下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

長嶋茂雄

中華街 萬来亭

今日は「現在モテオ考」です。
この間の新年会、若手社員との雑談の中で、モテオの条件の話になりました。
まずは先行で私から披露しました。
私たちの頃は、スポーツカーを持っていて踊りが上手くてそれでもってお金持ちだったかなといいます、と彼は、勉強ができるは?と聞き返したのです。
勉強?そんなのできたってモテるワケないじゃない。
どういうことだよ、と言いますと、今のモテオの条件は一流大学の体育会ですよ、とキッパリと言い切ったのです。
私は、例えば東大の野球部か、って言えば、そんな感じです、と答えました。
私の元上司に東大の野球部の人がいたけど、決して学生時代はモテオではなかったよ。
それに昔の体育会って脳ミソが筋肉でできていて単なるバカだったぜ。
まして、うちの大学なんか、体育会は試験用紙に塾歌と体育会名と自分の名前を書けば一般教養の授業は通してくれたぜ、といえば、今のトレンドは「文武両道」なのです。
今、一番のモテオは東大医学部のアメフト部なのですよ。
かえってネットで調べてください。
選手より女子マネージャーの方が多いはずですよ、と言われたのです。

hqdefault

cGR81ET

todairika3-1
次の日ネットで調べました。
画像で見る限り、確かに東大のアメフトは女子マネージャーが異常に多いですね。
これは他大学の女子大生が何らかの意図を持ってわざわざ東大医学部のアメフト部のマネージャーをしているからでしょうか。
日本最高の知能、将来の高収入・社会的地位そして体格というすべてのモテ要素を兼ね備えたモテ男イクォールそれが東大医学部アメフト部なのですからモテない方がおかしいのですが、しかしなぁであります
確かにこの大量の女子マネージャーは、東大生と付き合えるか、東大卒と結婚できるかは人生の重要なポイントなのでしょうが、ここまで露骨な女性と結婚してなんの意味があるのでしょうか。
しか〜し、当たっている宝くじみたいなものですから絶対に買う意味はあるのですね。
この当選くじを買う為にどれだけ苦労していると思っておられますの、文句がおありなら買ってからおいいなさいよ、ですか・・・
なんかこのカップル達が結婚して生まれてくる子供が可哀想と思うのですが、このような事を「負け犬の遠吠え」というのでしょうか(笑)


利根川幸雄 伝説のスピーチ


IMG_4955

IMG_4956

IMG_4958

IMG_4959

IMG_4960

IMG_4961
今日超多忙で今年初めての昼抜きでした。
横浜での打合せが終わったら猛烈な空腹感に襲われてしまい昼飯を兼ねた夕食をとる事にしました。
今日のお店は中華街焼きそばNo.1に選ばれたお店です。
実は候補店なのでした。
今日のお店は「萬来亭」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町126
電話:045-664-0767
定休日:木曜日(祝日の場合営業)

IMG_4963
お店の外観です。

IMG_4965
開店前少し前でしたので凍てつく冷気に攻め立てながら店の前で震えていました。
店の対面が製麺所です。
厨房の人が頻繁に出入りしていました。

IMG_4969
店内の雰囲気です

IMG_4966
メニューです。

きょうのオーダー「上海焼きそば&杏仁豆腐」@840円+@320円=1,160円です。

IMG_4968
待つこと1分でお水とお手拭きが参りました。

IMG_4970
待つこと5分で「上海焼きそば」が到着しました。
このお店は、長嶋茂雄さんが監督時代に通っていた名店で、料理に使われる麺は店主自らが打っているとの事ですが、スゴイ麺相をしていますね。
この麺がもう少し太ければ茶色い虫に見えたかもしれません、ハイ。

IMG_4971
気を取り直して実食です。
この太麺はオイスターソースと中国にあるたまり醤油で絡めて味付けされたものです。
青菜も良いアクセントになっていますが思わず、具はこれでだけ、とつぶやいてしまいました。
ごめんなさい。
かすかに豚肉が入っていました。
食べ始めますと、この麺に絡まっているソースが甘いのです。
何だろう隠し味で砂糖若しくは味醂をいれているのでしょうか。
濃厚で且つコクがある甘さ?
ソースというよりもテリヤキタレに絡めた焼きそばのような感じです。
味ですか、麺はすごく美味いですが、味が単調で三分の二を過ぎると飽きてきます。
美味しいですが、二度はNo thank youですね。

IMG_4972
口内が甘い夾雑物で支配されてしまったので「杏仁豆腐」を頼みました。
しか〜し、これが無機的な味で美味しくありません。
なんだかなぁであります。
食評を読み返しますと辛口になっていますが、充分に美味しいのですが私の好みの味ではないだけです。
従いまして、辛口コメントはご放念ください。

食後は中華街をブラブラしながら、家族に重慶飯店さんで「番餅(バンピン)」を求め、関帝廟で新年の寿を祈り、ぬいぐるみみたいなワンコに見送られて家路につきました。
IMG_4974

IMG_4977

IMG_4978

IMG_4979

IMG_4980

IMG_4982

IMG_4981

IMG_4983

IMG_4984

IMG_4986

IMG_4991

IMG_4992

IMG_4995

IMG_4996
次回の中華街はピッツアの名店「ビスコンティ」さんですから・・・

それでは(^_-)

大門 檍

今日は「情熱とは・・・」です。
a031
とにかくエピソードに事欠かない長嶋茂雄さんです。
今回は、六大学時代に当時のホームラン記録を樹立したときのことをご紹介したいと思います。
長嶋さん、立教大学の1年〜2年前半くらいまでは、ほとんど目立たない弱打者だったのです。
1割5分〜1割7分台の打率でした。
打てもしない選手をなぜ使うのかと、当時の監督(砂押監督)も責められていたそうです。
砂押監督は、鬼と言われたスパルタ式の監督でした。
その鬼監督が、弱打者の長嶋さんを使い続けた理由はただひとつ。
誰よりも誰よりも、練習の虫だったから。誰よりも練習の虫と認められながらも、結果の出ない長嶋さんは悔しくてならず、さらにもっと寸暇を惜しんで練習の虫中の虫となりました。
長嶋さんの練習の成果が実り始めたのが、2年生の秋季からです。
3割台をマーク。
そして、3年生になったら打率4割5分8厘で初の首位打者になりました。
天才と呼ばれた長嶋さんだって、最初は負けの連続だったし、しかも結果が出てくるのに諦めたくなるほどの時間を必要としています。
4年生になったら、六大学のホームラン記録を狙う立場になりました。
当時の記録が7本。長嶋さんはそれに並ぶタイ記録のところに立っていました。
しかし、期待された8号がなかなか出てきません。
さすがの長嶋さんもプレッシャーに押しつぶされそうでした。
どうすればいい?
悩みの日々が長嶋さんを眠れなくしました。
いよいよ残り試合は、1試合のみ。
ここで何としても1本出したい。その思いがますますつのります。
長嶋さんは、悩んだ末、大学の構内にある教会の牧師さんを訪ねました。
牧師さんはこう言ってくれたのです。
「記録なんてどうだっていいじゃないか」
長嶋さん、口あんぐりです。
どうだっていい?
「いつもの君らしく大暴れしてこいよ。それでいいじゃないか」
これで長嶋さんの気持はす〜〜〜っと楽になったそうです。
そして迎えた最後の試合です。
第一打席は、サードゴロで凡打でした。
このとき長嶋さんの耳にスタンドからの少年の声が聞こえたそうです。
「長嶋なんてつまんないや。長嶋はいつも楽しそうにかっ飛ばすから好きだったのに」
長嶋さん、その声にも目から1枚うろこが落ちたそうです。
そうだ、そうなんだ。俺は野球を楽しむことを忘れてたんだ。
7号ホームランを打ってから、なんと88打席目だったそうです。
長嶋さん、バットケースから他の選手のバットを引っこ抜き、打席に入りました。
もう誰のバットとか、道具を選ぶとか、そんなこと関係ない世界に入ってたのでしょうね。
長嶋さん、得意のフルスイングでボールを捕らえました。
ボールは美しい弧を描き、レフトスタンドに吸い込まれて行きました。
最後の最後にメイクドラマをやりあげるところなど、このころから長嶋さん劇的だったのですね。
六大学野球、ホームラン新記録達成の瞬間でした。
「明日が見えないときキミに力をくれる言葉」ひすいこうたろう著より転載

a034
期待された8号(ホームラン新記録)はまさに情熱のなせる技なのでしょうね。
拍手乱打であります。
聞いた話によりますと「情熱(Passion)」と言う言葉の語源は、ラテン語の「受難(pati)」から来ているそうです。
本来、情熱とは耐えること、苦しむことのようです。
情熱とは「私は今日、どんな苦労を喜んでするつもりがあるのか」なのです。
情熱が人生に花を添えるのではなく、最善を尽くす価値があると信じたものに全力を尽くした時に、情熱が本来持つ意味になるのです。
自分にとって苦労しがいのあるものは何だろうと問うていく旅そのものが人生なのでしょう・・・


カップヌードルCM「バカッコイイ」編



IMG_2342

IMG_2322
今日は日本一のとんかつ屋さんを訪れました。
夏休みにも日本一のとんかつ屋さんを訪れていますが、細かいことは忘れてください。
今日の日本一は自信があります。
今日のお店は「とんかつ大門 檍(あおき)」さんです。

住所: 東京都港区浜松町1-11-12 KMビル 1F
電話:03-5473-6403
定休日: 日曜日・祝日・月曜日 (当分の間)

IMG_2341

IMG_2324
お店の外観です。

IMG_2329
店内の雰囲気です。

IMG_2335
メニューです。

今日のオーダー「特上ロースとんかつ定食(280g)」@2,000円です。
IMG_2323
今日のオーダーは並んでいる時にこのメニューの檍お奨めの「特上ロースかつ」に目が釘付けになってしまい、即断即決で注文したのですが、後でよくよく見ますと280gとの事でした。
これは食べきれないなと思い、オーダー変更を願い出たのですが、既に揚がってしまっていてtoo lateでした。
私の当惑顔を見かねて、女性店員さんが、残したらオミヤにできますよ、と言ってくれたものの、この後東北地方に出張ですから、それも叶いません。
一応、肚をくくって、ベルトを緩めて席に着きました。

IMG_2328
着くやいなやお水と漬物が到着しました

IMG_2327
お塩で食べた方が美味しいとの事ですので、どの塩にしようか検討しました。

IMG_2332

IMG_2334

IMG_2333
検討しました結果、パキスタンヒマラヤ岩塩ナマックと ボリビアアンデス紅塩にしました。準備は万端です。

待つこと9分で「特上ロースとんかつ定食(280g)」の到着です。
IMG_2340

IMG_2336
見た目ボリューミイです。
なんたって280gですから(笑)

それでは実食です。
IMG_2339

IMG_2338
まずは、塩でいただきました。
林SPF豚を使っているのでツヤツヤの脂身が肉の中心部に露出しています。
肉は甘くて美味しいです。
しか〜し、後半は肉の量が多いのとディープな衣とが相俟っても脂身が気になりだしました。
さすがに塩ではこの脂身を御しきれないので、ソースに変えたら食べられるようになりました。
前半戦は天国で後半戦は地獄でした。
ここはロースではなくヒレですね、多分。
接客はとても親切で感じがよかったです。
まぁ今回は私のボーンヘッドで肉の目方を確認しわすれたのが失策でした。
再訪して鼎の軽重を問うてみましょう。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

続 小川町 パミート

今日は「カンの話」です。
時に人は理解しがたい映画だなどという。でもこうした実感以上に、人は深く理解しているものだ。
なぜならば、我々にはみな直感力が備わっているからだ。物事を直感する天賦の才能があるんだ。
「大きな魚をつかまえよう」(デビッド・リンチ著)

今日はカンについて考えてみました。
一般的にカンの鋭い人は自分の中に先々の見通しを持つ能力があります。
それは豊富な経験によって潜在意識の中に独自の内部世界が作られている為です。
この内部世界での演繹、敷衍によって次におこなうことが確定されるからカンが良いと言われるのです。

人は蓄積された内部世界の中で外部世界を認識することできます。
カンの良い人は、内部世界の中に独自のcriteria(価値基準)が構築されており、それを基に判断しているだけなのです。
換言すれば「我思う故に我あり」なのです。
脳は外部からの情報を知識情報と価値情報にわけて処理します。
当然のことながら価値があると判断すれば意欲がおこり、脳が活性化します。
逆説的に申せば、脳を活性化するためには意欲をもって仕事をする必要があります。
人は誰でも「自分の存在を受け入れて欲しい」という、生まれながらの欲求をもっています。
従いまして、仕事に最も価値を見出し仕事が好きだという時は、この欲求が満たされた時なのです。
このような状態になりますとますます自分の内部世界が拡充整備されて仕事が順調に進み、結果的に自信がつくのです。
この蓄積がさらに増えてくると、新たな仕事に向き合った時に、その仕事の広さと深さを想定する以前に、その仕事に対する確信が生じます。
この連鎖によって質の良いカンが養われていくのです。

長嶋茂雄
これを実践したのが元巨人軍の長嶋茂雄さんです。
彼はすごく巨大な内部世界に沢山の引き出しを持っており、場面々での判断を内部世界で行い、その想定が確信に変わりそれを須臾(しゅゆ)に実践してきたから好結果をもたらしたのです。
従いまして彼の輝かしい戦績は決してbluffではありません。
さらに申せばカンを的確に表現するが難しい為に、自ら“かんピューター”と言い換えていただけなのです。
例えば靴ひもを結ぶという事は、ほとんどの人はためらいもなくできるかと思いますが、それを文章にしなさいと言われたら困難な作業になるのと同じ事です。

カンを良くする事は経験に裏打ちされた確固たる内部世界を作り上げる事です。
その為には書を捨て、実践の世界で自らを鍛える事につきるのです。

The great end of life is not knowledge but action.
人生の大きな目的は、知識ではなく、行動にある。
Thomas Henry Huxley(トマス・ヘンリー・ハクスリー)


海外のドッキリ(エレベーターの床が抜ける)



今日は歯医者に行く日です。
待合室にanti agingのレジメがありました。
あまり関係ないなと思いながら見ていました。
しか〜し皆様の参考になるかなと思ってパチリしたので、宜しかったらご一読ください。IMG_7688

IMG_7689

IMG_7685

IMG_7686

IMG_7687


IMG_7682
ということで今日は小川町に出没です。
この間訪れたパスタ屋さんが美味しかったので再訪です。
今日のお店は「パミート」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2丁目1 日米商会ビル 2F
電話:03-5577-4188
定休日:日曜日

IMG_7690
お店の外観です。

IMG_7692
店内の雰囲気です。

IMG_7691
メニューです。

本日のオーダー「からすみとスモークサーモンのガーリックハーブクリーム」@800円です。
待つこと11分で到着です。
見た目、色鮮やかじゃん、パスタです。

IMG_7693

IMG_7694
それでは実食です。
このお店のクリームソースは美味しいです。
パスタもアルデンテで結構です。
しか〜しトッピングがdiscrepancy(アンマッチ)です。
スモークサーモン、これはこれで充分美味しいですし、水菜はシャキッシャキしていて結構ですが、このような濃厚なクリームソースに合わないと思います。
個人的にはこのソースには、ソーセージ、明太子、ツナ、ポルチーニ、ゴルゴンゾーラの様な組合せが好きです。
で〜もクリームソースがイケてましたの前言撤回ですか・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ