今日は「雷にあったら」の話です
真っ盛りです。そこで夏にはつきものの「青天の霹靂」の雷です。
街中で遭遇したら、建物の中に逃げ込むのが一番です。車の中なども比較的安全です。
山中では木のそばから3mほど離れしゃがみこむのがいいのです。距離を取るのは電気が伝わってくるのを防ぐ為です。テントは一見安全そうですが雷避(よ)けにはならなりません。よく金属製のものを外したほうが雷が落ちにくいという説がありますが、全くの誤解です。雷の落ちやすさを左右するのは高さです。よって河原など近くに高いものが無い場合はその場を即に離れるのが賢明です。
【日経PLUS1 「レジャーの危険、対処に自信は?」】より転載
札幌にいたとき栗沢(札幌近郊)で運転中強烈な雷雨にあったことがあります。運転していた場所が栗沢の農道(農道といっても幅は普通の道路)ですから、周りに何もありません。上述のように何もないところですので雷は縦横無尽に落ちます。これが綺麗なこと綺麗なことで本当に瞠目しました。まさに自然が創りだす最高のスペクトラムショーです。青白い稲光がギザギザにしかも幾何学的に絡み合います。時折はオレンジの光の束が真っ逆さまに落ちてきます。その様はまるで瀑布のようです。音もハイパワーのドルビーサウンドですのでその振動は最高です。まったく東京では見られない光景でした。

今年も京都に紅葉狩にいきます。そして今年の場所は紅葉の穴場である宮内庁管轄の「修学院離宮」なのです。ところがここ申込順なのですね、それも四ヶ月前の一日即ち今日が申し込み初日なのです。したがって今日は五時におき、六時からオープンする宮内庁HPにアクセスをしたのです。昨日寝たのが一時半すぎですから完璧に睡眠不足です。サクサクと登録して寝直そうと思っていたのですが、全く同じことを考える輩がいてトラフィックが増加したため登録画面がフリーズしていました。残存見学可能者のカウンターが減っていくのを眺めながらアクセスできないもどかしさ、京都の紅葉狩大ピンチです。何とかかんとか第一希望を登録できたのが九時で、残存見学可能者数が減ってきたので、多分枠を超すなと思い(枠をこすと抽選になります)第五希望まで登録し終了したのが十一時です。なな何と5時間も宮内庁さんと遊んでしまいました。なんというメランコ型人間(執着心が強い)なのでしょうか、あきれました。でも苦労あって第五候補の京都御所にはいけそうです(ホッ)

ヴァン・デ・グラス11
御茶ノ水に出没です。
なにやら人だかりの多いお葬式だなと思いみていましたら、7月28日に乳がんのため亡くなったロック歌手、川村カオリさん(享年38)の葬儀でした。ご冥福をお祈りいたします。


ヴァン・デ・グラス12
そして今日のお店は御茶ノ水で一美味しいイタリアン 「ヴァン・デ・グラス」です。お店の外観です。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2−23アクセス御茶ノ水ビル1F
電話番号:03-3255-8182
定休日:日曜日 

ヴァン・デ・グラス13
コンソメスープです。これは何回飲んでも美味しいですね。このカップの縁に唇をよせた瞬間に立ち上ってくる、濃いめの胡椒の香りを嗅ぐとまたこの店にきたんだなと思わせてくれます。

ヴァン・デ・グラス14
今日のオーダー「カレースパゲッティ」@700です。

ヴァン・デ・グラス15
やはり食べ方はこのように大量のチーズを雪の様に降らせガツンと食べるのがお約束でしょう。

ヴァン・デ・グラス16
味ですか、美味しいですね。かなりHotなキーマカレールーにアルデンテで茹で上げたパスタがよくあいます。口内で弾ける挽肉のプリプリした食感も一興です。心より満足しましたhappy01
ところでマスター、今日も「出張でこられたのですか」と私にいっていましたが、もう私は札幌には住んでいませんからね(笑)


それでは(^_-)