下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

西明寺

益子町 炉庵

今日は「陶芸の町益子」の話です。
炉庵1
これは心霊写真ではありません。奪衣婆(だつえば)さんです、三途川(葬頭河)の渡し賃である六文銭を持たずにやってきた亡者の衣服を剥ぎ取る老婆です。奪衣婆が剥ぎ取った衣類は、懸衣翁という老爺によって衣領樹にかけられます。衣領樹に掛けた亡者の衣の重さにはその者の生前の業が現れ、その重さによって死後の処遇を決めるとされています。奪衣婆さんは閻魔大王の妻であります。

炉庵

炉庵3
そして奪衣婆さんの旦那様、閻魔様です。奪衣婆さん、閻魔様ともども鎮座されておられるのは西明寺です。西明寺は6万9000平方メートルの敷地をもち、特に室町時代に建てられた楼門と関東四大名塔に数えられる三重塔は国指定重要文化財として見応えがあります。坂東第二十番札所でもあります。
最初のパチリの閻魔様ですが、笑っておられますね、全国でも笑っている閻魔様は珍しいのですよ。ちなみに二枚目のパチリは閻魔様の審判の場面です。見ておわかりの通り右側が天国、左側が地獄への誘(いざな)いです。ここで一生懸命お祈りをすれば、あの世でご多幸があるとされています。

炉庵5炉庵6
栃木県は益子町に奥様と夏休みの観光できています。益子町は益子焼を主力産業として、年間約180万人の観光客で賑わっている街です。 現在窯元や陶芸販売店の数は約350軒にのぼるほどです。
「アド街ック天国」栃木益子編を参考にして来ました。ONAIRでは清里みたいな感じがしたのでとても楽しみにして来たのですが、来てみましたら極めて残念な街だったのですね。
まず街の観光案内、観光mapがありません。よって私達みたいなさりげない旅人は、完璧に放浪者状態になってしまうのです。仕方なく陶芸販売店で二三のアド街spotを聞けば、そんなの知らない、分らない、との冷たい対応です。うろうろしていても仕方ないので、アド街spotをgoogleで探してから出向いたのですが、何でこんな所を紹介するのって感じです。
まあこれは益子町が悪いのではなくテレビ東京さんの過大演出によるところなのでしょう。もう少し背丈に合わせた放映をしてもらいたいと思う今日この頃です。

ということで今日のお店は蕎麦の町でもある益子町top1に君臨する「炉庵」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 栃木県芳賀郡益子町益子3580-2
電話:0285-70-1068
定休日:不定休

炉庵7
お店の外観です。

炉庵8
店内の雰囲気です。さすがにtop1のお店ですね、満席です。

炉庵9

炉庵10
私のオーダー「手打ち十割そば」@900です。
十割そばってつなぎなしで作るものですから普通はボツボツしてしまうのです。
炉庵さんは、南会津地方に伝わる郷土そば『裁ちそば』の技法を手本にしてこのボツボツをクリアしました。そして作業の効率などから試行錯誤の末、現在の打ち方になったそうです。
蕎麦打ちは、折り目からだと切れてしまうので、折を少なくするため50cm×2mぐらいに細長くのしていく等、工夫した打ち方をしています。
最大の特徴は、風味を保つように、水ごねをするところです。そば粉が良いので可能だそうです。さらにボツボツ感が気にならないように細めに打つという工夫がなされています。
味ですか、美味しすぎます。蕎麦は蕎麦の香りが最大の美味しさだというのを実感しました。

炉庵11

炉庵12
奥様のオーダー「ちたけそば」@950です。
ちたけとは夏きのこの一種です。もともと生をさくと乳白色の汁が出ることから乳たけ(ちちたけ)と呼ばれていたようです。八溝山地から福島県にかけて珍重され時には松茸より高値がつくこともあります。風味豊かなだしがとれ、うどん・そばどちらとの相性も抜群です。
味ですか、最高です。ちたけの風味がそばによくあい深みがあります、美味しゅうございました。

結局、益子の悪印象はこの蕎麦で払拭され、結果良しの旅となりました。

それでは(^_-)

湖東三山と永源寺 紅葉

湖東三山に紅葉を見に行ってきました。
今日は近江鉄道バスで観光ツアーです。
なぜかこの会社「西武鉄道」系列です。
お客様はほとんどが関東圏の人たちです。

ここからはパチリでご覧下さい。
といいながら、デジカメの電池が切れ、アダプターは既にホテルに送ってしまったので携帯で撮りました。
多少画像悪いのですがお許し下さい。

西明寺?
西明寺紅葉です。まず最初がこの紅葉でしたので驚きました。西明寺は内部に極楽の壁画が残る国宝三重塔、表道が紅葉に染まるころ不断桜が満開になります。

西明寺C
西明寺紅葉です。画像がすこし悪いのですがこれはすごかったです。

西明寺?
西明寺紅葉・・・綺麗です


金剛輪寺?
金剛輪寺です。湖東三山まん中のお寺金剛輪寺です。血染めの紅葉が特に有名です。まずは山門です。なぜか私の手が写っています。


金剛輪寺?
金剛輪寺紅葉です。見ごろです。


金剛輪寺?
金剛輪寺紅葉です。緑と黄色のコントラストがいいですね。


金剛輪寺?
金剛輪寺紅葉です。綺麗な落葉です。


金剛輪寺?
金剛輪寺鐘撞場の紅葉です。この後鐘をつきましたが、鐘の音の余韻がすごかったコト


百斉寺?
百斉寺です。 湖東三山、最古のお寺は聖徳太子の発願寺である百斉寺です。自然の谷川の水が池に注ぐ地泉回遊式の庭園がすばらしいのです。ここの落葉も綺麗でした。


百斉寺A
百斉寺ご神木の廻りに生えている苔です。


永源寺?
臨済宗永源寺派の総本山永源寺です。120段の石段の先にある名刹です。鶴ベエではありません。臨済宗永源寺派のアイドルの僧侶だった方の像です。確かに人気がありそうな顔ですね(笑)


永源寺?
永源寺庭園にある滝です。


永源寺A
永源寺紅葉です。これも秀逸です。


永源寺B
永源寺茶室から見える紅葉です。黄色の紅葉も味わいがあります。ここで抹茶と和菓子をいただき、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
この後琵琶湖を通り出発地米原に向かったのですが、運転手さんが気を利かせて琵琶湖の夕日を見せてくれました。そしてガイドさんが「琵琶湖周航の歌」
を歌い乗客皆でご唱和しました。

われは湖の子 さすらいの
旅にしあれば しみじみと
のぼる狭霧や さざなみの
志賀の都よ いざさらば

良い思いでになりました


ゆかり?
大阪ではお好み焼き名店の「ゆかり」です。そんなに並んでなかったので折角ですから入りました。


ゆかり?
スジネギ@1,150です。これはふっくらしていて美味しい。今まで「キジ」のネギ焼きが一番美味しいと思いましたが・・・ゆかりの方が美味しいと思います(笑)


ゆかり?
特選ミックス焼き@1,080です。ふっくらしていてとても美味しかった。お店の人に聞きましたら、山芋をタップリ入れているのと、鉄板の温度管理、そして熟練の焼き手だそうです・・・ナルホドネ


明日は紅葉のメッカ京都です。ご期待ください


それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ