今日は「オムニバスな日々」です。
オムニバスな日々は私の感性にふれたことを取り上げたものです。
宜しかったらお付き合いください。

1. 赤松愛
赤松愛 - コピー
まずはGS(ガソリンスタンドではありません)オックスの赤松愛さんです。
Netから引用したこの画像ですが大分変わりましたね、でも何か違うような・・・
もしかするとこのbefore―afterの画像は赤松愛―赤松広隆さんではないでしょうか?

赤松愛さんは、オックス引退後イギリスに渡りケンブリッジ大学で学んだのち帰国してから父親の赤松鉄工所に入社しました。
そこでプレス工からスタートをし、機械を操作している際に指を切断してしまいました。
それを機に自らプレス製品の加工工場を立ち上げて事業を拡大させ、順次サンジェゴ、ロスアンジェルスに現地工場を立ち上げて現在に至るという人生の成功者のようです。
奥様の昌子さんは赤松さんと付き合っていた時には、赤松さんがオックスの赤松愛さんだとは知らなかったそうです。そしてそれを知った時もあまり驚かずということで中々できた奥様ですね。
ちなみに赤松家ではオックスの話題はtabooとなっているそうですよ。

2. イタそうなリング
りんぐ1

りんぐ2
遊び心あるプレゼントとしていかがでしょうか。
輸入品です、購入すると\2,128となっています。

下町っ子の私はこのようなものを見ると“エンコ飛ばし”を想起してしまいます。
子供の時に地元の天祖神社に砂場がありそこで砂遊びをしているとホルマリン漬の切断されたた小指の入った薬瓶がでてきました。
落とし主は砂場の裏にある鳶の親分の家です。
当時アル中だった親分は酔いにまかせ気がのった時は節分よろしく窓から砂場に投げ捨てていたのでしょう。
正直かなり危ない土地で生まれ育ったのです。

長じてたまに小指のない人と酒場で飲む事がありました。
といっても大阪で一回と地元で一回だけですが。
二人とも異口同音、若い時やんちゃなことをしていたむくいで「身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり」を守れませんでした、と言っていました。
さらに、今じゃ、堅気でまっとうに暮らしています、と言葉を重ねていました。
しか〜し堅気でまっとうに暮らしている人がこれみよがしに欠落した指を誇示するものでしょうか。確かに今やその世界から抜けられて生業につかれていると思いますが、もし本当に堅気であれば、その指を隠すとか、包帯を巻いて隠蔽とかするのではないでしょうか・・・

3. としプー
としプー
今日部下との飲み会で「としプー」の話をしたら誰も知りませんでした、マジ?
これはダジャレCMがお得意の豊島園の2013年のプールのポスターです。
「としまえんのプール」と「トシちゃん」をかけて「としプー!」とを掛け合わせたものでしょう。
この画像では分からないのですが、面白かったのはこのポスターの下段に書いてある注意書きです。
トシちゃんが皮靴でプールに立っているのは写真撮影のための特別措置です、とわざわざ断り書きを入れていました。
誰が革靴でプールに入るのでしょうか、これも一種のギャグかな・・・
いずれにしても豊島園は東京都から災害時の避難地域として買上要請の噂がでております。
地元民としては「としプー!」のように匂い(噂)のみで終わることを祈っております。


4. 夏休み
夏休み
皆様、夏休みにはいりましたか・・・
私は仕事が超多忙でまだです。
一日にも早く夏休みに入りた〜い!


IMG_6416
今日は有楽町に出没です。
なにやら美味しい和食を食べさせるお店があるとかで訪れました。
今日のお店は「宝(たから)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1F
電話:03-5233-9888
定休日:無休

IMG_6418
お店の外観です。

IMG_6426
店内の雰囲気です。

IMG_6419
メニューです。

今日のオーダーは「サバの桜干し膳」@1,000円です。
正直なところ「おいしさ日本一!」のキャッチ釣られました。
日本一の味ってどのような味でしょうか・・・

IMG_6423

IMG_6425
待つこと9分で「サバの桜干し膳」が到着しました。
見た目、ピカピカ膳じゃん、です。
何ですかこの光沢はすごいですね、shinyというかgleamingというか艶光りがすごいですね。
気を取り直して実食です。
かるくサバの身を歯噛みすると、ジューシーな肉汁が口内溢れかえるのと同時にほのかな甘みが湧きたちます。
これは美味しいですね。
多分サバを味醂干しにしてスモークしたものでしょう。
副菜もよい仕事がされており、ここの板長はかなりの腕前です。
久々にお奨めの一品です。

それでは(^_-)