今日は何故馬が骨折すると死んでしまうのかの話です。
馬には「血管叢(ソウ)」という心臓と同じ働きをする器官が大腸と蹄の間にあります。
よって「血管叢(ソウ)」には、心臓同様の動脈とか静脈とかその間につらなる毛細血管があります。そして深刻な骨折によって一本の足を骨折した時は、残った三本足で立たなければなりません。義足を使えばよいような気がしますが、しかしその際でも馬が血流の流れを四本足から実質三本足で補いますので、一つの足=「血管叢(ソウ)」に最大133%の負荷がかかりその為に蹄(心臓と同機能の「血管叢(ソウ)」が腐る「蹄葉炎」(テイヨウエン)にかかってしまい死んでしまうのです。
それならば骨折した時に立たなくて横に寝ていて骨折を治せばいいと思うところですが、馬は長らく横たわっていますと今度は大腸に付近にある「血管叢」(ソウ)が圧迫されこれまた腐って死んでしまうのです。「競馬名勝負列伝」洋泉社参照
成程ですね・・・骨折くらいで馬の「安楽死」は残酷な気がしますがこのような因果関係が背景あったのです。

今日は「カレーラーメン」が食べたくて、月島にある「どさん子 月島店」に行きました。
住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話番号:03-3531-8870
休日:月曜日

ということで今日の獲物は「カレーラーメン」@620です。


ここのお店は雇われ調理人のオジサンが料理を作るのですが、基本的に何を食べても美味しいのです。
一押しは「海鮮チャーハンカレー味特別バージョン」(メニューにはありません)です。
これも美味しいので是非チャレンジしてください。

味ですか、美味しいです。今日はランチタイムにいったのでまとめて麺を茹でていた為、私のカレーラーメンの麺は少し伸びていましたが・・・これは仕方ないですね(笑)

スープは安定して美味しいのですが、特筆すべきはモヤシのシャキシャキ感です。
新鮮なモヤシを使っているのでしょう、それとメンマです。
自家製かどうか聞き忘れたのですがこれも美味しい
スープ、モヤシ、メンマの三位一体美味しさ攻撃には完璧に降参です。

月島ブロガーにも絶大な評価を得ています。
月島にお立ち寄りの際は是非おたちより下さい。

それでは(^_-)