下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

香川照之

新御徒町 白根屋 リターンズ

今日は「龍馬伝」世間山(よもやま)話です。 
ryoma1125-4-thumb-300xauto-98471[1]
今日は楽しみにしていた土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルを見ていたがじゃ。
そして待ちに待った『あなたがもう一度みたい「龍馬伝」Top10』の発表がされたぜよ。

1257票  第1位 寺田屋騒動 (第36回)
757票   第2位 坂本一家で桂浜へ 龍馬が夢を語る (第7回)
478票   第3位 龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決 (第40回)
395票   第4位 龍馬とお龍 新婚旅行 (第38回)
383票   第5位 龍馬、武市、弥太郎 牢での再会 (第28回)
314票   第6位 武市切腹 以蔵の最期 (第28回)
300票   第7位 高杉と龍馬 最後の語らい (第41回)
287票   第8位 龍馬 黒船目撃 (第5回)
273票   第9位 龍馬とお龍 最後の休日 (第45回)
265票   第10位 脱藩前夜 家族との別れ (第13回)
土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルより転載


そうか第1位は「寺田屋騒動」か、さもありなんです。
個人的には第3位の「龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決」ですね。
やっぱしシェイクハンドは胸にしみるがじゃ、たまらんきに!
後藤象二郎役の青木宗高さんいい役者ですね、この役作りのために10kgも体重を増やし、そして今度は次のドラマの為に激ヤセさせているとか見上げた役者根性です。
そういえば岩崎弥太郎役の香川照之さんがド二日酔いで福山雅治さんとの思い出を話していました。寝不足なのか目がボッタリと腫れていましたよ。
福山雅治さんってcleverな役者ですね、話が軽妙洒脱で面白かったです。でも少しcoolかな、妙齢の女性に人気があるのが良くわかりました。
福山雅治さんがこぼしていましたが、「龍馬伝」の大友監督ってあまりカット割をしなくて長回しを多用するのですって、その為どこで終わって良いのかがわからず仕方なくアドリブで続けていくのですが、それが大変だったそうです。
一度隣のスタジオでやっている2011年度大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」を見学にしに行ったのです、そうしたらそこではキッチリとカット割りがされており、それを目(ま)の当たりにして、大友監督だけが異常だったんだと納得して帰ってきたそうですよ。
アドリブといえば西郷隆盛役の高橋克己さん、あまり薩摩弁が得意ではないので福山龍馬のアドリブに薩摩弁でかえせません。なす術(すべ)もないので、ただ笑うのみでしのいでいたそうですって、役者さんも色々と大変なのですね・・・

役者さんといえばこれ、インドキャッチプリキュアです。
ちなみにプリキュアとは、ABCの日曜朝アニメとして制作された「ふたりはプリキュア」に始まる女児向けアニメ作品群です。シリーズ全体では東映アニメーション女児向け作品として最長年数及び放送回数が継続されており、「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(5年間、通算200回放送)や「おジャ魔女どれみ」シリーズ(4年間、通算201回放送)以上ですが、本作はこれらの作品とは異なり、ストーリーに連続性はなく、1年、あるいは2年ごとを区切りに1シリーズとしており、シリーズ間の登場人物や世界観などの連続性もありあません。
これはフリネタの流れで記しましたが、私はこのアニメ興味もありませんし、一度も見たこともありませんので、ハイ。
「プリキュア」Wikipediaより転載

閑話休題。

この役者さんたちスゴイですね。実は私、一糸乱れずという踊りが大々々好きなのです、これには大感動です、芸術的でさえもあります、ブラボー!

今日は私のホームタウン、竹町に出没です。
妙に甘いものが食べたくて、「白根屋」さんにお邪魔しました。

住所:東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

IMG_7086
お店の外観です。このお店は昭和35年創業ですから今年は50年の節目の年です。
今の経営者は二代目、創業者は新潟から上京してきたそうです。
このお店は佐竹商店街の長い移ろい、その殷賑から零落を見てきた歴史の証言者でもあります。
ちなみに「白根屋」さんは「しらねや」さんではなく「しろねや」さんが正しい読み方なのです。

IMG_7087
店内の雰囲気です。

IMG_7088

IMG_7089
今日のオーダー「クリームぜんざい」@390です。
甘味は脳の疲労を瞬時に回復させてくれる特効薬でもあります。
スプーンでこのぜんざいを口に運ぶ度に疲れた脳が生き返ってきます。
そうそう味ですか、バリ美味ですよ。量がデラ盛りなのも嬉しいかぎりです。
いつまでも美味しい甘味を提供してください。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

池袋 栄児家庭料理(ろんあーるかていりょうり)

今日は「龍馬伝異聞」の話です 
ryoma1103-2-thumb-350xauto-94026[1]
「龍馬伝」も残すところ、「大政奉還」、そして最終回「龍の魂」で終了です。好きなドラマだったのでもう見られなくなってしまうのはとても残念です。
ネタバレですが、最終回はは15分を超える、ヘビーなシーンが二つあります。
まずは一つ目、龍馬と弥太郎が最後の会話を交わす場面です。
福山さんと香川さんのここに賭ける気合が素晴らしいようです。大友ディレクターも、いつも以上に二人と打ち合わせを重ねています。一年間、積み重ねてきた二人の歴史と想いが凝縮した、名場面となっているそうです。
そして二つ目は、いよいよ龍馬と中岡が話しているところに刺客が襲う暗殺場面です。これまた17分にも及ぶ長丁場を、ノンストップで収録しています。
福山さんと上川さんの鬼気迫る最終回の演技を楽しみにしましょう。

DSC00501[1]
このドラマ、NHKチーフプロデューサー鈴木圭さんは次の様に龍馬伝の思いを語っています。
「資料を読み込んでいくなかで、岩崎弥太郎という人物がでてきました。弥太郎から見た龍馬というアプローチをするということで、新しい龍馬像が描けるのではないか。いけるという手応えがありました。それはちょうど映画『アマデウス』に出てくる天才モーツァルトと、そこそこの天才サリエリの関係に似ている。サリエリはモーツァルトに追いつけない。でもモーツァルトの才能をいちばんよく知っているのがサリエリです。岩崎弥太郎も“土佐の天才児”ではあったけれど、龍馬は常に時代の一歩先を進み、弥太郎は置いていかれる。そんな弥太郎から龍馬を見ることで等身大の龍馬像が描いていけるんじゃないか」
そして脚本家の福田靖さんは「なかなか芽が出ない弥太郎から見た龍馬像。映画『アマデウス』の ように、ライバルの宮廷音楽家サリエリから見たモーツァルトは破天荒なのに輝いた というイメージで構築した」と語っています。
そのようドラマになっていましたか・・・

アマデウスは、天才作曲家モーツアルトを羨むサエリエを扱った映画作品で、プーシキンの戯曲「嫉妬」を原作に持つと言われています。
功名心が旺盛なサリエリは、さしたる苦労もなく、次々と名声を勝ち得る天才モーツアルトに強烈なジェラシーを抱いていました。
「神よ、私はあなたの化身、モーツアルトをこの手で滅ぼして見せる」
まるで、ゲーテのフゥストに登場するメフィストフェレスのようにモーツアルトを呪ったサエリエなのでした。

岩崎弥太郎役の香川照之さんの番組中のナレーション“×××だったがじゃ”は「龍馬伝」の第一話に出てきた土陽新聞社に勤務する坂崎紫瀾という記者に、岩崎弥太郎から見た龍馬回顧録を話しているので、番組のstoryを話しているのではありません。この件(くだり)はご存じですよね・・・

ryoma1029-1-thumb-250xauto-93227[1]
最終回に登場する京都見廻組の3人は、今井信郎役に市川亀治郎さん、佐々木只三郎役に中村達也さん、渡辺篤役にSIONさんです。特に市川亀治郎さん扮する今井信郎役は自薦、多薦含めてとても演じたがる役者さんが多く、NHKの鈴木チーフプロデューサー、大友ディレクターはとてもその人選に苦労されたようです。
はたして市川亀治郎さん、見事な剣さばきで三太刀(歴史的事実)にて福山龍馬を天国に送ってくれるのでしょうか、乞うご期待ですね!
ちなみに今日11月15日は143年前に坂本龍馬が京都河原町近江屋で暗殺された日であります、合掌。

今日のお店は、前から行きたくて行きたくてタマラナカッタ池袋にある「英児家庭料理ろんあーるかていりょうり」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャインシティアルパ3F
:03-3982-6886
定休日:無休

IMG_7047
お店の外観です。

IMG_7053
メニューです。

IMG_7056

IMG_7054

IMG_7058
今日のオーダーは「麻婆豆腐定食+食べ放題水餃子」@950です。
このお店は尊敬するB級グルメの頂点、伊丹由宇(いたみゆう)さんの一押しの辛い系のお店です。本店が板橋にあり過去二回行こうと試みたのですが、近隣に駐車場がないので致し方なく引き返しています。従ってその思い入れには半端ないものがあるのです。
まずは水餃子の実食です。これはランチタイムに限って食べ放題です・・・六個も食べてしまいました。作りおきになっているので熱々感が足りませんが、その分割り引いてもかなりの美味しさです。皮がモチモチしていますし浸けタレもいいですね。
そしてmainの麻婆豆腐です。アレッそんなに熱くないじゃないですか、いやな予感・・・
味ですか、やはりこれも作りおきみたいでその為か辛さだけが際立ってきてそれ程の美味しさは感じられませんでした。しいていえば味に深みがありません。
花山椒を効かした自家製ラー油は脳にくる辛さではなく、どちらかというと喉にくる辛さでした。個人的には脳にくる辛さ系支持者なので少しがっかりです。
やはり超人気店なので作りおきは致し方ないのでしょうが、少し残念なランチとなりました。次回は夜の部に行きますので、本場の痺れる辛さで私をknockoutして下さい!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ