下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

魚然

小川町 魚然 4th

今日は「定年ホームレス」です。
「夫が家にいるようになってから、頭痛とめまいがするようになった」と訴える50代後半の主婦。
離れて暮らす娘に電話で相談したところ「それって夫源病じゃない?」と指摘された。
ネットで調べると症状がピタリと合致した。
夫が原因とは穏やかならざる病気だが、2011年に大阪樟蔭女子大学の石蔵文信教授が命名したもの。
夫の言動や過度の依存、干渉に対する不平・不満がストレスとなって、妻の身体に起こるめまいや動悸、頭痛、不眠などの症状を指す。
ちなみに、逆パターンで妻源病という言葉もある。
では、退職後に居場所がない「定年ホームレス」はどこにいるのか。
図書館と裁判所、そして公園。
お金のかからないこの3カ所が「聖地」らしい。
取材班はその実態を探ってみた。
東京都下のある区立図書館。
早朝、入り口前に高齢者がぽつぽつと姿を見せ、開館の午前9時には数人が集まる。
門が開くとみな足早に閲覧室に向かう。
ゆったりと過ごせる席を確保するためだ。
ビニール袋などを置いて、席を押さえれば、閉館の午後8時頃までの過ごし方は決まったも同然だ。
東京・霞が関の東京地方裁判所。
「罪名は地味だけど、意外とこっちの裁判は面白そう」「次はあの裁判官の単独審だから説諭が期待できるな」。
所内に置かれたベンチで高齢者らが談笑している。
彼らが突き合わせるのは、面白い裁判に関する情報。
裁判所通いがもう何年にも及ぶからなのか、極めて専門的な会話が飛び交う。
「東京都シルバーパス」を使い、始発から最終便までひたすらバスに乗り続けている男性を発見した。
家には妻がおり、息子も家族を関西に残して東京に単身赴任しているという。
だが、「家にいても気詰まりなだけ。バスに乗っていたら色々な人の身の上話が聞ける。
自分が外とつながっていることを実感できるのです」。
日本経済新聞「サラリーマン「定年ホームレス」の落とし穴」より転載

なにか眩暈(めまい)がする話です。
定年にはまだ時間がありますが、定年後の明確な標(しるべ)はまだないのです。
一応ある国家資格を取ってそれを活かした生活をしていこうとは思っているのですが、いまだ道半ばです。
2年間の単身赴任生活もしておりその経験を活かして、家事についてはある程度のワークシェアリングをしていますので、家にいても迷惑になる事はないと思います、多分。
で〜も家にいたら妻源病(妻の言動や過度の依存、干渉に対する不平・不満がストレスで起こる心身症)になりそうですし、それよりもこんな元気印の人間が家にいたら自家中毒でボロボロになるでしょう。

no title
国家資格といえば最近よく図書館にいって開館を待つ行列の中で図書館が開くのを待っているのですが、その行列の先頭から5番目くらいは受験生ではなく、100%老人です。
一番を取ったからと申しても何のベネフィット(恩恵)はないのですが、もしかしたらあるのかもしれませんが、その一番札の方の、どうだ。一番だぜ、というような狷介孤高(他人と一線を画した境地にいるさま)的な雰囲気とそれを自慢にした二番目以降の老人に対する上から目線的な喋喋(よくしゃべるさま)なふるまいは考えこんでしいます。
しか〜し彼らのアイデンティティはこの列順番の優位性他ならないのです。
他に誇るものは奥様からの苦言の回数くらいですか。
だから図書館にくる、メイクセンス(仰るとおり)であります。
加えてこれらの老人の方々は筋金入りのクレーマーなのです。
図書館に日産ちがうか日参するのですから彼等の知的レベルは高いのだとおもいます。
たまにひまに任せて聞いている彼らのクレームは、まるでヤクザの喧嘩と同じで、そこだけは攻めないでという、まさに白昼の死角をついた内容なのです。
よくもまぁ、そんな盲点に気がつくよな、と思ったのですが、そういう盲点を毎日探しに来ているのでしょう、多分。
これでは図書館のクラークさんはたまりませんね、ハイ。

閑話休題。
さて私のアフターリタイアメントですが、望みはある国家資格を取ってそれを糧に天に召されるまで暮らしていこうと思っています。
もしそれが叶いませんでしたら、龍門寺さんが2014年から始めた、定年退職者だけを対象にしたお坊さんになる修行です。この修行は高齢に配慮し、町中で施しを受けて回る「托鉢」や、1日の座禅の回数を減らすなど、修行内容は「緩め」に設定されているそうですが、1年間の修行期間の後、本山で読経などのテストに合格すれば、「看坊職」という肩書が得られるのです。
要は仏教界で問題になっている、住職がいない「空き寺」の留守番役となれるのですが、やはり「ちょっとねぇ」です。
今の仕事の延長も候補の中にあり、数社からお呼びもかかっていますが、やはり晩節を汚したくありませんし、一から雑巾がけみたいな事はサンキューバットノーサンキューなのであります。
多分その頃には、能力が陳腐化して自信が空回りするという自覚なきナルシストになっていそうなので敬遠した方が良いと自覚しています。

結論としては「良樹細根」のとおり、枝ぶりの良い樹になる為には、しっかりと根を張ることが必要で長い年月がかかるのです。やはり「ローマは一日にして成らず」ですよね・・・
もっと若い頃勉強しておけば良かったと思う今日この頃であります。


世界一不運な男の世界一の幸福



IMG_5456

IMG_5457
今日は神田に出没です。

IMG_5459

IMG_5460
先日TV東京の「アド街ック天国」で淡路町特集をやっており、その中で気になったお店があったのでお邪魔しました。お店の名前は「魚源商店」です。
するとまだ12時10分だというのにTVでフィーチャーしていた「刺身定食」は売り切れていました。マジすか。

という事で今日のお店は魚つながりでこのお店です。
今日のお店は「魚然」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル 2F
電話:03-3233-0107
定休日:無休

IMG_5461

IMG_5463
お店の外観です。

IMG_5474

IMG_5464

IMG_5468
店内の雰囲気です。

IMG_5462
メニューです。

今日のオーダー「黒むつ煮付定食」@830円です。
IMG_5465
このお店が好きなのは・・・
実は焼きのりと卵が食べ放題だからなのです。

IMG_5467
まずは卵を割ってスタンバイです。

待つこと6分で「黒むつ煮付定食」の到着です。
IMG_5470
見た目「和の殿堂」みたいな感じです。

それでは実食です。
IMG_5471
まず黒むつ煮ですが、味付けも日光の手前、いわゆる今市(イマイチ)ですし、なによりもほっこりと炊けていません。どうしたのでしょう珍しいですね。

IMG_5472
唐揚げは作り置きなのでコメント論外です。

IMG_5473
豆腐は外部購入ですのでこれまたコメント論外です。
で〜もこれで@830円は許せます。

しか〜しTVの力って大きいなと思いました。
南風

nann
ちなみに私の行きつけの「南風」のお母さんもアド街ック天国に出ていましたが、完璧なお化粧をして且つよそ行きコーデのファッションには腰が抜けるくらい驚きました。
ちょっとTVテーストしすぎたのではないかなと思ったのですが、お母さんにいい思い出ができたんだなぁと思い直したらうれしくなってしまいました。
かっこよかったですよ、お母さん!
ちなみに店名の「南風」は昔雀荘も経営していたからです。

それでは(^_-)

小川町 魚然 リターンズ

今日は「コミュニケーション」です。
この性癖は私が飲酒していた時には誰も気がつかなかったのです。
しか〜し停酒し始めてからその性癖はむくむくと入道雲のように湧き上がり、最後には固着したのです。
それは几帳面なことです。
勿論飲酒していた時にもその几帳面さはあったのですが、それは仕事の上のみに表れていました。
停酒してからはその性癖はまたたく間に白蟻の様に浸食して、私生活を含めた私の全領域を白く塗りつぶしたのです。特に忌避することは物がなくなることです。
多分失くすことも含まれています。
その為によく奥様といさかいを起こします。

ある時私の専用シャンプーがなくなりかけたので、奥様に補充するようにお願いしました。
ところが奥様は忙しさにかまけて放置しました。
奥様の職場のその裏は大型スーパーの薬局があり、しかも23時までやっているので物理的にはいとも簡単にいつでも買いにいけるのです。
二日たち三日たち毎日のように補充をお願いしたのにもかかわらず買いに行かず、結局私のシャンプーはなくなり、仕方なく間に合わせのどうでもいいシャンプーで頭を洗いました。
当然のことながら約束を反故にされることも嫌いですし、根っ子には物が無くなることが許せない性癖ですので頭にきています。
しか〜しそのことを夜に言いますと大問題に発展しますので、一晩我慢して翌朝にクレームをつけました。
謝るかと思いきや、それほど大事なシャンプーなら人になんか頼まずにご自分でお求めになったらどうなのですか、と返されたのです。
これはディベートでいうターンアラウンドであります。
ターンアラウンドとは、このように相手の言った言葉を使って、自分に有利な議論を進めること即ち相手が主張するようなメリットはそこにはなく、デメリットのみがある、と主張することを言います。
一応は筋の通った論理です。
しか〜しこの反駁は頼まれたことをしていないという奥様の責任遂行が抜けています。
部分最適ではありますが全体最適ではありません。
要は責任のすり替えであります。
その一点を突きましたら、奥様火山が噴煙をあげました。
やばいな、と思いこれ以上の踏み込みは大爆発になるので逃げるように会社に行きました。

それにしても夫婦や男女のいさかいの中で、他人に説明し易いのは理解を得られます。
例えば、夫が浮気したとか、給料をほとんど家に入れずギャンブルに使ったとか、アル中で
DV(家庭内暴力)を繰り返しているとかは、明快で誰でも納得してくれます。
そんなヒドイ夫だと、皆が同情して、相談相手にもなってくれます。
場合によっては、別れなさい、とまで言ってくれます。
今回のように、シャンプーを買わなかったことで怒られた、というのは誰も理解してくれません。
それどころか、そんなことで逆ギレするのは我儘だと逆にやり込められてしまうと思います。多分・・・
しか〜し現実の生活では、そうした大きな問題より、シャンプーの補充クラスの小さな問題の方がはるかに多く、且つお互いの気持ちを損なう事になっているのです。

コミュニケーション
この話はいい加減すぎるのも困りますが、私のように几帳面すぎるのも困るというオチです。
さらに言えばこのような微妙な夫婦の違和感は他人にはわかってもらえないと思います。
夫婦間のコミュニケーションと言うのは、このような不透明で曰く言い難い「理外の理」をどのように理解するのか、というキャッチボールのような気がします。

By all means marry;
If you get a good wife, you'll be happy.
If you get a bad one, you'll become a philosopher.
ぜひ結婚しなさい。
もし良き妻を娶れば、あなたは幸せになるだろう。
もし悪しき妻を娶れば、あなたは哲学者になるだろう。
By Socrates


私の心象風景を表した歌です。



IMG_9339
今日は小川町に出没です。

IMG_9343
今日のお店は行列の定食屋「魚然」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル 2F
電話:03-3233-0107
定休日:無休

IMG_9341
お店の外観です。

IMG_9351
店内の雰囲気です。

IMG_9344
メニューです。

今日のオーダー「煮魚と唐揚げ定食(ご飯、みそ汁のお替り、生玉子、味のり無料サービス」@830円です。

IMG_9345
まずは食べ放題の「生玉子」と「味のり」です。

待つこと2分で「煮魚と唐揚げ定食」の到着です。
IMG_9346
それでは実食です。
当然のことながら熱々ご飯には生卵をかけていただきます。

まずは「赤魚」です。
IMG_9347
よく炊かれていて身が柔らかいです。
従いまして見離れもよく食べやすいです。
うん、ふっくらとした食感はイケますね。
美味しいです。

IMG_9348

IMG_9350
「唐揚げ」と「豚肉の辛し和え」は特筆するものはありません。

白眉は「マッシュポテト」です。
IMG_9349
なんでしょうこのクリーミーな味わいは和食屋さんでこのレベルが作れること事態驚きを禁じ得ません。
すごく美味しいです。

ここのお味噌汁は美味しいのでお代わりしました。
これで@830円ですか、リーマンの財布に優しいお店である事間違いなしです。

それでは(^_-)

続 小川町 魚然

今日は「splashな話です」です。
宜しかったらお付き合いください。

#1. 昭和初期の子供が一番食べたかったお菓子!
先週の土曜日、四谷三丁目を歩いておったら、なななんと、あの宮崎駿監督作品「風立ちぬ」で大ブレークしはった銘菓「アラスカ」がとあるお店におりましたんや。
好奇心旺盛のわいの事ですよって、早速に求めましてん、あんど家族に、「アラスカ」こうたで、夕飯食べんと待っててや、とmailしたところ、What is the Arasuka?との返信がありました。
なんぞ展開ちゃうなぁ why?
IMG_7765

IMG_7766

IMG_7773
いずれにしても平仄があわないので、netで調べなおしたら正しくは「アラスカ」でなくて「シベリヤ」だったのですね。最近記憶力がとみに落ちているみたいです・・・

帰宅してから早速昭和の味を試食しました。
It wasn’t as good as everyone says.
とういう感じでした。
まぁ昭和初期の味ですから仕方ないでせう。
で〜も昭和初期の子供にとってこのような味が“the top wagashi kids want to eat before they die.”だったのかと思いますと、今の子供達は幸せですね!

#2. あなたも超能力者になれ〜る!
益子直美
NHKの深夜放送でスポーツコメンテーターの益子直美さんが、私は独身術の大家、ちがうか読心術の大家、という触れ込みで出演していました。
しか〜もその読心術のやり方の本まで伝授してくれたのです。
ほとんどその放送を夢心地に聞いていたのですが、誰でも読心術ができる、という擦り込みのみが頭に残っていて次の日に目が覚めました。

しあわせの書
このような話にすぐ食いつくのが私の良いところ?で早速その本を求めたのです。
読心術の本を買ったその日にその本を読み終えました。
中身は取るに足らない新興宗教の教祖継承問題です。
感想ですか、実につまらん本です。
で〜もだまされたと思ってもう一度読み直したところ、実はこの本はマジ本だったのです。
すごすぎる、この本は本当に“くりびつてんぎょのいたおどろ!”だったのでした。
この作者は狂気の天才です。
値段は一冊450円(amazon価格)です。
読心術に興味のある貴方、貴女、お求めあ〜れです。
今からですと忘年会の隠し芸として使えますよ!
ちなみに“親は売ってもタネ売るな”とのことより、この読心術のやり方は披露するつもりはなかったのですが・・・
こそっと教えましょう。
この本の56・57ページと230・231ページに読心術のやり方がのっています。
横着したい方はここだけ読めばいいのです・・・
でも作者に敬意を表する為にも一応は購入して完読して下さいね!
立ち読みとか図書館で借りるのは駄目ですよm(__)m


海外のドッキリ(廊下にいかにもっていう感じの子供の幽霊がたっている)


IMG_7742
今日は小川町に出没です。
小川町といえばこの間美味しかった「魚然」さんを思い出しました。
また生玉子ご飯でもガツンと食べるかということで訪れた今日のお店は「魚然」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル 2F
電話:03-3233-0107
定休日:無休

IMG_7746
お店の外観です。

IMG_7755
店内の雰囲気です。

IMG_7745
メニューです。

IMG_7748
本日のオーダー「クリームコロッケ定食(ご飯、みそ汁のお替り、生玉子、味のり無料サービス」@800円です。
待つこと3分で「クリームコロッケ定食」の定食です。
見た目、ビジネスマンの正統派定食、です。

IMG_7749
それでは実食です。
まずはクリームコロッケから頂きました。
すご〜く美味しいです。
ここのベシャメルソース最高です。
外連味(けれんみ)がありません。
味に過不足がありません。
和食の作り手がここまでのベシャメルソースを作るなんてすごすぎます。
熱々の揚げたても高評価です。

IMG_7750
刺身はハマチ、とマグロの赤身です。
これもイケます。
美味しいですね。
ここら当りは守備範囲といいながらも大満足です。

IMG_7751
お吸い物もイケてます。
トキ玉子のお吸い物ですが、塩味とトロミが絶妙です。
これは舌も味覚中枢も大満足です。

IMG_7752

IMG_7753
サイドディシュの玉子、海苔、漬物も高評価です。

正直にいいます。このお店はとても私の身の丈にあっています。
また来ようって!

それでは(^_-)

小川町 魚然

今日は「熟睡  好(ハウ)」です。
半年間治らなかった頑固な不眠の患者さんが、生活習慣の改善だけで、不眠が治りました。

以前、外来に通院していたAさんという40代の男性がいました。

とにかく、夜眠れない。2、3時間も眠れるかどうかわからない。疲れもとれないし、仕事にも支障が出ているということで、睡眠薬の調整を始めました。

睡眠薬を2錠出しても眠れず、4錠に増やしても眠れず、精神安定剤と合わせて6錠処方しても、まだ「ほとんど眠れない」と言うのです。

半年以上も外来で治療しましたが、全く良くなりません。

私は、飲酒による不眠を疑い、Aさんに「お酒を飲んでいませんか?」と質問しましたが、飲んでいません」という答えでした。ここまで頑固な不眠症は私もみたことがありませんでしたので、入院して治療することしました。

そうすると、驚くべきことに、入院してたった1週間ほどでぐっすりと眠れるようになったのです。

薬もドンドン減らしていき、1錠まで減らしてもぐっすりと眠ることができました。どうみてもおかしいです。通常は、こんなことはありえません。

私はAさんにもう一度尋ねました。「家にいたとき、お酒を飲んでいませんでしたか? 怒りませんから、隠さず教えてください」。Aさんは言いました。「実は、毎日お酒を飲んでいました」。

毎日お酒を飲んでいたAさんは、睡眠薬と安定剤を6錠飲んでも眠れない程の重症な不眠症に陥りましたが、それが入院してお酒をやめただけで、スッキリと改善したのです。

恐ろしいですね。このように、お酒は、不眠症の重大な原因となります。なので、不眠症を治したければ、まずお酒をやめてください。

追伸 この文章は、『精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則』より、1項目まるまる引用させていただきました。

この本では、12の生活習慣を改善するだけであなたの不眠を改善する方法が書かれています。「お酒」もその中の重要な項目です。

「眠れない」と悩んでいる方は、まずお酒をやめる。それで効果がない場合は、その他、「11個」の睡眠に悪い生活習慣を改善していけば、必ず今よりぐっすりと眠れるはずです。
「精神科医 樺沢紫苑」FBより転載


不眠症
でしょう(笑)
お酒は睡眠によくないのです。
たしかお酒には導眠作用はあるのですが、お酒に頼った睡眠の質はよくないのです。
後数週間で停酒2年を迎えます。
停酒して良かった事は巨万(ごまん)とありますが、一番良かった事は睡眠の質が改善したことでしょう。
多分ですよ、私は多飲によりアルコール依存症になっていて、睡眠障害になっていたと思います。
従いまして飲酒なしでの睡眠はかなり難しいものがありました。
その為に睡眠の質は劣悪だったと思います。
それが停酒してからというもの睡眠の質は極端によくなりました。
いわゆる、ぐっすりと寝たな、と実感した日は数えきれないくらいあります。
これはまごう事なき事実であります。
その為に寝起きからすぐにfull slotで働けます。
正しくもうせば低血圧ですので、full slot状態は午後からですが、それを差し引いてもかなりの気質的改善は、はかれています。

日本人の5人に1人は不眠症と言われています。「寝付きが悪い」「グッスリと寝られない」「すぐに目が覚める」「昼夜逆転生活になっている」など睡眠に関する悩みを持っている人は、たくさんいるはずです。
「睡眠」は、健康の基本です。「睡眠」は心と身体が回復する仕組みそのものです。
きちんと睡眠がとれていれば、肉体的な疲れも回復し、ストレスも解消できます。
逆に睡眠がとれないと、肉体的な疲れがたまり、ストレスも蓄積します。
睡眠不足は、心血管系疾患をはじめ、多くの身体疾患のリスクを何倍にも高めます。
健康のため、病気の予防のために、「ぐっすり眠る」ということは不可欠なのですよ。

さりとてお酒は「人生の悪友」です。
私みたいに停める必然性がなければお酒は飲めばよいのです。
お酒は食べ物を美味しくさせますし、特に落ち込んだ時には悪友から親友に変わります。
それと語らいに奥行きができます。
で〜も私の様な習慣性飲酒にならないようにしなければなりません。
その為には「dry day(お酒を飲まない日)」を作りましょう。
理想でいえば「dry day(お酒を飲まない日)」比率は50%でしょう、
人生にはメリハリが必要です。
美味しいお酒を飲みたいのであればそれは最低のお約束だとおもうのですが・・・

不意にボールを掴んだイヌが「手の素晴らしさ」に気づいた映像は、かつての人類のように思えます。



IMG_7524

IMG_7514
今日は小川町に出没です。
魚が食べたいなぁと思っていたら飛び込んできた看板が「魚然」さんです。
これは私にとっての「必然」でしょう。
ということで今日のお店は「魚然」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル 2F
電話:03-3233-0107
定休日:無休

IMG_7516

IMG_7522
お店の外観です。

IMG_7521
店内の雰囲気です。

IMG_7515
メニューです。

本日のオーダー「金目鯛定食」@800円です。
このお店はすごいですね、ご飯、味噌汁のお替り無料、味海苔、味海苔、生玉子無料です。
待つこと5分で「金目鯛定食」の到着です。
見た目、旅館の朝ご飯、でしょう。

IMG_7518

IMG_7519
それでは実食です。
まずは金目です。すこし硬いですね。
煮詰めた感ありありです。
味ですか硬さをのぞけば美味しいです。
煮汁にここの大将のセンスを感じます。
特筆するのは唐揚げです。
デラ美味です。
衣は美味しいは、肉はjuicyだは、お約束の熱々は守られているは、で完璧です。
味噌汁も美味しいです。
副菜はそれなりです。

IMG_7520
最後に、海苔、生玉子、味噌汁お替り無料、ごっつあんでした。
久々にしっかりとした日本食をいただきました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ