下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

谷根千

続 本郷 ブルークレール精養軒

今日は「根津神社でつつじを愛でる」の話です
10連休のGWに突入しました。
諸事、雑事が多く前半戦は家の中で片付けしていました。
その中で、ポカンと1日が開いたので、根津神社に奥様とつつじを見に出向きました。
谷根千につくとやはりGWですから賑わっていました。

IMG_4044

IMG_4060
根津教会の前を通って根津神社に行くとつつじ苑は50分待ちです。

IMG_4059

IMG_4056
根津神社に来て見ますと境内はつつじ苑に入園する観光客であふれ返っていました。

約2,000坪のつつじ苑には、約100種3,000株のつつじが咲き競っているのですが、50分かけて並んでまでして入らなくても外からでも充分に楽しめます。
という事でつつじ苑を外からパチリしました。
IMG_4046

IMG_4048

IMG_4050

IMG_4052

IMG_4053

IMG_4054

IMG_4058

IMG_4061
根津神社でつつじを見た後は、フラガールの後について、今日のお目当ての「nice Chroma Co.,Ltd」さんに出向きました。

1523027_

18920637_1364212116966149_3571821475075829705_n
このお店は東急百貨店等に出店している有名靴店で靴全てが手作りです。
アクセサリーも本物志向でそのクオリティは高いとされています。

IMG_4076
奥様はここで高級サンダルを求めました。
上の画像が求めたサンダルです。
しかし、いくら手作りだからといっても14,500円は高くないでしょうか。
そこで私がネゴシエーターとして起用されタフネゴシエーションの結果・・・
値段は書けませんが、それなりの値段に落ち着きました。

IMG_4066
買い物の後、久々に母校?の東大に出向きました。

IMG_4062

IMG_4064
東大の入り口に境稲荷神社がありました。
井戸がありましたので井戸水を出水してみました。
とても冷たくて気持ちが良いですね。

東大キャンパスは縁が濃いです。
しばらくはキャンパス内をぶらぶらしていました。
IMG_4067

IMG_4068

IMG_4083

IMG_4086

小腹が空いたのでコーヒーブレイクです。
今日のお店は「ブルークレール精養軒」さんです。

住所: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 医学部附属病院入院棟A 15F
電話:03-5842-8261
定休日:無休

IMG_4069

IMG_4082
お店の外観です。

IMG_4073

IMG_4081
店内からの眺望です。

IMG_4075
店内の雰囲気です。

IMG_4074
メニューです。

本日のオーダー
私は「プリンケーキ&珈琲」@880円
奥様は「スウィートポテト&紅茶」@880円
です。
IMG_4078

IMG_4079
待つこと10分共に到着です。
デザートプレートが綺麗です。
卓越したセンスを感じさせます。
味も良いです。
共にしっとりとした甘さで珈琲、紅茶に良く合います。
ここでまったりとした時間をすごしました。

IMG_4084

IMG_4087
幾何学的な不思議な通路を通って駐車場に向かいました。
東大は私の卒業大学ではありませんが、家族が神田に住んでいた頃、母がよく私を遊ばせに連れてきた思い出深い場所であります。
こんなあっさりとした日もあります・・・

それでは(^_-)

根津 オトメ

今日は「掛守を求めに谷中へ 其の壱」の話です
私は軽い前立腺肥大になりその抑止のためにドクターから処方された薬を飲んでいます。
実はこの薬を飲むと翌日にはその副作用で疲れが残り寝起きは頭がボーっとしています。
次男と渋谷にピッツアを食べに行った時に、11年前に奥様から買ってもらった「掛守」風のショルダーポーチをこの副作用により失くしてしまったのです。
粘着質な性格な為、それこそ血眼になって探したのですが出てきません。
こういう時には切り替えが早くて代替品を買いに11年前にショルダーポーチを求めた「丁字屋」さんに奥様と出向いたのです。

#丁字屋
IMG_2694

IMG_2696

IMG_2698
お店の外観と店内の雰囲気です。

IMG_2699

da910a88-s
壺池です。
夏には金魚が泳いでいます。

e9e265e7-s

IMG_2784
上の画像が失くした「掛守」で下の画像が新しく買い求めた「掛守」です。
「掛守」とは江戸の頃使われたお守りを入れる袋です。
昔は、お守りは袂なんかに忍ばせていたそうですが、それがよれたりシワシワになったりするので、酒袋で作った袋で首から下げて持ち歩くようになったとの事です。
今はスマホの入れ物に転じたのです。

IMG_2695
このデザインは鎖模様です。
ご主人からは、ルイ・ヴィトンの2代目を継いだジョルジュ・ヴィトンがジャポニズムの真っただ中の仏蘭西でこの鎖模様をルイ・ヴィトンのデザインとしてパックたみたいと説明をされていました。

sub_031
個人的にはパクったのは市松模様のような記憶がありました。
このご主人とのディスクレについては仏蘭西語が話せませんし・・・
あえてルイ・ヴィトンに確認する気はさらさらもありませんでした。
いずれにしましても、ゴッホ同様にジャポニズムはルイ・ヴィトンにも影響を与えていたのでした。

IMG_2701

IMG_2704
谷中の街は金栗四三さん一色でした。
すごいですね「いだてん」効果は・・・
という事でランチです。
今日のお店は「オトメ」さんです。

住所: 東京都文京区根津2-14-8
電話:03-3821-5422
定休日:水曜日

IMG_2718
お店の外観です。

IMG_2709

IMG_2710
店内の雰囲気です。

IMG_2717
建て替えのお知らせです。

IMG_2713
メニューです。

今日のオーダー
私は「エビと野菜のあんかけ焼きそば」@950円
奥様は「エビと野菜のあんかけカタ焼きそば」@950円
2人でシェアした「餃子」@450円です。

IMG_2708
座るやいなやお水が運ばれてきました。

ランチのコアタイムを外して行ったのですが満席でした。
半分はジモティで半分は谷根千ツアーの方々みたいです。
店内はなにやら昭和レトロの喫茶店みたいです。
こちらは以前「オトメパン」というパン屋さんだったそうです。
従いまして麺が美味しいそうです。
IMG_2711
待つこと22分で「餃子」の到着です。
これは見た目でわかります。
この餃子は美味しいでしょう。

IMG_2712
それでは実食です。
皮美味しです。
そして餡も美味しです。
意外にしとやかな乙女チックな味わいでした。
美味しいです。

IMG_2714

IMG_2715
待つこと28分で「エビと野菜のあんかけ焼きそば」と「エビと野菜のあんかけカタ焼きそば」の到着です。
ビジュアルがすごくキレイです。
それでは実食です。
エビがとても美味しいです。
麺は両方とも軽めな味わいで高評価です。
餡は味付けが控えめですがそれが素材の美味しさを極大化しています。
これもまた乙女チックな味わいでした。
生粋の下町っ子としてはかなり上品な中華料理屋さんという感じでしたが、料理は楽しみながらいただきました。

それでは(^_-)

続 谷中 一寸亭

今日は友達の恥ずかしい話シリーズです。
(1) オグシオを競馬馬だと思っていた
(2) 味噌ラーメンを味増(アジマシ)ラーメンだと思っていた
(3) 巴選は土俵の上で三人が戦うものだと思っていた
(4) イカ○をイカワと読んでいた
(5) WBCはダルビッシュの略だと思っていた
【安住紳一郎の日曜天国より転載】ありえるかな、ちなみに(4)は私です。

今日は桜を求めて奥様と都内を転々としていましたのでパチリでご覧下さい。一寸亭11
まずは矢吹丈、力石徹がいたという東京少年鑑別所です。所謂「練鑑」ですね。

人里離れた塀の中
この世に地獄があろうとは
夢にも知らない娑婆の人
知らなきゃ甥らが教えようか
身から出ました錆びゆえに
厭なポリ公にぱくられて
手錠かけられ意見され
着いた所は裁判所
鬼の検事に蛇の判事
付いた罪名は傷害罪
廊下に聞こえる足音は
地獄極楽分かれ道
青いバスに乗せられて
揺られ揺られて行く先は
その名も高き練馬区の東京少年鑑別所

これが練鑑ブルースですが替え歌なので作者不明です。
一寸亭12
もっと閉鎖的なところかと思っていたらそうでもないですよね。

一寸亭13
その後「谷根千」にいき谷中墓地で観桜ですが、酔客の盛り上がりとは裏腹に桜は二部咲き程度でした。

一寸亭14
徳川慶喜家の墓です。慶喜以下三代の子孫が眠っています。しかし私の奥様は「慶喜」と篤姫の旦那様「家定」とを勘違いしていたのですね。じゃなきゃお墓を見に行こうなんて言う訳ないものな(笑)

一寸亭15
今日の目玉「ショコラティエ イナムラショウゾウ」ですが昨日アド街ック「100円で行く谷根千」特集でお客が群がり、お目当ての「ボンボンショコラ」は買うことができませんでした。

一寸亭16
店内の混雑ブリです…かなり混んでますね。

一寸亭17
本日の「夕焼けだんだん」の込み具合です。

一寸亭18
「夕焼けだんだん」のアイドル猫「りんごちゃん」です。お友達猫の首筋をペロペロしているパチリです。ここで「焼き芋」「苺」「トマト」の出張販売のオジサンと雑談していたら「肉のサトー」の奥さんが沢山のしかも本当の砂糖を持って「苺」を買いに来ました。すでに30回以上TVにでているのですっかり芸能人気分のようだとオジサンに話していました。

一寸亭19
「100円で行く谷根千」特集でブレークした「コシヅカハム」です。
他にも美味しい肉がいっぱいあるのに、皆TVでオンエアされた スモークドハムの「ベリーハム」を求めていくとオジサンがコボシテイマシタ。スンマセンm(__)m私もとても美味しそうだったので昨日NETで買ってしまいました。

一寸亭20
今日のお店谷中「一寸亭(ちょっとてい)」です。
住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話番号:03-3823-7990
定休日:火曜日

一寸亭20


一寸亭21
私の本日の獲物「豚モツ煮」@400と「焼餃子」@500です。

一寸亭22
特に「豚モツ煮」は美味しいhappy01肉は良く掃除されていて臭みもなく、程良い上品な脂分が味を引き上げています。味噌の味具合も秀逸です。「焼餃子」も美味しいhappy01皮はパリパリで中の餡はジューシーです。このお店最高ですネ合格合格合格合格合格

一寸亭23
奥様の獲物「五目硬焼きソバ」@880です。これは下町グルメの定番ですね。完璧です白菜がとても甘くて、軟らかく秀逸でした合格合格合格合格

一寸亭24
飲み物も充実しています。今日は車だったので飲めなかったのですが「ホワイトビールZIMA」って妙に気になったのです。今度飲みに来ようっと(笑)

それでは(^_-)

谷中 一寸亭

私も人並みにGWを楽しみたかったので今日は奥様と一緒に谷根千に行ってきました。
谷根千といえば昔は台風がくると音無川が氾濫して大騒ぎの街だったのに、今じゃ観光客が氾濫して大騒ぎの街へと変貌しています。

ほとんどがパチリですのでお気軽にお読みください。

根津神社根津神社のツツジです。もう盛りは終わっていました。
 


根津神社比較的勢いのあるツツジです。ピンクと赤のコントラストが綺麗でした。
  


根津神社赤一色のツツジです。目にあざやかです。
 


花寮花小道花寮花小道が長年の研究の上開発した革命的かりんとうです。
どこが革命的かといえば油で揚げずに焼き上げサクサクと軽い歯ざわりを作り上げたのです。
 


花寮花小道あの松任谷由美さんもお気に入りだそうです
 


花寮花小道味ですか、沖縄県伊江島産サトウキビからできた黒砂糖のみ使用するこだわりですので不味いわけがありません。
たしかに食べやすく美味しく仕上がっていますネ
 


指人形笑吉谷中のよみせ通り入口付近にある指人形「笑吉」です。
しかし本当にリアルな人形を作りますね
 


指人形笑吉井出らっきょさんでしたか?
彼をモデルにして作った人形の製作前製作後です(スゴイ
 

今日のお店は「一寸亭(ちょっとてい)」です。
住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話番号:03-3823-7990


一寸亭一寸亭さんの暖簾ですシブいですね
 

このお店前から行きたかったのですが、今日始めていくことができました。
噂に違わずスゴイお店です。
まず私は厨房がキレイであることそして調理する人は余計な話はしないということを好きなお店のポイントとしているのですがこのお店は何れも完璧でした。
そしてトロミ系が美味しいということで私はウマニソバ@850を頼みました。
麺は中太麺です。スープは鶏がらスープで熱々でほんのり甘みを感じます。
具は葱、人参、木耳、白菜、筍、茸、ほうれん草、豚肉と普通のお店よりかなり多めに入っています。
特に木耳と茸の食感タマリマセンでした。口の中で跳ねる、カラむ最高です。
何でこんな美味しい店に今まで行かなかったろうと反省しきりです

ウマニソバウマニソバです。
 


モヤシソバ奥様が頼んだモヤシソバ@750です。
これもモヤシがシャキシャキしておりウマニソバに負けずとも劣らずの名品です。
お店ではこれを一押しにしているようです
 

いちふじこの惣菜いちふじは写真撮影厳禁なのです。
従いまして「荒川区(日暮里)みんなの口コミ情報」に写真が載っていたのでそこからトラックバックしようとしたのですが、何故かできず仕方なくコピペさせて頂きましたm(__)m。
このお店最近価格破壊で行列ができるお店として有名になっています。実は今日私たちも試しに並んでお惣菜を求めたのです。
すると何処かのお嬢さんが店の斜め前から写真を撮ろうとしました。多分あの角度からでは「撮影厳禁」の張り紙が見えないように感じたのですが、実際のところパチリしようとしたのです。
すると中でオニギリを焼いている太ったお兄さんが、そのお嬢さんに対して鬼の雄叫びのような声で狂わんばかりに怒鳴り倒したのです。私はその形相のすごさに圧倒され見続けていたのですが、このお店何か勘違いしています。
何で写真厳禁なのか知りませんが、自らTVにでるなどしていながら店頭での写真を厳禁する意味が分かりません。それとこのように客を大事にしないお店はもう結構です。私は二度と行きません。主客転倒とはまさにこのことです、本当に気分の悪い思いをしました。(怒)
 


丁子屋全景奥様にデジカメの持ち運び袋として「掛守」を買ってもらった「丁子屋」さんです。
 


丁子屋バラ丁子屋さんの斜め前にの家のバラです。
きれいなのでパチリしました。
 

丁子屋金魚丁子屋さんの近所の家の壷池です。こういうところが下町らしいですネ。さわやかな気分になりました
 




丁子屋掛守買ってもらった市松模様の「掛守」です。
丁子屋さんの奥さんが言うことには、フランスのルィ・ヴィトンの模様は日本の市松模様をパクッタものだそうです。
 


ねんねこ家三浦坂にある「ねんねこ家」さんの看板です。
最近の猫ブームのせいかこのお店すごく賑わっていました
 

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ