下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

豚カツ

小川町 ポンチ軒

今日は「隅田川にダイビング・・・」です。
眼底出血の後遺症で左目が良く見えないので極力運転はしないのですが、この間奥様と下町にある菩提寺に午前中に行かなければならない用事があり、普段は絶対に乗らない首都高速を時間短縮のために利用したのです。
降り口
駒形橋ジャンクションから降りる際に、そういえばここから歩いておりたよな、とつぶやいたら、奥様が、えっ、こんなところから歩いておりたの。しかも深夜の3時頃だったじゃない、と驚いていました。
よくトラックに跳ね飛ばされなかったわね。
ここで跳ね飛ばされたら隅田川にダイビング・・・
で〜もあなたの事だから泳いで護岸にたどり着くわよね、って笑っていました。
馬鹿も休み休み言ってください。
真冬の3時ですよ。しかも泥酔していたので護岸に着く前に天国に着いていたでしょう。

なんでこのような恐ろしい事になったのかを説明します。
私が若かりし頃、癖のある上司と渋谷で取引様を接待し、お決まりの通りに電車がなくなり、取引様をタクシーに乗せた後、私たちもタクシーで帰宅の途に着いたのです。
当時はタクシーチケットが自由に使えたので、接待の後は電車で帰りたくないものですから、終電が無くなるまで飲みその後タクシーでの帰宅が恒常化していたのです。
その当時私は浅草に住んでおり上司は柏です。
私はタクシーをつかまえて乗るやいなや運転手に浅草経由柏に行くよう告げました。
しばらくたわいもない話をしていたのですが、突然上司がタクシーの運転手に柏経由浅草に行くように指示を変えたのです。
いくら当時はバブルの真っただ中とはいえ、渋谷から浅草経由での柏と渋谷から浅草を通過して柏経由の浅草とでは料金が倍半分くらい高くなります。
要は後者のルートですと浅草柏間を往復することになりますからね。
私は酔っていることもあり上司にいくら会社の経費といえども経済的に使うのが当たり前でしょう、と噛みつきました。
すると上司は、タクシーの帰宅においては、上司を先に降ろして、それから部下が降りるのは日本の常識だ。
ふざけるなと、逆ギレしたのです。
しばらく言い争いが続きました。
おりくち
すると駒形ジャンクション当たりでくだんの上司が突然、わかった。お前の言うとおりにしてやるよ。浅草で降りたいんだろ、と言って高速道路のジャンクションの上で降ろしたのです。
本当に降ろした運転手も運転手ですが、降ろさせたこの上司は正気の沙汰とは思えない所業であります。

誰もこのような経験はないと思いますが深夜の3時頃に高速道路のジャンクションを歩く恐さは尋常なものではありません。そりゃそうです。こんな時間にジャンクションから人が降りてくるとは誰も思いませんから。
特に運転席が高いトラックは私の事が全く見えないので、何の頓着も無しに私のすぐ脇をビュンビュンとハイスピードで通り抜けています。
さらに高速道路の欄干って意外と低く、漆黒の隅田川を恐々と覗き込むと、まさにその闇に吸い込まれそうな感じになります。もう一方で激走するトラックに跳ねられれば即座に隅田川に向かって死のダイビングです。
結局何とかジャンクションを走って降りて家についたのですが、寝ずに待っていた奥様にこの話をすると、そんな上司のいる会社やめてください、と大激怒の極みでした。

私は本当に腹がたったので一週間位この上司と口をききませんでした。
すると上司から、最近お前から何の報告もないけれど何か問題あるのか、とたずねてきたのです。
私はこの前の高速道路での一件を話し、謝罪がないかぎり、貴方とは口をききたくありません、と答えました。
するとこの上司は言うに事を欠いて、そんなことがあったのか。まったく覚えていない。酔って覚えてないものには謝りようがない。仕方ないだろう、と「けんもほろろ」の答でした。
個人的には、この人って違う意味での大人物かもしれない、と感心したものです。
実話だけに今このように思い返しても戦慄してしまう話であります。


笑ってください!



今日は神田小川町に出没です。
IMG_9791
なにやら美味しい「とんかつ屋」さんがあるというのでお訪(とな)いをいれいました。
今日のお店は「ポンチ軒」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-8 扇ビル1F
電話番号:03-3293-2110
定休日:日曜日、第3月曜日

IMG_9792
お店の外観です。

IMG_9798
店内の雰囲気です。

IMG_9795
メニューです。

今日のオーダー
私「上ロース豚カツ定食」@1,500円です。
このお店はとんかつ「庄司」さんの居ぬきです。
そう言えば店名が変わっていましたね。

IMG_9794
名物「太陽ソース」を含めた調味料の面々です。

待つこと5分でソース小皿の到着です。
IMG_9797
手持ち無沙汰だったので小壺に入っていたキザミキムチを頂きました。
かなり辛かったので舌が麻痺してしまいました。
食べる前なのにちょっと軽率でした。
で〜もキムチの味は浅漬けで美味しかったですよ。

待つこと25分で「上ロース豚カツ定食」の到着です。
IMG_9799
見た目カラッと揚がっていて美味しそうです。

IMG_9800
まずはこのお店の一押しの「太陽ソース」でいただきました。
うん玉葱の甘さですか後味が残るソースです。
うんこれはソース勝ちで豚カツ負けですね。
次に「豚カツソース」で頂きました。
うんこれはしっくりしました。
この豚カツにはこのソースが合いますね。
最後に岩塩でいただきました。
うんこれは脂身がすくない豚カツなので塩勝ちですね。

味ですか衣はサクサクしていて美味しいのですが、火を通し過ぎの様に思いました。
IMG_9802
時計をみていて肉の蒸らし時間を見ていたのですが、大体4〜5分程度でした。
個人的には芯にほんのりピンクが残る絶妙な火の通し方が好みです。
この方が熱々で美味しく感じるからです。
このあたりは個人の好みです。
接客がとても良かったのでもう一度行ってみようと思っています。

それでは(^_-)

三郷 林や

今日は「日本英語」の話です。
日本にきている英会話圏の人たちは時折Strange signに出会うそうです。
たとえば「Don’t run into the train」です。これは日本語では「駆け込み乗車をしないで下さい」という様に日本人は理解していますが、英会話圏の人はこれを「電車の表面につっこんでかないで下さい」と聞こえるそうです。
このことを正しくいうのであれば「Don’t run onto the train」です。理由はバスとか電車とか人数が多い乗り物には歩いて乗りますよね、だから床の上に上るみたいなイメージがあるのでontoのようです。その一方少人数で坐って乗る車とかタクシーはintoを使います。よってタクシーにontoを使うとこれはタクシーのルーフに登るという様になりますのでこれまた変な英語になります、英語はやはり難しいですね(笑)
それと英会話圏の人は日本人から自己紹介を受けた時、早く言われると苗字と名前の区別がほとんどできないそうです。例えば「中久保正人」さんです。これを一気にいわれると「なかくぼ」さんと「さとう」さんとの二人の苗字に聞こえるそうです。中間の「ま」は聞き取れないのです。
そういう意味ではお互い様ですね(笑)

今日は今週のアド街ック天国「三郷」編に出演します、「豚かつ」の名店「林や」さんです。
林や1
お店の外観です。

住所: 埼玉県三郷市戸ケ崎2952-2
電話番号:048-955-4244
定休日:不明

このお店地元では有名な「豚カツ屋」さんです。今日は取引先の専務に美味しい「豚カツ屋」さんがあるというので連れってもらいました。昼のコアタイムすぎているのに超満員です。林や2
今日のオーダーは「ミックスフライ(海老フライ、ヒレ勝、牡蠣フライ)定食」@1,150です。

林や3
まず驚いたのはこのパフォーマンスでこの値付けです、すごいですね。
味ですかまず海老フライですが美味しすぎです。この巨大な海老がプリンプリンに揚がっています、とても美味しい。次にヒレ勝です。これは柔らかくて口の中でとろけていきます、信じられません。そして牡蠣フライです、大ぶりなので味を気にしたのですが、完璧に杞憂でした。磯の香りがドップリと詰まっていました、これも美味しいです。
そして嬉しいことにご飯はこのようにジャーがおかれて食べ放題です、さすが地元の繁盛店です、アド街で取り上げられるのも充分に納得ですビックリマーク
【この画像はオニキス16号店さんからの転載です】

それでは(^_-)

鳩ヶ谷 勝まさ鳩ヶ谷店

今日帰りの電車で立っている酒臭いオジサンの視線が熱く本を読んでいた私は顔をあげその視線に対峙しました。よくよく見ると高校の同級生のKまい君です。
私は「何だkまいか」といったものの、毛もなくメタボの同級生がとても同じ年に見えず、定期的に会っているのにも係わらずあらためて驚きを禁じ得なかったのでした。
結局当然のことながら飲みにいき今現在二日酔いの予感がする今日この頃です。

今日のお店は「勝まさ」鳩ヶ谷店です。


ここのお店は、自然の中で健康に育てられた国産銘柄豚を丹念に熟成。ジューシーで柔らかな旨みが特徴な本格こだわりとんかつ。肉はもちろんのこと、ソース・野菜・油・パン粉・米・玉子にもこだわり続けるというのが惹句です。

埼玉県鳩ヶ谷市八幡木1-22-3
住所: 埼玉県鳩ヶ谷市八幡木1-22-3
電話: 048−285−6606

前回ここで「ロース豚カツ」を食べその美味さに絶賛したものですから、今日は連食です。
獲物は「カキフライ定食」@1,380です。


味ですか、一見美味しそうに見えるカキフライですが、衣が厚く身と衣の間がスカスカです。
カキ肉もそれほどに美味しくなく、海のミルクの感じは全くありません。
豚カツが美味しかっただけにとても残念でした。
こういう日もありますよね(悲)

それでは(^_-)

御成門 とんかつ「燕楽」

亡き母の命日が明日なのですが、所用でいけないため奥様と二人で今日墓参に行きました。今年で亡くなってから九年目です。月日の移ろいは早いものです。
いつも菩提寺でお花を買っていたのですが、それはお彼岸のような墓参客が多いい時のご用立てだそうで今日は置いていませんでした。
仕方ないので車で探し回りましたが、今お花屋さんって少ないのですね(笑)
大分ドライブしてしまいました。

今日のお店は御成門とんかつ「燕楽」です。
燕楽外観
お店は新橋六丁目ですがほとんど芝です。でも最寄り駅は御成門(A3出口)です。場所は芝神明商店街を抜けて新橋側に真っ直ぐ抜ければ着きますのですぐに分かりますね(^_^)v


そうそうここのご主人は今話題の中国の方で馬宝春(マホウシュン)さんです。
お店の名前は、燕も楽も中国ではお目出度い漢字だそうで欲張って二つ合わせたそうです。
中国では燕が訪れた家には幸せが訪れるという言い伝えがあり、所謂中国版「青い鳥」のようです。
なんたってロース豚カツ店東京第二位の店ですから期待は高まります。
豚肉は人気の「平牧三元豚」です。
特にロースカツは内臓周りのラードだけを使って低温で10分以上揚げているので、脂身の美味さが見事に引き出されているそうです。
特注のパンから作る自家製パン粉のほか、注文が入ってから手切りするキャベツなど随所に職人の拘りが見え隠れします。

注文したのはカツ定食@900です。
燕楽豚カツ
ご主人の奥さん(奥さんも中国人です)が気さくな方でホッコリします。ビジネス街の土曜日であるのにも拘わらず混雑していました


味ですか肉は柔らかくて美味しかったのですが、衣が硬すぎたかなという感じでした。
それと衣そのものがたち過ぎていてもう少し香りが欲しかったですね。
最後に奥様の食べていたのを少しつまみましたら、こちらはそれでもやや硬でしたがさっくりしていました。
六〜八枚位まとめて揚げますので温度管理は難しいとは思いますが、そこは職人なのですから更に精進していただきたいものです。
でも外剛内柔の豚カツは@900の値づけからしたら大満足です。
とくに豚汁は秀逸でした、大根、人参等野菜との相性良かったですね。

それでは(^_-)

		

B級グルメ

家でBBC放送なぞ聞きながら英語の勉強をしており、今日はほとんど引篭もり状態です。夕方に定期を買いに練馬駅に行きました。

定期購入後少し練馬駅周辺を逍遥します。
まず目に飛び込んできたのがこの看板「B級グルメ俺んち」、まさしくわが世界です。


でもお品書きをみると、ただ単に安いだけなのかも知れませんね。
代替テキスト


この後練馬で特大豚カツで超有名な「とん陣」の前で立ち止まります。


これはショーケースの写真です。
この店のお約束は以下の量を以下の条件で25分以内で食べることです。
ジャンボロースカツ定食 総重量2.5KG
【内訳】
ロースカツを750g、キャベツ千切り750g、味噌汁2人前ライス600g、お新香
【条件】
,茶1杯
▲宗璽1本(200g)
失敗の際は、料金5,000円
食べる時は水気のものが欠かせない私にとって、なにやらお茶一杯ではこの超特大豚カツが喉につっかかりそうです。
私なら挑戦する以前に、喉に食べ物を引っかけながらの食事はイヤですね。
話し変わりますが、たしかここのお嬢さんオリンピックかなんか出て一躍時の人になったことを覚えています、しかし何の大会でしたっけ?

最後は地元の大鳥神社です。
お酉様は浅草しか行かないので多分行くことは無いと思われますが一応練馬にもあるのです。



それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ