今日は「檀家崩壊」です
houji1-2
これまでもあらゆる商品が扱われてきたのだから、驚くことではないかもしれない。インターネット通販大手、アマゾンのサイトを通じてお坊さんが「出品」され、話題になっている。その名も「お坊さん便」。僧侶を手配して自宅やお墓に派遣してくれるサービスだ。

通常の法事・法要であれば、お布施や車代を含め、全国どこでも一律3万5千円。戒名の授与が加わると、別コースの料金になる。注文のための画面にある「在庫」や「返品について」などの言葉が、なんともシュールに響く。お坊さん便を出品している葬儀関連会社は、すでに400人に上る僧侶と提携しているという。

業界のしきたりや前例を簡単に乗り越えるネットの力に驚けばいいのか。それとも時代の移り変わりに感慨を抱くべきだろうか。仏教界からは「宗教をビジネスにしている」といった批判の声が上がる。うなずける気がする一方で、僧侶を依頼する方法や費用がよく分からず、不安を感じる人が多いのもまた事実であろう。

お坊さんを手軽にネットで注文するなんて世も末、という話にはなるまい。都市部に限らずお寺との付き合いは薄れつつある。結局はお坊さん個々人の見識や力量がいままで以上に問われるのではないだろうか。法事の席で「なるほど」と得心のいく法話や所作に触れられれば、出会ったきっかけに善しあしはないと思う。
日本経済新聞「春秋」より転載

ざまぁみたらし団子です。
仏教界が長年の檀家制度に胡坐をかいていたツケが廻ってきたのです。
檀家制度とは、 檀家が特定の寺院に所属して、葬祭供養一切をその寺院に任せる代わりに、布施として経済支援を行う制度です。
現代における檀家制度は、先祖の葬祭供養において、独占的に檀那寺が取り仕切り、寺院墓地に墓を構えるなど、色濃く残っています。
現代においては、寺院や僧侶と関わる機会が減り、葬祭や法要の司祭者としての僧侶として接するのみという場合も増えています。
同時に、現代の急激に変化する社会状況の中では、減少する一方の檀家に拠る檀家制度のみをよりどころとした寺院経営は、継続が難しくなっているのも事実です。

皆様の人生行路の中でお寺にその行く末を相談しに行ったことがありますか。
おそらくほとんどの人はないでしょう。
それは仏教徒が魂の救済を長い時間をかけて放置したことから檀家そのものが離れていったからです。
所謂巷間で揶揄されている葬式仏教です。
本来の仏教は、葬礼を重視するような教えはなく、魂の救済や真理を追究する宗教であったはずですが、現代の日本においては「葬儀のために寺があり僧侶がいる」 といった状態にまで成り下がっているのです。

実際私の両親が眠っている菩提寺の跡取りは次男です。
その次男は、長男がお寺の跡を取る既に事がすでに決まっていました。
その為、仮に僧侶になっても就職先がないのですが、自分はそもそも何の取り得もなくて且つ頭が悪いので取り敢えず駒澤大学に行って坊主になる、と言って坊主になって家でクスぶっていたのでした。
一時は将来の不安から坊主なのにノイローゼ状態に陥っていたのです。
しか〜し長男が乞われて有力なお寺に婿に行ったことから運が廻り、菩提寺の跡取り坊主になりえたのです。
こんな為体(ていたらく)が檀那寺の将来の責任者ですからね、高額なお布施なんか気軽に渡せません。

宗教は好きではありません。
本来やらなければならない事をやらないで不幸になったのに、信心がたりない、の一言で宗教家は安易にすりかえてはいないでしょうか。
加えて申せば、我々はよく「神も仏もないものだ」という言葉を困惑の極みにおいて発しております。
この「神、仏の沈黙」は悪い意味で認知されかつ人口に膾炙しているところであります。
その「神の沈黙」に対してこれまた多くの宗教家は「悲しみの連帯」即ち「神は沈黙していたのではありません。
共に苦しんでいたのです」と説明します。
仮にキリスト教若しくは他の宗教でも「困窮の極みの時の神・仏等の沈黙」に対して「悲しみの連帯」以外に明快な回答を持っているのであるのであればおおいに傾聴するところであります。
いずれにしても個人的には制度が老朽化した業界にはニュービジネスが勃興するのは必定であります。
そういう点で申し上げればこの「お坊さん便」はウェルカムではないでしょうか。


家族の時間・・・



IMG_1613
今日は神楽坂に出没です。

IMG_1590

IMG_1592

IMG_1593
成人映画をやっている映画館(ハコ)ってまだあるのですね。
ちょっとクリビツしたのでパチリしました。

IMG_1595
有名な「神楽小路」です。

IMG_1596
ちょっとピンボケですがこれは「獅子舞」の一行ですね。
これまたクリビツしたのでパチリしました。

IMG_1610

IMG_1611
この建物はお気に入りなのです。
目的のお店が近づいてきました。

という事で今日のお店はとんかつ「おかむら」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6-89
電話:03-3235-9196
定休日:土曜日・祝日

IMG_1600
お店の外観です。

IMG_1603
店内の雰囲気です。

IMG_1601
メニューです。

今日のオーダー「豚味噌漬焼定食」@1,360円です。
相変わらず清潔感あふれる店内です。
多分店主の性格なのでしょう。

待つこと1分で突き出しの到着です。
IMG_1606
ちょっとつまみ食いしましたが店主の巧が入った突き出しでした。

待つこと6分で「豚味噌漬焼定食」の到着です。
IMG_1609
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_1607
サラダ美味しです。
キャベツのサクサク感は多分帝都東京のトップクラスでしょう。
豚味噌漬焼は肉が柔らかいですね。
味噌もたおやかな味わいで結構です。
味噌汁には柚子が入っていて馥郁たる香りをたたせています。
すべてが美味しいですね。
敢えて神楽坂ならではの一店といわせていただきます。


それでは(^_-)