下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

錦糸町

錦糸町 タンメンしゃきしゃき

今日は「豚足」の話です。 
幼き頃の私が住んでいた下町では在日朝鮮民族に対してある種のracism(人種差別)があり「豚足」を食べることは憚(はばか)れました。
当時の在日朝鮮民族も日本に対して同様のracism(人種差別)があり私達を蔑称で「チョッパリ」と呼んでいました。これは、足袋、下駄、草履など、足先が二つに分かれる履物を履く日本人を、同じく蹄が割れた「豚足」にたとえた言葉からきているそうです。
多分ですよ、記憶でいえば不良を表す「ツッパリ」もここからきていると聞いたことがあります。
今の若い世代の人に話すと信じられないかもしれませんが、日朝間でそのような不幸な時代があったことは歴史的事実だと思います。

北海道に転勤して、良く食べたのは焼肉です。好んで行っていたのが市電資生館小学校前にあったトトリ本店さん です。
よく支店の女性とも行っていましたね、ここのサムゲタン(蔘鷄湯)を初めて食べた時はあまりの美味しさに絶句した思い出があります・・・また札幌に行く機会があったら食べてみたいものです。
そうそうその宴席で驚いたことは、北海道の女性が美容に良いとのことから「豚足」をお気軽に食べていたことです。前述の通り「豚足」に対して緊張感を持っていた私は、女性が豚足を食べるという事に瞠目しておりました。そして女性達から食べてみないということで初めて「豚足」を口にしたのですがその美味しさにノックアウトされてしまいました。
その時から「豚足」の虜(とりこ)となったのです。

豚足
豚足はまず姿がイイですよね、醤油色したジャンケンのチョキ様な安定感ある姿が食欲を盛りたてます。シンプルな外観はとても清潔な感じがします。柔らかいのにサクッとした歯ごたえの皮にかぶりつくと、かすかに染みこんだ醤油の味わいがたまりません。
半割にして手でつかみ、皮の奥のゼラチン質を攻略します。
複雑に入り組んだ軟骨のまわりにも、プリッと弾む白い肉がみっしりと入っていて、それを口にいれればこれまた巧妙に口内にへばりついてきます。
運が良ければ茶色い肉にも巡り会うことがあります、これはまさに砂漠で彷徨していた旅人がオアシスに遭遇する感すらあります。
ヒトの前歯がものを削(そ)ぐためにあるのが実感できるのは、「豚足」を食べている時か「トウモロコシ」を食べている時でしょうか。
頭をからっぽにして向き合うにつれ、トランス状態に陥り、歯、舌、口内が混然一体となったような錯覚に陥りますね。
これこそ真に口福の瞬間と言えるのでしょうね・・・I love Tonsoku!

今日は猛暑のなか錦糸町に出没です。
暑いときには熱いものをということでお邪魔したのがこちら「タンメンしゃきしゃきラーメン
」さんです。

住所: 東京都墨田区錦糸3-3-3
:03-3624-4541
定休日: 当分休みなし

IMG_9103
お店の外観です。

IMG_9106
店内の雰囲気です、鰻の寝床の様ですネ

IMG_9105
メニューです。

IMG_9109

IMG_9110
今日のオーダー「タンメン」@700円です。
このお店はタンメンと餃子だけで勝負しています。今時このメニューの少なさは貴重ですよね、タンメンに自信ありとみました。
待つこと10分強で着丼です。
それでは頂きましょう、綺麗に野菜がこんもりと盛られています。
スープはややサッパリ系の塩味、野菜のエキスが存分に入っています。
縮れ太麺がモチモチしていて美味しいです。
野菜はモヤシを主体にニラ、ニンジンで店名の通りシャキシャキしています。
多分野菜が新鮮なのでしょうか、とくにモヤシはedgeが立っていました。
それと忘れちゃいけない豚肉、とても美味しいじゃないですか。
IMG_9107

IMG_9108
途中からお店特製のラー油をタラタラと投入します、味わいが深まりますね。
このお店美味しいですネ、満足しました。
しかし一度店内をでると体内タンメンの暑さで体がほとばしる汗でグシャグシャです、真夏ですから仕方ないですよネ

それでは(^_-)

続 錦糸町 海亀

今日は「ひょんなことって何?」の話です。
「ひょんなこと」という言葉の意味は「意外で奇妙なこと」「とんでもないこと」ですが、この「ひょん」という言葉、その語感から何かの音、という風に思われているのですが、実際はそうではないようで…これには現在有力な説が2つあります。
まず1つは、そのものなのですが「ヒョン」という植物の名前から来ているという説です。イスノキ(柞)という木があり、その別名をヒョン、あるいはヒョンノキといいます。この木にできる実は卵形をしていて、毛が密生し、他にあまり類のない姿をしていることから、意外で奇妙な様子を「ひょんな」というようになったといいます。
もう1つの説は、漢字の「凶」に由来するものです。あの新井白石は「同文通考」というものの中で、「ものの良からざることをヒョンというが、それは『凶』という字の中国語読み(唐音)のヒョンからきている」と述べています。つまりヒョンという言葉は、良くないこととして使われていたのだということになります。
「重箱の隅 ☆雑学メルマガ☆」より転載
ちなみに「ひょんなところで会いましたね」を英語でいいますと、「Fancy meeting you here」です、英会話の先生に教えてもらいしました。

今日はフリネタの通り、ひょんなことから住吉に打合せに行くことなり、お昼になったので少し遠いけれど歩いて錦糸町のつけめん「海亀ラーメン」さんまで足を伸ばしました。

住所: 東京都墨田区江東橋4-25-11
電話番号:03-3634-4017
定休日:日曜日

海亀21
お店の外観です。

海亀22
店内の雰囲気です。久々の再訪ですが満員でした、とても繁盛しているようで結構ですね

海亀23
今日のオーダーは「節多めラーメン」@750です。
ここは麺(手打麺らしい)がメチャ美味ですね、タマリマセンビックリマーク節多めのスープはすごく深みがあり、魚粉の味わいは魂をフルワセマス。そしてお約束のスープは当然のことながら熱々です。奥様の作られるシナチクはコリコリポリポリしていて食感最高です。チャーシューはもう少しトロトロであれば申し分ないのですがそれは贅沢というものでしょう。とても満足のラーメンでした合格合格合格合格合格
ご馳走様でした、また食べに来ます。

ところでラーメンを食べるのを待っていた時に右隣のお兄さんが胡椒を取ろうとして、爪楊枝入れを引っかけて思いっきり爪楊枝をカウンター一杯にぶちまけてしまいました。隣のお兄さんが食事するのを止めて楊枝を拾っていたので、折角のつけめんが伸びてしまいそうです。私はそれではと拾うのを手伝ってあげたのです。しかし二度ある事は三度有るではないですが、私がやはり同じく胡椒を取るとき、爪楊枝入れを引っかけてカウンターに爪楊枝の溜まりを作ってしまったのです。私の場合は店員さんが気をきかして拾ってくれたので良かったのですが、この楊枝入れ少し座りが悪いようです。老婆心ながら一本ずつ出るような容器に変えるか、ボトムヘビーの容器にした方が良い様に思えます。

それでは(^_-)

錦糸町 海亀

今日は「子供の名前」の話です。
子供の名前が読めなくなっています、
ベテラン教師もクラスの二割位は名前が読めないそうです。
要は無理な当て字が多いようですね。

私が選んだファニーな名前を列挙します。
愛声(あのん)⇒読めない、アイセイだろう
遥和(のわ)⇒読めない、ヨウワだろう
(はいじ)⇒楓物語(かへでものがたり)ヨハンナ・スパイリ原著山本憲美譯述でハイジという女の子を楓って訳した事が嚆矢とか…誰も知らないだろう(笑)
天使(みかえる)⇒この名前を子供につけた親の顔がみたい
樹里亜菜(じゅりあな)⇒読めるけれど、多分この名前をつけた親は子供のこと考えていない。
(ぶれいど)⇒個人的には許す
清文(せぶん)⇒読めない、これはいくらなんでもこれはキヨフミだろう
黎亜瑠(れある)⇒クラブ名?これは読めるけれど、ホトンド暴走族のノリでしょう夜露死苦っていう感じですか(笑)

法務省によると「命名権の乱用に当る事例もあるようですが、人名用漢字及び平仮名・片仮名さえ使用されていれば届出を拒否する法的な根拠はありません。読み方について、戸籍法の規定が存在しないからです。
【週刊文春 「先生が名前を呼べない子供達」】より転載。
私の苗字は難しく小学校三年まで漢字で名前が書けなく苦労した思いがあるのですが、黎亜瑠君などは同じ轍(てつ)を踏まないことを祈るだけです(笑)

今日のお店は錦糸町つけめん「海亀」です。
このお店は下町っ子フリークのtototaさんのお友達のお店です。
開店してすぐ休業してしまったのですが、その理由はtototaさんからの厳命で書けません。
いずれにしても

祝再開店


海亀1
お店の外観です。大勝軒では唯一山岸超えしたお店として有名です。

住所: 東京都墨田区江東橋4-25-11
電話番号:03-3634-4017
定休日:月曜日

海亀2
店内の雰囲気です。店主がイケメンなのにはビックリしました。

海亀3
今日の獲物「つけめん中(300g)」@700です。ツケ汁です。魚介系のスープです。甘・辛・酸のバランスがよくイケました。

海亀4
麺です。ここの麺美味しいhappy01
喉こしよくツルツルっと胃袋に吸い込まれていきます。久々に麺ってこうあるべきだよなって思わされました。並盛(200g)と中盛(300g)が同額なのもウレシイですね。

海亀5
スープ増しです。湯気の中から芳醇の鰹節の香りが広がってきます。しっかりとした出汁(ダシ)がとれています。二度美味しくいただけました合格合格合格合格合格
店主夫婦が仲睦まじく黙々とラーメンをつくる姿が微笑ましかったですねheart02

それでは(^_-)

錦糸町 てっぺん

昨日は一日お仕事です。
朝バナナ一本食べたのみで昼も食べに行くのが面倒くさくてパスしました。
ここのところ飲んでないので体調悪いのかな(笑)

夕方は次男の入学祝を私の兄弟達がしていただけるとのことで奥様を除いて全員で錦糸町に出向きました。
地獄の蓋は五時半に開いたのです。


きょうのお店はお好み焼き「てっぺん」です
住所:   東京都墨田区太平4-6-17 シェグランほり川 1F
電話番号:03-3621-6223

てっぺん全景
いか焼のある下町のお好み焼きてっぺん錦糸町です。

お好み・たこ焼の本場大阪で30数年守り続けた粉屋の精神を下町錦糸町にOPEN!味にうるさい大阪人が認めた味をお楽しみ下さい。東京ではほとんど食べられない、いか焼や関西直送の青ねぎを使ったねぎ焼をぜひご賞味下さい」というのがこの店の惹句です。
楽しみですね
 

イカ焼イカ焼きです。すみませんビールで乾杯したら突然空腹感におそわれ写真取るのも忘れ半分食べてしまいました。このお店はかの有名な阪神百貨店のイカ焼きを凌駕するといっていましたが、間違いありませんでした(笑)
 

ネギ焼きねぎ焼きです。これは安定感ある味でした(満足)
 

ソバ飯ソバ飯です。これイケましたね。微妙な油コサと甘辛ソースのコンビネーションのソバ飯が口の中でパラリと広がります。赤い紅生姜がアクセントをつけています
 

チーズ餃子チーズ餃子です。これ今日一ですね。餃子の皮の食感と餡のチーズが何ともいえずに美味しいのです。今までこれほど美味しいチーズ餃子は食べたことがありません。もんじゃ王国の下町に関西風お好み焼きで殴りこんできた理由(わけ)がうなずけます。
 

トイレの永チャンここのご主人永チャンフリークらしくてトイレの壁という壁に永ちゃんが貼りめぐらされています。永ちゃんの視線が熱いです(ヨロシク)
 

drawing
この店の後繰り出したカラオケ店です。ここで二時間半歌い倒し、さらに店を代え11時までダラダラと飲み続けていました。すぐ帰るわけないと思いながらも結局5時間半のロングランの入学祝いでした(笑)
 

それでは(^_-)

錦糸町 ビストロセゾン

-禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如し-
糾縄(キュウジョウ)はより合わされた縄の意味ですが、要は「幸せ」と「不幸せ」は変わり番こにやってくるということでしょう。

私は取引先の若い人に女性を紹介するという事をしていました。
女性を仲介した人からのお取り決めにより、写真の交換を申し付けられ、その写真の入手にかなりの手間暇をかけたのです。
やっと昨日その彼から写真を入手できたのですが、彼が私に写真を渡したあと実は昨日内示が有り、名古屋に転勤とのことでした。
人に女性を紹介することはあまりしないのですが、本当に性格のよい人なのに彼女がいないということで骨をおったのです。
性格が良いのがかえって女性に対して控えめになっていたのでしょう(笑)
個人的にはこの話ビンゴと思ったのですが、最初から長距離恋愛は無理でしょうということでこの話は流れますね(悲)
三ヶ月でも転勤が後だったらと思う今日この頃です。
まさに禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如しです

夜待ち合わせて彼と飲んだのですが、本当に暖かい性格です。
仕事も良くでき、去年成績優秀で「社長表彰」をもらっています。
日本の若い女性は何故このような好男子を放っておくのでしょうか(笑)

さて今日のお店は錦糸町ビストロセゾンです。
住所::  東京都墨田区太平2-3-4-101
TEL:03-3624−9004
定休:日曜日・祝祭日

フレンチをベースにした洋食レストランです。
伊豆下田港直送の魚料理が特徴です。
そして今日の獲物はランチです。


生姜焼きと魚フライです。
美味しかったです。
特に生姜焼きの味付けにはセンスの良さを感じさせます。
ランチは行列となりますので、出向くときはお早めに行かれることをお勧めします。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ