今日は「山手線トリビア」の話です。
山手線の読み方は、明治34年に「やまのてせん」と名付けられてから、その名で親しまれてきました。
戦後GHQの指示で、各路線名にローマ字を併記した際に、山手線に「YAMATE」とローマ字を振ってしまったため、「やまてせん」という読み方が一般に定着し、「やまのてせん」という読み方は死語と化していきました。
「やまのてせん」という読み方を復活させたのは、意外にも群馬県内の吾妻線(あがつません)開通に起因します。
吾妻線が「あづません」と読まれないようにするため、国鉄では全路線の線路名称にふりがなを付する事を決定し、山手線には「やまのてせん」というふりがなを振り、吾妻線開通の1971年3月7日から実施しました。
国鉄当局が「やまてせん」ではなく「やまのてせん」を選択した理由は、
線名の由来・発祥からして、「やまのてせん」の方が伝統的に正しい事
根岸線に山手駅(やまてえき)が存在しており混同を避けるため
と思われます。
これに伴い、その趣旨を徹底させるため、電車に掲出される方向幕の行先表示は、漢字表記は「山手」を「山手線」に、ローマ字表記は「YAMATE」を「YAMANOTE LINE」に改める事となりました。

丸い緑の山手線
真ん中通るは中央線
新宿西口駅の前
カメラはヨドバシカメラ♪
ところでヨドバシカメラの歌のタイトルを知っていますか?
正解は「ヨドバシカメラの歌」です。 (作詞:藤沢昭和、原曲:リパブリック讃歌)
そのままですね。原曲はリパブリック讃歌からきています。この歌も「やまてせん」から「やまのてせん」に変わったのを受けて歌詞が変更されたようです。
「鉄道トリビアなるほど納得へぇの世界」より転載

発車ベルのメロディ化が早かったのも山手線です。現在も多くの駅で利用されているのが「せせらぎ」「はる」が一般的ですが、発車メロディに特徴を持たせる駅も増えてきました。
有名なのが恵比寿駅のエビスビールのCMソング(映画「第三の男」)です。
他に高田馬場駅が鉄腕アトムの主題歌です。駒込駅が「さくらさくら」を使用しています。特に選曲の基準はなく、地元商店街などと話し合って決めているということです。
発車メロディが使われているのは首都圏だけかと思っていましたら,関西でも使われていましたね。

「山手線音楽館」 をclickすると上述のメロディが聞けます

私は今日が夏休み最後の日です。早稲田実業VS関東一校をビール片手にTV観戦していました。早稲田実業を応援していたのですが、負けてしまいました。関東一校強かったですね!

今日激辛味噌ラーメンを食べたくなり次男と一緒に練馬ではtop-levelの大泉学園の「帯広ロッキー大泉店ラーメン」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都練馬区東大泉2-34-1オズスタジオシティ1F
電話:03-3922-0085
営業時間:11:00〜21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日:なし

帯広ロッキー51
お店の外観です。しかし練馬は暑い、なんてたって、東京では練馬区が気温38度でした、とTVで言われるくらい猛暑の土地ですから・・・

帯広ロッキー52

帯広ロッキー53
店内の雰囲気です。帯広の夏は涼しいでしたよ、但し夜だけですが。

帯広ロッキー54


帯広ロッキー55
私のオーダー「赤辛ラーメン(みそ味)」@900です。
スープは結構背脂が浮いていて甘みも感じられる札幌の味です。 麺は札幌市白石区にある次男も工場見学にいった西山製麺です。やや黄色っぽい縮れ中麺で、コシがあってイケます。具はホロホロのチャーシューの他、メンマ、白菜、タマネギ、キクラゲ、モヤシですか。
味ですか美味しいですね、特に熱々スープは、熱いラードで覆われていたためか最後まで熱々でした、辛さも丁度よい辛さで結構でした。
ところでここは化学調味料いつも入れすぎです、食べた後しばらく舌がシビレマス。

帯広ロッキー56
次男のオーダー「塩ラーメンジャンボ」@1,000です。
塩ラーメンのスープはエグミがあっていけません、麺が少なく具沢山なので途中飽きてきます。もう少しスープはこってりして、具のみジャンボではなく麺を含めて全体的に拡大してほしいものです。
味噌ラーメンもそうですがここのラーメンは麺量少なすぎると言いたいですね!

それでは(^_-)