下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

魚竹

築地 魚竹 5th

今日は「ファミリーマラソン」です。
夏休みで長男が帰省していましたので昔話です。
ひょんなことから出走した札幌マラソンで自らのマラソンの才能に気がついた私は、徐々にこの悪魔の競技にのめり込んでいったのでした。
そして札幌マラソンの後いくつかのマラソンレースにでた私は大いなる野望をひそかに温めていたのでした。
それに呼応するかのるように次男が幼稚園年長の時マラソン大会で9位になるなど私の野望の周辺環境は整ってきたのであります。
その翌年次男が小学生になったときに私の野望は全容をあらわにしたのです。
その野望とは・・・
「家族で襷(たすき)をつなぐ」であります。
要はファミリーマラソンに家族で出て入賞することだったのです。
そして新緑深い真駒内公園で開催される「駅伝サーキット」へ誰の了解もなしにマラソン参加を申し込んだのでした。
一応チーム名は「サイバークラブ」という当時はインターネットの黎明期だったという事もあり、インターネットが形成する情報空間すなわちサイバースペースから命名したのでした。
長男からは高評価だったように記憶しています。
そして想定内のトラブルが発生したのです。
それは・・・
走ることが大大嫌いな奥様のちゃぶ台返しでした。
なんで勝手に申し込んだのですか、とまさに「怒髪天を衝く」状態で荒れ狂ったのです。
私はあらかじめ用意していた想定問答集の中から、家族で目標を共有してその目標を達成するために努力する事は子供の情操教育に良い、とアメリカはトーマスクック教授(そんな教授は存在しない)の最新の論文に書かれているんだ。その論文はアメリカ国内で大いなる支持を得て最近日本にも流入し支持され始めてきている。
その論文のエッセンスは「家族の絆」なんだよ。子供たちのために理解してくれないか、と説き伏せたのです。
奥様は、わかりました。それでも私はでませんから、と取り付く島もありませんでした。

ファミリーマラソン
この「駅伝サーキット」はハーフマラソンの距離にあたる21kmを4人で走るのです。
1走は5km、2走は1.5km、3走は3km、4走は11.5kmで計21kmであります。
私がこの大会に申し込んだメンバー表は、1走は長男、2走は奥様、3走は次男、4走は私としたのでした。
まさに高橋Qちゃんを育てた小出監督の采配に勝るとも劣らない名伯楽なメンバー配置であります。
レースは1999年6月2日()であります。
奥様を除いた家族はそれぞれ自主練習を始め入賞を目指したのです。

IMG_2862

IMG_2859
レース二週間前には家のそばにあるサイクリングロードにトレーニングウェア姿で練習している我が奥様を発見したのです。どうやら時宜を得たようです。
これで私の願いである「家族で襷(たすき)をつなぐ」という夢が実現しそうです。

本当ならここで当時の画像があればいいのですが、この日はガチでレースに臨んだものですからその様な余裕もなく写真は撮っていません。レース結果ですが長男、次男、奥様の頑張りで、入賞は逃したものの、なな何と100チーム中35位という好成績で大団円とあいなったのです。
「家族の絆」ですか・・・
レースの後と前ではあまり変わりませんでした。
た〜だレースの疲労からか、しばらく奥様低気圧が発生し続けてその対応に大わらわでした。
大事業をする際は、事前説明が大事である、と心より思った次第であります。

なおこの話は後日談がありまして、このレースから約1カ月後の7月7日()地元町内会の運動会に長男、次男、私とで参加して全種目入賞しました。
特に私はマラソンではそのスピードが速すぎて、年輩の方がこいでいる先導車の自転車を追い越してしまい、優勝はまちがないからもう少しゆっくり走ってよ。あんたのそのスピードに付いていったらゴールではなく天国に着いてしまうべさ、と言われたのでした。
話は戻りまして全種目入賞の景品によりマジに文房具屋さんが開けるような沢山のカラーペン、クレヨン、鉛筆、ノート等を頂いたのでした。
今は昔の話であります。


家族と一緒には見られない(笑)



IMG_8320
今日は夏休み前の新富町に出没です。
たまには美味しい焼魚を食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は味噌汁がスーパーデリシャスな「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_8322
お店の外観です。

IMG_8317
店内の雰囲気です。

IMG_8312
メニューです。

今日のオーダー「銀鮭照焼」@900+「なかおち」@400計1,300円です。
お店に入るなり、お暑いところすいません、のお店の方全員での声掛けであります。
相変わらず気持ちの良い出迎えです。

IMG_8314
待つこと6分で「銀鮭照焼」と「なかおち」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
「銀鮭照焼」はふっくらとしており、焼きがよいため身離れがよいです。
味ですか、すごく美味しいです。
特に皮の直下についている脂身がたまらなく美味しいのです。
これは極楽、極楽です。

IMG_8316
「なかおち」は脂がよくのっていて口内でとろけるようです。
刺身のつまのネギがシャキッとしていて「なかおち」の脂分をそぎ落としくれます。
この「なかおち」によく合います。

IMG_2914

IMG_2915
今日の一杯目のみそ汁の具は「お豆腐」です。
ここのみそ汁は何度飲んでも美味しいですね。
マックスたまりません。
お約束の二杯目を頼みますと、お汁(つゆ)おかわり、の声が厨房内に流れます。
二杯目のみそ汁の具はは「なめこ」です。
これは舌がとろけます。
このお店のみそ汁を飲んでいますと、日本人に生まれて良かったな、と心底思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

築地 魚竹 4th

今日は「ボタンダウン偏執狂」です。
BD
20世紀に入ってすぐの頃、アメリカはニューヨークの紳士服の老舗「ブルックス・ブラザース」の創立者で当時既に引退していたジョン・ブルックスが、英国ポロ競技を観にいった時、選手達がユニフォームの衿が風にあおられてバタバタするのを押さえるために、衿の先にボタンをつけていたのを見て思い立ち、4人の息子達が受け継いでいたブルックス・ブラザースのシャツにその衿を取り入れて売り出したと伝えられています。
アイビーの大御所、あのくろすとしゆき先生によれば、日本にボタンダウンの衿が登場したのは1950年頃のことで、ショート・ポイントの様に普通の衿にボタンがついただけの妙なものだったらしく、前立てもなくミシンのステッチも入っていない不思議なデザインだったといわれています。
しか〜しそのようなディテールに拘泥する以前に、くろすとしゆき先生が日本の若者に広めたIVY熱に侵されていまだその熱が冷めない人間がおります。
それは私です。

中学校の1年からIVY=トラッドファッションに目覚めた私は、爾来ワイシャツはほとんどボタンダウン・カラーシャツなのです。大学の時ヨーロピアンファッションに侵された2年間を除けば、私はワイシャツといえばボタンダウンしか着用しないのです。
理由ですか衿がバタバタするのを由としないからです。
最近でこそいませんが、両衿が蝶々の翅の様に外側にUの字状にロールしているワイシャツを着ている中年の男性っていましたよね。
私はそのような無神経なファッション感覚を持ち合せておりません。

今現在100%ボタンダウンのシャツを着ている人間は会社では私だけです。

タブカラー
正しく申せばタブカラーシャツが3枚でそれ以外はすべてボタンダウンシャツです。

クレリックシャツ
自慢はクレリックシャツのボタンダウンシャツが充実していることです。
クレリックシャツはそもそもフォーマル用途なのでカジュアル用途のボタンダウンはほとんどありません。
従いましてそれをコレクションしていることはすごいのではと思っています。
最近は金銭的にも余裕ができたので、例えば気にいった柄でボタンダウンでないシャツの場合は、それを一旦買い求めてからリフォーム業者に持ち込んで衿替えをしボタンダウンにしているのです。

例外はワイシャツ以外のカジュアルシャツです。
カジュアルシャツの普通の衿をボタンダウンにすることは物理的には可能ですが問題はボタンです。
ワイシャツの場合はほとんどがボタン紛失用の補助として複数個の変えボタンがついているので普通の衿でもボタンダウンにする事ができます。
しか〜しカジュアルシャツは、紛失用のボタンは1個だけです。
特にUNIQLOさんは間違いなく1個だけです。

具体的に申しますと、マジックミシン等のリフォームショップではボタンダウンをする為のボタンホール加工代は4,000円です。
ということで約3,000円程度のUNIQLOのカジュアルシャツに4,000円の追い銭をすることはしませんし、いずれにしてもボタン不足問題は解決されていません。
結論としては、そこまでの追加投資をする経済的合理性が見いだせないのです。

ところがところがヒョンなことからこの難題が解決したのです。
世の中には頭の良い方がいます。
その方とは先輩の形見のブレザーを自分の体形に合せるべく修理依頼で偶然に知り合いました。
わかりやすく申しますと地元のリフォーム専門の洋服店の店主です。
その方に何気なくカジュアルシャツのボタンダウン化の悩みを話しましたところ、簡単じゃない、というではありませんか。
そこでどのようにするのですか、と聞いたところ、要はもう一個ボタンを探せばいいんだろう、とのことでした。
まさにそうなのですが、そのもう一個のボタンはどこにあるのですか、と聞きましたら、シャツの一番下に付いているボタンを使えばいいんじゃない。そこには同じサイズの違うボタンを付け換えておけばいいんだろ。
どうせベルトの下に隠れているボタンだから普段は人に見られる事もないだろうし、というではありませんか。
さらに料金を聞けば、こんなのやっつけ仕事だから一か所1,000円として2,000円位もらっておくかな、との事でした。
まさに目から鱗です。
2,000円なら全く問題ありません。
私のスフィンクスの謎が解けた瞬間でもあります。
正直に申して万歳三唱的なウレシサなのです。
やはりこれは一種の偏執的拘泥でありましょうか・・・


日清カレーメシのテレビCMが話題を集めている。
CMはほぼ「ゆるキャラが水に打たれているシーン」で構成されている。
視聴者からは「放送事故だと思った」などの感想が寄せられている。



IMG_2908
今日は新富町に出没です。
たまには美味しい焼魚を食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は味噌汁がスーパー美味しい「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_2909
お店の外観です。

IMG_2910
メニューです。

今日のオーダー「さば塩焼き」@900円です。
何回来てもこのお店の接客は最高です。
帰り際にはどのお客にも必ず「狭いところですみません」の声がけですからね、この気づかいがうれしいのです。

IMG_2911

IMG_2912

IMG_2913
待つこと1分で「さば塩焼き」の到着です。
時間的に作り置きみたいですね。
ちょっと焼がきついですか。

気を取り直して実食です。
肉は柔らかいですが、脂の乗りが日光の手前(今一)ですね。
で〜もかなりのレベルですよ。

IMG_2914

IMG_2915
今日の一杯目のみそ汁の具は「お豆腐」です。
ここのみそ汁は何度飲んでも美味しいですね。
マックスたまりません。
お約束の二杯目を頼みますと、お汁(つゆ)おかわり、の声が厨房内に流れます。
二杯目のみそ汁の具は「なめこ」です。
これは舌がとろけます。
正直今日の「さば塩焼き」は際立ったものはありませんが、それも美味しい味噌汁でカバーです。
このお店のみそ汁を飲んでいますと、日本人に生まれて良かったな、と心底思います。

それでは(^_-)


築地 魚竹 リターンズ

今日は「勘ちがい」です。
勘違い
世の中、百人百様、それぞれに勘違いがあるようです。
ラジオで拾った勘違いをご案内します。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

#モロキュー
私は「モロキュー」をもろ胡瓜と勘違いしていました。
正しくは胡瓜にもろみを付けて頂くものですよね。

もろみとは酒・醤油などの醸造で、原料の混合したものです。
また、それを熟成させたもの。まだ粕(かす)を絞ってないものをいいます。
これはありますよね。

#寒風抹殺
寒風摩擦を寒風抹殺だと勘違いしていました。
凍てつく風のなか乾いた布で体をゴシゴシと拭くことにより寒風を抹殺できると思っていました。

でもこれって正しくは「乾布摩擦」なので、この方はまだ勘違いしいます(笑)
通常人間の体は、寒い場所に行くと、体を冷やさないようにするため、毛細血管がギュっと細くなります。
逆に暖かい場所に行けばゆるみます。
このように人体は血管をコントロールし、血の巡りを良くしているのです。
しか〜し現代人は、冬は暖房、夏は冷房といった状況が多いため、本来人体が行う体温調節ができなくなっているのです。
例えば「寒い」と思って上着を着ると、下半身や手足が温まっていないのに、脳が「全身が温まった」と勘違いを起こすのです。
体は温かくなって頭はボーッとするのに、全身は冷えたままです。
そうなると、内臓や関節が冷え、万病の元となるのですね。
ですから、全身に刺激を与え、血行を良くする必要があるのです。
本当は毎日適度な運動をするのが一番ですが、まぁなかなかできませんので、乾布摩擦で肌に直接刺激を与えるのが効果的なのです。

#葛根湯
「葛根湯」をず〜っと入浴剤だと思っていました。

これは本当ですか?
「葛根湯」は一袋7.5gですから、こんな微量では体が温まるわけもなく、これはあきあらかにモッているでしょう。

#ナイタースキー
「ナイタースキー」とは皆が両手に松明を持って滑るスキーだと思っていました。
たまたま北海道に移住して、友達から「ナイタースキー」に誘われましたが、私はボーゲンしかできないので断りました。松明を持って滑っている時に転倒すれば、全身火だるまになりますものね。

これは分るような気がします。
私も北海道は長かったのですが、実は松明を持って滑るスキーは見たことがありません。
そもそも夜になると冷え込みのために雪質がジョリジョリに硬くなるため、滑りにくい事この上ないです。
スキーは朝一番の親切ちがうか新雪スキーが一番です。
これは本当に気持ちが良いものです!

#人間だけど
小学校の授業で人間の次に賢いのはチンパンジーでその次はイルカだと習いました。
で〜もそれでも小学生の自分よりは、大人のチンパンジー、イルカの方が賢いと思っていました。

これは謙虚ですね。
こういう人って好きです、ハイ。

#雨ツブ
雨が降ると大人の人は窓を開け手のひらで雨を受けて「雨だ」と言っていました。
幼少の時分は、そんな事をしなくても自分は雨ツブが見えたので、これは自分だけの特殊能力に違いない、大人には秘密にしておこうと思っていました。

これは分ります。
実際は雨の強さを手のひらで見ているのですが、こういう勘違いっていいですよね。

#7月生募集
ず〜っと「7月生募集」のような「▲生募集」を▲月生まれの人のみ募集しているのだと思っていました。
自分の生まれつきの募集はいつになるのだろうと絶えず見続けていました。

これはちょっとギリではないでしょうか。
でもこのような勘違いって好きです。

#謦咳に接する
これは私の勘違いです。
「謦」も「咳」も咳を意味します。
間近で咳払いをきけるだけでも幸せであるということから、尊敬する人と直接会ったり、話を聞いたりする事を敬って言う言葉なのですが、なぜ〜か私は咳払いしか聞こえないので、尊敬する人をはるか遠くからしか見ている、即ち直接会う事はできませんが、その人の姿は見た事がある、と今日の今日まで思っていました(笑)
他方で謦咳に接する(けいがいにせっする)とは、明晰な人、偉大な人物から直々に風邪をうつしてもらうという、極めてナンセンスな行為であるという曲解もあります。
その曲解の趣旨は「偉人から風邪をうつされると、ウィルスと同時にその偉人が持っている明晰な思考も感染し、自分もまた偉人になれる」というものなのです。
私の曲解の方がまだ受け入れられるのではないかな、と思います。


海外のドッキリ22(水中からゾンビが・・・)


IMG_8788
今日は築地に出没です。
久々に美味しい焼魚でも食べるかということで訪れたのは「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_8785
お店の外観です。

IMG_8784
店内の雰囲気です。

IMG_8786
メニューです。

今日のオーダー「銀鮭照焼(ごはん、みそ汁おかわりサービス)」@800円です。
待つこと3分で「銀鮭照焼」の到着です。
この「銀鮭照焼」は、銀鮭焼、ワカメの酢の物、漬物、おみそ汁(油揚げ・一杯目、なめこ・二杯目)、ごはんで構成されています。

IMG_8781

IMG_8782
それでは実食です。
この銀鮭焼、ふっくらとしており、脂のりがよいため身離れがよく焼けていました。
味ですか、すごく美味しいです。
特に皮の直下についている脂身がたまらなく美味しいのです。
この味は他の追従を許さないでしょう。
そして白眉は酢の物です。
こういうのをメリハリある味付けというのでしょうか、まさに江戸っ子の味というような一品です。

IMG_8783
油揚げの味噌汁はよく出汁がとれており、安定した美味しさです。
当然のことながら二杯目のなめこの味噌汁も頂きましたが、こちらも甲乙つけ難い美味しさです。
いつもこのような安定した味、サービスを供するこのお店はmy favoriteであります。

それでは(^_-)

続 築地 魚竹

今日は「ビールが売れないのは若者のせいではない」の話です。
ビール離れ
ビールも、コンビニで必要な分だけ買うスタイルが定着するでしょうか。
コンビニエンスストア大手がビール、ワインなど酒類販売を強化しています。私もよくコンビニに寄り、ビールと一緒に「おつまみ」を買っています。不況の影響で外食が減り、その分、家飲みが増えています。そこでコンビニに寄ってお酒を買ってもらおうとギネスや銀河高原ビールを取り揃えているコンビニや、地酒コーナーを作っているコンビニもあります。実際、セブンイレブンではお酒を買った人の34%が惣菜を買っていて、客単価をあげています。

もう少しマクロ的にみるとビール全体の売上は伸びておらず、売上の奪い合いをしているゼロサムゲームになっています。

ビール全体の売上が減少
ビール出荷量(売上)は1994年をピークに右肩下がりで減少しています。今やビールはピーク時の35%までの落ち込み。もっとも1980年代から発泡酒が発売され、やがて第三のビールが出たので、価格が安い発泡酒などにブランドスイッチしたこともありますが、「ビール+発泡酒+第三のビール」を足しても売上はピーク時の70%しかありません。

なぜビールが飲まれなくなったのでしょうか。

よく聞くのが若者がビールを飲まなくなった話。確かに宴会での「とりあえずビール」がなくなりました。乾杯ではビール&ウーロン茶が定番でしたが、最近は乾杯前に酎ハイレモン、ソーダ割り、冷酒などと様々な声が上がり、乾杯が始まる時間がどんどん遅くなる傾向にあります。また生理的にお酒を飲めない男性が目立つようになってきました。

生産者年齢人口の減少が影響
ビールが売れなくなったのは若者のビール離れなどの影響ももちろんありますが、一番大きいのが生産者年齢人口の減少。日本の総人口が減少しだしたということはよく聞きますが、その前に減少しはじめているのが生産者年齢人口です。生産者年齢人口とは15〜64歳の人口で、いわゆる働いている人の数を差しています。

総人口の減少前に生産者年齢人口がピークアウトしています。ピークアウトの時期が1995年頃。見事にビール出荷量と合致しています。ですのでビールが飲まれなくなった主な原因は働き盛り世代の減少、つまり生産者年齢人口の減少です。

きょうの料理は5人前だった
もう一つは単身世帯の増加。日本全国の1世帯当たりの人員は2.42人ですが、東京では2人をとうとう切りそうな数字になっており単身世帯が全体の45%を占めています。

50年前、NHK「きょうの料理」がスタートした時、材料は5人前でした。核家族化が進むとともにどんどん減り、今や2人前を前提に放送しています。早晩、1人前になる日がくるでしょう。

単身世帯は若者だけでなく中高齢者もいます。ですのでビールを安いスーパーでまとめ買いするという買い方から、コンビニに寄って必要な分だけ買おうに購買パターンに変化しています。料理をしないので家に冷蔵庫がない、あっても買い置きできないほど小さな冷蔵庫しかない単身世帯もあります。

コンビニとしては酒類を充実して、スーパーなどからビールの売上を奪おうということでしょう。

ビール会社はどう考えている
ドラッカーの言葉に「すでに起こった未来」というのがあります。これは「結果の中に見出されるものは、既に原因の中に芽生えている」ということで未来を予想することは難しいのですが人口構造の変化など、ある程度は予想できます。結局、話は頓挫してしまいましたがキリンとサントリーが経営統合に向け交渉に入ったのも縮小する国内市場で規模の経済を追わないと生き残れないと考えたからでしょう。

現在、ビール各社は海外のビール会社のM&Aなどを積極的に展開し、海外市場へ視点を移しています。またサッポロビールはセブン&アイ・ホールディングスと共同開発でPB(プライベートブランド)ビールを発売。サッポロはブランドを捨て、とうとうルビコン川を渡ってしまったと業界で話題になりました。
「All About」より転載

要は日本の胃袋そのものが小さくなったのですね。
どうなっていくのでしょうか、日本の将来は・・・

政府は早急に人口(新生児)倍増計画を施行しませんと、本当に日本はsetting sunになってしまいます。
日本の総人口が1億人を切る日が近づいてきています。
国立社会保障・人口問題研究所が発表している人口統計資料集では、2050年に1億人を切り、95,152千人になると推計していますので37年後です。
まぁその時私は生きていないのでその日を見ることはできないでしょうが・・・

政府は不足する労働力を補うために外国人の介護福祉士の国家試験を簡単にしています。現在インドネシアとフィリピンから来た何百人もの人々が、日本で介護福祉士の訓練生として働いています。この人々が日本の介護施設で働き続けるためには、日本語で書かれた介護福祉士の国家試験に来日から4年以内に合格しなければなりません。
しかし、大きな障害は言葉の壁です。そこで日本の厚生労働省は、この人たちのために試験をより易しくなるように変えたそうですよ。
この5年間に933人の介護福祉士の訓練生が経済連携協定(EPA)に基づいてインドネシアとフィリピンから来日し、日本人の介護福祉士不足を補って働いていますが、去年国家試験に合格した訓練生はわずか36人、全外国人受験生の38%でした。合格率が低い原因の一つは、専門用語の読み書きを覚えるために十分な時間が取りにくいことです。
今回は訓練生のために漢字にふりがなが付けられ、試験時間も3時間半からおよそ5時間15分に延長されたそうです。
まぁこれは対処療法ですので冒頭にふれたように我が国は一刻も早く人口増加問題を取り上げて実施しなければならないでしょう。

ビールが売れなくなったのは少なからずお酒を止めた私のせいもあるでしょう。
しか〜し今日で断酒して452日なりますが、断酒して良かったなと思う事がおおいですね。
一番の効用は時間が効率的かつふんだんに使えることです。
好きな事が心おきなくやれます。
その次には睡眠の質が良くなったことでしょうか。
お酒飲んでいた頃は寝つきは良いのですが眠りそのものは浅かったですからね。

少量のアルコールを飲むと、寝つきが良くなるのは事実ですよね。
たしかにアルコールは脳の中で、興奮系の神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑え、抑制系の神経伝達物質であるギャバの受容体を刺激することで、鎮静や催眠の作用を発揮するそうです。

この効果のために、昔から世界中で寝酒が愛好されてきました。
ところが、アルコールは量が増えると、睡眠の質を悪くしてしまいます。体重1kgあたり1gほどの中等量のアルコールでは、睡眠前半の深い睡眠が増えますが、後半には浅い睡眠が増え、夜中に目覚めやすくなります。

さらに、多量のアルコールを毎日飲み続けていると、はじめにあった催眠効果が次第に弱まり、アルコールに対する耐性ができてしまいます。数日後には、飲み始める前よりも睡眠時間が短くなるため、睡眠時間を確保しようとしてお酒の量が増えてしまい、結果としてアルコール依存症になるリスクが高まるのです。

しばらくお酒を毎日飲んだあと、「これではいけない」と思って急に飲酒を中断すると、一時的に不眠がひどくなります。このときも正しい不眠治療のために、医療機関を受診すればよいのですが、「時間がない」とか「面倒だ」などと思っていると、再びアルコールに依存した生活に陥ってしまいます。

まさに私がこれでしたもの・・・
お酒の量がcontrolできない人は私みたいに断酒の道を選択すべきです、キッパリ!


日本が世界に誇る車メーカー、TOYOTA。
各国で乗られているだけあってそのCMも様々。
このCMはイギリス編、一体何人が乗っていたのでしょう。



IMG_4448
今日は新富町に出没です。
たまには美味しい魚料理を食べるかという事でお邪魔したのがこちら、大人の隠れ家的魚介料理の老舗「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_4438
お店の外観です。

IMG_4447
メニューです。

今日のオーダー「鮪ハラス大根煮+玉子焼き」@1,000+@200=1,200円です。
このお店は本当に接客が良いですね。
お店に入れば、いらっしゃいませ。今日は何しましょう、と明るい声掛けですし、帰る際には、狭いところすみません、ありがとうございました。これまた明るい挨拶ですもの、とても感じが良いです。

料理は待つこと5分で到着です。
煮しめた色が食欲をそそります。
これは美味しいそう・・・

IMG_4440

IMG_4442
それでは実食です。
まずは若芽の酢のものです。
これは味が鮮烈ですね、どこから食べても酢の物っていう感じです。
最近このような自己主張のしっかりとした食べ物って少ないですから貴重です。
美味しいです。

IMG_4445
鮪ハラス大根煮はみっしりとしています。
味はやや濃い目ですが、私はこのくらいの方が好みです。
この一品はしゃぶる楽しみです。
みっしりと骨にからみついた魚肉を歯でそぎ落とす感触はまさに口福です。
な何て美味しいのでしょう。

IMG_4444
味噌汁、ご飯はお替り自由です。
私は大好きな味噌汁をお替りしました。
おみそ汁は一杯目油揚げ、二杯目はなめこです
いずれも負けず劣らず美味しいです。

IMG_4443
白眉は卵焼きでしょう。
なんて濃厚かつ芳醇な卵焼きなのでしょう。
冷めていてもこれだけ美味しいのですから、焼き立てを頂いたら狂喜乱舞間違いないでしょう。
これはすご〜く美味いです。たまりませんネ。

少しお値段が高いですが、たまにはこれくらいの贅沢をしませんと、一生懸命働く気持ちにはなれませんものね・・・

それでは(^_-)

築地 魚竹

今日は「行列のできる店」の話です。
物見高いは江戸の華といわれ、下町っ子は昔から物見高くて行列があると何の行列だか確かめもしないで、ついつい行列の後ろについてしまうという性癖があります。
というのは前回のフリネタの導入文ですが、実は個人的にも並ぶのは好きです。
その中で行列してまで行ったお店を書き連らねてみます。

トリトン
まずtop batterは札幌時代月に最低一回は行っていた回転寿司の「トリトン」厚別店さんでしょう。ここは、北海道の旬が食べたい、北海道でしかたべられないネタが揃っているのです。
具体的なネタは、以下の通りです。

襟裳産 / 活つぶ 
函館産 / 真いか 
日高産 / 活たこ 
野付産 / 厚切りほたて
津軽海峡産 / やりいか
美幌産 / いももち 
苫小牧産 / 活ホッキ 
桧山産 / たらこ握り 
斜里産 / いくら
根室産 / こまいっこ 
厚田産 / にしん 
羅臼産 / たこ 
厚岸産 / さんま
増毛産 / 南蛮えび
釧路産 / 真たち
釧路産 / たこの子 
宗谷産 / タラ昆布〆 
網走産 / 山わさび

トリトン
私の特に大好物だったのは、活つぶ、活タコ、活ホッキ、南蛮海老の四天王でした。
今思い出しても、ヨダレが湧き上がってきます。このお店は、マジにナマラ美味かったべや、でした。
ちなみに、ここでの平均待ち時間は約60分でしたが、まったくヘッチャラでした。
子供達もお気に入りの漫画持参でじっと店員さんから名前をcallされるのを待っていました。
奥様情報によると2012年5月22日に「トリトン」さんが東京スカイツリータウン(東京ソラマチ) にグランドオープン予定だそうですが、東京で食べるともしかすると美味しいimageが崩れそうなので、次回札幌に行くまで再訪はとっておきましょう。

そしてsecond batterは鎌倉小町通りにある玉子焼「おざわ」さんです。
たしかグルメ番組を見て行こうと決めたのでした。
店の前まで来たらそれほど並んでないので、それではと並んだのが運の尽きです。
まさに悪魔に魅入られたとしかいいようがありません。
しばらくすると店内に入れたのです。結構早いねと思っていたら、そこから階段に行列が続いていました。階段の上まで上がるのに約1時間かかりました。さあこれで食べられるのかなお思いきやそうはいかなかったのです。食事の摂れる場所に行くためにはその隣室で待ちそこでまた蛇のトグロのような行列です。
そしてさらに待ち時間が50分追加されて、1時間50分後になって初めて食事の席に着きます。
これで食べられるのかなと思うでしょう(笑)
あまいあまい、ここで初めて正式に注文を申し述べるのです。
当り前なのですが、さらにここでも調理の時間が加算されるのですね。
結果、この悪魔の領域に迷い込んでから約2時間強経ってから、初めてこの卵焼きを食せたのです。
いくら空腹は最大の調味料というものの、正午に入店したのですが、時計の針は、はや14時を回っていたのでした、でした、でした。
おざわ
味ですか、甘すぎず美味しいのですが「卵焼きは卵焼きです」。
街のちょっと気のきいた和食割烹で食べるものと遜色はありません。
2時間強も行列して食べるものではないといのうが正直な感想です。
何で待ち時間を書いておかないのでしょうか・・・書いたら入らない、そう思います!
爾来、TVのグルメ番組での行列紹介店は絶対に行かない事に決めました。

ラーメン二郎
Last batterはご存じ「ラーメン二郎」三田本店です。
これは並んだというか大学が「ラーメン二郎」さんの側にあったためで必然的行列でした。
しかし仮面ライダーや宇宙戦隊のように「ラーメン二郎」さんがここまで増幅するとは、当時においては、夢想だにさえしていませんでした。
当初は三田の交差点の角地に奥さんとご主人(現総帥)でやられていました。
いつも忙しいので、壊れた眼鏡フレームが直せず、紐かなんかで括っていましたね。
したがってご主人が長時間下を向いて作業をしていると、眼鏡がずり下がってきてその度に、眼鏡買い変えなきゃ、といつもぶつぶつといいながらラーメンを作っていました。
当時二郎店舗の二階が雀荘で、そこで麻雀をしている時によく出前をご主人に頼んでいました。
出前が出来上がると、ご主人が自ら運んできました。This is an old story!

「ラーメン二郎」さんの味ですか、あらためて紹介することもないでしょう。
ちなみに私の体の左半身は二郎のラーメンでできています、ハイ。


Bruce Lee and Jackie Chan GO HOME!!!



今日は築地に出没です。
IMG_0876
行く途中のJRで子供の頃よく見ました、かつぎ屋さんに邂逅しました。
かつぎ屋さんは採れ立ての野菜、卵、作り立ての赤飯、餅等々の重い荷物を担いで、遠くは東京まで出かけてきました。
まさかまだ現存していいたとは驚きです。
ということで、今日のお店は大人の隠れ家的魚介料理の老舗「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_0870
お店の外観です。

IMG_0871
メニューです。

IMG_0872

IMG_0873

IMG_0874
本日のオーダー「銀鮭照焼」@800円です。
実はこのお店は以前から来たく来たくてたまらなかったのですが、いつ来ても満席で入れなかったのです。よって今回は満を持しての訪問です。
入店すると威勢のよい挨拶掛けがあり気持ちよく着座しました。
あらためて店内を見回すと、店内には凛とした緊張感がピンと張り詰めています。
いいですね、こういう雰囲気のお店が大好きなのです。
今日のオーダーは色々と迷ったのですが、迷った時は直球ということで「銀鮭照焼」に決めました。

この定食のmemberは、銀鮭焼、ワカメの酢の物、漬物、おみそ汁(油揚げ・一杯目)、おみそ汁(なめこ・二杯目)、ごはんの面々です。
味ですか、とても、すごく、きわめて美味しかったですネ。
銀鮭焼、ふっくらとしており、脂のりがよいため身離れがよく焼けていました。
皮もおいしく最後まで美味しくいただきました。
白眉は酢の物です。
こういうのをメリハリある味付けというのでしょうか、まさに江戸っ子の味というような極めてauthenticな一品でした。
味噌汁はよく出汁がとれており、たまらずお替りしてしまいました。
この様なお店はあまり紹介したくないなと、ついつい邪(よこしま)な考えが頭をよぎってしまいましたm(__)m

それでは(^_-)




訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ