下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

銭湯

石神井公園 辰巳軒 29th

銭湯今昔
1804_kanto_4_066
江戸の昔から、風呂好き日本人を癒やし続けてきた銭湯ですが、その数は今や減少の一途ですけれど、実は若い世代の間で新たなムーブメントも誕生しているそうです。富士山だけじゃない、アートな壁画や天井絵に、プロジェクションマッピングまでが楽しめる銭湯が増えているそうです。
戦後から1960年代にかけては、自宅内に風呂がある家庭はそれほど多くなかったため、銭湯に対する需要は大きかったのです。
しか〜し、1970年代以降は、風呂が各家庭にあることが当たり前となっていき、それにつれて銭湯に対する需要が減少したと考えられています。
今後も銭湯市場はますます苦戦を強いられるのでしょう。
後は残存者利得をどう活かすかというのもありますが、今、現在残っている銭湯というのはそれなりの固定客を有しているのだと思います。
実際、我が家の次男は不定期に地元の友達と銭湯に通っておりますし、私も疲れた時には銭湯ではありませんが、スーパー銭湯にいっています。
そんな中、銭湯の近隣に風呂のない賃貸住宅が増えているとか。
勿論、統計学的な裏付けがないものの話題を集めております。
風呂のない賃貸住宅って割安なのです。
で〜も毎日、銭湯に行くのも大変ですよね。
子供の頃は家に風呂がなかったので銭湯に行っておりました。
それでも雨の日とか冬の凍てつく日には、銭湯に行くのは面倒でした。
雨の日はいまのようなきれいに収納できる傘立てがないので、傘置場はまさに針坊主みたいになっていて、自分の傘を探すのが大変でした。
最悪なのは下の方に傘があった場合は、引っこ抜くのにすごい時間がかかり、折角お風呂に入ってきれいになったのに、傘の水しぶきで体が濡れてトホホの気分になりました。
冬の凍てつく夜は、着ぶくれして銭湯に行くものですから、重ね着したあまたの服が脱衣ロッカーに入らず無理やり押し込んでいれるのですがなかなか扉が閉まらず苦労していました。

002 (2)
銭湯には入浴後の楽しみがあります。
それは入浴後の飲料水です。
入浴後は沢山の汗がほとばしるので、冷たい飲料水をとり体の火照りを取っていました。
友達の中には、コーヒー牛乳派とラムネ派もいましたが、私はフルーツ牛乳一筋でした。腰に手を当てて、グビグビって飲むのはやはりフルーツ牛乳でしょう。
フルーツ牛乳は、普段飲むとそれほど美味しいとは思わないのですが、入浴後の後の味は至福の味わいでした。
行きつけの銭湯に通う理由で最も多かったのは「交通アクセス(立地)の良さ」みたいですが、まさにその通りであります。
私の住居から最寄りの銭湯までは徒歩で15分位です。
ちょっと面倒ですよね。
10分以内でしたら銭湯通いに変えた事でしょう。
おまけに銭湯の目の前には居酒屋さんがありますので、帰りにもつ焼きも一興ですかね。
居酒屋さんは匂いが付くので、入浴後では奥様に叱られますか・・・


女子高生の「君が代」独唱と司会が素晴らしすぎる!


IMG_2246 (2)
今日はバスの街石神井公園に出没です。
今日は昭和のカレーを食べに参りました。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日・水曜日も隔週であり

IMG_2247 (2)
お店の外観です。

IMG_22511 (2)
店内の雰囲気です。
今日は超満員であります。

IMG_E2248 (2)
メニューです。

今日のオーダー「カレーライス」@600円です。
お店の店員さんに地元?のセレブリティの老齢の女性がなっていました。
多分、知り合いの方だと思うのですが。
すごく応対が丁寧なのです。
完璧に飲食店の応対ではありません。
加えて、たまにまるで小学校の先生みたいに上から抑え込みます。
普段は厨房にいる店主もこの応対にハラハラしてヘルプで店内に出てきます。
このお店には何十年も来ていますが、店主がお店に出てきたのは初めてであります。
私に対しても、カレーで宜しかったのかしらん、との確認であります。

IMG_2252
待つこと5分お水が到着しました

IMG_2253 (2)
待つこと10分でカレーが到着しました。
この粘り気のあるカレー色はどこから見ても昭和のカレーであります。
美味しそうです。

IMG_2254 (2)
ウスターソースをかけまわして実食です。
多分に片栗粉でトロミがついているようでこれが口内でねっちょりとからみつきます。
辛さは少し辛めでこれが私の好みの辛さであります。
具は玉葱中心でたまに豚肉が入っているテイです。
たまに巡り合う豚肉に感動しています。
これこそ昭和のカレーです。
福神漬けも辛美味です。
たまらない味わいです。
これは美味しい。
久々にカレーにノックアウトされました。

それでは(^_-)

北千住 パンケーキハウス

今日は「下町っ子パンツ一丁で銭湯に行く」の話です
東京の下町で生まれ育ったことから、やることなす事、何でもチャチャっとやることが美徳とされていました。
従いまして、ノタクタした仕草をしていると親はもとより近所の人からも気合を入れられたものです。
小学校高学年の時の話です。
当時の下町の多くの家の風呂は材木を使ってお風呂を沸かしていました。
その為かガス風呂が出現するまで、爆ぜて空中に飛散した火の粉による延焼を恐れてか、内風呂のある家は少なく皆銭湯に通っていました。
真夏の暑い日、友人の一人が銭湯で脱衣するのが面倒臭いということから、パンツ一丁でお風呂に行こうという事となり、友達数人で「銭湯パンツ隊」というのを結成したのでした。
銭湯へ行く途中近所の人から、パンツ一丁でどこいくんでぇ、と声掛けられ、銭湯にぃきまってらい、と答えると、そりゃ気がきいているじゃねえか、坊主達、江戸っ子はそうじゃなきゃいけねぇよ、とほめられたものです。
そんな「銭湯パンツ隊」ですが、クラスの女子から、男子達がパンツ一つで銭湯にいっているんだって。
破廉恥ねぇ。恥ずかしいわ、と学校で言われ始めていたのです。

hadakanotaisyou
友達と待ち合わせての行き帰りはそれなりに格好がつくのですが、一人で歩いているとまるで下町っ子の裸の大将となってしまうのです。
秋の空にいわし雲が出はじめ、吹く風がくしゃみを誘う頃、私達の「銭湯パンツ隊」は自然解隊となったのでした。
しかし今このように振り返るとかなり恥ずかしいことをしていたのですね。
それでも、今このように思い出しますと、幾人かの大人も似たような恰好で銭湯には来ていたのであります。


ドライブレコーダー これが大型車の運転 忖度



IMG_3959

IMG_3946
今日は北千住に出没です。
たしかルミネはパンケーキハウスがある事を思い出しました。
実はパンケーキは好物の一つです。
今日のお店は「オリジナルパンケーキハウス 」ルミネ北千住店さんです。
 
住所: 東京都足立区先住旭町42-2 ルミネ北千住8階
電話:050-5594-8221
定休日:ルミネ北千住に準じる

IMG_3953

IMG_3947
お店の外観です。

IMG_3948

IMG_3951
店内の雰囲気です。

IMG_3950
メニューです。

今日のオーダー「ふわふわパンケーキ(プレーン)&珈琲」@1,100+@430=1,530円(内税)です。
店内はあたかも女子会の会場のような風情です。

IMG_3952
待つこと5分で遅ればせながらお水が到着しました。

IMG_3955

IMG_3956
待つこと20分で「ふわふわパンケーキ」と「珈琲」が到着しました。
随分作るのに時間がかかりました。
あれれれ・・・
珈琲からは十分な熱量を感じられるのに肝心要の「ふわふわパンケーキ」からはそれがありません。

IMG_39571
この「ふわふわパンケーキ」は作り立で運ばれるものですが、よくよく見ますとこれだけの分量のバターが溶けて拡がっています。
という事は折角厨房で熱々に作ったのに、どこかで滞留した後で運ばれてきたようです。

IMG_3958
気を取り直して実食です。
やはり熱量がないパンケーキは美味しくありません。
熱々では気にならない自家製バターがしつっこく感じます。
出すタイミングが遅れましたら、その旨を詫びて作り直す勇気を持ってほしいものです。
このお店の本店があるアメリカではこのお店が 「愛される理由」を以下に述べています。
重々に心してほしいものであります。
私たちは自分たちの料理を誇りに思い、そのオールドアメリカンスタイルを守り続けています。
創業以来、私達がもっとも優先してきたことは「最高の料理をお出しする」ということ。
一日の初めに私達自身が実際に食べて、最高の料理であるために様々なことをチェックします。
最高の料理を通じて、人々を笑顔にする。
それこそが私達の変わらぬ願いであり、喜びなのです。

それでは(^_-)

お茶の水 やまだ

今日は「銭湯の思い出」です
最近よく浅草に行きます。
本日も所用があり奥様と浅草に参りました。
時間が余ったので浅草周辺をブラリしました。
ブラリの道行に飛び込んできたのが「曙湯」さんです。
今日のフリネタは「銭湯の思い出」です。

IMG_3295

IMG_3297
浅草で銭湯といえばいまでは「曙湯」さんと「蛇骨湯」さんだけでしょう。
「曙湯」さんの創業は昭和24年です。
脱衣室内の高い空間とそこに描かれている花の画は歴史を感じさせてくれます。

曙湯
上記画像はnetより転載
毎年5月のGW頃には藤の花が咲き乱れて綺麗ですよ。
入り口にはスロープもあり、バリアフリー対応で店主の優しさが感じられる地域に根差した銭湯です。

巷間で言われている「江戸っ子は熱い湯が好き」は都市伝説だったみたいです。
あれは江戸時代の銭湯経営者が客の回転を良くするために考えた方策だそうです。
それに江戸っ子が自らの虚勢で自縄自縛状態にてしまったということみたいです。

次男が小学校4年生の夏、御茶ノ水の三省堂に本を買いに行き、帰りに谷中まで歩きました。
さすがにみっしりと汗をかいたので、その汗を流そうということで近隣の銭湯に入りました。
その銭湯の脱衣場に胸に直径20cm程度の真っ赤な太字の同心円の三重丸の真ん中に墨痕鮮やかな墨字で「渡邉」と江戸勘亭流文字の刺青を入れた89383がいたのです。
服を脱いでいた次男があざとくその難解文字を見つけ、お父さん、あのオジサン何で胸に名前書いてあるの。
僕あの字読めるよ、「わたなべ」さんでしょう、と言ったのです。
さすがに、殺されて、その上身元が分からないようにするため顔を焼かれても、刺青さえいれておけば身元が分るからだよ、ともいえず私はその質問に目を白黒させていたのでした。

小杉湯」
最近、若い人達が銭湯通いをし始めているようです。
高円寺の「小杉湯」さんなどは夕方3時30分から深夜1時45分までやっていますので、それこそ夜型の若い男女が通ってくるようです。
意外だったのは若い人が銭湯に通う理由の一つが「見ず知らずの人とコミューケーションをする楽しみ」だそうです。意外でした。
裸の付き合いの効用の様な気がいたします。

ここ数年、銭湯に行っていません。
理由は簡単です。
銭湯には風呂上りに煙草を吸う人が多数いるからです。
折角、精魂こめて隅から隅までキレイに洗った体に、湯上がりの後即紫煙で汚す輩達の感性が私には理解できないからです。
で〜も最近は喫煙ブースみたいなものが設置されているのですよね?


たったの180秒で考え方が変わるCMがここに存在。



IMG_3222
今日はお茶の水に出没です。
このお店の前を通ると中学生の頃を思い出します。
土曜日に参考酒ちがうか参考書を「三省堂」さんに買いにくると立ち寄ったお店の一つです。
今日のお店は「中華料理やまだ」さんです。

住所:東京都千代田区神田駿河台2-10-5
電話:03-3233-1905
休日:日曜日

IMG_3224
お店の外観です。

IMG_3229

IMG_3225
店内の雰囲気です。

IMG_3228
メニューです。

今日のオーダー「B定食(豚肉・玉子・ニラ炒め)」@670円です。
入口で食券を求めて席で待つこと3分で到着です。
創業70年プラ〜スアルファですって、歴史が練り込まれたお店です。
その割には店内がくたっとしていないのは流石(さすが)ですね。

IMG_3226

IMG_3227
それでは実食です
豚肉、ニラの具材をscrambled egg風に仕上げたものという理解で宜しいかと思います。
結構玉子はトロトロ感があり、この当りは不易流行(残し伝えるべきものを残し、変えるべきものを変えること)的ふるまいですね。
味ですか、美味しいですね。
薄味なのですが、それが奏功して豚肉の甘さとニラの香りを引き出しています。
トロトロ玉子のassistもniceです。
これで@670円はコスパ最高でしょう。

それでは(^_-)

続 豊洲 安庵

今日は「銭湯パンツ隊」の話です。 
東京のド下町で生まれ育ったことから、何でもテキパキやることが美徳とされていました。
ノタクタした仕草をしていると親はもとより近所の人からも気合を入れられたものです。

当時の下町の家の風呂は材木を使って風呂をわかすことから、火事の延焼を恐れて内風呂の家は少なく皆銭湯に通っていました。
真夏の暑い日、友人の一人が銭湯で着替えるのが面倒臭いということからパンツ一丁でいこうということになり、友達数人で銭湯パンツ隊というのを結成しました。
銭湯へ行く途中近所の人から、パンツ一丁でどこいくんでぇ、と声掛けられ、銭湯にぃきまってらい、と答えると、そりゃ気がきいているじゃねえか、坊主達、江戸っ子はそうじゃなきゃいけねぇよ、とほめられたものです。

そんな銭湯パンツ隊ですが、クラスの女子から、男子達がパンツ一つで銭湯にいっているんだって、破廉恥ねぇ、恥ずかしいわ、と学校でいわれたのです。
友達と待ち合わせての行き帰りはそれなりに格好がつくのですが、一人で歩いているとまるで下町っ子の裸の大将となってしまうのです。
秋の空にいわし雲がではじめ吹く風がくしゃみを誘う頃、私達銭湯パンツ隊は自然解隊となったのでした。

昔の下町っ子の小学校時代の夏の思い出です。
しかし今このように振り返るとかなり恥ずかしいことをしていたのですね(笑)

不思議な画像です。
うまく合成させていますね。
不思議な写真

不思議な写真

不思議な写真


今日は豊洲に出没です。
豊洲の和食行列店「安庵」さんです。

住所: 東京都江東区豊洲4-6-3
電話:03-3533-1933
定休日:月曜日

IMG_9174
お店の外観です。

IMG_9175
メニューです。

IMG_9176
今日のオーダー「焼き魚定食(鯖)」@900円です。
ここの鯖は美味しいのです。毎日築地から仕入れた新鮮な魚を熟練の手練れで焼きあげるからですかね。身が柔らかくて尚且つ弾力があり、甘いのです。
今日も美味しくいただきました。
IMG_9177
さらにここの「豚汁」がイケるのです。
大根、牛蒡、蒟蒻、人参、豆腐が全て同じ大きさで切られており、板前さんの仕事という感じですか、これまた結構でした。

IMG_9178
行列ができるのは納得です。

それでは(^_-)

松屋 麻婆カレー

今日も22:40頃仕事が終わり、近くの「どさん娘」で遅い夕食。
したらしょっちゅう行く居酒屋の姉さんとたまに行く立ち飲み屋の二代目女将とこのお店で偶然出くわす。この時間(23:00頃)でこの面子に素面で話すのは初めてで少し照れくさい。といいながらも立ち飲み屋の二代目女将は火事場の金太郎みたいな顔をしていてかなり一丁上がりという感じです。そりゃそうでしょラーメン屋に来てラーメン頼まず飲んでいるだけなんだからね、チカちゃん。
なんかほとんど行動パターンが土地っ子ですね(笑)

そして今日の驚きは「江戸っ子は熱い湯が好き」と今日の今日まで信じていたのですが、あれは客の回転を良くするための江戸時代の銭湯経営者の戦術だそうで、それにまんまと江戸っ子が自らの見栄でハマったとうのが真相のようです。

さらに驚いたのはあの浅田美代子が英語がペラペラだということ。ナンッタって女学館高校一年生で中退しており、さらに彼女は本当に地頭が悪いのでこれだけはありえないと思っていたのに(笑)
中退については正しくは一世を風靡したTVドラマ「時間ですよ」に出演するというのが世間体。当時の女学館は芸能活動を禁止しており、TV出演を続ける為に仕方なく止めたということだが、その実は期末試験が近づいていたのに全く勉強していなく面倒くさくなって止めたらしい(納得)

今日獲物は松屋新作「麻婆カレー」@490です。


松屋のカレーは好きなので期待したのですが美味しくないですね。
麻婆豆腐が不味いと思います。特に豆板醤が美味しくありません。粉山椒もあまりインパクトがありませんでした。極めつけはニンニクの芽、これさえなければまだ許せたのですがこの苦味がすべてをぶち壊しました。なんでこんな不味い芽を入れたのでしょう松屋さん(怒)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ