下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

風夢堂

続 お茶の水 風夢堂

今日は「そうだったんだ其の九」の話です。
#モンゴル人はジンギスカンを食べない。
北海道では三人集まるとジンギスカン、と言われている。羊の肉を特製のタレに漬けて帽子のような形をした鉄の鍋で焼く。モンゴル料理といわれているが、モンゴルにはこんな肉料理はない。ありえないのだ。何故なら遊牧民は肉を焼いて食うことはない。
モンゴル人の羊の食い方で一番有名なのはジュースという羊鍋で、これは肉も臓物も血も一緒に煮る。味は岩塩のひとかたまり。シンプルだけど草原の草だけ食べて成長した羊だからとにかく肉そのものがうまい。いや内臓もうまいし血もうまい。
遊牧民にとって羊などの家畜は財産でもあるから乳加工製品(ミルクやバター、チーズなど)はいっぱい作っているが動物の肉はそんなに食べない。家畜を殺して食べてしまっては自分の財産を減らしていくことになるからだ。この考えは徹底していて肉を焼くと油が火に流れて落ちてしまうので鍋にして逃がさず人間の栄養にしようと考える。だから「ジンギスカン」料理の発想はない。あの「ジンギスカン」は日本人だけが食っているモンゴル料理というわけのわからないものになる。

#中国人は焼き餃子を食べない。
あるときそういう高級レストランで怒っている日本の親父を見た。日本の親父というのはパリやニューヨークではそんなことはしないが、中国や韓国などではよくえばっているのを見る。何を怒っているのかと思ったら「焼きギョーザがなぜないのだ!」と怒っているのであった。何度か行っているうちに知ったのだが、中国におけるギョーザはがギョーザか蒸しギョーザが普通で、焼きギョーザを店で出すことはまずない。
なぜかというとスープにしたり蒸して出すギョーザの余ったやつを翌日焼いて「まかない食」のようにして食ったのが焼きギョーザであったからだ。つまりは焼きギョーザは残り物の処理料理ということになる。しかも中国の人にとってギョーザは主食の範躊に入るから、焼きギョーザをオカズにしてゴハンを食べる日本人は「うどんをオカズにしてソバを食っている」ようなものらしい。なにごとも文化が違うところではそこのやりかたに従っておいたほうが無難のようである。
「玉ねぎフライパン作戦」椎名誠著より転載

なるほどですね。
Netで調べてみたら日本に水餃子より焼き餃子が広まったのは、終戦時、満州から日本に引きあげていった日本人が餃子を焼いて食べていたからだそうです。
だから、餃子は焼く食べ物という観念が定着したとされています。 その引きあげていった日本人も満州にいた頃は水餃子を食べるのが一般的だったそうです。
そう言う意味で、 満州から引きあげていった日本人が、水餃子を焼くようになった理由は、多分ですよご飯が主食だったので、水餃子も食べていたらW主食になるので、焼いたのではと思うのですがね。違いますかね・・・

話は飛びますが関西の方はうどん玉自体がおかずで汁がお吸物なのですね。
即ちご飯が主食でうどん玉がおかず、汁がお吸い物という構成です。だからうどん定食が定着しているのでしょう。
関東でのうどん定食はご飯とうどんというW主食の構成です。したがってうどんではお腹が物足りない時にご飯も一緒に食べているのです。
このように主食とおかずの関係は日本国内でも地域性があるので、海外ともなればさらにその違いが際立ってくるのでしょうね。

ちなみに私が高校の時、剣道をやっていたせいかいつも似非飢餓状態でして、良く頼んでいた昼食は、チャーハン(ご飯)、勝丼(オカズ)、味噌ラーメン(お吸い物)でしたので主食、おかず、お吸い物と明確に分けていました(笑)


プロ野球珍プレー・好プレー集(10月編)です。お楽しみください。



IMG_2652

IMG_2653

IMG_2654
今日はお茶の水に出没です。
たまには美味しいメンチカツでも食べるかと思い訪れたのは「風夢堂」さんです。

住所: 東京都千代田区外神田2-1-6
電話:03-3252-7278
定休日:土曜・日曜

IMG_2655
お店の外観です。

IMG_2660
店内の雰囲気です。

IMG_2657
メニューです。

IMG_2658

IMG_2659
本日のオーダー「メンチカツ+サラダ+ライス」@800円です。
今日も風夢堂さんは超満員でした。人気店ですね、待つこと13分で待望のメンチカツが出てまいりました。
見た目「美メンチ」です。

それでは実食です。
よくカラッとあがっています。
衣はすこし硬めです。
ミンチ肉がすごく弾力があり口内で爆(は)ぜています。
ミンチ肉はあまりジューシーではありませんが香辛料が適度にきいており美味しく頂けます。
しいて瑕瑾をもうせば量が少ないことでしょう。
最後までメンチが熱々であったのには驚かされました。
個人的には美味しくいただけましたが、少しメンチそのものが全体に重いですね。
あえて言わせてもらいますと「風夢堂」さんは、メンチカツより秘伝の唐揚げの方がお勧めです。

それでは(^_-)


お茶の水 風夢堂

今日は「地球がもし100cm球だったら」の話です。 
海はそんなに広くはなく海の水はそんなに潤沢ではないのである。海というより地球全体の水は驚くほど少ない。

このごろ中学生などに水の問題についての話(課外授業のようなもの)をよくやるが、テキストに子供だけの『地球がもし100cm球だったら』(永井智哉著 世界文化社)という本を使う。大きなものは縮尺するとその実態がわかりやすくなることが多いのだが、この1メートルの地球の大気層は1ミリしかない。エベレストは0.7ミリと二キビぐらいのもの。海の深さは平均して0.3ミリ!しかない。一番深い海溝でも0.9ミリ。深さ平均0.3ミリの海の水は全部集めても660ccしかない。ビール瓶一本の量だ。私達の飲み水の淡水は17ccだがそのうち12ccは南極や氷河などで凍結していて飲めない。海から海水が蒸発して雲にたり山にぶつかり雨になり川に流れてそれを溜めて飲んでいるわたしたちの飲料水はわずか5ccしかない。スブーン1杯にも満たない量なのである。地球に水はそれだけしかない。よその天体のどこからも地球に水はやってこない。買い占めしたってそのもとは5ccしかないのである。 

その浅くてかぎりある海に放射能汚染された水をいとも簡単に流してしまう国、というのは文明国なのだろうか、と考えてしまう。 
海から蒸発する水蒸気によって大地は水分を回収しそれを人間が飲む。汚染は海の生き物を食物連鎖によって確実に有害化させていく。だから原発関係者やNHKの解説者などが「海は広いから希釈されてすぐには人体に影響はない」などと言っているのを聞くと、この子供むけに書かれた本を持っていって広げて見せてあげたい思いにかられる。 

今度の件で原子力の科学者などという人がいっぱい出てきたが、この人たちは難しい計算や理屈は述べられるかもしれないが、空気とか水とか土などといった、いま我々のまわりを取り囲んでいる一番大切なものについて、どれはどの知識があるのだろうか、という本質的な疑問をもつ。
「風まかせ赤マント」椎名誠著より転載

Mediaの喧伝は端(はな)から鵜呑みにしてはいけないのです。
負の食物連鎖は私達の子々孫々に深刻な影響を与えるのですネ。
しかしもう放出してしまったのは如何(いかん)ともできず、人類の叡智で乗り越えていかなければなりません。

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ (Rodrigo y Gabriela) は、メキシコ出身でアイルランドを拠点に活動する男女アコースティック・ギターデュオです。
リードギター担当のロドリーゴ・サンチェス (Rodrigo Sanchez) とリズムギター担当のガブリエーラ・クインテーロ (Gabriela Quintero) による、リズミカルかつ速弾きを駆使したインストゥルメンタルギターが特徴。
このすさまじきfinger techniqueを堪能下さい。



IMG_8305
今日はお茶の水に出没です。
過去二回訪れて満席で入れず、今日は三回目の挑戦でやっと入店しました。
今日のお店は、美味しそうな雰囲気ビンビンの「風夢堂 (フウムドウ)」さんです。

住所: 東京都千代田区外神田2-1-6
電話:03-3252-7278
定休日:土曜・日曜

IMG_8306
お店の外観です。
店名の由来です。
風にのって植物の種が運ばれ、やがて芽吹き花を咲かせ実がなります。
その実を料理し、夢を見させるのが調理の技術
そんな場所=堂 でありたい 
それが風夢堂です


IMG_8308
店内の雰囲気です。いつも満席なのが分りました。このお店テーブルが5席しかなく10名の入店があればそこで入場stopになるのですね。

IMG_8309
メニューです。

IMG_8310

IMG_8312

IMG_8316
今日のオーダー「岩手あべ鶏の唐揚げ定食」@800円です。
画像でお分かりの通り美味しそうでしょ。
サラダがシャキシャキして美味しいです。ドレッシングもこのサラダによくあっています。
スープはたくさんの三つ葉が浮かんだコンソメスープです、これもこの唐揚げによくあっています。
唐揚げはかなりのボリュームです、ちょっと多すぎる感もありますが。
この唐揚げ、衣が美味しいです、まるで上質のパイを食べているよう感じです。
肉は胸肉なのでhealthyですが、個人的には腿肉の方が好きなのです。
でもここの胸肉は柔らかくてとても美味しい。
どうやら私の三度目の挑戦は吉とでたようです。
あえて瑕瑾(かきん)を申せばmenuから帰納するに、名酒を揃えているせいかお酒の値段が高いのです。
私の様に鯨飲するものからすると料理は安くついても飲酒代が高くなるので結果大名料金になってしまうでしょう、多分?

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ