下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

鉄腕アトム

板橋 ピアンタ

今日は「手塚治虫異聞」です。
手塚治虫
今日は手塚治虫さんの話です。
この方のすごさにあらためて驚きました。
そのすごさの一端を紹介したいと思います。
宜しかったらお付き合いください。

漫画は手塚治虫さんにとってアニメ−ション制作の資金を得るための手段だったのですね。
評論家の大宅壮一から華僑のように出身地の大阪を離れて東京で稼ぐという意味で「阪僑」と嘲評されるほど漫画を描いて稼ぎまくっていました。
また自らを「ディズニー狂い」と称していました。
東映動画から請われて嘱託の仕事を受けてもいたのです。この仕事は将来のアニメ進出の為の橋頭堡だったのです。

しか〜し手塚治虫さんが一方で理想のアニメに憧れながらも、遂にそれを成し遂げられなかった原因を、商業主義のためではなくて、手塚治虫さんがアニメの技術について無知だったからだと言われています。
実際、手塚治虫さんはフルアニメーションの基礎技術をディズニーなどの先達に学んだ形跡がなく、ろくにアニメーターの養成もせずに漫画的なリミテッドから出発している点も実に不思議なのだそうです。

リミテッド・アニメとは通常フルアニメーションは1秒間に24枚の画像を必要とするのに対して、8枚の画像で作るもので、当初はその緩慢な動きから電気紙芝居と揶揄されたものの、後にアニメ番組の標準となっていきました。
で〜もこれは手塚治虫さんの「動きの悪い動画をストーリーでカバーする」というビジネスモデルからの発想で、端から面白いストーリーを大量に作って漫画をヒットさせておけば、リミテッド・アニメでも受け入れられると踏んでいたようです。勿論このこのことは10年以上連載していた「鉄腕アトム」でマーケティングリサーチをしていたのでした。

リミテッド・アニメの手法を用いるにしてもテレビ放送の30分枠用に(最低レベルで)1本2,000枚分の動画を動画家5名で担当し、一人が1日66枚を仕上げるという苛酷な労働状況が作られることとなりました。
また作品を1本55万円という破格の製作費で売り込んだことが制作部の首を絞めることになったようです。
手塚治虫さんがアニメの値段を安くして売り込んだのは、当時の普通のテレビ番組の制作費が50万程度であったことと、安くすればテレビアニメが普及させやすいのと、他の会社と差を付けるためだったと語っていますが、これは大きな誤りであったようです。要は深謀遠慮が過ぎたようです。
黎明期を過ぎ最盛期を経たあたりから、少年誌において手塚治虫さんはすでに古いタイプの漫画家とみなされるようになっており、人気も思うように取れなくなってきました。
さらにアニメーションの事業も経営不振が続いており、1973年に自らが経営者となっていた虫プロ商事、それに続いて虫プロダクションが倒産して冬の時代を迎えたのです。
そしてその後「ブラックジャック」続いて「三つ目がとおる」等を上梓し本格的復活を成し遂げたのは皆さんの知るところであります。

いずれにしても手塚治虫さんは、それまでの読み物雑誌の埋め草(1コマの風刺漫画、四コマ漫画等)であった漫画を、ストーリー漫画という革新的な表現方法を読者と漫画家に提供したのです。
これによって、漫画は小説や映画に匹敵するスケールの大きなドラマを描くことができるようになったのです。
それまではお笑いしかなかった漫画ですが、ストーリー漫画手法によって、ジャンルの制限をいとも簡単に吹き飛ばしたのです。
具体的には、SF、冒険、時代劇、悲劇、恋愛、スポーツ、ミステリー、オカルト、ドキュメンタリー、ファンタジーその範囲は留まるところをしりません。
これが手塚治虫さんの最大の業績であります。
最近は小説等の本主体で漫画を読む機会がほとんどありません。
しか〜し漫画を読む事は低俗だというステレオタイプの指摘をされなくなったのは、手塚治虫さんの功績だと信じてやまないところであります。


鉄腕アトム 最終回(3/3) 投稿者 santoriimanwh
ちなみに私が手塚治虫さんの漫画の中で一番涙したのは「鉄腕アトム」の最終回です。
アトムが地球を守るためにカプセルを抱いて暴走した太陽に突っ込むという内容でした。
「ああ、地球だ・・・
地球は綺麗だなぁ・・・」
これがアトムの最後の言葉でした。
子供心に残酷なまでにも明確に分かれた「生」と「死」という領域の存在を理解しようとかなり悩んだものでした。
今このように思いかえしても、手塚治虫さんの意図がわからないendingであります。
たまには良質な漫画に親しんでみますか・・・
参考文献「wikipedia手塚治虫」「テレビアニメーション時代の幕開」大塚康生著、「『チェイサー』の為の雑学」二階堂黎人著


IMG_2271

IMG_2273
今日は板橋に出没です。
昼食抜きでしたのでバテてきました。
今日の昼食兼夕食のお店は「ピアンタ」板橋店さんです。

住所:東京都北区滝野川7-5-6
電話:03-5394-0451
休日:無休

IMG_2264
お店の外観です。

IMG_2266

IMG_2267
店内の雰囲気です。

IMG_2265
メニューです。

今日のオーダー「ゴルゴンゾーラ(クリームソース)」@1,380円です。
ゴルゴンゾーラのパスタというメニューがあるお店に巡り会ったのは初めてです。
ほとんどがペンネですからね、多分そのtextureからきているのでしょうか・・・
このお店のホールスタッフさんお愛想よいのですが、イタリア料理のことをまったく知らず、その明るすぎる含羞のなさに、見ている自分がかえってたじろぐほどでした。

IMG_2269

IMG_2270
待つこと14分で到着です。
見た目、どこからみてもゴルゴンゾーラパスタです。
麺量は115gとの事でしたそれなりにvolumyです。

満を持して実食です。
うん、これはゴルゴンゾーラパスタです。
なんの意外性もありません。
いくら美味しくても調理する人の工夫がみられない料理は好きではありません。
換言すれば美味しさの差こそあれこのレベルは誰でも作れます。
Professionalを冠するのであればこのような指摘は受けないで欲しいものです。
辛口コメでごめんなさい。

それでは(^_-)




浅草 舟和 本店

今日は「My prediction(私の予言)」の話です。
20歳の頃、30年後はこうなると予言したものが三点あります。
全て外れましたが、それを責めるのは、大理石を見て、これはミケランジェロにそこなわれた結果だと言い張り、画布を見て、これはラファエルに汚されたのだと叫び、紙を見て、これはシェークスピアに穢(けが)されたのだと憐れみ、沈黙を見て、これはバッハに破られたのだということと同じです。
ということで結界線を張っておきましたので、私への反駁無しでお付き合いください。

#今から30年後には神輿が担ぎやすくなる
20歳の頃、私の身長は178cm(現在は177cm=1cm縮まる)でした。
当時ではかなり大柄の方でしたので、神輿を担ぐ時にはその身長の為にかなり圧力がかかり、長時間神輿を担ぎ続けるのには無理がありました。
腹筋、背筋を鍛えれば何とかなるのかなと思い、その両筋を鍛えたものの結果的には長時間神輿を担ぐことはかないませんでした。
そして、まぁいいさ、30年後には日本人の体格が向上して、平均身長が175cm位になるよ、と嘯(うそぶ)いていたのでした。
確かに青年男子の体格は向上したものの、その一方で神輿渡行に女性の担ぎ手が多くなり、彼女達は神輿に背が届かない場合はぶら下がるので、結果として神輿の担ぐ高さはあまり変わらなかったのです。
確かに神輿の棒が低くて肩が合わないのは調整できますが、棒に背が届かない場合はやりようがないのでぶら下がるしかなく、これはこれで致し方ないのでせう・・・
という事でこの予言は外れたのです。

#今から30年後には少子化により大学が入りやすくなる
私の大学受験の頃は同級生が180万人位いまいしたので、難関校の倍率は20倍前後とまさに“二階から目薬=入らない” みたいなものでした。
でも30年後には少子化となり大学なんて、難関私大(難関国立大は元々倍率が低い)以外は誰でも入れると、信じていました。
しかし30年後の我が豚児達の受験の際には、そんな予言はかすりもしなく、MARCHクラス以上になると簡単に入ることは難しく、これまたキレイに外れたのです。
但し確かに不人気大学はすごく入りやすくなりましたが、そのような大学にいってもね、大学で勉強することは、通過儀礼ではありませんから・・・

#今から30年後には翻訳機の技術が格段に上がるため英語を覚える必要はない
これが一番当たると思っていたのですがこれまたキレイに外れたのです。
アニメの世界では2003年4月7日に鉄腕アトムが生まれていて、アトムの世界での英会話はすべて翻訳機でされていたのですが、これは世界の技術がついてこられませんでしたね。
AI(人工知能)の急激な進歩で、かなりのlevelまできていたものの、今一つです。
後4〜5年は待ちませんと、実用化は難しいのでしょうね。
まさか英語を使う仕事につくとは思いませんでしたので・・・
いまさら不勉強をなじってもしょうがありません、今でも英語には苦労しています。
正直きちんとした文書を書くのは苦手です、ハイ。


IMG_2182

IMG_2183
今日は浅草に奥様と出没です。

早世した友人が死ぬ一週間前に、私に渡したメモが心に重く圧(の)し掛かっていて、捨てるに捨てられず9年間も持っていました。
彼は末期の肝臓癌でこのメモをもらった時は、ほとんど会話も厳しい状況だったので、筆談を多用していたのです。メモの内容は他愛のないものなのですが、彼との最後の会話がこのメモを受け取ったときだったものですから、心にその時の情景が深く刻まれていました。
当初は友人の奥様に返却したのですが、その奥様は私に持っていて欲しいと言われていたので持ち続けていたのです。
見返す度に悲しくなります。
もう自分としては、頃合いだなと思って熟慮した結果は、彼の菩提寺である東本願寺の住職にお願いしてこのメモを焚き上げてもらうことにいたしました。少し胸のつかえがおりました。

ということで焚き上げお願いの後は、友人の墓参をしてから、奥様と一緒に浅草にsweetsを食べに行きました。ここから後はパチリでご案内します。

IMG_2167
浅草名物、人力車さんです。
車夫さんって従量給ではなく時間給なのですね、知りませんでした。
時給1,000〜3,200円でプラス各種イセンティブがあるようです。
年齢制限があり、20歳から28歳までだそうです。
外国人専用ガイドやろうと思ったのに年齢制限で引っ掛かってしまいます(笑)

IMG_2179
大人のオモチャ店です。
このお店は、私が物心ついた頃からあります。
なんとvintageなお店でしょうか(笑)
300回以上はこのお店の前を通っていますが、一度も中に入ったことがありません、ハイ。
一体何を売っているのでしょう?
大人のオモチャです、キッパリ

IMG_2181
浅草「染太郎」さんです。
二三回食べに来たと事があります。
たしか値段は高かったような、それと夏はクーラーが無かったよう記憶があります。
扇風機でお好み焼きは勘弁してほしいものです。
それにどうしても食べたかったら北千住駅で売っていますので・・・

IMG_2180
浅草漫才協会です。
名誉会長は内海桂子さん、 会長は青空球児さん、 副会長は昭和のいるさん、おぼんさんです。
結構こぢんまりとしていて、ちょっとクリビツです。


今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-22-10
電話:03-3842-2781
定休日:無休

IMG_2169
お店の外観です。

舟和
舟和さんのHP「みつ豆 明治36年」をご紹介します。 
モダンな洋銀の器を使用して、角寒天、甘煮杏、ぎゅうひ、赤えんどう豆を盛り、特製の白蜜、黒蜜のどちらでもお好みにかけて銀製のスプーンで召し上がるみつ豆を、舟和が初めて考案いたしました。当時しん粉を用い、赤えんどう豆、糖みつをかけただけのみつ豆を、現在のみつ豆のように、内容を充実し、衛生的に高級感を増して売り出したのです。
今では、全国の喫茶店で召し上れるようになりましたが、舟和が世に先駆け「みつ豆ホール」を開設し、初めて喫茶店でみつ豆をご提供したのが、「舟和がみつ豆の元祖」たる所以です


IMG_2174
今日の私のオーダー「冷製和フォガート エスプレッソ珈琲ゼリー添え」@650円です。
これって見た目以上においしい、エスプレッソとアイスクリームと餡子(あんこ)って合うんですネ。
このような和洋折衷を考えた人に座布団一枚です。
美味しゅうございました。

IMG_2175
奥様のオーダー「冷たい抹茶しるこ」@740円です。
見た目美しるこです。
これはすごい、抹茶としるこのmariageですが、奥深い味わいに拍手です

今日二人でいただいたものは、舟和さんの旧来の伝統甘味とちがって貪婪な甘味に対する意気込みを感じさせます。老舗なのに不易流行を忘れない舟和さんにも座布団一枚です。

それでは(^_-)

月島 めし屋 6th

今日は「アトムも今年で8歳」の話です。 

知能「ワトソン」と、米国の人気クイズ番組「ジョパディ!」の王者2人の対戦の最終結果が16日夜に放送された。結果はワトソンの圧勝。1997年にチェスの王者を破ったスーパーコンピューターが、大幅に進化したうえで新たな「偉業」を成し遂げた。

対戦は、同番組で連勝と獲得賞金でそれぞれ記録を持つ王者との間で2試合に分けて行われた。14、15日に放送された第1試合では、前半ではビートルズに関する問題に続々、正答。後半戦では冒頭7問に連続正解して猛ダッシュした。最後の問題で空港名の由来から米国の都市名を問われた質問で、ワトソンが、正解はシカゴなのに、カナダの「トロント」と答える初歩的なミスを犯したりしたものの、王者2人を圧倒した。

16日放送の第2試合も、前半は王者2人相手に苦戦したが後半で盛り返し、終わってみれば、順位を決める賞金額で2人に5万ドル以上の差を付けた。74連勝の記録を持つケン・ジェニングズさんは最後の問題に解答するとき「結果を尊重します」というメッセージを添え、2人はワトソンに拍手をした。

ワトソンを開発したIBMが受け取る賞金100万ドル(約8400万円)は、全額が慈善事業に寄付される。

4年がかりで開発されたスーパーコンピューターのワトソンは、本や映画の脚本、百科事典などから知識を読み込ませてある。司会者の問題の読み上げと同時に送信される問題テキストを受けて、解答を考え、合成音声で答える。あいまいさを含む問題文や文脈を理解し、人間に負けない速さでボタンを押すことが求められるため、2880個の中央演算処理装置(CPU)を同時に動かしている。

最近のコンピューターの能力向上はめざましく、将棋や囲碁でも人間の能力に迫っている。
「asahi.com2011年2月17日11時51分配信記事」より転載


今日GWの暇な時間NHK教育TVを見ていました。
すると上述のスパコンワトソンをテーマアップしており、スパコンが人類に勝利する日がきたのだなという感を持って見ておりました。

去年の10月には清水市代女流王将が同じくスパコンと戦い負けたことがやはりマスメディアで取り上げられており、オセロ、チェスに続いて将棋もその波にのまれてきています。

特に将棋においては序盤、中盤はそれほどではありませんがスパコンは終盤のヨセにはいると間違いなく着実な一手を連続して指してきます。
さらにスパコンですので疲れによるポカもないことから、一度ヨセに入ってしまったらなかなかその術中から逃れることは難しいようです。
人間がスパコンに負けるという結果になったことに対して、日本将棋連盟 米長邦雄会長は、「清水さんが長考しすぎた結果では。あそこで考えすぎず、素直に打っていたら結果は違っていたんではないか」と実力の差というよりも、人間が考えすぎた結果ではないかと指摘していました。
個人的には負けは負けですからやはりこの件(くだり)は言い逃れの様に聞こえてしまいますよね。

2003年4月7日に鉄腕アトムが誕生して8年、手塚治虫先生が空想していた世界にやっと人類の叡智がおいつて来たのだなと思う今日この頃です。



実は私は遺伝性高所恐怖症です。
この動画は中国、陜西省の断崖絶壁に立つ華山の危険すぎる小道の映像です。
ハッキリ言います、高所恐怖症の人は見ない方が良いと思います。
私は一覧後、気分が悪くなりました!


久々に塩辛が食べたくなりました。
こうい日のお約束は月島「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_8443
お店の外観です。

IMG_8448
ランチメニューです。

IMG_8446
おなじみオカズ三兄弟です。
今日の兄弟は左から塩辛、昆布、きざみタクアンです。

IMG_8449

IMG_8450
今日のオーダー「真あじ開きとタラすき身」@750円です。
私は母が伊豆の生まれのことから幼い時から鯵は味わっているのです。
よって下町っ子の中では、一番味違うか鯵を食べているといえます。
換言すれば私の肉体は鯵できているのです。

前フリはそこそこにして、早速実食です。
この鯵、身は痩せていて固いし身離れも悪い、皮のパリパリ感もないし、新鮮でないのか塩が強くお醤油なしでもいけます。
おまけにタラのすき身は硬いだけでまるで塩肉です。
どうした奈良間の大将、「築地奈良間」の名が泣くぞ!
多分東北大震災の影響で良い干物の入手ができないのでしょう、違うか?
いいのです自然界のものを調達しているのでこういう時期もあるのでしょう。

IMG_8451
しかしオカズ三兄弟はその分を補完しています。
塩辛、相も変わらず美味しい、昆布、磯の香りがプンプン、タクアン絶妙の塩加減これさえあれば多少鯵が不味くても許せます。
また塩辛が食べたくなったら寄せてもらいます。

ところで奈良間の息子の太郎さん、しばらく隣でやっているラーメン屋「太助家(たすきや)」さん長期休業していましたが、大丈夫だったのでしょうか・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ