今日は「言い訳列伝 其の壱」です。
E3
人は物事に窮しますと言い訳をします。
今回から六回に亘ってアトランダムでその言い訳のタイプをご披露します。
何かの時にお役に立てれば幸甚です。

#とても型
この「とても型」の人間は、自分の能力に自信が無いため、将来に対して悲観的な予測をする事が多く、不安感から、自分が本来やるべきことを回避しようとします。
従いまして、このタイプの口癖は「とても自分にはできません」、「とても無理です」、「できれば他の人に頼んでください」であります。
このタイプの性格は、遠慮が多い、失敗を恐れる、他人依存が高い事があげられます。
この手の方は、端から自分の限界をきめています。
昔、将棋漫画で格下の棋士が名人と対戦した時に、最初の一手を見てしばらく熟考し、なるほど先生ならではの鮮烈の一手ですな。恐れ入りました。
そこに置きましたか。あっぱれな妙手です。
先生の慧眼お見それしいたしました。
私の負けです、と言って投了したくだりがありましたがこれに似ています。
どんな難関もやればできる部分があります。
端から無理だと決めつけずに、まずは着手して見る事が大事なのです。

仮にこのような部下がいて、何も挑戦せずに失敗したらきつく叱責すべきでしょう。
場合によっては降格させる場合もあるでしょう。
一度降格になっても新たに挑戦して成果を挙げれば、再度抜擢すればいいのです。
一方で、存分に挑戦した結果、失敗したならばその時は寛容の心で接すべきではないでしょうか。
ちなみにこのような部下は嫌いです、嘘です。
しか〜しこの手の人間は多いですね。
砂漠でロバに水を飲ませられない例えのとおり、このような人間にはどのようにしその気にさせるかでしょう。
その為には、日ごろからよくコミュニケーションを取り、彼らが想定しているハードルが低い事をすり合わせる事が必要です。要は、幽霊の正体見たり枯れ尾花、という様な指導ができれば宜しいかと思います。
経験的にはこの手のタイプの指導は困難を極めます。


いい人・・・



IMG_6599

IMG_6601

IMG_6600

IMG_6612
今日は夜のとばりが落ちた神楽坂に出没です。
今日は玉子料理を求めてきました。
今日のお店は二丁目食堂「トレド」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂 1F
電話:03-6280-7079
定休日:月曜日

IMG_6611
お店の外観です。

IMG_6606

IMG_6610
店内の雰囲気です。

IMG_6603
メニューです。

今日のオーダー「オムレツ定食」@1,000円です。
この「オムレツ定食」は一日四食限定の稀覯メニューです。

IMG_6607
待つこと6分でご飯、味噌汁、副菜の到着です。

IMG_6608
待つこと8分でオムレツの到着です。
想像を超えた大きさです。

IMG_6609
それでは実食です。
オムレツはトロトロで結構です。
オムレツの中には何やら八宝菜みたいな野菜を餡でくるんだものが入っていました。
うん、美味しいですね。
洋食というより中華のカテゴリーでしょうか。
最後まで熱々で美味しくいただきました。
想定外の量でしたが満足な夕食でした。

それでは(^_-)