下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

高倉健

大泉学園 手打ちうどん長谷川

今日は「ユダヤジョーク其の貮」です。
ユダヤジョーク
この素晴らしい本は、おおいかぶさった悲哀のもとでも、苦笑、メランコリックな笑い、そして時としては、心の底から大笑いを挑発する(ディ・ヴェルト紙)
ということで今回はユダヤジョークの紹介です。
出典「ユダヤジョーク集」ザルチア・ラントマン編、和田任弘訳
宜しかったらお付き合いください。

#一人一殺
上官が命じた。
「兵士たちよ。敵軍はわが軍と同じ兵力である。いいか。一人一殺でいけ」
兵士の一人がはりきっていった。
「私は二人引き受けます」
すると、もう一人の兵士がいった。
「それでは私を帰してください」

#女
コサック人の山賊が襲ってくるとのうわさで、ユダヤ人の村人は若い娘たちを穴蔵にかくした。
娘たちはふるえながらあたりを見回すと、なんと老婆が一人混じっているではないか。
一人の娘がいった。
「おばあさん、あなたまで、逃げかくれしなくてもいいじゃないの」
老婆は憤然として答えた。
「山賊だって年寄りがおろうがの」

#即効
ユダヤ人が列車の中で、塩漬けのニシンを食べていた。食べ残した頭を新聞紙で包んでいると、向かいに座っていたポーランド人がユダヤ人に向かってたずねた。
「あなた方は頭が良いという評判だけど、いったいどうしたら利口になるのですかね?」
ユダヤ人は答えていった。
「それは塩ニシンを常食としいうるからで、特に頭の部分を食べると効目があるといわれていますよ」
「それじゃ、その頭を売ってくれませんか」
「これは家へ帰って子供にたべさようと思っていたんですが・・・
ようござんす、ひとつ1ズロッティならおわけしましょう」
ポーランド人は5ズロッティを払って、ニシンの頭を5個もらった。
食べにくいのを我慢して呑みくだしたポーランド人は、しばらく不快げにしていたが、やがて吐き出すようにいった。
「あなたもひどい方だ。5ズロッティ出したら、次の駅で、ニシン5匹を買っても、お釣りがきたはずじゃないか」
するとユダヤ人がいった。
「それごらんなさい。もう頭がよくなってきたようですな」

#三段論法
客がカフェーでアップルパイを注文した。ボーイが運んでくると、気が変わったといってパイを帰し、代わりにブランデーを一杯注文した。運ばれてくるブランデーをグイと一息に飲み干すと、客はそのまま帰ろうとした。
ボーイがあわててひきとめた。
「お客さま、ブランデーのお代金をまだいただいておりませんが」
客は平然としていった。
「だってその代わりにアップルパイを返しただろうかが」
「そのパイのお代金はいただいておりません」
「そりゃそうさ。食べたわけじゃないんだから」

#成長
ユダヤ人の店に子ども服を買いにきた男が、品物を見ながら主人に聞いた。
「この布地は洗濯しても縮みませんか?」
「へぇ、これはうちの品物の中でも上等品で、絶対に縮まぬ保証付きでさぁ。ご心配ないです」
ところが一週間ほどたって、買った子どもの服を洗濯したら、たちまちつんつるてんになってしまった。
憤慨した男が子どもを連れて、ユダヤ人の店へどなりこんだ。
「保証付きだといった洋服がこのざまだ。さあ、いったいどうしてくれるんだ」
ユダヤ人は少しも騒がず、つんつるてんの洋服を着た子どもをしげしげと見ながらいった。
「おやおや、可愛いお子さんだこと。その上一週間も見ないうちに、すっかり大きくなってしまって」


頭がさります・・・



IMG_7419
今日はアニメの街大泉学園に出没です。
この間、高倉健さんの追悼番組をみていましたら、「昭和残侠伝」、「網走番外地」って当地にある東京撮影所で撮っていたそうですね。
さら〜に高倉健さんが映画の撮影中に高級外車で乗りつけて行った銭湯もあるとか、そういえば最近では「相棒」の撮影で水谷豊さんも当地でロケをしているそうです。
意外や、意外で奥行きのある町みたいですね。

IMG_7414

IMG_7416
駅前をブラブラしました。
セレブの町なのに飲屋さんが充実していましたのでパチリしました。
やるな!大泉学園です、ハイ。

という事で最近はまっています「武蔵野うどん」を当地の有名店に食べに参りました。
今日のお店は「手打ちうどん長谷川」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-3-18-102
電話:03-3922-2626
休日:月曜・第1火曜(祝日の場合は翌日)

IMG_7403
お店の外観です。

IMG_7406

IMG_7409
店内の雰囲気です。

IMG_7410
メニューです。

今日のオーダー「糧うどん(温釜揚げ)+大盛(450g)」@780+@150=930円です。

IMG_7411
待つこと19分で「糧うどん」の到着です。
見た目、彩(いろど)りがきれいですね。

糧(かて)もりとはオカズの意味らしいです。
昔の武蔵野の農村ではこのように糧(かて)と一緒に饂飩を食べていた名残から創作されたそうです。
饂飩には紫色の麺が一本入っていて、ひとひねりして、きれいに盛りつけられています。
つけ汁は豚肉、ざく切り葱、牛蒡、小松菜、白胡麻が入っています。
大根おろしが別添えされていて、これは好みに合わせていただきます。

IMG_7413

IMG_7412
それでは実食です。
あれっ付け汁がぬるいですね。
もしかしたら温うどんですからわざとぬるくしたのでしょうか。
そんなことはないでしょう、最近色々なところで温うどんを付け汁で頂いていますが、どこも付け汁は熱々です。
武蔵野うどんの付け汁はもともと味がはっきりしていないのですが、ここはさらにメリハリがないのです。
さらに温うどんにはコシがありません。
他店では温うどんでもしっかりとエッジはたっています。
ということで味ですがかなり残念なものといわざるを得ません。
どうしたのでしょうか、ミシュラン東京2015のビブグルマンに掲載されたお店です。
当然のことながら食べる私の体調もありますので軽軽なことは申せませんが、それでも付け汁の温かさ、うどんのコシの強さくらいはわかります。
ミシュラン東京2015のビブグルマンに掲載された名誉にかけて奮起をお願いするところであります。
頑張ってください。

それでは(^_-)

続 大泉学園 スピガ

今日は「人生は積分」です。
文太
昨年の10月神田西口商店街を歩いていましたらよぼよぼしながらもオーラが出まくっている老人を見かけました。
近寄って目を凝らしましたら、そのよぼよぼの老人は菅原文太さんでした。
文太さんは足元こそ覚束(おぼつき)ませんでしたが、目は力強く輝いていたので体力が急に落ちたのかなと憶断していました。
その翌月の11月の末に文太さんの訃報を新聞で知りました。
私の邂逅から1月足らずで亡くなるような感じではありませんでしたので、正直かなり驚きました。
その少し前には高倉健さんも亡くなっています。
お二方とも死因は癌です。

仄聞するに文太さん、健さんの生活は亡くなる数週間前まで普通に近いものだったようです。
癌に冒された方は、体の機能が比較的長い間保たれ、最後の数週間で急速に悪化する経過を取る場合が大半です。そういう意味では文太さんも健さんもこの事例に当てはまっていたようです。
いつまでも元気でピンピンしていてある日コロリと亡くなる「PPK(ピンピンコロリ)」が日本人の理想の死に方と言われています。
癌は痛みが問題ですが、最近では痛みを和らげる「緩和ケア」が普及してきており、どううやら癌は「PPK(ピンピンコロリ)」の一つの形となってきているようです。

フランク・シナトラは死ぬ時に「ああ・・・これで終わりか」と言ったそうですが、 あれだけの成功を収めても心残りはありました。北斎も90才の頃に「後、10年生かしてくれたら本物の絵が描けるのに」と言ったそうです。
どうやら人生の最後には心残りがつきまとうようです。
したがいまして、死の間際にはいい接線の傾き(微分)になるように今を頑張るのです。
死は人生のx座標一つの点だと思えば良いのです。
哀しいかなそこから先がないだけなのですが、それは後世のものにつないでもらえれば良いのです。
一瞬一瞬を悔いなく過ごせば、そのまま積み重なって一生となるのです。
換言すれば人生とは積分なのです。どれだけ多くの面積(人生)を残せるかの積分なのです。一瞬一瞬を悔いなく過ごせるのであれば、単なる一つの点である死はそれだけの位置づけとして落としこめるのです。

never give up
今を生きずに いつを生きるのでしょう。
ここを生きずに どこを生きるのでしょう。
今この幸せを喜ぶことなくいつどこで幸せになれるのでしょうか。
敢えて言わせていただきます。

It matters not how a man dies, but how he lives.
どのように死ぬかではなく、どのように生きるかが重要なのだ。
James Boswell(ジェイムズ・ボズウェル)


こりゃすごい!



IMG_5536
今日は大泉学園に出没です。
この街はくるたびに洗練されています。
北口に住・商・工一体再開発プロジェクトが立ち上がり、その一環で駅からのスカイデッキが新設されて超高級マンション「プラウド」に繋がるようです。
大泉学園は近未来都市ですね。

住所: 東京都練馬区東大泉5-43-1大泉学園ゆめりあフェンテ2F
電話:03-5387-3367
定休日:無休

IMG_5534

IMG_5535
お店の外観です。

IMG_5533
店内の雰囲気です。

IMG_5538
メニューです。

お店の名前の「スピガ」はイタリア語で「小麦粉」です。
このお店は、デュラム・セモリナ100%の小麦本来の味を楽しむ事ができる「生パスタ」が自慢のイタリアンレストランです。今日のオーダー「フェアAセット(野菜とベーコンのトマトスープ+ガーリックトースト+コーヒー)」&「白玉あずきソフトクリーム」=@1,404+@540=1,944円です。

IMG_5539
待つこと2分、「ガーリックトースト」の到着です。
この「ガーリックトースト」はガーリックの塗り込みが多く香気溢れるものです。
美味しいです。

IMG_5541
待つこと6分、「野菜とベーコンのトマトスープ」の到着です。
暖気が立ち昇っています。
それでは実食です。
デュラム小麦100%のもちもち生麺は薄い味付けのトマトスープによくなじみます。
薄い味付けのために、ベーコンの濃い味わいが活きてきます。
併せてきのこを含めた野菜がよいアシストをしています。
美味しいですし、温まります。

IMG_5542
食後のデザート「白玉あずきソフトクリーム」です。
これ美味しいです。
小豆が甘さ控えめで私の大好きな味です。
このような控えめの甘さは大歓迎です。
白玉も美味しいし、イタ飯屋さんでこのレベルは驚きです。
甘味喫茶か!と思わず突っ込みたくなりました。

それでは(^_-)

神田 大庄水産

今日は「人を切るのが 侍ならば」の話です。
侍ニッポン
「貴方は人を切ったことがありますか?」という質問に「No!」と答えた方は法治国家に暮らす選民として極めて常識的な人です。
では斯(か)くいう私はどうかと申せば、私が人を切れるかどうかを試したことがあります。
正しく申せば、私にその技量があるかどうかを実際に試したことがあります。

このBlogを読まれている方は、私が剣道を熱心にやっていたことはご承知のことと思います。
丁度剣道初段を取った中学校一年生の頃ですか、一度真剣で試し切りをしてみたいと沸々と湧き上がるものがあったのです。
たまさか父の実家の蔵にはかなりの刀や槍が残っており、本来なら古い家屋の立替や、遺産の相続、大掃除等の際、登録証の無い刀剣が出て来たりした場合は、本人所在地の警察署に「発見届」をして、警察の証明を貰わなければいけないのですが、江戸時代(祖先は武士)より連綿として残っていたものですから、それすらしていなく完璧に無法でありなおかつ放置状態になっていたのです。

あるとき父の実家に訪れた時に、父に、真剣で試し切りをしたいんだ、と話をしましたら、蔵に腐るほど刀があるから切れ味のよいのを見つくろってやってみろ、と快諾したものの、祖母が、素人が遊びでやると指を落とすといって、大反対だったのです。
しかし父が、婆ちゃん、こいつは剣道初段だから大丈夫だよ、といって説き伏せてくれて、結局折衷案として鍔付の刀なら使って良い、ということになったのです。

ということで蔵から光沢の良い刀を見つくろって次に獲物を探したのですが、父の実家には生き物は鶏しかいなく、鶏は私の大の苦手で鶏を切る前に自分の心臓が止まる可能性があり、この獲物は早々と断念しました。
結局干し藁を切ることで落ち着きました、というのは正しくなく想定内の帰結でした。
私に生き物を殺すような野蛮な心根は端(はな)からありませんもの。

刀の長さは2尺3寸(刃長)で総長70〜80cm位で重さは2kgもなかったように記憶していますが、要は実際の刀は重くて短いのです。
それでは実技です。
最初の一太刀はキレイに干し藁が切れました。やはり剣道やっているのは伊達じゃないなと思ったのですが、そのあとがイケません。
今度はもっとキレイに干し藁を切り落とそうと力を入れて刀を振り落としたら干し藁に刀が食い込んでしまいました。
どうしてなのだろうと疑問に思ったのですが、結論的には刀で物を切り落とすというのは力任せではいけなく、ゴルフのswingと同じでhead speedが早くないとキレイに切れないことが分かりました。それと入射角が密接に連関しています。入射角が縦の90度に近ければ近い程キレイに切れますが、平行に近くなればなるほどかなりの技量が要求されます。
逆袈裟斬り(下から斜めに斬り上げること)などはウルトラE難度です。

卑近な例でいうと市ヶ谷の自衛隊でおきた三島事件で、三島由紀夫さんの自害の際に介錯人となった森田必勝さんは2度斬り損ねたうえに、刀を曲げてしまったと後日報道されましたが、結果を焦るとこの様な帰結になるでしょう。
まあこの場合は緊張の度合いが違いますので宜(むべ)なるかなと森田必勝さんには衷心よりご同情申し上げるともにこのご両名にあらためて合掌です。
ただ言えることは、「座頭市」の勝新太郎さん、「網走番外地」の高倉健さんのような剣技はscreenの上だけで実際はあり得ないと思います。
ですから実際に起こっている殺傷事件は切ることではなく刺すことでなされているわけです。

そしてこの好奇心旺盛の往時の私ですが、真剣でものを切る難しさがよくよく体で理解できました。そして二本差しの時代に生まれてかなかったこの僥倖に胸をなでおろしていたのでした。


今日は神田に出没です。
今日は最近breakしている、人気鮮魚店「大庄水産」内神田店さんにお邪魔しました。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-10 コハラビル1F
電話:03-3296-1157
.定休日:元旦

IMG_1018
お店の外観です。

IMG_1021
店内の雰囲気です。

IMG_1019
メニューです。

IMG_1022

IMG_1023
本日のオーダー「魚がし丼」@です900円です。
このお店は「はい、よろこんで」でお馴染の庄やグループの直営店です。
待つこと7分で着皿です。
見た目、美丼です。
乗っている肴は、シラス、イクラ、海老、蛸、ハマチ、マグロ、玉子、イカです。
それでは実食です。
ウ〜ン、特段のsurpriseがありません。見た目と味が一致します。
さらにhead light(刺身の量が少ない)でして後半ご飯があまってしまいました。
味以前に私の嫌いな方程式(味が想定内+刺身の量が少ない=大不満)です。
白眉はつみれ汁です。これはイケました。
チラシ系は当たり外れがハッキリしていて、程良くよいお店ってなかなかないものですネ・・・

それでは(^_-)









有楽町 ひょっとこ

今日は「母を偲んで」の話です。
今日は私的ネタなので読み流してください。
面白くないです…

僕が荒れ性であかぎれが切れたり、色々するってのよく知っているんですよ。
仁侠映画のポスターでね、入れ墨入れて、刀もって、後ろ向きで立っているやつでね、全身の。肉絆創膏を踵(かかと)にに貼っていたんですよ、それを
「アッ、あの子、まだあかぎれ切らして、絆創膏貼っとるばい」って。
見つけたのは、おふくろだけでした。全身のポスターで、誰も気がつかない。
「あんたがね〜可哀相たい」
「あなたに誉められたくて」集英社文庫 高倉健著より転載


母親って本当にありがたいものですね…
高倉健さんもそうでしょうが、私にとっても母親はとてもとても有りがたいものでした。
長じても心身ともに疲れたときには、母に会いにいき元気をもらっていました。
何にも親孝行できず、というかしようとする前に急逝してしまったのが心残りです。
唯一の親孝行といえば、母の希望する大学に入ったくらいでしょうか。
とても母は喜んでくれました。

大学を受かった日にちょっとした騒動がありました。
一浪した私は、早々と目白の大学に受かり、これで二浪はなく目白で剣道三昧が決定しました。ということで一年間の垢落としを兼ね合格以後毎日毎日高校の浪人友達と麻雀ばかりしていました。

浪人した私の一次志望は三田の経済学部でした。「一次志望はゆずれない」の通りなんとかこの学部の中央突破を狙っていたのです。
滑り止めで受けていた三田の文学部にあっさりと落ちとても落胆(女性が多い学部だったので)するなか、私的に試験の出来栄えが良かったと思っていた一次志望の経済学部はなんと何の躊躇(ためら)いもなくスルリと落ちてしまいました。ちなみにこの年の経済学部の試験は簡単だったみたいで、一緒に受験した友人達も皆なんで落ちたんだとこぼしていました。要はこの年の経済学部の試験が簡単だったため合格ラインが上がったのでしょう?

たしか水曜日です、その当時受験対策で父のアパートに住んでいた私に、母親から10時頃電話がありました。この日も朝方六時まで麻雀をしていた私は完璧に白河夜船でした。
電話にでた私に母は、三田から商学部の合格電報が 来ているよ、受かったんじゃないのかい、とのことでした。私は、商学部の発表は、金曜日だよ。そりゃ今流行(はやり)の受験詐欺だよ、金振り込めって書いてない、っていいますと、母はとにかく実家にきなさい、とのことで寝不足のフラフラの頭で実家に訪れました。
実家で確認した電報には、間違いなく合格した旨が書いてありました。私は一読すると、三田にはいかないよ、目白にいって剣道で身をたてるんだよ、三田だったら看板学部に入らないと意味ないじゃん!と怒気を含んだ言葉でいうと、母は、そんなものは入ってから転部でもなんでもすりゃいいんだよ、と諭します。

それから父と母は合格発表を見に行くとのことで、何故か一帳羅に着替え受験票をもって三田まで行きました。
それから家で寝なおしていた私に再度母から電話がありました、××(私のこと)、お前の受験番号がなかったんだよ、やはり受験詐欺かと思って大慌て、腰が抜けるくらい驚いたよ、とのこと。
学生さんにきいたら、学生課で確認されたらどうですか、と言われたので、学生課にい行って電報を見せたんだよ、するとこの電報は本校で送っているものなので間違いないとのことだと、そして私達が持っていった受験票は去年のものらしいじゃないかい、有る分けないよね、ところで今年の受験票は家に置いてあるのかい、といわれ押っ取り刀で確認すると、確かに実家の神棚に今年のものがありました。
すとると母は、今から取りに帰るとのことでした。私は、いいじゃん、そんなのわざわざ確認しなくても、というと、念には念を入れて番号を確認しなけりゃね、とのこと。受験番号言おうかというと、二度間違えるの嫌だからやはり取りに帰る、とのことです。勝手にしたら、と言って電話を切ったのです。
しばらくすると帰ってきた両親は、今年の受験票をもって今度はtaxiで向かいました。完璧にhigh-tensionです。
斯く言う私も私も慌てものの両親の血を引き継いでおり、商学部の発表日を去年の日としており完璧に勘違いしていたのでした。

それから二時間半位して両親は帰宅しました、随分時間掛かったね、といいますと、お父さんが、合格祝に祝儀を置いてく、と言ってきかなくて大変だったんだよ。どこに、と聞きますと、大学にだよ、エツ本当〜、恥ずかしいじゃん!って返すと、そういう申し入れなら、ありがたいので、当校の塾債を大量に買ってください、と学生課の人にいわれたのさ、そしてたら急に尻込みしちゃってね…結局買わず仕舞いさ!
それから折角三田に来たのだから校内を見学していたそうです。

昼時になったので、近くの寿司屋で合格祝をしてくれました。
母は本当に喜んでくれて、もう嫌だよ、お前の受験に疲れた暗い顔みるのは、といって、そんなに経済にいきたいのなら入ってから転部すればいいさ、それにお前目白で剣道やったって、末は警視庁か消防署だよ、夢がないじゃないかい、兎に角、兎に角、いい親孝行してくれたよ、と真から喜んでくれました。
そうかこの一年すごく母に迷惑かけていたんだなと、自分の独りよがりを猛省したのです。

結局その後法学部も受かり、高校の麻雀友達も皆同じ大学にも受かっていたので、皆で相談して同じ大学にいくことにしました。

しかし母には迷惑かけました、一年間浪人時代、長丁場で色々とあったのですが、陰日向なくささえてくれたのは母だけでした。発表を見て帰ってきた母が破顔一笑、本当にあったよ、と微笑んでいた顔が今でもわすれられません…

今日のお店は有楽町の穴場ラーメン店「ひょっとこラーメン」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
電話:03-3211-6002
休日:日曜日

ひょっとこ1
お店の外観です。このお店いつもさりげない行列があり気になっていました。しかし和風ラーメン=パンチなしと決め付けいていた私はいつも横目で見ながら通りすぎていました。しかし今日は寒く一回なら騙されてみようと思い暖簾をくぐりました。

ひょっとこ2
店内の雰囲気です。ご夫婦でやられており家庭的雰囲気にあふれています。立ち上る湯気がほのぼのとしています。

ひょっとこ3

ひょっとこ4
今日のオーダー「和風柳麺らーめん」@650です。
見た目美味しいそうです。スープは透明感あふれ、ほのかに柚子の香りがします。
一口レンゲでスープをすると熱々の塩味です。多少魚介系の味もします。
これは美味しいです。
麺は細麺でこれまた熱々です、ちょっと粉っぽい感じもしますがかえってこの感じがこのスープにあっています。
具は大判のような厚い豚チャーシュー、トロトロ半熟卵、三つ葉、シナチク、葱です。
特にホロホロトロトロのチューシューはデラ美味です。
このお店美味しいですね
あっさり系大好きな方は間違いなくハマるでしょう、久々のお勧め店ですhappy01

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ