下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

谷中銀座

日暮里 馬賊

今日は日暮里に出没しました。
お昼が小食だったのでお腹が空き夕飯でも食べるかと考えたのですが、今日は水曜日なので一番候補の谷中「一寸亭」が休みなのです。
他にどこか良いところないかなと悩んでしまいました。

しばしクリスマス風景の谷中銀座でも散策しながらお店を選ぶことにしました。
しかし土日、祝日は賑わう谷中銀座ですが、今日みたいな平日は閑散としています。
おまけにクリマスだというのにどこもクリスマスのイルミネーションをしておらず、肉のサトー(サトウではありません)と鶏肉のコバヤシの二店がクリスマス用チキンを売っており、辛うじて今日がクリスマスであることを感じさせます。

今日は惣菜「いちふじ」の怒りんぼ兄さんはクールに仕事をしていましたが、このお兄さんヤハリ変です。
絶えず何か誰かに見られているような強迫観念があるみたいで、不定期に作業中の頭を上げ辺りを睨みたおします。一種の強迫神経症みたいな感じがします・・・ちがったらゴメンナサイネ、でも見ているだけでも恐いのです(笑)
それと軍歌垂れ流し(但し店内です)の立ち食い蕎麦屋さんがここの所休みですが、どうしたのでしょうか。

今日のお店ですが、結局日暮里駅まで戻り「馬賊」にしました。
このお店昔京成曳船の四つ木より下りホームの先にありその後潰れたかなと思ったら浅草に移転していました。
個人的には曳船時代も浅草時代も麺は美味いがスープが最低ということでそれほど連食したことはなかったのですが、久々のトライです。

住所: 東京都荒川区西日暮里2-18-2
電話: 03-3805-2430
定休日:無休

ここから後はパチリでご覧下さい。

馬賊1
馬賊店舗です。直角三角形の店構えです。


馬賊2
名物麺打ちです。これは見ていて迫力ありあます。小麦粉は日清製粉の「カメリア」を使用しています。

馬賊3
本日の獲物「坦々麺」@800です。トッピングは葱、ほうれん草、挽肉です。麺は手打ちなので不均一な太さでモチモチです。少し伸びていますかね、でも美味しい麺です。スープはぬるめでしかも味がおかしい。坦々麺は、酢、醤油、胡麻ペースト、ラー油等を適度に加えて調理するのですが、まず酢入れすぎ、そしてラー油含めた香辛料が少なすぎるので胡麻ペーストをメインとした少し変わった味です。不味くはないのですがパンチに欠けているのは間違いありません。後は食べる人の好き好きでしょう(笑)

馬賊4
後このお店客あしらいがかなり悪く何でもかんでも相席にします。ひどい人はテーブルの角に座らされていました(マジ)
言葉使いも変です、中国系の店員さんかなと思ったのですがアクセントがハングルぽい感じもしたのですが何れにしても外国人だからでしょう。
今日も隣に座ったお兄さんが注文した餃子があまりにも遅いのでキャンセルしましたら、「もうしわけなりません」ですと、意味わかりますがこれにはウプッと噴出してしまいました。

ここのところおいしいhappy01マークがつきませんネ(笑)

それでは(^_-)

谷中銀座

今日は今戸→山谷→夕焼けだんだん(谷中銀座)→高田当りをブラブラしていました。よって前振り、グルメネタありませんがお気楽にパチリ主体でご覧下さい。

今戸神社の猫まず始めは新選組の沖田総司が死ぬ少し前に住んでいた今戸神社境内。猫が可愛いのでパチリしました。
 


沖田総司終焉の地総司君はここではなくなっていません(笑)なんでこんな碑を建てるのかな
 

沖田総司終焉の地総司君の終焉の地は新宿御苑の近くの大京町と言われています。ちなみに総司君の命日は1868年閏5月30日ですのでもうすぐですね。
 


山谷の看板今でも危ない山谷です。本当に直な言葉を使用した看板ですね(笑)
 


山谷の鮨屋私が以前襲われた 山谷 の鮨屋の通りです。写真を撮っていたら交番のオマワリさんからここら辺の人達の写真を取ると殴られたりするので危ないですよと注意されました(そんな事くらいしってらィ)
 


BlogPaint
 今日はお休みですが多分ここが山谷で有名な件(くだん)のお鮨屋さんなのでしょうか 。しかし周りの雰囲気がすごいですね(笑)


谷中銀座ご存じ谷根千で唯一の商店街「谷中銀座」です。
 


肉のサトー今日お姉さんに吉祥寺の肉のサトウとは何か関係あるのですかと聞いたら、結構マジに「字が違うでしょ」と怒られました。説明によると吉祥寺は「肉のサトウ」、谷中は「肉のサトー」と微妙に違うのです。でもこの位のことで怒ることないのにネ、忙しくて疲れたのかな
 

教王寺弾痕
 上野戦争ではここら当りまで激戦区でした。そしてその名残の弾の痕が門に残っている教王寺さんです。

教王寺弾痕の拡大写真です。彰義隊はここからさらに千住まで追いつめられそこで壊滅したのです。
 


夕焼けダンダン谷根千一押しの夕焼けだんだんです。ここから見える夕焼け最高です。
 


シャレースイスミニスイスの山小屋風カフェシャレースイスミニです。お客さんの過半は外国の方ですヨ。
 


富士見坂富士見坂です。都内各地に残る「富士見」を冠する地名の中で、現在でも富士山を望むことができる坂です。
 


藤の花藤の花がきれいなのでパチリしました。もう藤が咲いているんですね、季節感なく暮らしている証左です。
 


高田の切り落とし都心から帰宅する時利用する高田の切り落としです。かなり急な坂道です。スリル満点(笑)
 


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ