下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

鉄火丼

続 岩本町 おやじ

今日は「宮本武蔵考」の話です。
宮本武蔵
江戸時代において、武蔵という人物がどのような存在であったのかを考えてみたいと思います。
たとえば、いまの軍隊のなかに空手の達人がいたとします。その道においては右に出る者は誰もいません。
しかし、彼が実際の戦場でも最優秀の兵士であるとは限らない。いまの戦争においては、兵士はみな高性能の銃を持っているのですし、闇の中でもものが見えるゴーグルといったものもあります。何百メートルの海底の敵を探せるソナーなどというハイテク兵器も開発されています。こうしたさまざまな兵器を駆使するのですから、必ずしも空手の技は役に立たないのです。

しかし、それとは別問題として、やはり周囲の人間は彼の強さを認めるに違いありませんご江戸時代における武蔵もこのような存在であったのではないでしょうか。
彼のほんの三十年前頃までは、誰々の槍がすさまじいとか、誰々は敵の首をとる名人だとか、今度は誰々がいまの領主にとって代わるだろうといった話題が、現実問題として人々の口に上りました。

しかし、徳川幕府が政権を握ってからは、人々の関心はもっぱら治世、行政の話題に移り、個人個人の武勇などは現実味のない絵空事になってしまいました。
われわれもいま、日常生活で、たとえば「いまのプロレスラーのなかで最強の人物は誰か」といったことを話し合い、「彼こそは」「いやあいつこそは」と蘊蓄を傾け合うことがあります。しかし、それを軍人、兵士として戦場で働いた場合の強さに結びつけて考えることはありません。
そのように、武蔵も一人の「タレント」としてしかとらえられなくなっていたのではないかということです。
「宮本武蔵最強伝説の真実」井沢元彦著より転載


仮に宮本武蔵が戦国時代に生まれたならば栄達を遂げたかといいますと、それはそれで難しかったようです。
と申しますのは「剣術」自体が戦国時代では有効な殺戮手段にはならなかったからです。
基本的に刀は一対一の戦いに用いるものであり、何百何千という人間が相乱れて闘う戦場には向きません。
刀は血糊がつくとすぐ切れなくなるので、多数の敵を相手にする場合は不利です。また当然のことながら、当時は皆鎧を着けていますから、切れる場所は限られています。要するに刀は戦場ではあまり効率のよい武器ではないのです。

戦場で有効な武器は槍です。槍なら刀と比べて長いので有利ですし、馬に乗りながらでも相手を狙えます。
また、本当に相手を殺戮するのであれば、「斬る」動作よりも「突く」動作の方が有効です。
それに火器のまえでは、刀がなんら役に立たない事は日露戦争の203高地の戦いでも証明されております。

そうなのですね、武術最強の武蔵は当時無用の長物だったのです。
しかし敵を倒すことをまっすぐに追求し、自分の信念に対しての揺らぎのなさ、激変する世の中に流されない精神力、独自の個性、それに立脚する戦法は、古今無双の剣豪であったと断言していいでしょう。
多分その振舞いは現代でも通用すると思います・・・
と申したいところでありますが、実際に武蔵が現代に出現したら、生涯風呂に入らなかったと(行水して濡れた手拭で体を拭く程度)いう性癖から、行く先々でファブられて大嫌われされたことと思います。


I would of been like "come back after the cop leaves".



IMG_3323
今日は岩本町に出没です。
今日は無性にお刺身が食べたくて食べたくて仕方がありませんでした。
そういう時はここでしょう。
ということで今日のお店は刺身の絶巓「おやじ」さんです。

住所: 東京都千代田区岩本町3-7-5
TEL:03-3866-9906
定休:土曜日・日曜日・祝日

IMG_3324

IMG_3325
お店の外観です。

IMG_3326
メニューです。

IMG_3327
今日のオーダー「中トロ鉄火丼頭でっかち(大盛)」@900+@100=1,000円です。
注文してから秒殺でこの「中トロ鉄火丼頭でっかち」は運ばれてきやした。
しかし相も変わらず電光石火の早業ですな。
おそれ入谷の鬼子母神てぇのはこのことでしょう。

見た目美丼です。
ちなみに頭でっかちとは築地の河岸符牒でとっぴんぐ部分の大盛のことです。

IMG_3328
築地で吟味して仕入れてくるマグロは光輝いてぃやす。山葵は本山葵。
私は山葵を醤油にちょいグズに溶いていただく派です。
上品に山葵を刺身へのせていただくてぇのもありなぁんですが、この所作がまどろっこしくていけやせん。
やはり下町っ子はテキパキと頂きやせんと。

味ですか、マジにアタボーの美味しさです。
赤身と中トロのはーもにぃがたまりやせん。
酢飯もおつです。

IMG_3331
途中運ばれてきた蜆のおつけです。
蜆のエキスがてぇっぷりへぇっておりやす。
愚図ついていた肝臓が生きけぇりやした。
あまりの美味しさに、おもわず、シジミはしみじみ、というあほ与太も口からこぼれてきやす。

IMG_3329
箸休めの唐辛子で和えた大根の漬物もおつです。
たまりやせんね。

本当にこの店は、見上げたもんだよ、屋根屋のふんどし、です。
でぇ満足のらんちでした。

それでは(^_-)






岩本町 おやじ

珍しくフリネタ無しで始めます。今日のお店は刺身料理の虎の穴、岩本町「おやじ」です。おやじ1
お店の外観です。決して飛び込みで入るようなお店ではありませんね(笑)

おやじ2
お店の入口です。

住所:: 東京都千代田区岩本町3-7-5
TEL:03-3866-9906
定休:土曜日・日曜日・祝日

おやじ3
店内にあるお品書きです。

このお店接待では良く行くのですが、ランチは初見参です。ちなみにここの夜の部は凄いのですヨ、何ってたって刺身が盥(たらい)で出てきます。かなりの回数来ていますが、いつも四人位でかかっていくのです。しかしかかし一度たりとも完食した試しがない程デラ盛りなのです。

おやじ4
過剰労働の為あまり食欲無く、ここでのお約束の「頭でっかち」(刺身大盛り@100増し)にはせず、今日のオーダーはノーマルな「刺身定食」@700です。

おやじ5
大根の漬けものが食べ放題です。

おやじ6
味ですか、最高ですネ、バチリでもわかるように極上の赤身です。ご飯は銀シャリで噛めば噛む程芳醇な甘さがフーガいたします。とどめは蜆の味噌汁です。何て表現したら良いのでしょうか、ただただ美味しいhappy01としか言いようがありません。
思わず「蜆はしみじみ」とくだらない駄洒落の一つも口について出てきます。

今日の口福に感謝です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ