今日は「異文化?」です
P013517025_480
大阪に住んでいたこともありよくミナミには出没していました。
その繁華街でよく見かける看板は「たこ△△」というものでした。
個人的にはタコ焼き生誕の街ということで、その出自に対してのリスペクトからの「たこ△△」かと思っていましたが、「たこ」というのはЦ(コ)の字カウンターでお客相手の商売をする形式を「たこ」というのですね。
実際、調理人が四方に手を伸ばして接客するさまが、まるでたこが八本の足を使って相手をしているように見えるからです。

「関東煮(かんとだき)」とは関東の「煮込みおでん」が関西に伝わり関東煮、と呼ぶようになったのが通説ですが、これにも異説があるそうです。
P023464534_480
そもそも1923年に起きた関東大震災で、関東の料理人が関西に避難したり、逆に関西の料理人が復興需要を当て込んで関東に進出したりしました。
東西料理人が行き来したおかげで割り下を使う関東風のすき焼きなどもこの時期に関西に伝わったとされています。関東煮もその1つだったということです。
しか〜し1844年創業の老舗、大阪はナンバにある「たこ梅」さんが関東大震災前から関東煮を看板に掲げていたそうです。くだんの「たこ梅」さんの大将は「堺の浜で中国人の食べていたごった煮をヒントにして、初代が作ったのを広東煮(かんとんだき)としたと伝わっています」と申していますが、真実は「薮の中」であります。

ぐつぐつとさせない弱火の中でじわじわ炊く「東京のおでん」とは異質のものです。
まず「関東煮(かんとだき)」は香りがよいのです。
加えて、鰹ダシをベースに沸騰させることで鯨の身や皮のうま味をしっかりと抽出させます。
これによりダシは白く乳化して濃くまろやかになります。
要は豚骨ラーメンのスープを炊くのと同じです。
羊頭狗肉とはいいすぎですが、看板などの表示と内容が一致しないようなものでおでんとは違う食べ物なのでしょうね・・・
実は「関東煮(かんとだき)」っていまだかつて食べたことがありません。
多分食わず嫌いなのでしょう・・・
万が一不味かったら嫌だなと思っているだけですので、来月奥様と関西に行きますのでその時に是非ともトライしてみましょう。


マリオのつぶやき・・・



今日は神楽坂に出没です。
IMG_1915

IMG_1918
パン屋さんがやっているイタリアンがあるということでお邪魔しました。
今日のお店は「コグスダイニングカグラザカ」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6 三丁目テラス1F
電話:03-5579-8795
定休日:日曜日(第3月曜はランチのみ営業)

IMG_1921

IMG_1920
お店の外観です。

IMG_1924
店内の雰囲気です。

IMG_1923
メニューです。

今日のオーダー「パルメザンチーズのスパッゲティ」@1,200+@400(チャージ)=1,600円(内税)です。
店内は女子会のお客様で煮えたぎっています。
その中、黒一点黙々と仕事をしている私は異邦人であります。
それにしても意識的に聞いていたわけではないのですが、女子会の会話ってストーリー性がないのですね。
間欠泉のように飛び出てくる話題に皆で相槌を打っているだけのように思えました。
確かにこれはストレス解消になりますね。納得です。
多分、男性ならこのような脈絡ない会話には耐えられないでしょう。
女性恐るべしであります。

待つこと9分でall you can eat(食べ放題)のパンが到着です。
IMG_1925

IMG_1926
これはエクストラバージンオイルでいただきます。
うん、ほかほかのパンは美味しいです。
ご機嫌になりました。

IMG_1930
特にレーズンパンは美味しかったのでお代わりしました。
これハマリますね。

待つこと14分で「パルメザンチーズのスパッゲティ」の到着です。
IMG_1927

IMG_1928
見た目シンプルです。
きれいなのでしばらく見ていましたらパスタの余熱でパルメザンチーズが溶けてきました。
食べごろかなと思い実食です。
うん、これはパルメザンチーズを楽しむスパゲティでしょう。
奇をてらうパスタより心に食い込んできます。
美味しいですね。
ソースの乳化もよく久々に「simple is best」を楽しみました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)