下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

赤坂離宮

赤坂 赤坂離宮

今日は「ため息をつくと幸せが逃げる」です。
ため息
だれが言い出したのかは知らないが、「ため息をつくと幸せが逃げる」なんて言葉がある。
確かに、ため息を吐く姿って、いかにも疲れた感じでつらそうだ。
「はぁ〜」と息が漏れる音を耳にするだけで気が滅入ってしまうこともある。
だから一般的には、ため息にマイナスのイメージを抱いている人が多いだろう。
だが、体の機能の面から見ると、ため息はとても役に立つものだという。
「幸せが逃げる」どころか、むしろ「体にいいもの」なのだ。

「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」。順天堂大学医学部教授で、自律神経の働きを研究する小林弘幸氏はこう話す。
息を長く吐くと自律神経のバランスが整う。
ため息がふと出るのは、心配事や悩みを抱えているとき。そんなときの体は、胸やお腹の筋肉が緊張して硬くなり、呼吸が浅くなっている。
すると、血液の中の酸素が不足気味になる。それを補うため、体は交感神経を働かせて血管を収縮させる。
血圧を上げ、全身への酸素供給を維持しようとするわけだ。
「交感神経」は自律神経の一種。血圧や心拍数を高めて体を活性化する作用を持つ。
一方、体をリラックスさせるのは「副交感神経」。両者はいわば、アクセルとブレーキの関係だ。
自律神経のバランスを保つのは、健康の基本だ。
でも、心配事を抱えた人の自律神経は、どうしても交感神経優位に偏りがちなのである。
「ため息は、この偏りを解消します。息を『ふーっ』と長く吐くことで、浅くなった呼吸が深くなり、副交感神経がしっかりと働くのです」と小林氏は話す。
日経Gooday「おとなの体ゼミナール」より転載

会社でため息をつく輩がいますと、ため息をつくな!幸せが逃げる、だろう、とどやしつけています。
小林教授がおっしゃる通り「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用なのです。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」だったのですね。知りませんでした。

前述の小林教授に言わせますと、本当に疲れきったらため息も出ない、そうです。
これは、言ってみればアクセルもブレーキも動かない状態なのでかなりまずい状況なのです。
「体が疲れきって、自律神経の働きが全体的に低下しているのです。交感神経優位の状態からのリカバリー的な調節も、まともに機能しないでしょう」と小林教授はアンバランス型よりさらに深刻であると言われています。

そんな状況になると、ため息はどうなっているかと申しますと「ため息をつきたいことに、自分で気づかないかもしれませんね」という事の様です。
そう思いますと、それに比べましたら、「つい、ため息が出てしまう」状態は、体がリカバリーをしようとしているわけで、まだ健全といえるのでしょう。

結論としては何が原因でため息をついているのかあぶり出しませんと、ため息さえでなくなってしまいますのでその問題を解決しましょう。
私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ」という一種のaphorism(人生への戒め)です。問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない、信用されない、何も任されない、認めてもらえないような人になっては、人生つまらないじゃないですか。ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
トラブルはあなたの価値を決して下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。


これはすごい・・・



IMG_7988 (2)

IMG_7986 (2)

IMG_7989
歩きたいのよ赤坂♪明かりがゆれてるタワー♪ということで念願のお店に行くことになりました。
今日のお店は「赤坂離宮」さんです。

住所: 東京都港区赤坂5-3-1赤坂BIZタワー2F
電話:03-5570-9323
定休日:不定休

IMG_8007 (2)
お店の外観です。
妙齢な女性がこの写真撮影の為にわざわざお店の前に立っていただきました。

IMG_7994

IMG_7998
店内の雰囲気です。

IMG_8008

譚彦琳
オーナーの譚親子です。
息子さんはイケメンですね。


IMG_7995

IMG_8001
メニューです。

今日のオーダー「福建炒飯(福建式あんかけチャーハン)」@2,495円、「椰汁西米露(タピオカ入りココナッツミルク)」@832円、「アイスジャスミンティー」@713円です。

IMG_7992
まずはコットンの白いテーブルクロス&ナフキンの紹介です。
ふわ〜っとしたおしぼりは今治製だそうです。しか〜も香しい匂いつきであります。
なおおしぼりはすでに使ってしまっていましたのでこの画像ではairおしぼりでお許しください。

IMG_7999
ホールスタッフの方から、お飲み物は何を召し上がりますか、と聞かれたので、お酒はのめません、と言いましたら、なにか冷たいものはいかがですか、と聞かれたので、特にいりません、と言いました。
そうしましたらそれに対して、アイスウーロンティーかアイスジャスミンティーがご用意できます、と返されたので、前後の会話からして当然のことながらタダだと思いアイスジャスミンティーをお願いしました。
しか〜し支払金額にしっかりと乗っていました。
特段お金には困ってはいませんが、これってある種の引掛けではありませんか(笑)
タダだと思い、半分以上を残してしまいました。

IMG_8002

IMG_8003
待つこと8分で「福建炒飯(福建式あんかけチャーハン)」の到着です。
見た目宝石箱の様です。
この「福建炒飯」は、食べるにしたがって目の前の宝石のような具材がみるみるうちに輝きだし、細胞のひとつひとつに養分が行きわたっていくように感じました。
特に海老とチンゲン菜の組合せは筆舌に尽くせない程の美味しさであります。
さすが赤坂離宮です。

IMG_8004

IMG_8006
待つこと15分で「椰汁西米露(タピオカ入りココナッツミルク)」の到着です。
プチプチはつらつとしたタピオカが綺麗です。
ココナッツミルクは、さらりとした口当たりですが濃厚な甘みが美味いです。

ということで20分という短い時間ですが、英世さん4人が私の財布からでていかれました。
「コスパ悪し」と言いたいところですが、接客態度もよく、料理もおいしく、雰囲気も良いのであれば「たまには良いでしょう」的お店ですね、ハイ。

それでは(^_-)

赤坂 捨松

今日は「ストレス解消法」です。
「仕事では、カルト事件を調査したり、拘置所に接見に行ったりしなければなりません。
虐待のシーンなど悲惨な写真や無残な写真も見なければならず、強いストレスを感じることもあります。
その中で、いかにストレスを発散して心身の健康を保つかは、私にとって非常に重要なテーマです。
私の場合、あまり深く考え込まないようにすることで、バランスを保っていますが、中には耐え切れず、ストレス障害でドクターストップがかかった臨床心理士さんなどもいますよ」と西田教授は語ります。

sur
そんな西田教授にとって、最も効果的なストレス発散法は、講演などに呼ばれた際、訪れた土地で名物料理やお酒を楽しむことだと言っています。講演や学会では国内外を問わず、毎年色々なところに行きます。海外では、ドイツやフランス、イタリア、スペイン、スイスなど欧州が多く、一方で最近は、米国にはほとんど行かなくなったとのことです。

「私は昔から、欧州の貴族文化に興味があるようで、料理やお酒もそうですが、クラシックコンサートやクラシックバレエ、オペラなどを見るのも好きです。生きているうちにいつか行きたいのが、ウィーン・フィルハーモニーのニューイヤーコンサートですね」と西田教授は語ります。
お酒はワインやビール、日本酒、焼酎など何でもたしなみます。
たくさんある種類の中から自分の好みに合ったものを見つけ出すのが好きで、料理もお酒も職人さんのこだわり、そこに込められた思いを感じ取れるものに心が引かれます」と言っています。

イタリアのトリエステの夕日はことのほか美しく感動的だったと言います。
一方、国内では、秘湯を訪れ、1人で湯船に浸かりながら、ぼんやりするのが至福のときだそうです。
接待などで初対面の人などと大勢で飲むのも、色々と珍しいものを知ることができて楽しいが、1人もしくは気心の知れた友人と料理とお酒をじっくり、ゆっくり味わいたいと言います。
「ちなみに、これまで訪れた中で最も良かったのは、鹿児島県霧島市の秘湯ですね」とも言っています。
「人はなぜ、だまされてしまうのか?」西田公明立正大学心理学部 対人・社会心理学科教授interviewより転載
ストレス解消法1
今日のふりネタは社会心理学者で、且つマインドコントロール研究の第一人者の立正大学心理学部の西田公昭教授のinterviewです。彼は温泉入浴がストレス解消法の様です。
ストレス解消法ですか・・・
私は懸案事項がたまっている事がストレスですので、それを処理するのがストレス解消法です。
特に苦手な案件は真っ先に着手すればよいのに放置するきらいがあります。
そういうのに限ってやってみればたいしたこともなく、いつも放置していたことを悔やんでいます、と言っていますとなにか異常な感じもしますので真面目に私のストレス解消法を考えてみました。
しか〜しこれと言ってないのです。
食べ歩き、マラソン、旅行等は大好きですが、これらはかえってストレスの原因になっています。
食べ歩きはほとんどの場合、何を食べるのかを事前調査してから行きます。
行き当たりばったりの僥倖はあまり感激がありません。
色々と検討を重ねて行ったお店が美味しかった時に感激は極大化するのです。
マラソンなんかはなにが悲しくて42.195劼眩らなければならないのでしょう。
で〜ものめり込んでしまったのは達成感であります。
労苦が多ければ多いほど達成感は深まるのです。
最後の旅行は企画立案するのにはいつも呻吟していますしね。
どちらかと言えば、旅行の最中より旅行の企画が整ったときに無上の喜びを感じます

ぼ〜っとしていたらストレスが取れるという話を聞きつけ、その通りにぼ〜っとしていましたら、かえって疲れてしまいました。個人的には「忙中閑あり」です。
忙しいからアイドルタイム(idle time)がありがたいのです。
よく定年後は好きな魚釣り三昧と広言している方がおられますが、それこそ毎日釣りにいっていましたら、それは趣味ではなく漁師であります。

お酒はストレスが取れるといいますが、確かに飲んでいるときはストレスが取れたような感じになりますが、それはヴァーチャル(virtual)の世界での話であり、酔いが醒めてリアル(real)な世界に戻れば、酒席での盛り上がりに大いなるギャプ(gap)を感じるのは私以外にもおられると思います。

個人的には我慢の先に幸せの花が咲くと思っています。
要はストレスを作らない事に越したことはありあませんが、どのようにしてもできるものですから耐えればよいのです。思うにまかせない状況を耐え抜くことは、これまでとは違う、新しい自分を作りなおす作業でもあります。
我慢して耐え抜くことにより希望が生まれ、自分の中の新しい希望の扉が開かれていくのです。
で〜もこの可能性を信じない人にはしあわせは訪れません。
絶望の隣には、希望がそっと座っていますよ。


Cool!



IMG_7700

IMG_7705
今日は赤坂に出没です。
今日は赤坂に来たので「赤坂離宮」に行こうとキメ打ちしていたのですが、豈図(あにはか)らんや超満員で入れませんでした。ということで店替えをして向かった先は、会津蕎麦、肉割烹の名店「捨松」さんです

住所: 東京都港区赤坂5- 3-1赤坂Bizタワー2F
電話:03-5544-8765
定休日:無休

IMG_7702
お店の外観です。

IMG_7701
メニューです。

今日のオーダー「さばのからあげの野菜あんかけと会津そば、お惣菜付」@900円です。
店名の「捨松」はNHK大河ドラマ「八重の桜」をご覧の方はご承知のとおり、会津藩の国家老・山川尚江重固の末娘で長じてアメリカ留学を果たし、仇敵・薩摩人の大山巌夫人となった大山捨松さんの名前からつけられたものです。

IMG_7703
待つこと5分で「さばのからあげの野菜あんかけと会津そば、お惣菜付」の到着です。
見た目volumy(和製英語)です。

IMG_7704
まずは「さばのからあげあんあかけ」をいただきました。
鯖のからあげは熱々です。
意外にジューシーで美味しいです。
鯖の臭みもなく高評価です。
会津蕎麦はそばの実の芯部分を使った「更科系」の生地に、そば殻を練り込んでいるのが特徴だそうです。
これもまずまず感ありでイケます。
個人的には私の大好きな温泉卵もついていたので大満足のランチとなりました。
赤坂でこの内容で@900円ですか、コスパ良いですね、ハイ。

それでは(^_-)

続 浜松町 三和

今日は「周富徳異聞」です。
蓄膿症になりました。締め付けられるような重い頭痛が我慢できません。
あまりにひどいので地元の耳鼻咽喉科にいきましたら、どうやら風邪を気合で治そうとしたところこじらせたみたいで重度の蓄膿症になっていたようです。
間断なくたれ落ちてくる粘度の高い青色の鼻水の攻撃には正直まいりました。
地元の医者は古くからのかかりつけなので、私にあった薬を与薬していただきますので、ここで診てもらえれば直ぐに治ります。

めずらしく早い時間に家の近辺にいたので、近くの中華料理屋さんにいきました。
実は早退したのです。
ここで雑談するのは私の楽しみの一つなのです。
雑談から雑談の行きつ戻りつの中で、最近亡くなった周富徳さんの話になりました。
ここのご主人はかつて「赤坂離宮」で周富徳さんのセカンドとして働いていました。
その関係で親族からお声がかかり、周富徳さんの「偲ぶ会」には行く予定をしているようです。
どうやら周富徳さんは昨年夏から糖尿病を患っていて体調はよくなく、家族の方からは悲観的な話は聞いていたので、今回の悲報にはそれほどの驚きはなかったようです。

ご主人は、周富徳は天才だ、と褒め称えていました。
彼が考案したという「エビマヨ」は
一つには中華料理の調味料にマヨネーズを取り入れた事
二つには隠し味に紹興酒ではなく洋酒であるジンを用いた事
この二点がすごいとしていました。
今ではマヨネーズの食材に対する親和性は知れ渡っていますが、最初にそれを使おうとした点は高い評価が与えられるそうです。
さらに隠し味ジンを用いた事です。
もし普通の中華料理のように紹興酒を用いたのなら甘い仕上がりになり、今の様なキリットとした味にはならなかったそうです。
言い換えれば「コロンブスの玉子」なのですが、発見者の功績は大きいとしていました。
ちなみに中華料理店「広東名菜 富徳」では14日、周さんの味を求めて多くのファンが訪れました。
といいますのはマネジャーの長男・志鴻(しこう)さんが、亡き父が考案した「エビマヨ」を、来店した客に無料で提供したからなのです。
ランチタイムには約200人が足を運び、“炎の料理人”の死を悼んでいました。

周富徳さん、その翌日に亡くなれた佐野実さん共々「糖尿病」からくる合併症でなくなっています。
糖尿病は典型的な生活習慣病で糖分、糖質の摂りすぎが引き金になり、合併症が怖いと言われています。
一言で言いますと血管の病気で、脳出血や失明、足などに壊死(えし)を引き起こすのです。
た〜だ、きちんと食事のカロリー計算をすれば長生きするケースも多く、人によっては「一病息災」となることもあるそうです。

しか〜し、味見などで常に食べ物を口にしなければならない食のプロは、一般の方よりリスクが高いのではと、このお店のご主人にやんわりと言いますと、
そうなんですよ、糖尿病は職業病なんです。
今の内に高額な生命保険に入っておこう、と大きくつき出たお腹をペシャペシャたたきながらおっしゃっていました。それだけかなぁ、と聞こえないよう呟いたのは私です。

周富徳
個人的にはよく周富徳の弟といわれていましたので相貌は似ていたようですが、今このように見くらべると似ているのは目の感じくらいで全体としては似ていないように思います。
よく青山にいくと「広東名菜 富徳」に行っていました。
その度に中華鍋から高く燃え上がる炎が印象的な炒飯を頂きましたが、二回も舌を火傷してしまい、料理ではなく炎熱テロだと激怒した思い出があります。

いずれにしても「中華の鉄人」がその輝かしい人生の幕を引いたのはたしかです。
生前の功績に敬意を表し・・・合掌。


1992年東京の風景


IMG_0307
今日は小糠雨降る浜松町に出没です。
今日のお店は、築地の仲卸人が経営しているという、ランチ営業のみの海鮮丼専門店です。
オテル・ドゥ・ミクニ(自然派創作フランス料理)の三國シェフはこの仲卸人に鮮魚の仕入れをまかせているとかで、その仲卸人は多忙なのでたしか甥っ子に切り盛りを任せているようなことでした。
今日のお店は、イタリア街の三井ガーデンホテルそばにある高級鮮魚卸「三和」さんです。

住所: 東京都港区浜松町1-5-10
電話:090-7637-7579
定休日:土曜・日曜・祝日 (11:00〜14:00 ランチ営業)

IMG_0308
お店の外観です。

IMG_0315
店内の雰囲気です

IMG_0314
メニューです。

今日のオーダー「ちらし丼上」@1,000円です。
今日お邪魔しましたら甥っ子夫婦はいなかったようで前回訪れた時にあった、甥っ子夫婦の子供用のゲージは店内にはありませんでした、その代わりにご仲卸人でもあるご主人が調理場に立っていました。

IMG_0311
待つこと3分でみそ汁と漬物の到着です。
みそ汁美味しいですね。
具はあさりとワカメなのですが、特に肉厚の厚いワカメは風味がとろけででていて
ねっとりと美味しゅうございました。

IMG_0312

IMG_0313
待つこと4分で「ちらし丼上」の着丼です。
具はまぐろ、サケ、イカ、タコ、海老、ホタテ、タイ、カンパチ、玉子です。
見た目色鮮やかです。
それでは実食です。

前回同様シャリが今一つですね。
酢の混ぜ合せが雑のような気がします。加えてシャリに温かさがありません。
個人的にはシャリは人肌でしょう、かなり冷えています。
具はまぐろ以外特筆するものはありません。
ただまぐろは白眉と申したら失礼なのですがかなりのレベルです。
どうやらここはまぐろのお店のようです。
次回は「上ネギトロ丼」をいただきましょう。

IMG_0316
この画像はご主人が仲卸の時に使用する車です。
一回TVで観ていたので記憶していました。
偶然見つけたのでパチリしました。

それでは(^_-)

大泉学園 八

今日は「オムニバスの日々」です。
今日は「オムニバスの日々」です。
「オムニバスの日々」は私の日常の雑感を纏めたものです。
宜しかったらお付き合いください。

#じっとこの画像を見続けて下さい・・・
じっと見ていると
I have no idea what's going on.
I think about it for a bit・・・

#河内熟子(かわちじゅくし)
IMG_6120

IMG_6121
お菓子のroots柑橘類である事をご存じの方は少ないと思います。
垂仁(すいにん)天皇の命を受けて不老長寿の薬を求めて唐、天竺にいったのが田道間守(たじまもり)です。
その田道間守が持ち帰ったのが「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」、今でいう橘(たちばな)です。
折角、勇んで持ち帰ったものの、その時天皇はすでに身罷(みまかわ)れており、悲しみのあまり、墓前に橘を植え絶食をしたという話が残っています。

そのような歴史の悲話に思いを馳せる事ができる和菓子が仙太郎さんの「河内熟子(かわちじゅくし)」です。
「河内熟子(かわちじゅくし)」は「河内晩柑」という大ぶりなみかんに蓄えられたみずみずしい果汁を糸寒天、甜菜糖、吉野葛で包み込んだ一品です。
特によくよく冷やして食べれば、ほっぺが落ちるくらいに美味しいですよ・・・

夏の乾いた体を癒してくることは間違いありません。
宜しかったら最寄りのお店で求めてみては如何でしょうか・・・
お奨めの和菓子です
お店のHPです。

#会社の先輩の死
会社の先輩が突然亡くなりました。
死因は脳梗塞です。
日夜セブンイレブン(CVSの事ではありませんから)で仕事をしながらもキッチリとイレブンからはあびる様にお酒を飲んでいたのが遠因のようです
いくら柔道で鍛えた体でも脳だけは鍛えられなかったようです・・・

葬儀に行った会社の仲間は皆異句同様に、死ぬには早すぎる、と言っていました。
個人的には、先輩の人生は寿命としては短かったのですが、その人生は濃密であり他の人の一生分は生きたと思っています。
遺族の方の悲しみは幾許(いくばく)のものかと思いますが、先輩は日曜日(土曜日は出勤していた)には日頃の罪ほろぼしなのか、みっしりと家族サービスをしていました・・・
孫の顔を見られなかったのは残念でしょうが、一番可愛がっていたお嬢さんはめでたく華燭の典をあげていますし、ある程度父親の仕事は果たせたのではないかと思っています。

日頃先輩は、成功の反対は、何もしない事だ、と言い続けていて、自らeveryday positiveを心がけていました。
人の死は不公平なくじ引きです。
くじが当ってしまうまでは、全力で生きなくてはいけません。
言い換えれば“死ぬまで生きろ”です。
日頃、電車に飛び込みたいとか広言して命を粗末に考えている人達は、もう少し生きたいと思っている人に寿命を分けてあげてください。


今日は長男が帰省しています。
たまには美味しいものを食べようということで、車でわざわざでかけたのは、大泉学園で最近人気急上昇中の広東料理の名店「八」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日

IMG_6172
お店の外観です。

IMG_6176

IMG_6188

IMG_6187
店内の雰囲気です。
ご主人は赤坂離宮で周富徳さんと一緒に仕事をしておりその後銀座の広東料理の名店を経て新鮮な朝採れ野菜が豊富な大泉学園に転身されたそうです。
奥様も中国料理の名店で点心(デザート)部門をまかされていました。
今大泉学園の地に中国料理の絶巓を極めた二人がこのお店を運営しています。
言い換えれば広東料理の名店が当地ににわかに出現したのです。
ちなみに店名の「八」は、ご主人の強いこだわりで末広がりの「八」から命名されました。
中国ではこのお目出度い意味から中国料理店名にはよく使われるそうですよ・・・

IMG_6194

IMG_6195

IMG_6175
メニューです。

今日のオーダーまずは点心
「とうもろこしシューマイ」@750円
「ドライトマトとえびの蒸しギョーザ」@750円です。

IMG_6179
「とうもろこしシューマイ」は肉がみっしりとつまっていて且つジュシ―です。
とうもろこしの黄色いアクセントが香りをふくよかにしています。
これはすごく美味しいです。

IMG_6180
「ドライトマトとえびの蒸しギョーザ」は初実食です。
えびのプリプリ感とトマトの酸味がbest matchです。
初夏を彷彿させる一品です。
夏のウマウマです。

麺飯です。
「叉焼炒飯」@900円
「五目あんかけやきそば」@1,000円
「坦々麺」@850円です。

IMG_6181
蜜汁叉焼 (広東式チャーシュー)を主材として作られた炒飯です。
あおりが良いのでご飯のパラパラ感が楽しめます。
味ですか、とても美味しいですよ。
特に蜜汁叉焼 が光っています。
安定感ある一品です。

IMG_6184
「五目あんかけやきそば」は地元朝採り野菜が光る一品です。
麺の揚げ方も完璧、味付けも過不足なく、餡のトロミは光っています。
これはとても楽しめる一品です。
素材そのものの味を楽しみたい方にお奨めの一品です。

IMG_6185
「坦々麺」は本格派です。
本場花椒(ホワジャオ)を使用したスープは辛味の強い味付けになっています。
セサミペーストが香ばしいですね。これは美味しい「坦々麺」の基本です。
白眉は全粒粉(ぜんりゅうふん)を使用した麺です。
モチモチ感あり、歯ごたえもあり、「坦々麺」には一番適した麺だと思っています。
ここの「坦々麺」は東京でもトップレベルでしょう。
夏バテで食欲がない方にお奨めの一品です。

デザートです。
「杏仁豆腐」@400円
「マンゴープリン」@400円です。

IMG_6193
「杏仁豆腐」はトッピングにキウイとブルーベリーです。
とてもトロピカルな一品に仕上がっています。
甘さも過不足なくミルクテーストが味を深めています。
安定の一品です。

IMG_6192
「マンゴープリン」はボリューミーなマンゴーが散りばめられています。
見た目よりマンゴーのエッセンスが濃縮されています。
フルーツデザートの極みの一品です。
挑戦的な一品です。

ということで大泉学園に鄙にも稀なとても素晴らしい広東料理店が出現した事はまちがいないようです。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ