下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

銀座

銀座 あずま

今日は「American joke vol.4」です。

American joke
#安全性
「このパラシュートはもちろん安全だよな?」
「モチロン!その証拠に故障したという苦情は一件も寄せられておりませんよ」

#手の内チョンバレ
大学生A「カネがなくてよ、実家に電話したんだ。教科書が買えないからカネ頼むって」
大学生B「そんで?」
大学生A「そうしたらお袋のヤツ、教科書を送ってきやがった!」

#酩酊基準
息子「父ちゃん、酔っぱらうってどんなことなの?」
父 「ここにグラスが2つあるだろう。これが4つに見えだしたら、酔っぱらったってことだ。」
息子「父ちゃん、そこにグラスは1つしかないよ。」

#烏合の衆
エンジニアと物理学者と数学者の3人が一緒にいるところで、火事が発生した。
エンジニアは自らの知識を総動員し、火を消す方法を見つけ出した。
物理学者は自らの知識を総動員し、火を消すのに必要な水の量を算出した。
数学者は自らの知識を総動員し、火を消すことが可能であることを証明した。

#目には目を
とても内気な男が酒場に入っていくと、カウンターにきれいな女性が座っていた。
1時間ほど迷ったあげく、男はようやく女の方に近づき、ためらいがちに尋ねた。
「あのう、ちょっとお話をしてもよろしいですか?」。
この質問に女はあらん限りの大声で反応した。
「何、言ってんのよ。今晩あんたなんかと寝る気はないわ」
バーにいた全員がこの光景をまのあたりにした。
男は当然ながら救いようもなく、大恥をかいてすごすごと自分の席へ引き上げた。
数分後、女が男に近づき微笑みを浮かべながら謝罪し始めた。
「ごめんなさいね。驚いたでしょ。私、大学院で心理学を専攻しているんだけど、
ばつの悪い状況にみんながどう反応するか研究中なの」
今度は、男の方があらん限りの声で応えた。
「どういうつもりだ、200 ドルだって?」

#料理の味を聞いているのに・・・
女「ねえ、私の作った料理どうだった?」
男「愛してるよ」
女「料理の味を聞いてるのよ。食べたんでしょう?」
男「食べたさ。それでも君を愛してるよ」

#馬鹿は誰
「パパ〜馬鹿って何〜?」
「相手に何かを伝えるとき、簡単に済むことでも、
 わけのわからない長ったらしい方法で伝えようとしてしまって
 結局相手に何が言いたいのか伝わらなくなってしまうような人のことだよ
 わかったかい?」
「わからないよパパ」

#近所迷惑?
「この前、娘にピアノを買ってやったんだ」
「どうでした?」
「儲かったよ」
「どうして?」
「隣の家を半値で買い取った」

#ムチャブリ
子「ねぇお母さん、アメリカって遠いの?」
母「黙って泳ぎなさい」

#視野狭窄
アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンで文字を書くことができないのを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない!
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、
10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!


The Sausage Thief !!
こんな犬飼ったら面白いでしょうね。
大変だと思うけど・・・


IMG_1046

IMG_1056
今日は銀座に出没です。
ナイスなお店を求めてそぞろ歩きをしていましたら、忽然と像が現れました。
これが“本当の驚いたゾウ“です。
今日のお店はレストラン「あずま」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル 1F
電話:03-3571-0392
定休日:無休

IMG_1047
お店の外観です。

お店からの案内です。
「銀座6丁目でご愛顧頂き40余年、アットホームな昔ながらの洋食屋さんです。
ボリュームあるじゅうじゅう焼、ふっくらとろりとしたオムライス等、変わらぬ味・値段に惹かれ長年のリピーターさんも多数いらっしゃいます。是非一度気軽に寄ってみませんか。きっと貴方を笑顔にする事が出来ると思います。
皆様のご来店お待ちしております。」

IMG_1054
店内の雰囲気です。

IMG_1049
メニューです。

今日のオーダー「ケチャップオムライス」@1,000円です。
銀座は隅から隅まで知っているつもりでしたが、このお店はなぜか見落としていました。
創業から44年との事ですが、外観からは古き良き庶民の銀座を感じることができました。
どこからみても下町の洋食屋さんですよね。

IMG_1050
待つこと4分でコンソメスープの到着です。
所謂洋食屋さんのコンソメスープです。
安定感あります。

IMG_1051

IMG_1052
待つこと10分で「ケチャップオムライス」の到着です
見た目昭和のオムライスです。

それでは実食です。
卵はあまりフワフワ感ありませんが、バター勝ちなのでしょうか、美味しいです。

IMG_1053
中のオムライスはベチャコちゃんです。
確かにこのような作り方はありますが・・・
かなり汁気が多いので、もう少し飛ばして欲しかったですね。
白眉はサイドメニューのハンバーグです。
かなり弾力感があり、肉も美味しいです、これは秀逸です。
全般的にはハンバーグ勝のオムライス負けでしょう。
で〜も銀座であればまずまずのコスパではないでしょうか。

それでは(^_-)

続 銀座 善光寺蕎麦銀座

今日はどうでもいい話です。 

タケノコ生活とは今日の今日まで貧乏の為に毎日庭に生えてくるタケノコを食べている人達の生活だと思ったのですが、実は違ったのですネ。
正しくは、たけのこの皮を1枚ずつはぐように、身の回りの衣類・家財などを少しずつ売って食いつないでいく生活のことですと。

ず〜っとプラットホーム(plathome)だと思っていたのですが実はプラットフォーム(platform)だったのですネ。

エスカレーターとエレベーターの区別がいまだに不確かです。

荻島と萩島をよく読み間違えます。

飲みにいって韓国語や中国語が口から出始めたら70%酔い。英語で話しだしたら80%酔い、さらに英語の歌を歌い始めたら90%酔い、デジカメで店内とか人物を撮りだしたらfull酔いです・・・記憶が無くなった時の傍証として残しておこうとする行動の様ですが、本人は撮ったことすら覚えてないので後でその画像をみて唖然としています。

お酒を飲んでblackoutになった次の日は身が悶えんばかりに反省します・・・自分の酒量が分らなくなる時があるようです?

神田にある小川町(おがわまち)を小川町(おがわちょう)と発音する人に“東京の人ではありませんよネ”と上から目線で質問することがあります・・・ちょっと嫌な性格ですか。

道産子の人に会うと北海道の地名のいわれをやたら説明したがります・・・札幌にいた時に北海道地名辞典を何度も読んで暗記したので自慢したいらしい。

今日の画像は「影のtrick」です・・・如何ですか?影

影


今日は銀座に出没です。
ということで今日のお店は、こちら「善光寺蕎麦銀座」さんに再訪です。

住所: 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルB1F
:03-5579-9555
定休日: 無休

IMG_8727
お店の外観です。

IMG_8725
「天せいろ」の割引券です、これを使うために再訪しました。

IMG_8731
店内の雰囲気です。

IMG_8728

IMG_8729

IMG_8730
今日のオーダー「天せいろ大盛」@950です。
「天せいろ」に期待したのですか海老×1本+獅子唐×1本ですか、ちょっと興ざめです。
蕎麦は相も変わらず大盛を頼んだのに盛りがすくないです。
それでは実食です。今日の蕎麦は水きりが甘いです、蕎麦自体はイケますよ。
海老天ですが、表面はカラッとしていて結構なのですが油切り良くないのか後半ベチャベチャになりました。海老は美味しかったのになんとなく画竜点睛を欠くという感じですか。
帰り際に厨房を覗くと蕎麦茹で、水切りは若い店員さんが、揚げ場は大将がやっているようです。
ちょっと混むと大変そうな陣容でした。

それでは(^_-)

銀座 鳳鳴春

今日は「エスキモーはアル中」の話です
アメリカもカナダもその国家を作っていく過程に先住民であるNative Americanや北方の狩人社会を抑圧し、ゲットーの内側に囲い込んでいった苦い歴史がある。
やがてその補償金受給者が働かずに酒ばかりを飲むようになっていった。そこにはやはり大国の圧力、とういう重い精神的背景あるようだが、もともと勤勉とはいえないエスキモーやイヌイットの民族的精神も大きく関係していたという。
働かずに朝から酒ばかり飲んでいる人が増えていった。しかしこれらNativeは欧米の人種に比べて酒の分解酵素(アルコールデヒドロゲナーゼ)が極端に足りず、酒にすぐ酔いやすいという体質である。それに加えて一度飲むととことんまで飲んでしまうという奔放な民族的性格もあって、あちこち酔っ払いだらけになり、その酔っ払い同士の喧嘩や女をめぐるだらしない抗争などがひっきりなしにおきるようになった。
その乱れぶりはそのままでは民族そのものが消滅してしまうくらいの惨状だったという。そこで民族を守るため、秩序と安定を取り戻す為、国家と民族のリーダー合意のもとに「全面禁酒ということになったのである。
【極限の狩人 椎名誠著】転載

な何ということでしょうか、いくら民族的に同根といえどもここまで日本人と一緒とは思いませんでした。しかし酒で国が滅びるとは…深甚より驚きました(笑)

鳳鳴春1
今日のお店は銀座広東料理の頂点「鳳鳴春」です。このお店の「坦々麺」が辛く感じる時は体調が悪く、そうでないときは体調が良いというヘルスチェックみたいなお店です。

住所: 東京都中央区銀座5-1-8銀座MSビル1F~3F
電話番号:03-3572-8818
休日:不明

鳳鳴春2
今日のオーダー「坦々麺(青菜と豚挽肉のゴマ辛味そば)@1,050です。

鳳鳴春3
Freeのザー菜ライスです。これば馬鹿馬です、何だろうこの絶妙なザー菜の塩加減は…美味しいじゃないですか

鳳鳴春4
食後のFreeのコーヒーです…以外にイケます(笑)

鳳鳴春5
今日の私の健康状態は良いようです、すなわちこの坦々麺が辛く感じられませんでしたと書いたもののそれは違うのです。
このお店の坦々麺はHotさにかけます。銀座No.1の広東料理のお店ですので、麺、スープ、具は申し分なかったのですが問題は味付けです。この辛さだと私は何回食しても健康状態は可となるでしょう(笑)
それと青菜を炒めすぎてグズグズになっており坦々麺のアクセントになっていません、さらにもう一ついいますとゴマペーストが弱く、さらにさらにいいますと麺量がすくなすぎます。銀座という高価格地域を差し引いてもかなりコストパフォーマンスは悪いといえるでしょう…とても残念でした(悲)

それでは(^_-)

白いばら

放浪の画家山下清は放浪中の絵を描いたのではなく、放浪から戻ってからその記憶を基に貼り絵をしていたそうです。それも写真と違わないくらいその構図を正確に再現しています。何でそんなこと覚えているのかといえば、彼はサバン症候群だったらしいのです。

サヴァン症候群(-しょうこうぐん、savant(仏語で「賢人」の意) syndrome)とは、知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指します。現在では脳の器質因にその原因を求める論が有力ですが、自閉性障害のある者が持つ特異な認知をその原因に求める説もまた有力です。発見されたのは1887年。膨大な量の書籍を一回読んだだけですべて記憶し、さらにそれをすべて逆から読み上げるという、常軌を逸した記憶力を持った男性が最初でした。命名者とされるJ. ランドン・ダウン(J. Langdon Down)は、その天才的な能力をもつにもかかわらず、通常の学習能力に先天的な障害を持っている彼らをidiot savant(イディオ・サヴァン=賢い白痴)と名付けました。(‘idiot’が差別的な意味を持っているので現在は「サヴァン症候群」と呼ばれています)
【ウィキペディアより抜粋】

しかし彼はスゴイ。特に色づけは下の色をまず張りその後違う色その上に貼り付け、爪楊枝等で色をほじくりだして色を出す。そしてそれの繰り返しで多層色を作り出すのです。詳しくは彼の絵を見てください、説明できません(笑)

そしてもう一つの驚きは、鳶職の人何故背中に刺青をしているかといえば、男侠気も有ったのでしょうが、最大の要因は焼死しても自分のことが直ぐに分かるよう刺青をしていたとのこと、知らなかったですね。

今日はあまりに元気が無いので、お客様が銀座の高級キャバレー(今の言葉でいうと高級ショーパブ)「白いばら」に連れて行ってもらいました。


住所: 東京都中央区中央区銀座3-5-18
電話番号:03-3564−0967

本当は写真撮影厳禁なのですが、特別に許可してもらいました(エヘッ)

すごいショーです。ほとんどのダンサーがプロ及びプロ予備軍です。ショーの構成も良くできており圧倒されました。接待してもらったのでお金は払わなかったのですが、かなり料金は高いです、これにも驚きました。

ちなみに料金システムは、ビール大瓶とおつまみがついて入場料火〜金曜日9時までにに帰ると6.220円(税・サ込み)9時以降ラストまで10.170円(税・サ込み)3時間以上は、30分毎に2.000円。土・日・月・祝は、2時間7.780円〜、4時間10.000円(税・サ込み)と。かなりリーズナブルです。また本指名は、2.200円、場内指名は1.100円となっています。ビールは税込みで大瓶840円、その他ウイスキー、焼酎、ワイン、おにぎり、焼きそば等の食事も用意できます。

まあ接待以外では行かないほうが賢明ですね

少しは元気が出てきたかな(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ