下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

高島屋

新宿 人形町今半

今日は「津軽弁わがんね〜っきゃ」です。

その地方に根付いた独特の抑揚を持つ方言。若い世代はテレビから流れる標準語を聞いて育つので、あまり使用しなくなったと言われている。
例えば旅行で知らない土地に着いた時、最初に耳から聞こえてくる言葉が、今まで聞いたことのない不思議な響きを持つ方言だった時の感動ったらない。同じ日本国内なのに、まるで未知の世界に足を踏み入れた気分になれる。

この動画は、青森県北部、津軽半島の北東部にある東津軽郡外ヶ浜町蟹田駅で、地元のおばあちゃん2人が会話をしているところを録画したものだそうだ。
たわいもない世間話をしているのだそうだが、何を言っているのかわかったかな?地元の人ならおそらくわかるのだろうと、まさに映像に出てくるこの地(蟹田町)で生まれ育ったという友人に翻訳を頼んだところ、全部完全には聞き取れなかったそうだ。
なのでそのおかんに通訳してもらったのだが、ほんとうにたわいもない世間話だったようなので冒頭のみを紹介しよう。

やんべなあと思って、わ今、分別してらだばって
(やばいなあと思って、私今分別しているんだけど)

まあま とっちゃ なんも知らねえだ
(まあ、お父さん何も知らないのよ)

いーのおやじ、磯さ行ってしまっただ
(家のおやじ、磯に行ってしまったし)

わー行くめえに、それ今聞けるわけだば、ほんずだ、ばかだの、のーれ しからいるって。
(私が行く前にそのこと、今聞こえるわけならあほだばかだっていっぱい叱られるんだ)

さっちんもまだ青森にいるんだ。したはんで、まだしらねでいずれはいまいけばなあってはー。しゃべるんだばしからえでまうだ。
(さっちんもまだ青森にいるんだ。だからまだ知らないでいずれは今いけたらなあって・・・話したら叱られてしまうんだ)

元気にだばきけでまるべなな
(元気だと聞こえてしまうね。)

あのとおりびろたらして、ねるしてる
(あのとおりよだれたらして寝てる)

むったし昼飯くうもんだべ、一日のうち2日もくるもんだべ へば 今度そのあどおいさよってくどいででいぐのさ
(いつも昼ご飯たべにくるんだ。1日に2回も来て、そのあと私の家によってくどいていくのよ)

みんなへふったごともきけでまるわげさあーふふふ
(全部おならしたことも聞こえてしまうわけなのよー。ふふふ)


この女性らはどうやら病院に行く為に駅で電車を待っているようで、駅にくるのにバスを使ったのだが、バスが停留所にくる時間が変更になったみたいで、スコップで雪かきしてる時にバスが通ったので、バスを止め、運転手に話をして少し待ってもらって、慌ててスコップおいてバスに乗ってきた話とかをこの後していたようだ。
「よいこの方言講座:おばあちゃん2人が駅で話す津軽弁(青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田駅)」 カラパイアより転載

たちねぶた

立ねぶた
あずましなー、ばっちゃの津軽弁っていうのは嘘です。
正直6割位しか理解できませんでした。
札幌にいたときは東北地方には良く行っていましたが、津軽は五所川原(太宰治、吉幾三の故郷)と青森しか行ったことがありません。
親しい取引先に、来週津軽に打合せに行く、って言ったところ、その取引先から津軽弁は北海道弁の様に分かりやすくはないぞ、とさんざん脅かされたのです。
よくよく聞けば函館弁(函館弁のベースは津軽弁)が強くなまったものだと言われたものですので、んだ、わったっった(わかったって)、って返したもののすこし不安になっていたのです。最後の最後は筆談にすればいいじゃん、と嘯(うそぶ)いて当地に入ったのでした。

行ってみたらなんのことはない、標準語が通じること通じること、ほとんど痛痒を感じませんでした。地元テレビも標準語で放送されていましたしね、no problemです。
二回目に津軽に訪れた時に打合せの後で取引先に飲みに誘われたのです。
一軒目の郷土料理のお店で、取引先にお酒が入ったせいか少しずつ会話に津軽弁が入ってきたので、コミュニケーションが取りにくくなってきました。
そして二軒目は取引先行きつけのスナックです。
まったく会話が“わがね(わからない)”でした。
私が東京ものなのでserviceで津軽弁を使ってくれているのかと思っていたのですが、そんな気持ちはさらさらなく、津軽さきて津軽弁を話せないおめがわり(貴方がいけない)、というような事でした。
あまりの夜郎自大(尊大に振る舞うこと)さに、さすがにキレまして、取引先が泥酔してきたのを潮に携帯でタクシーを呼んで勝手に帰ってしまったのです。

そうそう次の日は五所川原駅から青森駅に向かう予定だったのですが、ここの電車の時刻表を甘くみていたがために、約3時間電車が来るのを待つことになったのです。
だいたいタクシーの運転手さんも、五所川原駅にいくのだったら電車は三時間くらいありませんよ、って言ってくれてもよさそうなものなのに駅に着いたら事務的に降ろされたのです。真冬だったので待合室の寒さに耐えきれず、駅前の酒屋兼雑貨屋さんにわけを話して中で待たせてもらうようお願いしたところ、こころよく受け入れてもらい暖をとることができました。その節は大変にお世話になりましたm(__)m

いずれにしても中国のような多数の民族が存在する広大な国ならともかく、ほぼ単一民族で構成されている上、国土もそれほど広くない日本国内において、同一の言語内でこれほどの多様性があるのは驚きですよね。世界的に見てもおそらく日本以外に類を見ないレベルでしょう。
明治になってから、その為に標準語(話し言葉)を制定するのですが、時の明治政府はすごい苦労をしています。この話は後日また書かせてもらいます。


長かった夏休みも今日で終わりです。
それにしても会社に行っている時は一週間をとても長く感じますが、夏休みの一週間は本当に須臾(しゅゆ=ほんの少しの間)のきらめきのように感じます。
明日からはまた戦うビジネスマンに変身しなければなりません。

IMG_6704
今日は代々木で奥様を帯同して自宅のrenewalの打合せです。

IMG_6706

IMG_6711

IMG_6732

IMG_6709
打合せが終わったら丁度お昼時でしたので代々木から新宿(正しくは千駄ヶ谷)に移動して高島屋さんに伺いました。今日のお店は「人形町今半」新宿高島屋店(精肉店)さんです。

住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ B1F
電話:03-5361-5952
定休日:不定休(高島屋に準ずる)

IMG_6717
お店の外観です。

IMG_6724
厨房内の雰囲気です。

IMG_6720
「人形町今半」明治4年正月の新聞記事です。

IMG_6715
メニューです。

私の今日のオーダー「すき焼弁当(肩、モモ、バラ肉=80g)」@1,575円です。
奥様のオーダー「ステーキ丼(モモ=80g)@1,575円です。
地下1階店ですので、絶対に並ばないとよんでいたのですが、大スベリしました。
待つこと20分で席に着くことになりました。

IMG_6723

IMG_6725

IMG_6729

IMG_6728
待つこと9分で「すき焼弁当」の到着です。
見た目、老舗のすき焼じゃん、弁当?です。
牛肉は3〜4枚程度で後は豆腐、お麩、ネギ、チンゲン菜、しらたき、しめじで脇を固めています。
牛肉は確かに柔らかくて美味しかったのですが、しか〜しねです。
コスパは悪いと言わざるを得ません。
で〜も老舗の味が楽しめたので良しとしませう。

IMG_6726

IMG_6730
待つこと9分で「ステーキ丼」の到着です。
ステーキ丼は、大きめの蓋付きのお椀に盛られます。
肉はミディアムレアに仕上げられており、6切れに切り分けられていました。
肉はすごく柔らかですが、ここもやはり80gの呪縛を解き放つことはできませんでした。
味ですか、美味しいですよ、で〜もねです。
奥様は老舗の雰囲気が味わえたので良しとしませうと言っておりました。
似た者夫婦のようです・・・

IMG_6718

IMG_6722

IMG_6731
席の後ろの通路が業者や従業員専用の通路の為、買い物客は通りませんが、入退出をしています。
業者・アルバイトさん?以外は皆パチリのように深々と客側に対して挨拶をしていました。
武道をやっていた者としては、このような礼儀にかなった挨拶は好ましく思うものです。
このようなことを当り前に行う高島屋さんは好きです

それでは(^_-)

武蔵新田 天下鶏

今日は「お世話になりました」の話です。
懐がだんだん寂しくなると、ゴールデン街に行ってみようか、それとも歌舞伎町の安居酒屋へ行こうかと思案した。
ゴールデン街に行ったところで別に当てなどなかったが、顔見知りの人間に会うことができればどうにかなる。
いや、知った顔がなくとも、なんとかなる。
ゴールデン街で、誰も知った顔に会えなかったある夜、店の表に椅子を出して客引きをやっているおばさんに声をかけられた。
「お兄ちゃん、飲んで行きなよ」
どうも怪しげな雰囲気である。
「お金がないんです」
「幾らあるの?」
「五百円」
実際は千円位はあったと思うが、それを使ってしまえば、電車で帰ることができない。
「五百円? いいよ、それで飲ませてやるよ」
とても信用できるとは思えなかったが、怖いお兄さんが出てきたところで、ない袖は振れない。
カウンターにビールが置かれ、厚化粧のおばさんがお酌をしてくれた。二本、いや三本目だったか、にわかに心細くなってきた。
「本当に五百円しかないんですよ」
「分かっているわよ。ビールもう一本飲む?」
後は野となれ山となれで、注がれるままにビールを干し、おばさんと毒にも薬にもならない話をした。
勘定の段になって恐る恐る訊いてみた。
「幾らですか」
「五百円って言ったじゃない」
「ホント?」
あたしは思わず聞き返してしまった。
いずれもう一度行ってみようと思っている内に、その店はなくなってしまった。
なんだか新宿を語るとき、あたしはこの話を熱く思い出す。
新宿という街を斜眼(さめ)に見ることをしなければ、人も街も愛してくれる。
「東京路地裏暮景色」なぎら健壱著より転載

昔はこのような人情あふれるお店があったものです。
大学の4年の冬頃ですか、卒業するのに卒論のみがのこっていて、毎日大学にゼミの卒論を仕上げに行っていました。
夕方ころになるとどこからともなくゼミの仲間が集まってきて、近隣の飲み屋で飲んでいました。
そして飲んで帰宅するには仲通り商店街を通って駅に行きます。

私の大学の商店街はJの字の形になっています。
駅にいくにはJの頭から入って跳ねあがったところを抜けていきます。
なぜかその跳ねあがったところには屋台のおでん屋さんがあります。
ここが鬼門なのです。
どこかで飲んでいた仲間も最後には必ずそこに集まってとぐろを巻いて飲んでいるんです。
したがってそこを通ると声を掛けられ、招き入れられます。
そこで引っ掛からにずまっすぐ帰る事ができていれば、私も今頃は後にでてくる金山のように役員になっていたでしょう(笑)
なぜか万有引力の法則ではないのですが必ず立ち寄ってしまうのです。
この当たりはまだ可愛い話なのです。

おでん
現在某自動車会社の執行役員をしている金山と手元不如意の時に飲む時には、それの真逆をやるのです。
即ちそのおでん屋で飲んでいて、友人が通ると声をかけて誘い込み金を借りてさらに盛大に飲むのです。
しか〜しこのfishingの技が使えない時が稀にあるのですね。
要はこのおでん屋の前を誰も通らないことがあるのです。
するとその時はオジさんに頭下げて、ゴメン、今日これしかないんで、これで飲ませて、と言って、有り金を全部出して飲ませてもらうのです。
そしてそのpenaltyではないのですが、オジさんが屋台を締める時にその片付けを手伝って、それからオジさんの屋台をオジさんの会社?の高島屋(有名デパートとは違う)がある四の橋まで押していくのです。
そこでまたオジさんのゴチで飲み直すのです。
といってもオジサンの屋台の残ったおでんとお酒でね(笑)
私と金山はオジさんと別れた後は、タクシーで金山の家に行き、私はそこに泊めてもらうのです。
金山の家は母子家庭(父親が早世)の二人住まいです。
お母さんが警視庁の少年課の刑事だったこともあり、このような若い蛮行にはとても理解?があったのですね。

今このように書きながら振り返ると、私達のしていた事って意図的な無銭飲食ですよね。
現在ならお縄を打たれて桜田門に連行でしょう。
よく許してくれたものです。
その後ゼミの後輩にオジさんの動静を聞くと、オジさんは肝硬変で亡くなったそうです。
ああいう仕事って、仕事中に盗み飲みをするのでお酒を殺して酔わないようにするそうです。
この飲み方って肝臓への負担が半端ないのですね。
一種の職業病みたいなものなのでしょうか・・・

オジさんその節は大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
そしてこのフリネタはオジさんへのhommage(献辞)とさせていただきます。


絶妙なタイミングでのCMの入り方



IMG_5046
今日は武蔵新田に出没です。

IMG_5045
この街って物価が安いですね。
という事で今日はone coin lunchの繁盛店「天下鶏」武蔵新田店さんです。

住所: 東京都大田区矢口1-15-13
電話:03-5482-1030
定休日:不明

IMG_5040
お店の外観です。

IMG_5044
店内の雰囲気です。

IMG_5041
メニューです。

IMG_5042

IMG_5043
今日のオーダー「若鶏唐揚げ定食」@500円です。
待つこと10分で到着です。
One coinですが唐揚げが5個入っています。
味ですか、衣が厚いのがちょっと気になりますが、この唐揚げはイケますネ。
店主自慢のタルタルソースを付けていただくと味がさらに円(まろ)やかになります。

店主を始めとするお店の方の接客も感じがいいし、ご飯のお代りもOKです。
このコスパなら大満足です、ご馳走様でした 

それでは(^_-)

新座市 珍珍珍 新座店

今日はデパートの話です 
三珍1
この象さん、1950年高島屋東京店の屋上にいて多くの方が見物にこられたそうです。いったいどうやって屋上まであげたのでしょうか(笑)
階段を上がらせたというのが私の推理です。エレベーターには象さんは入れないでしょう。

大学三年生の時、有楽町「三愛」のコート売場のアルバイトをしていました。
初心者ながら結構安定してコートを売ることができたのでそれなりに自信のようなものが萌芽してきました。ある時三時になると決まってコートを見にくる女性がいることに気がつきました。多分欲しいコートが見つからないのだなと思い、その女性が来店のたびに一生懸命に様々なコートをお勧めしていたのです。そしてそれが一週間も続いたので、ヒヤカシにしては度がすぎるなと思いながら、クソ真面目に同じように色々なコートを勧めていました。そして10日目の日又又件(くだん)の女性が現れました。今日こそコートを売ってやろうと思い一段と気合を入れ接客に入りました。するとこの女性すこしはにかみながら、内ポケットから身分証明書をみせ「私、万引き防止の巡回員なのよ。だからコートを買うふりをして、売場の万引きを監視しているの。ごめんね、そういうわけだからお勧めしてくれてありがたいのだけれど、コートは買わないのね」といいました。エツと驚いたのと同時に三愛の店員さんの意地の悪さにも驚いたのです。同じ売場の店員さんは、この彼女が万引き防止の巡回員であることを当然の事ながら知っていたのです。
しかし誰も私にその事を教えてくれなかったのです。
確かにここの店員さんは日頃から同僚の誹謗中傷ばかりに精を出しており、嫌な職場だなとは思っていたのですが、皆で私の接客を面白がって見ていたのです。
信じられませんよね(笑)

今日のお店は「ラーメン珍珍珍(さんちん) 新座店」です。この店名は、北海道の味噌」「東京の醤油」「九州のトンコツ」がラーメンの味の根幹をなす三種の珍味と位置付け『珍珍珍』と名付けられたそうです。
三珍2
お店の外観です。

住所: 埼玉県新座市道場1-12-20
電話:048-479-1333
定休日:不明

三珍3
ランチメニューです。

三珍4
本日の獲物「とんこくラーメン」@650です。
これはこのお店の人気メニューです。サンチンはこのラーメンから始まったと言っても過言ではないそうです。正統派東京正油とんこつラーメンです。豚ゲンコツと鶏ガラを長時間烈火のごとく炊いたスープは1日ごとに作るのではなく毎日継ぎ足し作るので、店の歴史と同じだけ熟成され、とんこつ系のスープが苦手な人もくどさや、豚の臭み無く、さらりとした上品なコク(甘み)を感じてもらえるそうです。
【お店の惹句より転載】

三珍5
味ですか、フランチャイズナなのに意外にも美味しいのです。具は海苔、若布、葱、シナチク、チャーシューです。特に熱々の正統派東京正油とんこつスープはイケました。チャーシューもとろける感じで美味しかったです。
麺が硬麺で頼んだのにも係わらず緩(ゆる)かったのと化学調味料が多すぎたことが残念したね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ