今日は「エスカレーターの立ち位置」の話です。
どさん子61
関東ではエスカレーターの左側に立ち、右側を空けます。関西では逆で右側に立ち、左側を空けます。このborderはJR東海道線の桂川駅(右立ちのborder)と京都駅(左立ちのborder)の間あたりらしいです…調べた方がいるそうです。付け加えますと、最近の鉄道各社においてはパチリような注意書きは珍しく、ほとんどが片側を開けるような注意書きに変わっています。
この関西のエスカレーターの立ち位置は大阪万博の時、先進国のマナーを取り入れるということで、右は立ち止まるということにしたのだそうです。当時から、右は立ち止まる国が多かったようです。イギリス、フランス、アメリカはそうです。
また、アジアでもイギリス、フランスの植民地だった国がありますから、それらの国も関西式です。
シンガポール、香港などが代表的。世界標準なのは、関西式なのですよ。
関東式って、世界的に珍しいのだそうです。
関東の立ち位置は一説によるとその原因は武家社会の頃までさかのぼるといいます。武士が右側を歩くと刀の鞘が当って喧嘩になってしまう、及び後ろから切りつけられた時対応できないことから日本では長い間左側通行でした。
昭和24年に道路交通法が改正され、人は右側、車は左側に変更されました。
つまり、古い慣習を今に残しているのが関東で、関西は新しい習慣に従っている、という事になります。
「関東と関西こんなに違う辞典」日本博学倶楽部著、PHP文庫刊参照

このエスカレーターの立ち位置って面倒臭いですよね。私は関東人なので、エスカレーターの立ち位置は原則左側です。しかし関西に出張した際は切り替えなければなりません。
たまに関東でも、関西人の団体観光客がきてエスカレーターに乗りこみますと、当然のことながらそのエスカレーターの立位置が右側になってしまいます。
急ぐ場合は階段を駆け上が(駆け下りる)れば良く、わざわざエスカレータを使用しなければ良いのです!
ちなみに全世界で歩くスピード世界第一位は1.6m/秒の大阪人で、第二位は1.56m/秒の東京人だそうですのでさもありなんでしょうか(笑)

今日は何故かカレーチャーハンが食べたくて月島「どさん子」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3531-8870
休日:月曜日、第3月・火曜

どさん子62
お店の外観です。

どさん子63
店内の雰囲気です。

どさん子64

どさん子65
一時調理の方が総上がりして、厨房が混乱していましたが、最近は落ち着きを取り戻してきたようです。今日はオーナーママも店に出て笑顔を振りまいていました。
今日のオーダーは「カレーチャーハン」@700です。
味ですか、あいも変わらず美味しいです。今度の調理の方もアオリが上手でお米がパラパラになっています。やはりチャーハンは米パラでなければなりません!
香ばしいカレーの匂い食欲が増します。
それとここの漬物美味です、これはビールにもよくあいます。
ご馳走様でした

それでは(^_-)