下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

蕎麦湯

続 神楽坂 浅野屋

今日は「声掛け」です。
pixta_17132148_s_unc
田舎の祖母が入院しているので、実家に数日戻ってきた。
祖母はあんまり長くないらしい。
祖父母は九州に住んでいて、祖父は完全に頑固一徹の昔ながらの親父って感じ。
男子厨房に入らずを徹底して、晩酌は日本酒(必ず熱燗)ビール・ワインを、その日の料理と気分で飲み分ける。
当然、すべて祖母が準備。
熱燗がちょっとでもぬるいと、口を一度つけたあと、「ぬるい」とひと言だけ言い、無言で祖母に温めなおすよう指示。
祖母は、「すみません」と言い、その熱燗を持って台所にいき、温めなおす。
祖父は祖母を怒鳴りつけることはなかったが、とにかく一貫してそんな態度だった。
小さい頃からこまごまとよく働く祖母を呼びつけて、「茶」だの「新聞とってこい」だの召使のように扱う祖父をみて、なんだか理不尽なものを感じていた。
その反動か、俺は小さい頃から母親の手伝いをよくやったし、今も家事を積極的に手伝うようにしている。
その祖母が先月いきなり倒れたらしい。検査の結果、癌発見。
しかももう手遅れで、手術して無駄に体力を奪うより、このまま・・・という方針に決まった。
仕事が忙しかったので、連休明けて仕事一段落して長めの休暇もらっていってきたんだが・・・
実家に帰ってびっくりしたのが、祖父が連日祖母の病院に朝から行っているらしい。
ほとんど一日病室で、二人で過ごしているそうだ。
病院に行ったら、祖父はいなかったが、しばらくしたら祖父が返ってきて、
その手には売店で買ってきたプリン。
祖母の食欲が落ちてきたので、
食べやすいものを、と思って買ってきたらしい。
見ていると祖父がよく動く。
カバンから祖母の着替えを出したり、ちょっとした買い物やなんやと。
俺がそろそろ帰ろうかとしていると、 祖父がいきなり、「そうだ。せっかくだから写真を撮ろう」と言いだした。
祖母が「こんな痩せて、ガリガリの写真なんて撮らないでください。
お葬式には、若いきれいな頃の写真を使ってくださいね」と冗談めかしていうと、祖父が少し語気を強めて言った。
そのひと言が胸にしみた。
祖父が言った。
「病人だし、飯も食わんのだから、ガリガリは当然だ。
今のお前がきれいじゃないという奴がいたら、俺がぶん殴ってやるよ」と・・・
祖母は「まぁまぁ・・・」なんて笑ってたけど、ちょっと泣いてたんだよな。
なんだかんだ言いながら、
この二人は夫婦なんだなぁと思ったよ。
まとめDEGOO!「老夫婦のお話・俺がぶん殴ってやる」より転載

すでにアップしましたようにお母さん(義母)が倒れました。
幸いなことに、お母さんの身体の中を跋扈していた菌に対して、運よく抗生物質が効いたみたいで最悪は脱しましたが依然予断を許しません。
今回のお母さんの危機には沢山の驚くことがあったのですが、一つ大きな発見がありました。
それは声掛けなのです。
具体的には意識がない身内、今回は義母なのですが、呼びかける時にはなんて言いましょう。
私は義理の息子ですけれども、名前で声をかけます。
奥様も当然のことながら、自らの名前で声をかけます。
ここで問題なのは、夫です。
お父さん(義父)は、最初、おばあさん、俺だよ、と声をかけていたのですが、まったくの無反応でした。
お父さんは、これにはかなり驚いたようです。
そこで、やり方を変えて、お母さんには名前で、自らも自分の名前で、例えば、花子、太郎だよ、みたいにしたのです。これには私が驚きました。
お父さんが自らの名前を言葉として発したのを聞いたのは、私にとって生まれて初めてだったからです。
あらためて、この二人、即ち、お父さんとお母さんは夫婦だったのだな、と強く感じ入ったのでした。
私たち夫婦にも、いつかその日が訪れると思いますが、その際は、名前で声かけしませんとね。
照れくさいという貴女、貴方、その時がくれば、躊躇なく言えると思いますよ。
それだけの危機が訪れているからです。
そして永い人生を共にした相手の最後の肉声を聞きたいというのは人間としての本能なのです。
そういう意味では、亡くなられて麻央さんの最後の言葉は、愛している、ですか。
これはある意味で聞いた方々にとりましては衝撃的且つ感動的ですね・・・

ところでフリネタの遺影ですが、日ごろから用意しておきませんと、このような事になりますよ。
実際に、奥様の実家では来ては欲しくないXディに備えて準備をしています。
その中での問題は遺影です。
歳をとればとるほど写真は撮らなくなります。
従いまして、よい遺影を探すのは大変なのです。
あまり若すぎても変ですしね。
奥様の家では、実際、この発掘作業は困難を極めました。
実は、私は用意済みなのです。
最初に用意したのはだいぶ若くなってしまったので、つい最近アップデートしたばかりです。
遺影は死んでからもかなりの年月さらされます、自らの名誉の為に、遺影は来たるXディに備えて自らがご用意されることをお勧めします。


最強のグラウンド整備@保土ヶ谷球場(神奈川)



IMG_1634
今日は本当に暑かった❣

IMG_1612

IMG_1613
夜は神楽坂に出没です。
今日は冷たいお蕎麦です。
今日のお店は「浅野屋」神楽坂店さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂6-8
電話:03-5579-2941
定休日:無休

IMG_1616
お店の外観です。

IMG_1620
店内の雰囲気です

IMG_1622
メニューです。

きょうのオーダー「ねばねばそば(大盛)」@1,200+@200=1,400円(内税)です。
このお店に行く途中、必ず、仏蘭西人がやっている焼鳥屋です。いかがですか、と仏蘭西人の女性に声かけされるのですが、そのお店のメニューを見ると、全部お酒のつまみみたいのばっかりで入店を躊躇してしまうのですが、大いに興味ありです。
浅野屋さん、店内は、バーですね。
なぜか、私が入店した時にはお客がいません。
その代わりに二階には必ず宴席が入っています。

IMG_1619
待つこと3分で冷たい水の到着です。
ヒンヤリ感にあふれています。

IMG_1623
待つこと7分で「ねばねばそば」の到着です。
玉子の黄色が鮮やかです。
「ねばねばそば」は、納豆、おくら、とろろ、卵黄で構成されています。

IMG_1625
それでは実食です。
うん、ヒンヤリして美味しいです。
しか〜し、味が想定内です。
味が分ってしまう料理ってどうでしょう。
作り手のこだわりがないみたいで残念です。
ステレオタイプの料理でもなにかキラリと光るものがあるから食べ歩きが楽しいのです。
今日に限りはコスパ悪しですね。

IMG_1628
蕎麦湯です。
ほとんど白湯でした(笑)


それでは(^_-)

高田馬場 もり

今日は「大晦日(おおつごもり)の一日」の話です。
12月は色々とありました。
12月15日には自転車に乗っていたら軽トラックにはね飛ばされて、久々に救急車で病院に搬送されて大変に痛い目に遭いました。
Privateでも気ぜわしくて根を詰めて書類作成する日々が続いたら完璧に寝不足状態になり、それに追い打ちをかけるように仕事は相も変わらず多忙で7-11勤務となっていました。
何とか仕事を終わらせたと思ったら気が緩んだのでしょうか、12月29日にはノロ菌に感染して感染性胃腸炎になり丸二日人事不省状態となり踏んだり蹴ったりの12月後半でした。
それでも大晦日(おおつごもり)には気力で立ち上がり、年中行事の穴八幡へお札替えに出向き、その後は佐野アウトレットにshoppingに出向くという普段の慌ただしい日常生活に舞い戻ったのです。

ここから後は今日のhighlight穴八幡を画像でご覧ください。
とろで穴八幡って本当に穴があったのですね
1641年(寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れたそうです。掘った人は「目出度い」と大喜びをし、以来、「穴八幡宮」と称するようになったそうですよ。

IMG_3921
穴八幡宮鳥居です。

IMG_3924
穴八幡宮光寮門です。

IMG_3925

IMG_3926
穴八幡宮です。

IMG_3930
穴八幡宮布袋尊です。
布袋様 も冬場は寒いのか頭巾と前垂れをつけていました。
今走り過ぎてアキレス腱鞘炎になっていますので、当然のことながら布袋尊のアキレス腱の辺りを集中的に撫ぜてきました。ご利益あるでしょうか・・・

IMG_3932

IMG_3933

IMG_3934
昔の穴八幡です。

IMG_3927
穴八幡の屋台です。

IMG_3928
合格達磨をcenterに達磨連です。

IMG_3929
珍しい右手あげ猫です。

IMG_3931
あたご柿の屋台です。
屋台のお兄さんのバイのセリフは端(はな)から捨て値です。
この6個300円のpop看板は何の意味もありません(笑)

年の締めなので三段謎など・・・
「年の瀬と書けて老人介護と解く」
その心は
「せわ(世話)しない」
良い年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。

今日は毎年穴八幡にきますと必ず行列の蕎麦屋さんがあります。
今年は気合を入れて並んでみました。
という事で今年最後のお店は「もり」さんです。

住所: 東京都新宿区高田馬場1-3-10
電話:090-1764-1136
定休日:月曜日

IMG_3945
お店の外観です。

IMG_3938
メニューです。

今日のオーダー「田舎そば(大盛)」@840+@260=1,100円です。
しかしすご〜〜く待たせるお店ですね。今日は入店まで36分かかりました。
失礼ですが、何でお蕎麦屋なのにこんなに待たせるのと、寒風吹きすさぶ街路で待ちながら独りブツブツと言っていました。でも入店して良く分かりました、このお店はお蕎麦だけではなくてお蕎麦プラス小料理を食べるのが常連のお約束なのですね。
その為にご主人が狭い厨房の奥で独り丁寧に小料理を作られているのであります。蕎麦といえばご長男が同じく狭い厨房内の前方にて作られていました。

IMG_3939

IMG_3940
待つこと9分で「田舎そば」の到着です。
見た目涼感がヒシヒシと感じられる、お主できるな、的風情です。
つけ汁だけでなく塩も出すあたりご主人のこの蕎麦の自信が充分にうかがえます。

それでは実食です。
田舎蕎麦は粗挽きの細い打ちで、匂い香りは、穀の匂いですかね、匂いも少し弱いですが質感は充分に味わいました。

IMG_3942
蕎麦つゆは甘さがほとんどなくキリットした味わいで最後まで飽きさせません。
塩は手でつかんでパラパラと蕎麦にdirectにかけたのですが、均一にかけることができず濃淡がありすぎてかえって興ざめでした。これは少し練習が必要ですね・・・

IMG_3944
蕎麦湯が私の好きな高濃度のゾルっぽい蕎麦湯です。
この蕎麦湯は蕎麦つゆの味わいを良く良く堪能させてくれます。
最後は生(き)でいただきましたが満足する風合いでした。

私は蕎麦の評価は的確に判断できないのですが、ここの蕎麦はかなりのlevelだと思います。
こういうお店に巡り会いますと、断酒していることを残念に思います。
いつかこのお店の合鴨の味噌漬けを冷酒でたんまりとね・・・
合鴨
画像はnetより転載

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ