下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

辰盛

高島平 辰盛 4th

今日は「お酉様」です
何年振りかに「お酉様」に参りました。
疎遠の理由ですか、特段ないのですが最大の理由は「お酉様」の日は寒いからです。
寒い時はお酒で暖をとるのがお約束です。
しか〜し現在「停酒中(1089日)」ですので、それもかなわないので行かなかった、という極めて分りやすい理由なのです。

今回は会社の若い女性に頼まれ「お酉様」を案内することにしたのです。
場内は相も変わらず景気の良い、手締め、手締めの音で塗り込まれています。
白熱灯によって目映くきらめく熊手の数々に見とれていますと私の時間が戻ったのです。
やはり「お酉様」はいいですね。若い女性達も初めて見る「お酉様」に超感激していました。

お酉様
「お酉様」の東隣が「吉原」ですから昔から「吉原」とは縁が深かったのです。
この日の「吉原」では通常開けない大門以外の門を開いて遊客を呼び入れたといわれます。
それは酉の市への参詣が新吉原に繰り出す格好の言い訳ともなって、鷲大明神と吉原はまさにタイアップの関係が成立していたのです。
さら〜に郭外への外出が禁じられていた遊女達も身元のしっかりとした客となら酉の市へ行く事ができたそうです。
現在ではソープの淑女連がくるかといえばそれはありませんので予めお断りしておきます。

素面(しらふ)で「お酉様」を見たのは多分初めてです。
良かったです、このように素で「お酉様」の熊手の面々を鑑賞できまして・・・
正直、このような慶事は一生ないと思っていました。

ここから先は画像ですが宜しかったらお付き合いください。

#「ひさご通り」です
IMG_3531
いつも薄暗く落とした小銭はひろえないような状態なのに、今日はこの様に照度アップしています。
これだけ明るい「ひさご通り」を見たのは初めてです。

#「チョコバナナ」です
IMG_3463

IMG_3458
最近のテキヤ(露天商)の方々のdecorative techniqueはたいしたものです。
可愛いですね・・・

#「お酉様」です
今年の「お酉様」はこの様な感じでした。IMG_3494

IMG_3512

IMG_3505

IMG_3520

IMG_3522

IMG_3528

IMG_3523

IMG_3525

IMG_3526


#我家の「熊手」です
IMG_3533
値切らなかった変わりに「手締め」は回りの通行人を巻きこんで景気よくやってもらいました。
私の祈念の言葉は「家内安全」「商売繁盛」「健康増進」でした、ハイ。


IMG_3540
今日は高島平に出没です。
たまにはラーメンでもたべるかと言えば高島平ではここでしょう。
今日のお店はつけ麺や「辰盛ラーメン」さんです。

住所: 東京都板橋区高島平8-15-8
電話:03-3935-2465
定休日: 無休

IMG_3534
お店の外観です。

IMG_0879
店内の雰囲気です。

IMG_3537
メニューです。

今日のオーダー「黒ゴマ坦々麺」@850円です。

IMG_3538

IMG_3539
待つこと4分で「黒ゴマ坦々麺」の着丼です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
チンゲン菜が面積を取っていて食べにくいです。
辛さは丁度良いですね、かなり刺激的です。
麺は弾力のある中太モチモチ麺です。
しか〜し麺は美味しいのですがこの辛さに負けています。
分りました、麺量がすくないのです。
従いましてこ麺量不足により辛さに負けているのです。
美味しいだけに残念ですね・・・

それでは(^_-)

高島平 辰盛 リターンズ

今日は「splash幸福論」です。
幸福
最近よく思う事があります。
それは毎日が幸福であることは難しい事ですが幸福になるための心掛けは易い事であります。
その為にはどうしたらよいのでしょう。
まず最初に考えなければいけない事は「絶対価値の幸福」です。
人生の半ばに至った時、残った人生を「後半生しかない」と思うのか、「後半生もあるのか」と思うかです。
要はoptimist思考です。

An optimist is a 90-year-old man who marries a 20-year-old woman and buys a house near a school.
楽天家というものは、20歳の女性と結婚し、学校の近くに家を買うような90歳の老人のことである。

ここまで至らなくても、いかにoptimisticallyにふるまうかです。
それに加えて未来に対する希望を持ちましょう。
その為には小さなことでも構いませんから、今日より明日が良くなると思えることを、一日一つ考えてみましょう。
言い換えれば小さな夢を毎日持ち続けることです。
「明日はいい事がある」という前向きな気持ちは、貴方の幸福のベクトルを必ず上向きにしてくれるはずです。
加えて自分自身のやるべき事の棚卸もしてみましょう。
具体的には、自分のやりたい事やらなくていい事を分けてみましょう。
そしてやらなくていい事は絶対にやらない事です。
その反対に、自分がやりたい事はそれに優先順位をつけて徹底してやることです
このあたりが曖昧ですと幸福達成のspeedがおちます。
また会社が悪い、上司が悪い、世の中が悪いとかいうような他罰的な考えは放擲しましょう。
外部環境に自分の不幸を委ねるのは愚者の考えです。
要は「自分がどうしたいのか」ということです。
その為には今まで以上に自らの個性を磨き、自分らしさを表現していきましょう。
そしてあなたの意識のベクトルをあなたの情熱の感じる方向に向けてください。
さらにすべてのふるまいは小怒多笑(多少苛々してもニコニコしていれば忘れてしまう)に基づき行動してください。
最後は「継続は力なり」です。
私のsuggestionを気に留めているだけでも幸福は身近に感じてくるはずです・・・
こんな事を書く日もあります。


YouTubeにアップされた前代未聞のお寺のCMがネットで話題になっている。百聞は一見にしかず。
その自由奔放すぎるCMをご覧あれ。


IMG_0872
今日は高島平に出没です。
たまにはつけ麺でも食べるかと思い向かった先は・・・
今日のお店はつけ麺や「辰盛ラーメン」さんです。

住所: 東京都板橋区高島平8-15-8
電話:03-3935-2465
定休日:無休

IMG_0873
お店の外観です。

IMG_0879
店内の雰囲気です。

IMG_0875
メニューです。

今日のオーダー「牛すじつけ麺」@930円です。
これはmenuにやられました。
この画像は絶対に裏切らないでしょ(笑)

IMG_0876

IMG_0877

IMG_0878
待つこと6分で「牛すじつけ麺」の着丼です。
見た目美味しそうじゃあ〜りませんか!
それでは満を持して実食です。
まずは牛すじをガブリしました。
すじ肉からは馥郁たる香りとコクが湧き上がってきます。
肉自体はやわやわ且トロトロであります。
うんまいです。
スープは「甘・辛・酸」のバランスがとれていますが、意図的に「辛」を少し強くしているみたいでして、これが奏功しており高評価です。
麺は弾力のある中太モチモチ麺です。
美味しいですね、強いていえば私の注文に問題があったのですが、あつもりにすれば完璧・完全つけ麺だったでしょう。大満足の昼食でした。

それでは(^_-)




続 高島平 辰盛

今日は「遺体の生ゴミ化」の話です。 
いま、大学病院への献体が増えて、病院が困っているという。献体は医学生が解剖実習に利用するものだが、解剖したあと、遺族に連絡すると「お骨はいりません」といって引きとりにこない。献体という名の遺体処理である。 
斎場でも「遺骨はいりません」という遺族が増え、火葬場が合同の収納施設へ入れる。遺体は生ゴミ化した。墓場も火葬場も足りない。東京では夢の島へ散骨する計画が申し込まれている。
海への散骨、樹木葬は骨をパウダーにする。骨壷に骨をいっぱいつめるのは時代おくれだ。高齢化社会で死亡者が増えると火葬場の能力を超えた遺体数となり、遺体を保存する冷凍庫も足りない。さあ、どうするか。
この半年間で五回の葬儀へ行ったが、火葬場でお経もあげずにすます直葬が二回あった。火葬のみの遺体処理である。ただ、棺の中には花が埋められ、遺体の顔には美しい化粧がほどこされている。
大村さん(関西学院大学教授、僧侶)は、いまの死に化粧はアメリカ流儀のエンバーミングで、ベトナム戦争で死んだ兵士をドライアイスに詰めて本圃へ帰すころから流行したという。死人を生きている人のように化粧するエンバーマーという職業かある。真宗では死に化を粧をせずに、頭を剃り、遺体から色も欲もみな抜け出して、この世の未練をすべて捨てて浄土へ行かせる。生きているような化粧をしたら、この世への執着が残る。
大村さんにそういわれると、たしかにそうで、「はよ向うへ行きなさい」と成仏させるために、エンバーミングなんてしない。エンバーミングはハリウッド映画系メイクで、映画『おくりびと』の納棺師の作法も最近の流行という。
日本経済新聞 文化欄 「上手な逝き方」嵐山光三郎著より転載
「遺体の生ゴミ化」ですか、さもありなんですね。
私も嵐山光三郎さんと同様で“人間は死んだらただの生ゴミ” という考えの賛同者です。
家族には“死んだら、どこぞの海に骨を粉にして放っちゃってくれ” と日頃高言していますが、こればかりは死んでしまったら確認できないので難しいところであります。
家族に対する生前の振る舞い、気働きがすごく悪ければ、私の希望通りに骨を粉にするだけして、私がこの世で一番嫌いな場所、「鶏小屋」に鶏の食餌と一緒に撒かれるかもしれません。
万が一この様な仕打ちをされたならば、それこそ私は死んでも死にきれません(笑)
まあ生きている間は“私は、今この瞬間、ここにある。今頑張らずにいつ頑張るんだ”という気持ちで生を謳歌していくことにします。

道路画像です。

Stop
「止まれ」の道路標識ですが、徹底していますね。

急な坂
この道路「上り」はまだ良いにして、「下り」はかなり怖いと思うのですが・・・

今日は高島平に出没です。
ということで今日はつけ麺や「辰盛ラーメン」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都板橋区高島平8-15-8
電話:03-3935-2465
定休日:無休

IMG_7698
お店の外観です。

IMG_7694
メニューです。

IMG_7696

IMG_7697
今日のオーダー「タンタン麺」@850です。
ここのタンタン麺は黒ゴマの香りがウリです。
麺は弾力のある中太モチモチ麺です。お約束のスープの熱々は守られています。
味ですか、タンタン麺なのにあまり辛くなかったので驚きました。それと隠し味の味醂系の甘さが気になります。
つけ麺屋さんなので「甘・辛・酸」にコダワルのは分るのですが、タンタン麺に「甘・辛・酸」は不要だと思います。
挽肉が香ばしくって美味しいかったですね、できれば最近「タンタン麺」を置いているお店の必須アイテムの孔空きレンゲを用意してもらえば余すことなく美味しい挽肉を完食できましたのに・・・
でも美味しかったですよビックリマーク

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ