下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

郵便ポスト

続 晴海 カルメン

今日は「ポストはなぜ赤い?」の話です。
明治4年4月20日にな新しい郵便制度ができて、初めて日本に郵便ポストができました。
創業時の郵便ポストは、「書状集箱」「集信箱」等と呼ばれていました。
書状集箱には東京、京都、大阪の3都市用と東海道宿駅の街道筋用のものとがありました。
郵便が開業してからの順調な発展に伴い、明治5年(1872)3月に東京府内往復郵便が開始され、イギリスにまねて角柱型の黒いポストが設置されました。
しかし、ポストが黒いと夕方以降、ポストが見えにくくなると評判が悪かった。
そこで、明治21年黒より目立つ赤いポストが考え出されました。
以後、郵便ポストはずっと赤いのです。
さて、どこでもポストは赤いのかというとそういうわけでもありません。
他の国のポストはどういう色なのか?
表にしてみました。
ポストの色
あと、日本にも赤くないポストがあります。
場所は銀座中央通りや、銀座2丁目にあるポストは赤くないのです。
焦げ茶色っぽい色になっています。
これは、ポストを置くなら「町並みと同じ色で」という地元商店街の要望から「特例」で置いたポストなのです。
あと、銀座並木通りにあるポストは緑色です。
これも平成2年6月「町を整然と美しく」するということによる特別措置。
地方の観光地とかには「変わり型ポスト」もよく見かけます。
これって、ちゃんと「官報」に告示されています。
本来ポストは赤い。例外である。
しかし今度あの場所に出来た焦げ茶の箱、赤くはないが、あれはれっきとした郵政省が認めたポストだよみたいな感じで。
こんな文章じゃあないけど、こんな内容のことが書かれている。
話は飛ぶけど、ポストは1本2本と数えるのだ。
「藤井みゆきWWWページ」より転載


藤井みゆきさん、ポストが赤いのは投函されたラブレターをポストが読んでいるからです、というのは私達が高校生の頃の話です・・・ラブレターそのものが死語ですね、失礼m(__)m

落語で“赤い”といえば、海老や蟹はゆでると赤くなるというが神社の鳥居はどうやって茹でるんだというオチがあります。
人間は酔っぱらうと赤くなるというが、赤ちゃんは酒も飲めないのになぜ赤くなるんだという件(くだり)は、お馴染落語の与太郎の話です。

赤は太古より血や火の色などと関連させられ、人を高揚させる色として多くの人間に認識されていました。これを利用したのが天草四郎です。
目に突き刺さる様な鮮やかな赤旗で原城の周囲を櫛比させ取り囲む幕府軍を悩ませました。

個人的には厚顔無恥なためほとんど赤面(除 鯨飲、入浴)することがなく、赤面を自由自在に使えたらクレームや賭け事の時に、どれだけ役に立つのだろうなと思って、若い頃練習したことがあります。練習結果ですか、できるわけがありません、ハイ。


記念撮影をしようとした後ろでサルが大車輪してその勢いで襲いかかってきたら。
当然撮影者は茫然としますし、撮影対象者は何が起きたのか分からず慌てふためくことでしょう。
アメリカ・テネシー州にあるメンフィス動物園の内部のカフェで撮影された動画が話題です。
ホオジロテナガザルと思われるサルがロープで大車輪をしたかと思ったら、その勢いを利用して撮影している方へ攻撃をしかけてきます。
「うしろ、うしろ!」とつっこみたくなるほど撮影対象者はその瞬間まで笑顔で立っています。
どちらにもケガはありませんでしたが、長身な男性にサルが恐怖を感じての行動だったようです。
サルの身体能力の高さもさることながら、まさか記念撮影している後ろでこんな大技を繰り広げていたなんて思ってもみないでしょうね。



今日は勝どきに出没です。
行列ができるイタリアンのお店にランチタイムを外してお邪魔しため行列なしで入れました。
今日のお店は「カルメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-8
電話:03-5144-8257
定休日: 無休

IMG_0480
お店の外観です。

IMG_0482

IMG_0483
店内の雰囲気です。

IMG_0481
ランチメニューです。

IMG_0484

IMG_0485
※下段の画像は魚眼レンズで撮影されています。
今日のオーダー「帆立とほうれん草のアーリオ」@890円です。
待つこと10分で着皿です。
見た目、美スパです。

それでは実食です。
生パスタだから熱がこもるのでしょう、すごい熱さです。
味ですか美味しいですね。とくにアーリオ(ニンニク)の香りが食欲を増進します。
ほうれん草もエグミのない良い味わいです。
味ですか、味は全般的に満足できます。とても美味しいです。
唯一の瑕瑾は帆立ですね、小さすぎて味が今一つです。
こんなに小さいのであれば、あえてmenuを変える勇気も必要ではなかったのでしょうか。
食べ進んでいくとアーリオのホッコリとした一切れがでてきました。
これはとても・すごく・たまらなく美味しいですね。
そうそうこのパスタの麺量は150gです、希望をいえば、ですよ、180gは今の価格で欲しいところであります。

それでは(^_-)

土支田 やぶ重

夫婦で風邪をひきました。
子供達もいないので外食です。
今日は最近嵌っている大泉町「やぶ重」に行こうと出かけたのですが何故かお休みで、仕方なく土支田にある「やぶ重」にいきました。ここは大泉町「やぶ重」の修行先です、さぞかし美味しいのでしょう

住所: 東京都 練馬区大泉町1-2-2
電話: 03-3922-3352
定休日:水曜日

ここから後はパチリでご覧下さい。
土支田やぶ重1
お店の外観です。

土支田やぶ重2
お店の看板です。中に入ると多数の芸能人とこのお店の店主とのパチリが飾ってありました。

土支田やぶ重3
民芸調の店内ですが何か統一感のないコテ盛の感じです(笑)

土支田やぶ重4
ナナ何と何処からか持ってきた郵便ポストがおいてありました。

土支田やぶ重5
メニューです。かなりお高い値付けです。


土支田やぶ重6
私が頼んだ大蒸籠@600です

土支田やぶ重7
薬味です。アサツキ、生山葵、オロシ生姜、オロシ大根のフルメンバーで登場です。

土支田やぶ重9
味ですか、見ての通り水切りが悪くて蒸籠がベチャベチャです。蕎麦ももっそりしていて、さらに茹で加減を間違えたのかフニャフニャで腰もありません。つけ汁は意見が分かれると思いますが、少し甘く私は美味しいとは思いませんでした。これなら大泉町「やぶ重」の方が数段上です。このような下克上は感心しませんネ。

土支田やぶ重10
奥様が頼んだ味噌煮込みウドン@1,100です。これは味はまずまずです。
でも八丁味噌仕立てとなっていましたが、あまり八丁味噌の味がしなく多分ブレンド味噌でしょうか
しかし中の豚バラ肉が団子ではいっており、その為肉をはがして食べるということになりました。
多分このお店昔は名店だったのでしょうね。その栄光に胡坐をかいていて今日みたいに気配りのできないお店になってしまったのでしょう・・・残念でした

このお店は永六輔さんのこの言葉を噛み締めてほしいものです。

【QOT】
老舗と書いて、どうして「しにせ」と読むのだろう。
暖かい簾と書いて、どうして「のれん」を守ると言うのだろう。
「のれん」を守る「しにせ」という意味は何なのだろうと辞書をひもどく。
寒い冬の寺で、客の為に隙間風が入らないよう目張りを張った。
このことが暖かい簾、暖簾であり客を大切にすることにつながる。
先代の仕事を守って仕事を似せる。
「仕似せ」を大切にするのが老舗になるのである。
先代の仕事を受けついで、客を大切にすることが「老舗」であり「暖簾」だ。

【UNQOT】

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ