下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

靴磨き

新橋 中華の台所香港屋

今日は「オムニバスな一日」の話です。
最近続きますね。
お馴染の「オムニバスな一日」です。

◆サントリーの「伊右衛門」バージョン山手線登場
伊衛門トレイン

IMG_4556

IMG_4553

IMG_4555
有楽町で山手線をまっていたらラッピングトレインが入線してきました。
やるな!伊藤園さんと思っていたらサントリーさんでした。
失礼しました。
車内まで「伊右衛門」一色です。これはすごいですね・・・
折角ですのでラッピングトレイン第一弾になった経緯について以下に記しておきます。
みどり色に「茶」の文字が載ったシンプルなパッケージの「伊右衛門」。どちらもイメージカラーが同じみどり色という共通点を持つ両者だが、今回、「伊右衛門」がこの、サントリービジネスエキスパート 宣伝部・課長の越野多門氏に話を聞いた。「昨年12月にJR東日本様が『みどりの山手線誕生50周年』に関するプレスリリースを発表された後、グループ会社のジェイアール東日本企画様が車体広告の販売を始められましたが、当社が真っ先に手を挙げさせていただきました。もともと、昨年10月に『抹茶入り伊右衛門』として大リニューアルを行いましたが、さらに美味しくなった「伊右衛門」を、“みどり”というテーマカラーでお客様の心に印象的に伝えたいという想いがありました。山手線と伊右衛門の“みどり”という色の相性はもちろん、通勤・通学から買い物客まで多様な方が利用する山手線は、『伊右衛門』のターゲットとも合致します。また、山手線というブランド力のある路線は、「伊右衛門」のブランド価値をもうワンステージ上げてくれる魅力的な媒体だと感じました」なお、期間中に「伊右衛門」トレインに接触すると考えられている人数は約150万人。かなりの人が「伊右衛門」トレインを目にすることになる。しかし、テレビやネットなど広告媒体が多様化するなかで、なぜ「交通広告」に目をつけたのだろうか。「現代は情報が氾濫しています。お客様に商品を効果的に覚えていただくためにはテレビ広告だけでは十分ではないと考えます。その点、今回のような車体のラッピング広告はインパクトが強く、テレビとの相乗効果も期待できます。しかも、広告を見て興味を持っていただいた方々が、さまざまなソーシャルメディアを使って情報を拡散してくれます。このように、情報の起点となりうるのが交通広告の強みだと考えます。鮮度を重要視しつつ話題性を持たせたい新しいキャンペーンや新商品の認知拡大を狙う際に、まさにうってつけの媒体だと思います」(越野氏)
「ニコニコニュース」より転載


◆東京最古の靴磨きオバアサン
IMG_4582

IMG_4584
日本橋高島屋さんの真横で営業している靴磨きのオバアサンに靴を磨いてもらいました。
最初は茅場町で10年、その後で現在地高島屋脇で37年の計47年の業歴ですと。
すごいですね。
場所柄もうかってよいでしょう、と聞きますと、この商売は景気に左右されるのよ。お兄さんは客がついているところしか見てないからそう言えるのよ。景気が悪いと極端に暇になるのよね、不思議なものね、とこぼしていました。
さらに、道路使用許可は毎年更新だし、その費用は30,000円もかかるんだから。割りのよい商売ではないわよね。細く長くこれがこの商売なのよ、と完璧に自らに言い聞かせるように語っていました。
特に私が御贔屓にしている有楽町の靴磨き集団「千葉スペシャル」さんに対しては、あの人達はず〜っと道路使用許可も取らずにやっていたモグリ靴磨き屋でしょう。何か最近TVにでてチヤホヤされているけれど、あんなの靴磨き屋じゃないよね、と一刀両断に切り捨てていました。
成るほど同業者は「千葉スペシャル」さんをそのように見ていたのですね・・
最後にさすがに業歴47年のキャリアです。私の靴は見事なほどにspic and spanとなりました。
この古典芸能的な料金は600円です。すごくお安いですね。

情報、データ、知識を視覚的にわかりやすく表現したインフォグラフィック画や映像は最近よく見かけるようになったが、この動画(+画像)は、にほんの中学生の統計をインフォグラフィック化したものだそうだ。 文部科学省や厚生労働省の統計データを元にしているという。



IMG_4535

IMG_4536
今日は奥様と汐留に出没です。日曜日のお汐留ですので目ぼしいお店は休業しています。
その中、年中無休で唯一気を吐いているのが「中華の台所香港屋」新橋店さんです。
ということで今日のお店は「中華の台所香港屋」新橋店さんです。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
電話番号:03-3289-1146
定休日:無休

IMG_4518
お店の外観です。

IMG_4526

IMG_4532
店内の雰囲気です。
今日のランチタイム、私達夫婦以外は全員料理と一緒にお酒を楽しんでいます。
最近の日本人って昼からのお酒を飲む人が増えていのですね。

IMG_4519

IMG_4521

IMG_4524
メニューです。

IMG_4525
奥様のオーダー「ラーメン」@600円です。
待つこと12分で着丼です。
見た目美ラーメンです。
麺は中太縮れ麺です。
みるからにsimpleなラーメンです。
味ですか、スープの味付けが薄味すぎます。
それ以外はそこそこの味ですので残念ですね。

IMG_4527

IMG_4530
私のオーダー「牛モツのピリ辛炒め」@980円です。
待つこと14分で着皿です。
これはハチノスですね。
ハチノスは下茹でしたものを野菜と一緒に煽って作ります。
味ですが、これはすごく美味しいですね。
唐辛子もそれなりに投入されていて、その為に辛さも過不足がありません。
これは作り手のセンスが光る一品です。

IMG_4531
2人でshareした「餃子」@480円です。
これは焼き具合満点、なかのみっしりとした肉多めの餡も満点、何とも美味しい餃子です。
久々に餃子らしい餃子を頂きました。
このお店、店内は少しレトロというかくたびれている言った方が適切なのですが、味はかなりのlevelですね。
満足なlunchでした。 

それでは(^_-)

神谷町 番番

今日は「千葉スペシャル異聞」の話です。
IMG_2501
東京・有楽町駅前の靴磨き職人として、企業経営者らの顧客を多数抱える「千葉スペシャル」さんが9月20日東京交通会館でgrand renewal openしました。

IMG_0632
私の記憶によれば今年の4月上旬頃、「千葉スペシャル」さんは千代田区の行政指導によりこの場所より立退きさせられました。もともと路上での靴磨き業は許可事業であり、戦災で職を失った人のために一代限りで特別に許可をしていた特例措置のため都では現在新規の許可を出しておりません。「千葉スペシャル」さんは、この場所で1997年より忽然と営業されたため上記経緯から無免許でした。したがって今回の千代田区の強制指導によりkick outされたのです。

以後一時期、有楽町駅前エストネーション並びの道路(駐車スペース)で営業を再開していたそうですが、長続きせず、「千葉スペシャル」さん宅に送られてきた靴の靴磨きやら出張靴磨き等で糊口(ここう)を凌いでいました。今般企業経営者ら熱心な顧客が営業再開を呼びかけ、上述の通り東京交通会館のイトシア側の1Fで営業スペースを設けることができたのです。

IMG_2507
この場所では服装も刷新し、蝶ネクタイとハンチング帽子の英国風のモダンなユニフォームで統一されました。ユニフォームはユナイテッドアローズが、顧客用の椅子は乃村工芸社が企画したそうです。実際は8月20日より再開していましたが、上記スタイルでの営業が9月20日からだそうです。
千葉さんの話では、今回のrenewal は常連の乃村工芸社の社長が、靴磨きの最中に雰囲気を変えてみたら、うちの会社でも協力してやるから、との提案からトントン拍子で行きついたようで、この顛末には驚いているようです。

IMG_2508

IMG_2506

IMG_2512

IMG_2511
ちなみに利用料は1,000円で値上げしての再開です。個人的には従来通り900円で頑張って欲しかったのですが、交通会館のテナント料として@100円がONされたのでしょうね。
従前の一日の利用者が80人程度ですから、80人×@1,000円×22日=1,760,000円/月ですか、「千葉スペシャル」さんは3人でやっているので、一人約@600,000円/月になりますよね。必要経費等差し引いても結構よいビジネスではないでしょうか・・・
すみません、人の財布の中身を覗くような下卑たことを計算してしまいました。大変失礼しました。

私は服装にはかなり気を使います。その中でも特に気を使うのは靴が光っているかどうかです。本来は自らの手で靴を磨かかなければいけないのでしょうが、忙しさにかまけて奥様にお願いしています。市販の靴磨き光沢剤はワセリンが入っているため、長期間使用していると靴の表面が硬化して徐々に光沢落ちてくるので、我が家では靴クリームを使用しています。その奥様も靴を光らせるのには限界があり、定期的に「千葉スペシャル」さんでメンテしているのです。要は主婦が顔の保湿を保つためにおこなうパック的なものです。

IMG_2500
千葉さんは、今回日経新聞やNHK取材等でかなりの新規顧客とくに東京への出張族等のビジネスマンが増えてほくそ笑んでいます。心なしか千葉さんは“時の人”オーラが噴き上がっておりちょっと鼻につきます。個人的には「靴磨き」というのは、わびしい風情が似合うと思っていますので、一日も早く平常化を願う今日この頃であります。

そうそう言い忘れましたが、「千葉スペシャル」さんで靴を磨くと本当にピカピカになりますよ。特に新しい靴の状態から定期的に磨いてもらっていると、靴に顔が映ります。
最初の頃これには、マジにくりびつてんぎょのいたおどろ!だったのでした。



ヨーロッパを中心に大流行している、
古き良きスウィング・ジャズと現代のエレクトロ・サウンドが融合した
新感覚の踊れるジャズ = 「エレクトロ・スウィング」!

原曲知らなくても問題なし!
ただ音楽に身をゆだねれば、それでOK♪



IMG_2490
今日は神谷町に出没です。
なにやら美味しい鶏料理屋さんがあるというのでお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は焼鶏「番番」さんです。

住所: 東京都港区虎ノ門3-17-9 ミドリ屋ビル‎1階
電話:03-6450-1994
定休日:日曜日

IMG_2488
お店の外観です。

IMG_2484

IMG_2487 (0)
店内の雰囲気です。

IMG_2480

IMG_2481
メニューです。

IMG_2485

IMG_2486
今日のオーダー「鶏の鉄板ねぎ塩焼き御膳(黒米)」@880円です。
待つこと4分ででき上がりました。
見た目、すこし貧弱な感じですか。

それでは実食です。
ご飯は健康によさげな黒米を頼みました。
それでは実食です。
シャキシャキネギをかきわけて鶏肉さんにご対面です。
鶏肉はニンニク風味の塩ダレで味付けられています。
ちょっと平板な味ですか、すぐにニンニク風味の塩ダレということが分かってしまい、特段のsurpriseはありませんでした。
決して不味くはないのですがね、やはり食べ手が鶏、ニンニク風味の塩ダレと味が読めちゃうのはいかがなものでしょうかね。それとも素材に自信ありと読み替えますか、それであればもう少し鶏肉にjuicy感とvolume感があれば更に良いかなと思った次第です。
店員さんの応対は丁寧かつ親切で好感が持てました。

それでは(^_-)


続 勝どき Vialetto(ヴィアレット)

今日は「靴磨き考」の話です。
IMG_0435

千葉スペシャル
この画像は2012年1月24日弊blog掲載の有楽町名物の靴磨き屋さん「千葉スペシャル」です。真中にいる方がお師匠さんの千葉さんで御年56才、横の2人がお弟子さんです。
千葉スペシャルというのは、師匠の千葉さんが独自に開発した靴磨き用のクリームだそうですよ。ここで磨いてもらうと靴はbright shineになります。
料金は@900円でした、ハイ。

IMG_0632
ところが数ヶ月前にこの靴磨き屋さんは千代田区の行政指導で立退きさせられていました。
私はこのお店のheavy userでしたので正直困りました。

「靴磨き屋」さんていうのは原則許可事業です。
仮に鉄道事業者の土地でしたら、その鉄道事業者の許可をとらなければなりません。
公道だとしたら、道路管理者と交通管理者の両方の許可をとらなければなりません。
もともと戦災で職を失った人のために、1代限りで特別に許可をしていたため、都では現在新規の許可を出していないそうで、今では両者ともに「靴磨き」の許可をしません。
その背景は景観美化です。職業に貴賤はないのですが景観美化の観点に照らし合わせますと路上での「靴磨き」はそぐわないようですよ。

この件(くだり)については、千葉さんに確認したところ、この場所はJRの敷地なので有楽町駅に許可もらっているので大丈夫だよ、と豪語していたのですが、千代田区の行政指導で立退きさせられたので、千葉さんの想定外の法律が施行されたのか、はたまた千葉さんの錯誤でもともと公道だったのかは定かではありません。

現在有楽町駅高架下にプレハブ内で営業している「靴磨き屋」さんはあることはあるのですが、料金の明示がないことと、外からの確認では開店休業みたいに思えて、その中にお訪(とない)を入れたことはありません。
いずれにしても困ったものです。

PS
1.千葉スペシャルさんは、有楽町駅前エストネーション並びの道路(駐車スペース)で営業を再開しているという情報を得ました。シルバーのワゴン車に、デッカク 千葉スペシャル(靴磨き)と書いてあるのですぐわかるそうです。
(2012.08.05更新)
2.千葉スペシャルさんは、9月20日(木)より交通会館1Fで営業再開されます。今度は服装も刷新し、蝶ネクタイとハンチング帽子の英国風のモダンなユニフォームで統一するそうです。
ユニフォームはユナイテッドアローズが、顧客用の椅子は乃村工芸社が企画したそうです。
ちなみに利用料は1,000円で値上げしての再開です。個人的には従来通り900円で頑張って欲しかったのですが、交通会館のテナント料として@100円がONされたのでしょうね。(2012.09.19更新)
3.千葉スペシャルさんの営業再開日に早速靴を磨いてもらいにいきました。
他所(よそ)行きの服を着ていたので最初違和感がありましたが、話ているうちに全く変わっていないので安心しました。今日までのジプシー生活はかなり苦労されたようですよ・・・
そうそう今日はNHKがTV取材に来ていましたね。
(2012.09.20更新)
IMG_2501

IMG_2500

4.換骨奪胎版
(2012.09.23更新)

私にとっては「靴磨き屋」さんに変わった思い出があります。
浅草橋の駅前には昔三件くらいの「靴磨き屋」さんがありました。
そこで靴磨きをしてもらったところ、当時超高級だったリーガールのウィングチップの茶色の紐靴を黒色のクリームで靴磨きをされてしまいました。
新聞を見ながら靴磨きを受けていたので、片方の靴を磨きあげたところで色違いに気がつきました。当然のことながらその間違いを指摘したところ「靴磨き屋」さんが、茶色なら茶色っていってよ、と開き直ったので、その塗り間違えの“責”について、丁寧かつ大胆に交渉して、三回限定無償で茶色の靴を黒色に変える塗り替えを約束させたのです。
たしかに「靴磨き屋」さんが悪いといえば悪いのですが、相手は人生の大先輩だし、太陽光のかげんで間違えたようで、お互いに注意すればよかっただけの話であり、三回目にはかなり気まずい思いを抱く様になったのです。
結果三回目でも靴は黒色にならず、深い焦げ茶色になっただけです。
「靴磨き屋」さんはいたく恐縮して黒色になるまで無償でクリームを塗り続けると申しいれてくれたのですが、さすがになぁ、と思い三回目で終了したのです。
この話後日談があって、この深い焦げ茶色の色合いが、友人達から好評でどこで買ったんだよ、と質問攻めにあい、まさか「靴磨き屋」さんの塗り間違いともいえず、「ひみつのアッコちゃん」を決め込んだのでした。


It is actually made by the same person ? :0



IMG_1669
今日は勝どきに出没です。
今日のお店は美味しいイタ飯クッチーナ「Vialetto(ヴィアレット)」さんです。
お店の名前はイタリア語で「小路」だそうです。まさしく「小路」という名前に相応(ふさ)わしいロケーションにあります。
なんと3年ぶりの訪問でした。

住所: 東京都中央区勝どき4-1-2シャンポール1F
電話: 03-3532-4127
定休日:月曜日

IMG_1660
お店の外観です。

IMG_1664

IMG_1665
店内の雰囲気です。

IMG_1662
メニューです。

本日のオーダー「鶏肉と水菜のガーリックソース&コーヒー・ドルチェ」@1,000円です。

IMG_1663
スープとパンです。

IMG_1666

IMG_1667
メインディシュの「鶏肉と水菜のガーリックソース」です。
女性客の支持が高いお店です。
この日は満席で18名の客の内男性は私だけでした。
完璧に男性awayのお店です。

満を持し実食です。
パスタはアルデンテではありませんでした。
なんか茫洋としたパスタですね。こんな感じでしたかね。
かなり胡椒が強めです。それに反してガーリックは弱めでした。
逆の方がよかったのですが、女性homeなので仕方ないかな(笑)
鶏肉が多すぎて後半少し食傷気味です。
水菜の存在価値がよくわかりませんでした。
何か昔とちがいますね・・・
そうそう味は美味からず不味からず、極めて中庸の味でした。

IMG_1668
ドルチェはティラミスでした。
これも特段のsurpriseもなく、少し拍子抜けでした、ハイ。
何か3年前と変わったような、勿論私の体調もあるので軽々には申せませんが、あくまでも印象ですので・・・

それでは(^_-)


神田 うな正

今日は「Relic of the Showa era(昭和の遺物)」の話です。 
昭和は遠くなりにけりといいますが、昭和が終焉して23年経ちます。もうすぐ平成も四分の一世紀ですか。
昭和の時代にあって現在にその存在が掻き消えてしまった代表は帽子でしょう。
当時は脳死ちがうか帽子は最後のお洒落といわれDandyismを標榜していた紳士は皆帽子をかぶっていました。
全身お洒落できめていても、かぶる帽子の良し悪しで折角のfashionが台無しになってしまったそうです。
また当時の紳士は帽子の季節感を大事にしていて、パナマ帽でも夏は薄いフェルトにするなどして変えていたそうです。
上原謙
昭和29年に帝国製帽株式会社が「日本で一番帽子の似合う俳優アンケート」を実施しました。約25,000人のアナンケートの結果で選ばれたのは加山雄三さんのご尊父「上原謙」さんでした。確かに似合っていますね。帽子は目鼻立ちがハッキリした人ほど似合うようです。
それほど国民に定着した帽子ですが、昭和30年代の満員の通勤列車が横行?するようになり帽子は満員電車では邪魔になり、自然と衰退していきました。

その次は靴磨きでしょう、私が小学生の頃は有楽町の駅前には40人くらいの靴磨屋さんがいましたが、今や「千葉スペシャル」という特殊な磨きをする3人だけです。
これは靴磨きを家でするものということが定着してきたからです。
そして「Portable靴べら」でしょうか、これは紐靴が少なくなり、slip-on形式の靴が増えたので履きやすくなったせいでしょうか。ちなみに私達下町っ子はこの靴べらでブーメラン遊びをしていました。
最後は万年筆です。これはPCの普及から文字を書くことが少なくなり、さらに筆記用具としては消すことができないボールペンの代わりにシャープペンが主流となった現在では完璧に恐竜状態の遺物です。
使うとしたら契約書のサイン位でしょうか、大企業の重役クラスですかね。
蛇足ですが私達下町っ子はこの万年筆を“まんねんしつ”と発音していました。


夏といえばこの曲“ハッスル”でしょうか。
私はこの曲を聴くと夏を強く感じます。
大学生の時、高校の運動部仲間と夏の新島に遊びに行きました。
しかし新島に行っても、あまり泳ぐこともせず、ひたすら浜辺で麻雀をやっていました。
その時絶え間なくかかっていたBGMが“ハッスル”でした。



暑い時は「鰻」です。
神田西口商店街でうなぎといえば「うな正」さんです。
このお店は窓から顔を出して呼び込みをしているのでチョットしたお店のアイコンになっています、できればもう少し美女の呼び込みが好みなのですが・・・

住所: 東京都千代田区内神田3-11-1 三惠ビル 1F
電話:03-3256-9288
休日:日曜・祝日

IMG_8873
お店の外観です。

IMG_8872
メニューです。

IMG_8870

IMG_8871
今日のオーダーは「うな丼」@840円です。
15時の入店です。店内は8名のお客がいて、そのうちの半分は大ジョッキを頂いています、こんな時間から飲めてウラヤマシイゾィ。
ここの鰻は毎日静岡から入荷しているそうです、中国ではありません。
席について5分位で着丼です。
それでは実食です。一口食べてみて美味しい美味しい。
表面の皮は、最後の焼きが程よく仕上がりのパリパリ感がイイですネ。
そこに染み込んだタレの焦げが香ばしい。中は、きちんと蒸されおり、トロトロです
タレは醤油が強い感じですがそれなりの甘さもあり結構な味わいです。
このlevelで@840円であれば満足です。
最近中国鰻の「宇奈とと」さんに口が慣れてしまったのですが、こちらの方が美味しいですね、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ