下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

返報性の法則

池袋 ラーメン二郎 5th

今日は「異物混入」です。
ファミレス - コピー
皆様ご承知のとおり、このブログは毎週土曜日の朝5時から夕方5時までに3話書き上げてその後走りに行き雑用をすませて夜の10時にはファミレスで夕食をとりながら4話目を書き始めているのです。
どうでしょうこのような生活を間違いなく7年以上は続けており、あらためて神経症の継続力というか持続力に刮目というか瞠目している次第であります。まさに「継続は力なり」を具現しております。

IMG_9685
今日も近隣のJナサンで遅い夕食をとりながら4話目の推敲をしていました。
そこに私が頼んだ「ほうれん草とベーコンのカルボナーラ」が運ばれてきました。さすがにお腹がすいたのでワシワシと食べていましたら、白地に青のラインが入った四角いビニール片が出現しました。
個人的にはこのような異物はまったく気にしません。
しか〜しこのファミレスの対応に興味がありましたので呼び鈴を押しました。
しばらくして女性のホールスタッフがきて、なにかご注文ですか、と聞きましたので、異物が入っていますよ、と言いましたら、事態がのみこめずしばらくしてから、大変失礼いたしました。今かわりのものをお作りします。作り直しのお時間を5分ほど頂いても宜しいでしょうか、と言って皿を撤収して厨房に駆け込んでいきました。
すでに三分の一程度食べ終えていましたので、また一から食べるのかと思い、正直ちょっとうんざりとした気分になりました。

IMG_9686
それから3分後にくだんの女性のホールスタッフがきまして、作り直しの間、これを食べて待っていていただけますでしょうか、と言って野菜サラダを置いていきました。
これまたうんざりした気分になりました。
まさにマニュアルの押しつけですよね。

IMG_9688
しかも先ほどの時フォークを持っていってますので、この洋風サラダを箸で食べなくてはならないというトホホの事態になりました。
個人的には甘味デザートの方が良かったのです。

それから3分後作り直しの「ほうれん草とベーコンのカルボナーラ」がきました。
今度のはかなり作り手の気合がはいっているのがわかりました。
なぜか画像は撮り忘れました。
今度の運び手のホールスタッフは男性です。
このたびは大変失礼いたしました、と悪びれた感じもなくマニュアル通りの対応でした。
急な他用を思い出したのでブログの推敲をやめて会計をすませたのですが、ここでも、大変失礼いたしました、とのお詫びがあっただけです。

どうなのでしょう。
心がこもっていないお詫びの言葉を除けばよくできたマニュアルだと思います。
個人的には作り直す際にどのような対応をして欲しいか聞いてほしかったものです。
仮に半分以上食べて気がついたら作り直しはno thank youです。
待ち時間の無聊を慰める野菜サラダもno thank youです。
当然のことながら注意喚起をしただけですので、作り直しを含めてどのような対応をしたらよいのか聞いていただけたら宜しかったのではないでしょうか。
それと謝りにくるのであればホールスタッフではなくて厨房若しくは店舗の責任者にしていただきたいものです。

もし私がこのお店の責任者でしたら、会計の際に1,000円程度の食事サービス券を渡したでしょう。
実は、私たちの心には、他人から一方的にモノをもらうと、自然とお返したいという気持ちが働くそうなのです。
これを「返報性の法則」といいます。
これを最大限に発揮するチャンスが到来しましたのでこれを利用しない手はありません。
もしかしたらこれが奏功して私がこのお店の上得意になったかもしれません。
さら〜に「今後このようなことがないようにしますので、これに懲りずまた当店にお越しください」も付け加えた方がよいでしょう。
個人的には推敲していた4話が来週のネタに変わったのでうれしく思っています。
正直にもうしますと、一日で4話をupするのは苦行になってきているのです。
それでもふりネタの質が落ちないようたゆまぬ努力をしております。


This funky music makes me feel so good



IMG_9659
今日はそぼ降る雨が重たい池袋に出没です。
こういう日はラーメンでしょう。
今日のお店は「ラーメン二郎ラーメン」 池袋東口店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-27-17
電話:03-3980-0210
定休日:月曜日

IMG_9660
お店の外観です。

IMG_9663
店内の雰囲気です。

IMG_9661
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン・半麺・麺堅・野菜・にんにく」700円です。
IMG_9665
なななんと待つこと3分で着丼です。

それでは実食です。
IMG_9666

IMG_9667
今日は前回の学習で卓上にあったカネシをほんの少しだけ加えました。
味が引き締まりました。
乳化はほぼほぼ満足です。
硬麺は私の好みです
豚は固めでしたがめずらしく脂身も固めでした。残念・・・
今日の二郎は今一です。
理由はスープが熱々でありません。
これがラーメン全体の喫水線を下げています。
前回が大満足でしたので残念です。
こんな日もあります、ハイ。

それでは(^_-)

有楽町 さわら

今日は「気がついたら買っていた」です。
私は仕事柄かなりのa tough negotiator若しくは a skilled negotiatorであると念じていますし、そうではないかなとの自負もあります。
ところが会社の看板を外し個人として向き合った場合かなり弱い部分があるのです。
このblogでお分りのように、私は人一倍好奇心が強い為に、何か興味の対象のものが売られていますとprivateの時は必ずと言ってよいほど冷やかします。
そして駄目元で値切るのですが、交渉上手のせいかほとんどの場合成功するのです。でもないか…
その為、あまり欲しくなくても値引き交渉を成功したという満足感との交換条件で求めてしまうことはわりとあるのです。
所謂ミクロ経済学でいう効用(人が商品や有料のサービスを消費することから得られる満足の水準を表す)充足ですね。さらにこれらのふるまいは行動経済学ではアンカリング効果と読んでいます。
即ち顧客は購買判断の際、性能や品質以上に価格や割引率といった数字に注目するようになる事です。
まぁ那辺は経済学の基本中の基本でありますので納得感のあるところでしよう。
と書いている本人が納得していないのが問題なのであります。
要は値切らずに見ているだけにしておけば良いのですがね・・・

加えてこのような事例もあります。
例えばデパ地下のデパートやスーパーの試食品です。
最初は冷やかして試食をするのですが、一回だけなら断る事ができるのですが、空腹のときなどは一回に留まらず複数回試食します。従いまして、販売員の方からこの際の購入を求められますと、断るのが恥ずかしくてついつい買ってしまうのです。
このふるまいが理解できないのです。
特段私が購入を断っててもお叱りを受ける事はないのですが、何故か気恥ずかしくて気がついたら財布から英世さんとか一葉さんを出しているのです。
じゃぁそんなところに行かなければいいじゃない、という事になるのですが、そうは思いながらも好奇心には勝てないのです。
実は、私たちの心には、他人から一方的にモノをもらうと、自然とお返したいという気持ちが働くそうなのです。
これを「返報性の法則」といいます。
業者はこの「お返しをしなければ」という思いを、過剰なサービスをすることで強く意識させます。
そして、このサービスにより、消費者は業者の勧誘を断りづらい環境に追い込まれることになり結果購入してしまうという仕組まれたシナリオなのだそうです。
他にも
「まずはお試し下さい。無料サンプル差し上げます」
「30日間の試用後に、使い心地に不満なら返品可能」
「お得意様限定利益還元セール」
「保険セールスレディによるプレゼント攻勢」
など営業方法も、この「返報性の法則」をベースにしたものなのです。
商品の効用を認めて求める分には全く問題ないのですが、実は無償サービスにはこのような悪魔の誘(いざな)いがincludeされているのです。生真面目な私はだから断れなかったのですね・・・

催眠商法
最近、ポストに無料で日用品や食料品を配るといったチラシを投函して、高齢者たちを店舗に呼び込み、従業員らが店で楽しい話をしながら、来場者たちの気分を大いに盛り上げて判断能力を低下させ、高額な商品を売りつける催眠商法(SF商法)が横行しています。
この手口は実に巧妙で、上述の様な高等な心理学を応用しています。従いまして騙される人が後を断たないのです。特に催眠商法(SF商法)には注意してください。
絶対に買わされますので・・・


誰がこんな歯ブラシ使っているんだ(笑)
ちなみに使っているのは韓国の方です。



IMG_1490
今日は有楽町に出没です。
三菱商事に努めている友人の紹介で、何やら有楽町にお魚の美味しいお店があるとのことでした。
今日はその為、満を持しての訪問です。
ちなみにこのお店はメタボの人は入れないという極小店舗なので、肥えた奴には紹介できないんだよ、との事でありました。ちなみに私は体脂肪率19%台です。
今日のお店は「さわら」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-4-5
電話:03-3213-0497
定休日:不明

IMG_1489

IMG_1496

IMG_1492
お店の外観です。
最近TVにでたそうでかなりの行列でした。
ちなみに入店までに要した時間34分した。
真夏だったら並ばないでしょう・・・

IMG_1491
メニューです。

今日のオーダーは「さわら定食(刺身盛ち銀ムツ煮セット)」@1,050円です。
店内にはいりますと本当に極小です。
実際に店の出入りはマジに一歩前進一歩後退的動作です。
メタボでなくても厳しいです。
厨房にはご主人と若奥様の陣容です。
奥様はかなり可愛いのです。
元アイドルのような相貌であります。
かなり悔しい!何がですか?

IMG_1493
待つこと5分で「さわら定食(刺身盛ち銀ムツ煮セット)」の着膳です。
見た目美味しそうではありませんか。

IMG_1494
それでは実食です。
刺身盛りは、中落ちとさわらです。
仲良しの寿司屋の山ちゃんに、さわら食べたよ、って言ったら驚いていました。
何で驚くの、って聞きましたら、さわらは鮮度管理が難しいので余程目利きの良い板前でないと買わないの、との事でした。
ちなみに山ちゃんは、ここ数年間、魚の仕入れは仲卸にまかせっきりなので目利きはしないそうです。ハイ。
そうそうお味ですよね。
すごく美味しいです。
多分ここのご主人は、山ちゃんと違って自分で場内で目利きして買ってくるのでしょうね。
鮮度特に身の弾力が違いますもの。

IMG_1495
続いて銀ムツ煮です。
これが何とも上品な味付けで思わず一流料亭に来たのかと錯覚した程です。
銀ムツは本当によく炊けていて外硬内柔でとくに身はぷりんぷりとしています。
これにはクリビツです。

有楽町でこの料金ですか。
行列しても是非のお店であります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ