下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

辰巳新道

門前仲町 ポポラマーマ

今日は「門前仲町居酒屋列伝」です。
IMG_6877
今日は所用があり門前仲町に参りました。
この町はかつて飲み倒していた町であります。
往時の行きつけの居酒屋は今も健在でしたのでブラリしながら思い出のお店をパチリしました。
宜しかったらお付き合いください。

#「魚三酒場」さんです
IMG_6887
門前仲町特集番組などでは必ずfeatureされるお店です。
どうですかね確かにコスパは良いですが。
混んでいると著しくサービスが低下するきらいがあります。
ちなみに私は、門前仲町店が混んでいる時は森下店に行っていいましたが、ここは「サービス悪い」「料理遅い」「店員オチャラケ」と三重苦のお店でした。
もちろん現在は改善されていると思いますが・・・
いずれにしても余り過度の期待はしない方が良いと思います。

#「大阪屋」さんです
IMG_6881
このお店は今日のお店は、東京三大煮込み屋さんの一つです。
ちなみに三大煮込みとは月島「岸田屋」、北千住「大はし」、そしてこの「大阪屋」さんです。
門前仲町にあるのになんで「大阪屋」なのでしょう。
このお店の煮込みは昔の新宿のションベン横丁等でよく見られた串刺し煮込みです。
下町界隈でいえば月島の「げんき」 なんかもそうですね。
申し訳ないのですが、私この串刺し煮込みはすきではありません。
ここの八丁味噌をベースとしたタレは良いのですが、煮込みすぎなのか肉は硬かったからです。
もちろん現在は改善されていると思いますが・・・
そうそうこのお店はアテが少ないので鯨飲家は悪酔い必死ちがうか必至です。
ご注意ください。

#「だるま」さんです
IMG_6879
美人姉妹が有名なお店です。
上の二軒に比べると安心且つ落ち着いて飲めるお店です。
個人的にはメンチカツがお勧めですが量が多いのでこれを食べますとお酒がすすまなくなります。
したがいまして鯨飲家は酒た方ちがうか避けた方が良いかと思います。
ステレオタイプの大衆酒場と思っていただければ間違いありません。

#「ゆうちゃん」さんです
IMG_6882

IMG_6883
お店の名前「ゆうちゃん」はご主人のご子息の名前からつけられました。
今回お店の前を通ったらゆうちゃんに子供が生まれたみたいで、お店の外に迄ほのぼのオーラが出まくっていました。あのご主人もとうとうオジイサンですか(笑)
そうそうご主人は長いこと築地市場に勤めてから独立した方なので、魚の目利きは確かです。
昔、私の一統に酒癖の良い方がいてご主人の逆鱗にふれて出禁になった事もありましたが、このくだりは我が一統に問題があったものの、このご主人と話す時、話の筋を間違えると面倒くさいことになります。
無難なのはご主人の故郷の福島特に会津ネタで話題をふっていれば良ろしいかと思います。

#辰巳新道です
IMG_6886
戦後まもなく、駅前に出ていた露天商が集まってできた飲食街で30軒ほどが軒を連ねています。
最初はヘッセがシュヴァルツヴァルトの石畳を歩いたおりに感じる哀愁や、ドーデーが風車小屋のすみで感じた寂寥などの思いに苛まれますが、慣れてきますと何か惹きつけられる魅力に浸漬されます。
私もその魅力にとり込まれた一人です。目の子でいえば、7割くらいのお店を制覇しています。
コスパは良いですが、決して飲み過ぎてはいけません。
ここの新道では、後入れ先出しがお約束です。
さっと飲んできれいに帰りましょう。それができれば病みつきになりますよ・・・


これはスゴイ!



という事で以前なら帰社していたのですが、iPad Air 2様のお陰でチャチャと懸案事項を喫茶店で処理したので夕食をとる事にしました。ということで今日のお店は「ポポラマーマ」門前仲町店さんです。

住所: 東京都江東区富岡1-7-6 杉ビル 1階
電話:03-3820−4417
定休日:無休

IMG_6890
お店の外観です。

IMG_6892
店内の雰囲気です。

IMG_6897
メニューです。

今日のオーダー「大粒アサリのボンゴレビアンゴ」@810円です。

ポポラマーマ
実は私フランチャイズ店が嫌いなのです。
ところがこのお店のことは全く知りませんでしたので、フランチャイズ店だと思わず入ってしまったのです(笑)
こういうこともあります・・・

IMG_6894
待つこと6分で「大粒アサリのボンゴレビアンゴ」の到着です。
見た目どこから見てもヴォンゴレ (vongole)ではないですか。

それでは実食です。
フライパンにスライスしたにんにく、オリーブオイルを入れ火にかけ、にんにくを焦がさないよう弱火で香りを出して 、にんにくの香りがでたら、ザルにあげたあさりを入れ、中火にかけて軽くフライパンをゆすります。
塩ひとつまみと白ワインを足し、軽くフランベしてからフタをしてあさりの口が開くのを待ちます。
フタをとり、パスタの茹で汁大さじ2〜3杯を加えます。
みじん切りにしたイタリアンパセリを加えて、フライパンをふります。
たっぷり目の塩をした湯でアルデンテに茹でた生スパゲッティを入れ、軽く和えてから火をとめ、さらに満遍なくソースにからめ、皿に盛って完成って感じですか。
大粒のアサリが12個入っているのが差別化です。
これって家でも作れちゃうじゃないですか・・・
プロがつくるので一工夫欲しいところであります。
味ですか、ウン、過不足ない美味しさでした。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

門前仲町 大坂屋

いつも思うのですが何で女性はモテ男に惚れるのでしょう。
いずれの写真も男性が如何にも女性にモテソウナ感じです。
こんな男性と結婚するのにはこれからもさらなる競争を勝ち抜かなければならいはずなのに・・・女心は不可思議です(笑)

BlogPaintBlogPaint


今日のお店は、東京三大煮込み屋さんの一つ「大坂屋」です。
ちなみに三大煮込みとは月島「岸田屋」、北千住「大はし」、そしてこのお店です。
大阪屋2
お店の外観です・・・なんで門仲なのに 大阪屋 なのでしょう。
このお店は大正二年に今のオバチャンの父親が屋台で始めたのが端緒のようです。
爾来このお店のタレは連綿と継ぎ足され、戦争中でもそれは守られました。そして終戦後いち早く辰巳新道の復興整備にさきがけ昭和二十二年に再開された由緒正しき煮込み屋さんです

住所: 東京都 江東区門前仲町2-9-12
電話:03-3641-4997
定休日:日曜・祝日

大阪屋3
今日の獲物はフワとシロ@120です。昔の新宿のションベン横丁等でよく見られた串刺し煮込みです。下町界隈では月島の「げんき」 なんかもそうですね。申し訳ないのですが、私この串刺し煮込みはすきではありません。
味ですか、フワは煮込みすぎ?なのかフワフワしてなくやや硬めで決して美味しいとは言えません。シロも同様に硬いのですがこれは味はマズマズでした。
八丁味噌をベースとしたタレは良いのですが・・・肉に問題があるような
これなら月島の「げんき」の方が美味しいかもしれません。個人的には最近食べた煮込みで美味しかったのは御徒町にある「肉の大山」ですかね、ここイケますよ

大阪屋4
卵とスープ@320です。これは美味しいhappy01ご飯にかけて食べたいくらいでした。

大阪屋5
これはこの卵のトロミが良いのですね。これはオバサン熟練の技です。ちなみにここの焼酎は昔風のバクダンです。すなわち焼酎が生(キ)ででてきます。お酒の弱い方は頼まないほうが良いと思われます(笑)

それでは(^_-)

辰巳新道 ゆうちゃん

今日は門前仲町は赤札堂裏にある辰巳新道です。
最近ここにハマっています。

今日のお店は居酒屋「ゆうちゃん」です。
お店の名前は近々結婚するご子息の名前からつけられました。

ご主人は長いこと築地市場に勤め5年前に独立した方なので、魚の目利きは確かです。

さらに今日は名物常連の加藤先生(法学家)がワザワザ鹿児島から上京され、得意の駄洒落を連発していました。

「馬刺しとウサギの肉とどっちがおいしいと思う」
「歌にあるでしょ。ウサギ追いし(おいしい) 彼の山」

「お父さんの好きなテレビは」
「父(10)ちゃん寝る」

ここのマスター一見コワモテなのですが、すごく優しくいつも心が和みます。
特にご出身の福島訛りがタマリマセンね。

ここから後はパチリでご覧下さい


お店の看板です。お店の外観はまるで満艦飾の船みたい・・・派手ですので誰でもたどりつけます。


まずは中トロです。ご主人一押しの理由が分かります。上品な油ののり具合イケましたね、口の中でとろけます。


鶏のツクネです。前が焼鳥「鳥信」さんなので串に刺さないそうですが、「鳥信」さんより断然美味しいですね。何だろう鶏ハンバーグみたいな食感です。鶉の卵、マヨネーズ、タップリの胡麻、キザミネギ、ほんのり甘いデミグラタレのハーモニーがたまりません。とても美味しい。


個人的には今日一の「牡蠣フライ」です。こんな美味しい牡蠣フライ食べたことがありません。何でしょうワタの部分がフォアグラみたいな上品なチーズの食感です。本当に生まれて始めてこんなに美味しい牡蠣フライをいただきました。口福


個人的に大好きな塩辛です。これも新鮮なイカと甘塩タレがイケました。美味しい。


珍しい「白魚」の刺身です。新鮮なので刺身醤油に山葵をとかしていただきますとまるで気分は海の中。飽きずに最後までいただけました。美味しい。

それでは(^_-)

続 THE あ・うん

一昨日の休日、英語の勉強で「007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)」を字幕無で見ていました。すると不定期に「坊(ぼん)さん」という言葉が聞こえます。
何で007に坊主が出てくるのか不思議で不思議で仕方ありませんでした。
確認の為に、英語字幕でみてもこの「坊(ぼん)さん」という言葉は出てきません、悩みます
この映画、シリーズ第五作で初めて日本を舞台にしたものです。
伝説の名車トヨタ2000GTが紀尾井町当たりを疾走するシーンは圧巻です。
いくら日本ロケといいながら坊主にゃ関係無いだろうと嘯(うそぶ)きながらこれは空耳空耳とこれ以上拘泥することは止めにしました。
その後シンガポールに電話する用を思い出して電話をかけ、しばらく向うの担当者と話し込んでいました(当たり前ですが星国には春分という国民休日はありません)
電話を切った後に分かりました。
東南アジアの一部の人は英語で日本人を呼ぶときには苗字の後ろに「・・・SAN」をつけます。
そうなんですヨ、これ「坊(ぼん)さん」ではなく「BONDさん」だったのです。
Dがサイレントワード(黙字)で「ボンサン」と聞こえたのでした。

私の知り合いのお子さんの友人が生まれた子供に成偉輝( NIKE)君と命名しました。
格好良く今風ですが、NIKE(ナイキ=ニケ(ローマ名))は、ギリシャ神話、勝利の女神です。確かスポーツメーカーNIKEもこの勝利の女神にちなんでつけられたはずです。
いいのですかね男の子に女性の神様の名前つけちゃって(笑)
大きくなって海外の人と話す時、恥ずかしくないのかしらと余計な心配をしてしまいました

酒場にゆけば月が出る
犬のやうに悲しげに吼えてのむ
酒場にゆけば月がでる
酒にただれて魂もころげだす


室生犀星「酒場」より

禁酒14日です。ウ〜ンお酒が飲みたいのです。
しかし家族に怪我の為に毎日迷惑かけているし(特に奥様)、足の腫れも全然ひかないし、ママ万が一酔って転んでアキレス腱を再断したら一生スポーツはできませんということで、そうはいいながら飲むことは止めています。

というこで今日は御取引様とアルコールなしで居酒屋さんに特攻です。

今日のお店は月島「THE あ・うん」です。
住所::  東京都中央区月島3-14-8
TEL:03-3531-2911
定休:日曜日

ここのお店二度目の登場です。
それではパチリでご覧下さい。

080321_2000~01
Powered by PICS

コンナムル(モヤシの韓国風和え物)@280です。あっさりしていてメイン料理が来るまでのツナギに好いですね。

080321_2000~02
Powered by PICS

月島二番の牛煮込み@400です。何故か今日は旨味に「キレ」がありませんでした。この料理夾雑物を丁寧丁寧に掃除して炊けば美味しくできるものです。一体どうしたのでしょう(心配)でもそれなりにイケましたよ。

080321_2008~01
Powered by PICS

豚串ブラザー君です。下から豚バラ@150、豚トロ@150、カシラ@150、ハラミ@200です。この味は月島一番でしょう。熱々の串に唐辛子をパラリかけて食します。これはイケました。特にここのカシラ肉汁タップリで口内に大きな幸せが拡がりました。

080321_2044~01
Powered by PICS

季節の青菜炒め@500です。食欲をそそるニンニクの香りが鼻腔に突き刺さります。これは美味しい野菜の旨味を絶妙な塩加減で最大に引き上げています。今日の一押しですね。

この後門前仲町は辰巳新道の居酒屋「りんご」に再特攻です。
三本足(松葉杖)で行ったので定連さん大吃驚です。
それでも三本足(松葉杖)で来た事を本当に喜んでくれて皆が歓待してくれました。
ここのところ家→会社→家の伝書鳩人生だったので久々に下町の人情にふれスッカッリとリフレッシュしました。

お付き合いしていただいた御取引様及び「りんご」の常連様本当にありがとうございました。
しかし本音をいえば飲みたかったヨ(シツッコイ

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ