏感になりすぎ、多少の揺るぎをも許さないような閉塞性があるように思います。

これは文脈の解釈に起因していると思います。
文脈の解釈には、その国独自の文化背景と密接に関係します。日本、アラブ諸国、フランス、イタリア、ギリシャ、南米諸国などは、「高文脈文化」といわれています。
中でも、日本は、高文脈文化のトップランナーだそうです。一方、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏、ドイツ、ノルウェーなどの国は「低文脈文化」だといわれています。
高文脈文化の言語は、文化を背景にして会話が成り立っていて、全てを言葉にしなくても通じる文化です。
この最たる国が日本でしょう。一方、低文脈文化の言語、例えば、英語には、文中に全ての情報が入っているので、その文化に初めて触れても、「阿吽(あうん)の呼吸」や行間を読まなくても、相手を理解できます。
日本では、「目を見れば分かる」「阿吽の呼吸」など、一種の精神性に依存することが普通で、細かく説明すると、「やぼったい」とか、「あいつは子どもだ」とか、「空気が読めない」などと言われてしまいます。
「目を見れば分かり合える文化」、例えば日本語では、主語がなくても何の支障もなく会話が続きます。
まれに誤解を生じることもあるでしょうが、特に不便も感じず、私たち日本人は「主語なし会話」で生活しています。
アメリカ人からしてみれば、テレパシーや特殊能力に思えるかもしれません。
アメリカは多民族国家ですから、低文脈文化は、人々のミス・コミュニケーションを避けることに役立ちます。
アメリカ人の目から見ると、文字になっていない言葉、言葉として発せられていない情報が飛び交う日本はものすごく理解しにくく、ミステリアスな国なのでしょう。
従いまして先ほど紹介の「instant water heater type」を瞬間湯沸かし器みたいな人という英語は基本的には分ろうとしないのでしょうね。

ところで今日のふりネタ「擦り込み」なのですが・・・
実は今日の今日までジョージ・ハリスン「マイ・スウィート・ロード」をMy sweet road (私の甘い道)だと思っていました。実はMy sweet lord(私の優しい神様)だったのですね。
この程度です、私の英語能力は・・・
で〜も気がついてよかったです。
これまた棺桶まで持っていってしまう間違った擦り込みネタでした。
ということで締めはこの名曲です。



IMG_9321
今日は夜のとばりがおりた月島に出没です。
たまには美味しい魚でもたべるかと思っていたら、目の前に飛び込んできたのがこのお店です。
ということで今日のお店は月島で行列のできる、ボリューム丼のお店「魚菜はざま」さんです。

住所:東京都中央区月島4-9-10
Tel:03-3534-7698
休日:日曜日、祝日

IMG_9323

IMG_9333
お店の外観です。

IMG_9328
店内の雰囲気です。

IMG_9325
メニューです。

今日のオーダー「サーモンとカンパチ丼」@1,100円です。
店内の怪しい中国人のお姉さんに、いい男、お兄さん、見たことある、どこで、としつっこく聞かれて辟易しました。
月島に中国人の女性の知合いはいませんので・・・
要は中国人顔っていいたかったんたでしょう(笑)

待つこと8分「サーモンとカンパチ丼」の到着です。
IMG_9329

IMG_9332
見た目volumy(Janglish)です。

それでは実食です。
サーモン美味し、カンパチ美味しです。
特にカンパチの身の弾力は特筆ものです。
しか〜し半分食べたあたりで飽きてきました。
うんこれだけ美味しいのですからできれば美味しさの絶巓(ぜってん)を極めるためにadditional menuとして三分の二丼を希望します。

それでは(^_-)

月島 魚菜はざま 

今日電車の中で外国人の女性に何ごとか質問され受け答えしたのですが、全く通じません。
来週TOEICの試験があるのにこの状態は完璧にマズイと少しパニックになりました。しかし冷静に聞いていると何やら喋っている言葉は英語ではないようです。
目の前に座っているオバサンが私の窮状を見かねて「大丈夫!西小泉には停まるっ」と言ってくれたのでこの女性の不明は解決したようです。その証拠に日本語で「どうもありがとう」と言っていました。
しかしこの「停まるっ」オバサン何でボルトガル語分かったのだろう?「西小泉」とは言ってなかったように聞こえたのですが…
魚菜はざま1
魚菜はざま2
そうなのです、今日は日本で一番ブラジル人が多い群馬県は大泉町に来ていたのです。何とその人口比率は20%近いとか、こんな鄙びた町なのに外国人の多いこと多いこと。町中の至る所でブラジルが露出しています。かなり驚きましたネ(笑)

今日のお店は月島の「魚菜はざま」です。このお店は同じく月島にある「もんじゃはざま」の姉妹店です。よって店主は当たり前ですが間さんです。家族でお店を切り回しています、感じの良いお店です。

魚菜はざま3
お店の外観です。

住所:東京都中央区月島4-9-10
Tel:03-3534-7698
休日:不明


今日の獲物は「まぐろネギトロ定食」@1,000です。B級グルメとしては値付けに意義ありですが、お味はどうでしょうか?

魚菜はざま5
味ですか、な何とこれは美味しい。まぐろの肉の弾力、脂ののりかた最高です。ネギトロは少し味が落ちますが、それでもそこそこのレベルです。月島にこんなに美味しいお刺身屋さんが存在していたとは感動です。今度は「まぐろサーモン定食」を食してみましょう。

魚菜はざま6
突き出しのマンボーのお刺身です。実は私マンボーのお刺身は初めて食べます。
味ですか、白身魚なのにコクがあります。食感もフニャフニャではなくしっかりとしており尚且つ弾力もあります、珍味ですね

最後にどうでもいい話です。いずれも大泉町からの帰宅の途中立ち寄った「海鮮三崎港」東武北千住店での話です。
魚菜はざま7
まずこの画像の板さん、お客様から注文が入りますと右下にあるマイクに向かってその内容を裏方に伝えます。そしてその板さんの直下にはシャリ桶がドカンと置いてあります。今時のマイクですから感度は良くマイクに顔を向けず真っすぐに喋っても声が通ります。ご想像の通りです。個人的にはかなり不衛生だと思います。
そして次のどうでもいい話です。
女性、女性、空席、私というロケーションをイメージしてください。この女性二人は友人同士でかなりのお皿を積み上げています。そして私の隣にオジが来て座ります。すると何故かこの二人オジが座ると同時に各々の積み上げた皿を20センチ程右にずらします。つまり二人の間に積み上げた皿があり座ったばかりのオジの脇に右の女性の積み上げた皿があるという絵図です。私は気にも止めずその不思議な儀式を傍観していました。
二人の女性はそれから暫くしてお愛想をしました。店員さんがお皿を片付ける時に、お寿司を食べ始めたオジに手で示し「この積んであるお皿はお客様のですよね」と聞きます。当然の事ながらオジは「違うね、だいたい今食べ始めたとこだよ」と返します。
秘伝「燕返し」とはいいませんがこれには驚きました。
でもこれって立派な犯罪だと思います。

何のことはない今日は魚三昧の一日だったのですね(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ