下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

青山学院大学

続 茅場町 ジュジュ分家

今日は「東大野球部」です
野球といえば東京六大学という時代が、かってあった。たとえば1937年に出た吉野源三郎の少年向け読み物「君たちはどぅ生きるか」には、主人公コペル君らが早慶戦のラジオ中継をまねて絶叫する様子が生き生きと描かれている。その興奮ぶりは並大抵ではない。 

ところがこのロングセラー、戦後の新版では早慶戦の場面がプロ野球の巨人―南海戦の実況にまるごと差し替わってしまった。世間の目がすっかり離れたのだ。むかし神宮球場で声援を送った各校OBもさして興味を示さず、もう長いあいだ、プロ野球と高校野球のエアポケットみたいなところに六大学は落ち込んでいる。 

盛り上がらぬ理由のひとつは「東大問題」かもしれない。毎シーズンのように最下位に甘んじ、特にここ4年間は白星もなく86連敗で今季を終えた。このままだと来年秋には100連敗に到達する。他校とはまるで選手の事情が異なるからなのだが、それにしてもちょっと負けすぎである。リーグ戦の意義が薄れもしよう。 

奮起を迫られる東大ナインにとって、15年ぶりの優勝を狙う立教の活躍は大きな刺激に違いない。これで東大が頑張れば六大学野球ももう少し話題になるはずだ。大スタジアムは早朝より数万の観衆に埋められて立錐の余地もありません。
「君たちはどぅ生きるか」の、野球が若かったころの光景は取り戻せぬにしても。
日本経済新聞「春秋」より転載
東大野球部
東大がこのまま今年の試合をすべて負けると、来年は100連敗がかかってくるそうです。
100連敗したら、「東大は六大学から出て行け」という声が出ないとも限らないそうです。
それはないでしょう、
六大学連盟を創設する際、東大、当時の東京帝国大には東君(医学部1年)という豪腕がいたそうです。
この選手がいなくなれば、東大が弱体化するのは目に見えていたわけです。
5大学野球連盟を結成していた他大学は、「今後どんなに弱くなっても、連盟を脱退しないでくれ」と帝大側に誓約させ、帝大もこれを呑み、6大学連盟結成となった経緯があったそうです。
仮に東大がkick outされたら、その時は東大が誓約しなかった場合の控えの中央大学に替わるのでしょう。
いまさら中央大学ですか、現時点でいえば中央大学より青山学院大学の方が六大学にはfitするでしょう。
ということで東大代替の六番目の大学選定は紛糾することになります。

個人的には今巷間で喧(かまびす)しいスポーツ推薦枠を設けるより、学力優良且つ星飛遊馬のような超弩級の高速投手の入学を一日千秋の思いで待つ事です。
言い換えれば「救世主」待望です。
この方が盛り上がります。
その救世主の入学が遅れれば遅れる程、東大ファンの連敗が止まる瞬間の喜びは最大化するのです。
これってまさにマゾ(masochism)でしょう(笑)

さらに申せば万が一、億が一、東大が優勝したら当然のことながら提灯行列ですよね。
神宮から本郷までの約8kmの長丁場を行進できる体力が東大生にあるのでしょうか。
多分「否(いな)」でしょう。
今年、母校の優勝で神宮から三田の丘まで約2時間歩き続けましたが、日頃マラソンで鍛えてはいるとはいえ正直厳しいものがありました。
そこで提案です。
東大生の学友、学生の皆さん、来たるべき「優勝Xディ」にそなえての体力増強をまずは嚆矢とすべきではないでしょうか。仮にですよ、行進の最中に貧血で倒れる学生・OB続出で、東京中の救急車が提灯行列にピストン出動したらこれこそ面子丸潰れですからね・・・


コカコーラがプレゼントした魔法の電話ボックス。



IMG_3253

IMG_3252

IMG_3251
今日は茅場町に出没です。
たまにはガッツリしたうどんでも食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は「ジュジュ分家」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町3-1-4
電話:03-3662-5288
定休日:日曜、祝日 年末年始(12/29〜1/4)

IMG_3265

IMG_3254
お店の外観です。

IMG_3262
店内の雰囲気です。

IMG_3257
メニューです。

IMG_3258
調味料の面々です。
左より粗挽き胡椒・鰹節粉・ニンニク入り辣油です。

IMG_3259

IMG_3260
今日のオーダー「蕎麦美ちゃん」@880円です。
待つこと19分で「蕎麦美ちゃん」の到着です

IMG_3261
当然のことながら「揚げ玉」をかけ回します。

それでは実食です。
麺は平打ちの極太蕎麦です。
麺はコシがありません。
具は豚肉、長ネギと豚肉と玉葱です。
つゆは甘辛い味付けです。
味ですか、今日はあまり美味しく感じられませんでした。
全てにおいて緩慢ですかね。
量が少ないのが救いでした。

IMG_3263
デザートの焼きプリンです。
全くおいしくありません。
カリカリのカラメルもタダのっているだけです。
なんだかなあの一品でした。

それでは(^_-)

浅草 餃子館 リターンズ

謹賀新年
今日は「1月2日」の話です。 
元旦は奥様の実家に家族皆で年賀の挨拶に出向いたものですから比較的静謐(せいひつ)にしていた一日でした。
しかし開けて二日になるとエネルギッシュに動き始めました。

箱根駅伝
二日の今日は、朝も早から5時に起きて大好きな箱根駅伝の順位予想をしました。
といっても論理的な演繹です。優勝候補大学の出場選手の10,000mの最高ラップを単に距離数に置き換えたのが私の順位予想です。
しかし、結果は大違いでした。
往路一位を駒澤大学としたのですが結果は東洋大学でした。駒澤大学は第四位でしたね。
やはり二十歳前後の学生が出走する競技なのでメンタルが占める割合が多いのでしょう。
各大学の監督及び関係者の気苦労は幾ばくのものかと拝察いたします。

個人的には長男の出身大学の青山学院大学が2区戸塚中継所で三位になり、応援していた私は大興奮しました。しかし往路結果は7位でした。
まぁ明日に期待しましょう。

駅伝予想の後は両親の墓参で奥様と浅草に出向き、その足で恒例の被官稲荷神社で初詣です。
初詣を済ませた後は浅草散策です。
IMG_0375
縁起の良い招き猫の露店です。

IMG_0374

IMG_0372

IMG_0381
似顔切り絵の田中良平先生 です。
初詣の時は浄財をするのが下町でのお約束です。折角ですので奥様と私のカップルショットを作ってもらいました。
この似顔切り絵ですが奥様はまずまずクリソツですが、私はもう少しいい男です、キッパリ!

そして隅田公園内に開設された「平成中村座 」さんで「寿初春大歌舞伎」のパンフレットをもらってきました。見に行くつもりです。

IMG_0380
この画像は「平成中村座」さんの脇から撮ったスカイツリーです。正月の抜けるような青空にその偉容が映えていますね。

夕方は夕方で兄弟の「新年会」です。
やはりこの人は慌ただしい方ですね・・・ハイ!私もそのように思います。

ということで新年の浅草の食事といえば「餃子館」さんしかありません。

住所: 東京都台東区花川戸1-10-13 1F・2F
電話:03-3842-3808
定休日:無休

IMG_0358
お店の外観です。

IMG_0363
店内の雰囲気です。

IMG_0359
メニューです。

IMG_0364
私のオーダー「上海風焼きそば」@700円です。
待つこと10分で着皿です。
野菜がこんもりと盛られています。
そして全てが熱々です、イケますね。
ちょっと量が多かった気がしましたが、今日はお腹が空いていたのでno problemです。
味ですかこの焼きそば絶妙の油加減と塩味で作られています。
少しでもこの黄金比率が違っていたら別物の一品になっていたような気がします。

IMG_0370
奥様のオーダー「茄子の黒胡椒炒め+ライス」@680+@250=930円です。
これは何度いただいても美味しいですね。
中国料理のセンスの良さがわかります。
茄子の中身だけをとりだしてパン粉でカラッと揚げて塩、黒胡椒で味をつけています。
茄子の身の柔らかさを最大限に美味しくする工夫が随所にされていおり、これはお勧めの一品です。
お試しあれ!

それでは(^_-)

千代田区 めん徳二代目つじ田 神田御茶ノ水店

今日は名曲「学生時代」の話です
つたの絡まるチャペルで 祈りを捧げた日
夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
この歌詞はペギー葉山さん(本名森繁子)のヒット曲「学生時代」です。
この春東京・渋谷区の青山学院大学構内に歌詞を刻んだ碑ができたそうです。
歌ったペギーさんは青山学院女子高等部、作詞作曲した平岡精二さんは経済学部の卒業生です。1960年に一世を風靡し「第二校歌」とされたのですが、今は知らない学生が多く、創立135年を記念して歌碑が建立されました。
【日本経済新聞「春秋」より転載 】
実はこの記事を見るまで、この歌は立教大学をモデルにした歌だと思っていました。立教大学のキャンパスの鬱蒼とした蔦を見ててからずーっと勝手にそのように自分自身に摺込んでいたのです。
しかし青山学院大学キャンパスに蔦はあったのでしょうか、青山学院大学は一度奥様とキャンパス内をしっかりと隅々まで見学したのですが、印象はなかったのですね。

今日は歯の治療の為小川町に来ていました。一時間ほど歯をガリガリいじられ精も根も疲れ果てました。病院を出たらすっかり夜の帳(とばり)が降りており、お腹も何か入れろと訴えていましたので、小川町で夕食です。
歯のほうは、来週歯茎の掻爬手術です。いくら歯を残す為といいながら考えただけでも痛そうです(悲)

つじ田1
今日のお店は行列のできるラーメン屋「めん徳 二代目つじ田 神田御茶ノ水店」です。並んでいるのかなと覗きにいきましたら、空いていたので躊躇(ためら)いもなく入ってしまいました。お店の外観です。

住所: 東京都千代田区神田小川町1-4
電話:03-6659-7676
定休日:不定休

つじ田2
つじ田のこだわりです

つじ田3
今日の獲物「ラーメン(チャーシュー、海苔、メンマ)」@750です。スープのベースは国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布、根昆布、野菜、他合計十数種類の食材を元に作られています。

つじ田4
味ですか、スゴク美味しいです合格合格合格合格合格
実はあまり期待しないでスープをすすったのですが熱々美味美味です。鶏ガラ、魚介、豚骨順の三位一体コラボの濃厚スープですが、くどくないのです。麺は太麺のモチモチでこの濃厚スープをしっかりと受け止めています。チャーシューは今流行(はやり)のトロトロ系でなく、骨太の肉感で、しかも絶妙にジューシーです。シナチクはそっけない味ですが独特の個性でこのスープに合っています。結局珍しく最後の一滴までスープを飲んでしまいました。すこし量が足りないかなと思ったのですが、帰路の丸の内線の中では、お腹は膨満感一杯で苦しかったのです。お値段が高い様な気がしましたが、美味しけりゃいいですよね…また来よう(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ