下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

魚て津

続 谷中 魚て津

今日は「名探偵誕生」です
機能的なものか器質的なものは不明ですが最近奥様の物忘れが多くなっています。
本人も、アルツが入っている、と自己申告していますので健忘状態になっているのは
間違いありません。個人的にはアルツに突入しないことを願うばかりであります。
最近の物忘れの大騒ぎは「保険証」を家の中でなくしたことです。
正しく申せば置いた場所が思いだせなくなったのです。
性格が几帳面なことから家の中を大捜索すること3回にもなりました。
しか〜し肝心のものは発見されませんでした。

本当にアルツが入ったのでは困りますので、私がその真贋を確認する事にしました。
その証明とは「保険証」を探すことです。
言い換えれば「保険証」紛失は単なる事故なのか、それともアルツなのか、をはっきりさせる事です。
私は几帳面な奥様が家の中を三度も家探したのに「保険証」がでてこないのは、尋常でないところにひっそりと息づいているのだとの仮説をたてました。
そこはどこだろう、と私のCPUをフル回転させました。
IMG_2044
奥様はある金融商品を購入するためにその本人証明のために保険証を持参することになっていました。
そしてその保険証は数日前からこの画像の陶器の皿の上に置いてあったのです。
ところが一緒に出向いた契約の時にでてきたのは奥様の保険証ではなく、なな何と私の保険証でした。
奥様は、うっかりと間違えて持ってきてしまった、と言っていました。
私の灰色の脳細胞が下した推理は、なんで皿の上に置いてあった自らの「保険証」が私の「保険証」にすり変わっていたのだろう、これがクサいというものでした。
加えて申せば、私は「保険証」のような大事なものは皿の上に置いくという習慣はありません。
そこで私の結論は、奥様の「保険証」は皿のどこかにあるはず、というものでした。
仕事を終えて帰宅した私はその推理を確認する作業に入りました。
そしてこの皿の上の布地をゆっくりと持ち上げました。
そこには・・・
奥様の「保険証」がなにも言わずに横たわっていたのです。
o065009741032701_650
この瞬間、平成の名探偵が誕生したのです。
めでたし、めでたしであります。


音楽は言葉を超える・・・



今日は夕焼けだんだんに出没です。
IMG_1984

IMG_1999

IMG_1998

IMG_1997
たまには美味しい寿司でも食べるかと思いこのお店の暖簾をくぐりました。
今日のお店は谷中で行列のできるお鮨屋さん「魚て津」さんです。

住所: 東京都荒川区西日暮里3-14-11
電話:03-3822-1657
定休日:火曜日

IMG_1987
お店の外観です。

IMG_1992

IMG_1990
店内の雰囲気です。

IMG_1986
メニューです。

今日のオーダー「ランチちらし」@1,500円です。
客は少なめでなぜ私以外の客は全員がビールを飲みながらちらしが出てくるのを待っています。
昼ビールですか、いいですね。

IMG_1989
待つこと2分でいかにも「寿司屋の番茶(あがり)」が出てきました。

待つこと9分で「ランチちらし」の着丼です。
IMG_1994
見た目きれいですね。
のっているネタは、青柳、鳥貝、いか、まぐろ、はまち、いくら、甘エビ、タコ、ねぎとろ、煮ホタテ、赤身、カンパチ、ゲソツメ、シャコ、玉子、かまぼこ、干瓢、筍、椎茸、酢蓮等20種類も入っていてまるで宝石箱のようです。

それでは実食です。
IMG_1995
ネタ(除蛸)が美味しくありません。
加えて、酢飯の酢が強すぎるのでネタに勝っています。
一番の問題はちらしそのものがすごく生っぽいのです。
原因は赤く着色されたいくらのドリップです。
この匂いが全てを台無しにしています。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

谷中 魚て津

今日は「日暮里逍遥」の話です。
今日は端(はな)からパチリで押していきます、よろしくお付き合いくださいm(__)m
魚て津1

魚て津2
昨日の「アド街ック天国」は日暮里特集でした。 第5位にランクインしたEDWINさんがガレージセールを開催するとか、ジーニストの私は居ても立っても居られず「EDWIN DENIM GALAXY」にオープンの十時には奥様と会場に入っていました、ハイ。
ちなみにEDWINさんは昭和36(1961)年に国産初のブルージーンズを製造販売した会社です。ブランド名は「DENIM(デニム)」の文字を並べ替えて「EDWIN(エドウィン)」としました。“江戸に勝つでEDWIN”はどうやら誤りのようですね。
社員のほとんどは勿論仕事中もジーンズ姿。営業車も全てジーンズのブルーで、ナンバーは定番503という愛着ぶりです。2009年には駅前のステーションガーデンタワー4階に「EDWIN DENIM GALAXY」がオープンしました。

魚て津3

魚て津4
ステーションガーデンタワーが建設される前には、日暮里菓子玩具問屋組合、要は駄菓子屋横町がここにありました。しかし今やここ大屋商店と他の一店のみとなりました。
今では大人買いができるような年になりましたが、逆にここでは買うものがないという宝の持ち腐れ状態です、残念。

魚て津5

魚て津6
ステーションガーデンタワーから少し足を伸ばし、夕焼けだんだんまでやって参りました。ここ谷中銀座は別名猫銀座ともいわれ(嘘です、私だけが言っています)猫が多い町です。
今日のニャンコですが、何やら眼光鋭いですね、地元の顔役ニャンコだったりして(笑)
私がすきな愛くるしいメスニャンコのモモちゃん、今日は不在でした、デートかな?

今日のお店は谷中で行列のできる御鮨屋さん「魚て津」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都荒川区西日暮里3-14-11
電話:03-3822-1657
定休日:火曜日

魚て津8
お店の外観です。今日は11時半にこのお店には着いたのですが、すでに満席で待つこと15分での入店です。しかし11時頃御鮨を食べている人っているのですね・・・

魚て津9
ランチメニューです。これ以外は2,000円以上なのでちょっとお昼からはと考えてしまいます。

魚て津10
店内の雰囲気です。明後日の方を向いている初老の方が大将です。それとタレントの内山信二さんを美味しくしたような若い板さん、この二人がツケ場を守っています。このお店歴史が古く、なにやら今のご主人で五代目だそうです。立川談志師匠や中尾彬氏などもよく顔をみせているようですよ。

魚て津11

魚て津12
今日のオーダー「ランチちらし」@1,000です。
このちらしはネタがスゴイのです。
青柳、鳥貝、いか、まぐろ、はまち、甘エビ、タコ、ねぎとろ、煮ホタテ、赤身、カンパチ、ゲソツメ、シャコ、玉子、かまぼこ、干瓢、筍、椎茸、酢蓮等19種類も入っていてまるで宝石箱のようです。
個人的なbest3は、カンパチ、はまち、ネギトロです。白眉は自家製玉子です。
どうなのでしょう、奥様と食後に味のすり合わせをしたのですが、確かに盛りはスゴク、圧倒感すらあったのですが、さりとてバリ美味かといえばそこまでではないよねという事で一致しました。
私的には小さい頃食べた、下町の御鮨屋さんの味と換言していいと思います。

あれだけのネタを盛り込むわけですからネタも多いわけですが、それにしても久々に見応えのあるネタケースを見せていただきました。やはり御鮨の醍醐味は自らネタケースのネタを見て美味しいそうだなと感じ、頼み、食することでしょう。
昔の下町の御鮨屋さんは皆そうでしたね、懐かしく思い出させていただきました。

ご馳走様でした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ