今日は「大学時代の友人に会う」です。
私は走るのは苦にならないのですが歩くのは苦手です。
従いまして駅のホームでは極力エスカレーターに乗りますし、場合によってはエレベターにも乗ります。
とある駅で運よくエレベターが開いたので、勿怪の幸いとばかりに乗り込むと先に乗り込んだ年輩の方と目が合いました。パリッとしたスーツを着ている割には疲れた顔をしているなぁと思っいながら開閉ドア側に体の向きを変えると、まさかという大きなクエスチョンマークが頭に浮かび上がってきたのでした。
そのモヤモヤを確認すべくもう一度振り返りますと、そこには大学のテニサーの友人がスーッと立っていたのでした。
振り返った私の顔を見るなり、早く思い出せよ、と言って笑っていました。
お互い帰宅の途中でしたので、車中で近況を話しましたが、そんなにも間が空いてなく、2年ぶりの再会だったみたいです。
話している内に、向こうはすぐに私の事に気がついたようですが、私が同じように気がつかなかったのには理由があったのです。
それはこの2年間で、私の友人は急激に老け込んでいたのでした。
雑談の中でわかったのは、彼は脊椎の神経を病んでしまい、それにより歩行障害が起きているようです。
そういわれて見れば、歩くとき軽いビッコを引いていました。
体調がかんばしくないみたいです。
どうやらこの神経の病気が彼を急激に老け込ませたようです。
それまではテニサーの同期の中では、私と一二を争う若者風の相貌だったのですが、病気は人の外観も変えてしまうのですね。

80b567e4 - コピー
ある時、過去のアルバムを整理していましたら、大学時代一番に仲の良かった友人の結婚式の写真がでてきました。そういえば暫く会っていないなと思い調べてみましたら、なな何と2006年8月4日に会って以来ですから3,628日≒約10年も会っていませんでした。
これは遺憾ということでメールをしますと、すぐに返事がきて再会の運びになったのです。
再会の場所はとあるホテルのレストランにしました。
10年の歳月は彼をその時間以上に老け込ませていました。
前回会った時にすでにその兆候があったのですが、頭の真ん中の芝生が半分程無くなってきており、それが年以上に老けて見せている様です。
その真逆で私はお酒を停めたせいか若返っていたみたいです。
まぁ悪友ですからとりとめのない話に終始したのですが、彼の酔いが廻ってきた頃から、私の旧悪をあばき始めたのです。最初はふんふんと懐かしがって聞いていたのですが、そのうちに血の気が引いていました。
ほとんど犯罪者の所業なのです。よくもまぁ前科がつかなかったものです。
前科がつかなかったのには理由があります。
くだんの友人の母親が桜田門の捜査一課の刑事だったことから、数回にわたり事件性のものはもみ消してもらっていたからなのです。
そういわれてみれば桜田門のお母さまの処にはよくもみ消しのお願いに上がり、その度に悪気があってやったのではないからいいけれど、若気の至りは一度だけのはずですよ。
よくよく改心して、しっかりと大学を卒業してご両親を安心させてあげてね、と言われました。
そんなお母さまも今や天に昇られてしまい月日の移ろいを感じていました。

rite_01 - コピー
旧悪の中で唯一書けるネタがありました。
やった本人は完璧に忘れていたのですが・・・
学生だった私は父の会社のビルの最上階に一人で住んでいたのです。
なぜかそのビルの三階には教会があって、私は泥酔するとその友人を連れて牧師のところにいき、自分の悪行を悔いにいっていたそうです。
私は最初、嘘だ、と言いきって一顧だにしなかったのですが、話を聞き続けていますと思い出してきたのです。
そうなのです。当時の私は、キリスト教徒はすべての人に、あまねく愛を注ぐ博愛主義者なのだから、迷える魂の救済をするのが使命だ、と言ってグダグダとからんでいたのでした。
悔いに行っていたのではなく絡みに行っていたのです。
友人曰く、若い時はお互いに無茶苦茶していたので大概の事は驚かなかったけれど、泥酔して牧師に絡みに行った奴はお前しかいなかったぞ、と笑っていました。
あまりにも悔しかったので、お前だって、酔ったいきおいで大きな声で賛美歌を歌っていたじゃないか、そして最後は酔いつぶれて教会で寝てしまった事を忘れたのかと、語る人も語られる人もアホな人の話になってきたのです。
しか〜し牧師さんに泥酔して絡むとは、私には必ず神罰がくだりますでしょう。
その日に備えて毎日をキリキリと生きていくのです。
それにしても自らを呆れ果て久々に我が身を放擲したい気持ちになりました・・・


魔球?



今日はザギンに出没です。
IMG_4232
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「銀座イタリー亭」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-6-8 第2上一ビルディング 1F・B1F
電話:03-3564-2371
定休日:無休

IMG_4234
お店の外観です。

IMG_4237
店内の雰囲気です。

IMG_4235
メニューです。

今日のオーダー「練りウニとイカのスパゲッティクリームソース(270g)」@1,350円です。
創業63年目を迎える銀座の老舗イタリアンです。
店内のしつらえもその雰囲気を醸し出しています。

待つこと1分でサラダの到着です。
IMG_4239
サラダ美味しいですね。
エッジが立っていて野菜が甘いです。

待つこと7分で「練りウニとイカのスパゲッティクリームソース」の到着です。
IMG_4241
このお店は爆盛りのお店です。
普通に頼みますとMサイズで350gとa little too muchであります。
私はそれでは量が多いのでMサイズの8分目の270gにしました。

それでは実食です。
IMG_4242
見た目ベチャコスパです。
ごめんなさい全くウニの味がしません。
一応クリームでウニを伸ばしているみたいですが・・・
体調の問題もありますので軽々には申せませんがチョットねぇであります。
ソースもくどく最後の方は飽きてしまって残してしまいました。
どうやら私の好みの味ではなかったみたいです。
こんな日もあります(笑)

それでは(^_-)