本日はお彼岸なので菩提寺に出向き両親の墓参、その後奥様と次男坊と妹夫婦とでもんじゃ三昧です。

本日のお店は下町で一番美味しいお好み焼き「 なりまち 」です。

住所: 東京都墨田区業平1-9-9
電話番号:03-3623-5269
定休日:月曜日
ここから後はパチリでご覧下さい。
なりまち全景
まずはお店の全景です。チョット見にくいですね、実はフラッシュ切っていたのを忘れていたのです(笑)


カレーもんじゃ
カレーもんじゃです。これは粉っぽくなく美味しい。


生姜もんじゃ
生姜もんじゃです。思ったほどカラクなかったのです。もんじゃ「辛い系」の王者ですね。


モヤシもんじゃ
モヤシもんじゃです。イカの吸盤のツブツブと挽肉のホロホロがBest Matchでした

五目焼きソバ
焼きソバの王者「五目焼きソバ」です。これは文句なく美味しい

雪ん子焼き
なりまち一押しの特製「雪ん子焼き」です。それではその作り方を順を追って説明しましょう


雪ん子焼き
ニンニクをいためて香りを出します。

雪ん子焼き
ニンニクの香りがついた頃挽肉とネギを炒めます。


雪ん子焼き
さらに炒めます。


雪ん子焼き
餅で六角形(雪の結晶のつもり)の囲いを作ります。


雪ん子焼き
餅の囲いの中に生地を流し込みます。


雪ん子焼き
おおよそ八分目程度注ぎ込みます。


雪ん子焼き
生地が固まった頃、先ほど炒めた挽肉とネギを載せます。


雪ん子焼き
上から残った生地でフタをします。


雪ん子焼き
裏が焼けた頃ひっくり返します。


雪ん子焼き
表が焼けたらさらにひっくり返し、醤油をつけたのち少し醤油を焦がして完成です。

味ですかニンニクでパンチをつけた挽肉とネギにとろーりとろけた餅の甘さのコラボです。そしてそのコラボに焦がした醤油の香ばしい香りが絶妙に合わさって、本当にホッペタガ落ちそうな味です。
タマリマセンね・・・口福とはこのことをいうのでしょう。

値段はお酒を飲んで一人@2,000位ですから、下町B級グルメの名に恥じません(間違いなし)
是非一度お尋ねください。

それでは(^_-)