下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

萬来

新宿 萬来 リターンズ

今日は「ガラパゴスTOEIC」です
15
TOEICは留学生向けの英語検定であるTOEFL同様、米国発祥のテストと勘違いしている向きも多いが、実は1970年代に日本人有志が発案し、米国のテスト開発機関 Educational Testing Service(ETS)が開発・制作したものだ。
今でも年間16億円前後のライセンスフィーを毎年払っている。
また、TOEICが運転免許試験のように直接英語能力を測定するテストと思われているが、これも誤解だ。
TOEICのスコアは高いのに、実際に通用するレベルの英語を書けない、話せないという、いわゆる「稽古場大関」が輩出される所以だ。

次に、グローバルスタンダードと銘打っている点だが、ETSの報告書には受験者総数の65%が日本人、12%が韓国人と明記してある。日本と韓国で総受験者の八割近くを占めるような試験をもって「グローバルスタンダード」と言うのは不当表示というものだろう。世界に一歩出れば、TOEICの存在自体が全く認知されていない。
TOEICは誰も知らない「グローバルスタンダード」なのだ

コミュニケーションないし英語能力の総合評価だという点については、コミュニケーション能力という複合的なものをリーディングとリスニングで捉えようとすることに無理があり、妥当性があるか疑わしいとする論文がJALT(全国語学教育学会)などで何本も発表されている。
また会社を辞め、自宅に引きこもっていた人が連続二十回以上、満点を達成したことが一部で話題になったが、これなどは笑えないほど皮肉な話だ。本当にTOEICがコミュニケーション能力を測っているならありうべからざる話だ。
「日本人の愚かな『TOEIC信仰』」選択より転載

これには驚きました。
今日の今日までそのような思いはなかったのですが、TOEICは国際標準ではなく日本・韓国標準だったのですね。
主宰団体である国際ビジネスコミュニケーション協会(経済産業省所管の財団法人)に入る受験料は年間60億円台と、その年商は東証二部上場企業並みだそうですよ。
それにしても国際ビジネスコミュニケーション協会の会長は目の付けどころが鴻海ちがうかシャープですね。
TOEICにかかる費用は人件費と印刷代くらいですから、16億円前後のライセンスフィーを引いて、試験そのものの利益利率を90%として計算すれば、差し引き後の利益は40億円、最終利益率66%と高収益であります。
そういえばわが社でも最近、TOEIC、TOEIC、と言わなくなったのは那辺が影響しているのかもしれませんが、それにつけても管理職への昇進要件の一つはTOEIC720点超えですからそれなりのハードルはハードルです。

知っている人が香港にある外資系に転職しようと面接を受けた際に、面接官が日本人だったので英文と日本語両方の履歴書にTOEICのスコアを書いたところ無視されたそうです。
その後で別のカナダ人の面接官がやってきて、その人に対して英語でインタビューしました。
その後くだんの日本人面接官が戻ってきたので、この会社はTOEICを重視していないのですか、と聞いたところ、当社に限らず、外国の企業でTOEICのスコアを見る事はありません。
実際に会社で働いているネィティブと会話させてみれば済むことです。
入社すれば彼らとコミュニケーションを取ることが必要になるので、面接の段階で実際に彼らと英語で意思疎通がはかれるかどうかを試せば十分なのです。
いくらTOEICのスコアを高くても、うちのスタッフと英語で仕事上のやり取りができないような人間はいりませんから、との事でした。
さらにこの面接官は、日本の企業では、採用する側の人間も英語ができないのですよ。
ですから当然、志願者の英語力を自力で見極めることができないのでTOEICという外部の基準に頼らざるを得ないのです、とこそっと裏話を教えてくれたそうです。

最後に私のFBの友達の▲▲さんは、京都大学法学部卒のバリバリのエリートで3年前迄のTOEICのスコアは平均900点でしたが英語がうまく話せず、英会話教室に行っていました。
しか〜し結婚を機にそれすら辞めてしまいましたらほとんど英語が話せなくなってしまったそうです。
いわゆる稽古場大関です。
本人も、なんでTOEICを900点ちこう取っとうのに英語がしゃべれへんのや、と会うたびにこぼてしていました。
さもありなんであります。

Truth is what stands the test of experience.
真実とは、経験という試練に耐えるもののことである。
Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン)


ゆめのはじまりんりん



今日は新宿に出没です。
IMG_1648

IMG_1659

IMG_1663

IMG_1661
昔のホームグラウンドである「思い出横丁(旧:しょんべん横丁)」を散策しました。
この横丁では泥酔あり、乱闘あり、スリ被害ありで、私の青春が埋まっています。
今は昔の恐ろしさというか怖さもなくなって健全な横丁になっていました。
これにはプチくりびつしました。
昔のように、横丁の脇から89383が突然出てきて、ジュクでイキがってんじゃねぇぞ、小僧、ってヒカリモノで脅かされる事はもうなさそうです、ハイ。
ということで今日のお店は今日のお店は「萬来ラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区西新宿1-4-10
電話:不明
休日:日曜、祝日

IMG_1656
お店の外観です。

IMG_1652
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「らあめん」@950円です。
IMG_1654
待つこと5分「らあめん」の着丼です。
見た目ボリューミイです。
それでは実食です。
麺は平打ち細めの縮れ麺です。
この縮れ麺はピタピタと舌にまとわりつきます。
この感触はスープの味わいをふくらませますね。
その麺の上には、シナチク、海苔、ほうれん草と大ぶりのチャーシューがのっています。
スープは少し味付け薄めの醤油味ですが豚骨系の出汁がしっかりとられていて美味しいです。
今日のスープはほのかな甘さすら感じました。
シナチクは良く炊けていて歯触りがプチプチしていて結構な味わいです。
安心していただけるラーメンです。
とても美味しかったです。
満足の一品でした。

ところでここの先代は、新宿で暴走族等をやっているような荒れくれた若者をみかけますと、自ら声掛けしていたそうです。さらに聞く耳をもつ人間は、店に雇い入れてラーメン道の修行をさせ更正させていたそうです。
そして立派に一人前になると、開店資金を用意して独立させました。
この話は、隣で食べていたこの店主と旧知な地元の老人から、偶然に聞いたのです…
先代は立派な方だったのですね

それでは(^_-)

続 新宿 萬来

今日は「私の苦手なこと」です。
人は誰でも得手苦手があります。
私も苦手な事があります。
会社の歓送迎会等で普段話した事のない人と隣席になり、その会の趣旨即ち懇親の為に無理に話題を作って会話をし続ける事です。これ苦手です。
仕事の上ではほとんど物怖じしないのですがね。
上場企業(除メガカンパニー)の社長クラスなら気こそ使いますが、緊張はほとんどありません。
この場合は緊張以前によい打合せをしたいがために意図的にテンションを上げているためでしょう。
だから苦(つらい)というより楽(たのしい)のです。
しか〜しプライベートになるとからきし駄目なのです。正直苦痛なのです。
よく会社の懇親会などで普段話した事のない人を見つけては、気軽に話をしてちょこちょこと席を変わる人がいますよね。これが全くできないのです。
なんでそういう人達は平気に話せるのでしょう。全く理解できません。
さら〜に申せばこのような会の後、たまさか帰宅方向が一緒で同じ電車にのる場合、これに至っては地獄です。
正直言えばトイレでもいくふりをしてそのタイミングをずらしたいのですが、生真面目な為かこれができないのです。
多分私の考えを総括しますと、自分の人生の景色的な人に気を使う事が煩わしいのでしょうね、それともそのような人に対しても好感を持たれたいという潜在意識に対して理性がそれを押しとどめているかもしれません。

対人恐怖
大勢の人の前で話したり、初対面の人と会うのを恐れる気持ちは、だれもが抱えるもの。でもそれによって仕事に行くのも苦痛だったり、体の緊張や震えで日常生活もままならない場合には、「対人恐怖症」の可能性があります、という件(くだり)をnetで見つけました。多分軽度の対人恐怖症なのでしょう。これには該当しません。
このような「対人恐怖症」の人は、赤ちゃんのころから人見知りしやすかった、幼いころ母親と離れる場面でぐずるなど、分離不安が強かった、という体験を持つ人が多くみられるそうです。また神経質で小さなことにこだわったり、潔癖な性格の人、恐怖心を持ちやすい怖がりの人なども、なりやすいといえます。
どうやらこれに該当しているみたいです・・・


この動画見て驚きましたcar!



IMG_1551
今日は新宿に出没です。
今日は台風一過の次の日、真夏が塗り込まれた青空が広がっています。
暑い、暑い日には熱い食べ物をということで今日のlunchはラーメンです。
今日のお店は「萬来ラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区西新宿1-4-10
電話:不明
休日:日曜、祝日

IMG_1550
お店の外観です。

IMG_1555
店内の雰囲気です。

IMG_1552
メニューです。

今日のオーダーは「らあめん」@950円です。
停酒してからラーメンを敬遠するようになりました。
特段嫌いになったわけではないのですが、中国人ならラーメンでしょう、日本人ならご飯でしょう、という様になっただけです。
前回お邪魔した時は先代の嫁いでいる娘さんが陣頭指揮で切り盛りしていましたが、今日はおられませんでした。
その代わり、いかにもラーメン職人という風情の厨房スタッフが元気に切りまわしています。

IMG_1553
待つこと4分で「らあめん」の着丼です。
見た目こんもりしていて美味しいそうです。
麺は平打ち細めの縮れ麺です
その上にシナチク、海苔、ほうれん草とmain characterの大ぶりのチャーシューがのっています。
スープは少し味付け薄めの醤油味ですが豚骨系の出汁がしっかりとられていて美味しいです。
シナチクも良く炊けていて美味しいです。
平打ち細めの縮れ麺も美味しいです。
この縮れ麺の舌にまとわりつく感触が麺の味わいをふくらませます。

IMG_1554
白眉はチャーシューです。
ふっくらとしていて口に入れますとそのふわふわ感が楽しめます。
その肉を噛みしだきますとジューシーでふくよかな肉汁が口内に広がります。
とても美味しいです。この萬来の「らあめん」は完成度が高いです。
ラーメンは美味しいですね。
もう少し食べるようにしますか・・・

それでは(^_-)

新宿 萬来

今日は「アド街ック天国帯広特集」の話です。
懐かしいですね帯広、思わず見入ってしまいました。私は北海道勤務時代担当で月に一回は帯広にいっていたのでかなり詳しいのです。
一応B級グルメなのでON AIRの中の食べ物編を私の行ったことのあるお店で総括してみましょう。

1.(白樺ジンギスカン)
萬来12
ここは一押しですね、とても美味しいです。肉の柔らかさは道内一でしょう。値段も相変わらず@450と安く最高です。マニアックネタなのですが、ここのFreeのふりかけなまら美味いのです。確か店内で販売していたと思います。
2.ぱんちょう(豚丼)…
萬来11
【おいしい物食べ歩記より画像転載】
駅前のお店です。店主の名前が「梅子」さんなので、松ではなく梅が最上級です。値段は「梅」が@1,050です。多少高い気もしますが、味はイケます。
3.クランベリー(スウィートポテト)…
萬来9
水戸部さんのお店です。昔はアンデルセンという店名でした。ここは美味しいです、私は累計で100個以上お土産としてこのスウィートポテトを購入した実績があります。
4.とりせい
萬来13萬来14
私は帯広中央店に入り浸っていました。店主が帯広工業高校OBなので、自然とその関係者で賑わっています。炭火でじっくり焼いた若どり炭火焼と、油でカラッと揚げた若どりの唐揚げが各840円です。どれもプリッとした弾力のある肉の歯ごたえがたまりません・・・イケます。
5.六花亭
萬来7
ここは「マルセイバターサンド(五個入り)」@580しか思いうかびません。萬来8
「十勝日誌(20個入り)」@2,500は東京に行く時100%喜ばれる定番土産です。萬来10
何故か私が帯広で推薦する六花亭系列の坂本直行記念館内にあるオーガニックレストラン「ポロシリ」がでてないのが不思議でした
番外として「炉辺のあかり」ですか、ここ接待でしか来たことがないのですが、たしかお味の割には値段の高いお店と記憶しています。今でも「めんめ(金目鯛の干物)」が@3,050と高いのでした。

萬来1


萬来2

今日は新宿ヨドバシカメラに買物です。よって今日は新宿の名店「萬来」の愛弟子がやっている「らぁめん ほりうち」に行こうとしていたら、ナナ何と本来は営業していないはずの本家「萬来」がリニューアルオープンしていたのでした。ということで今日のお店は「萬来」です。

住所: 東京都新宿区西新宿1-4-10
電話:不明
休日:日曜、祝日

萬来3
店内の雰囲気です。先代の嫁いでいる娘さんが陣頭指揮で切り盛りしています。

萬来4
今日のオーダー「らあめん」@850です。

萬来5
ここのお店は昔取引先が新宿に有ったものですから、週に一回はいっていました。どちらかというと「佐野らーめん」に似ています…正しくは「佐野らーめん」が真似したのだ思います。
麺は平打ち細めの縮れ麺です。味ですか、美味しいですhappy01
アクセントのほうれん草もいけます。少し味付け薄めの醤油味のスープですが豚骨系の出汁がしっかりとられていて味わい最高です。

萬来6
「萬来」といえば「チャーシュー」といえば「萬来」といわれる程ここの「チャーシュー」はトロトロ、ジューシーで最高に美味しいです。久々に食しましたが、なんら変わっていませんでした。

ところでここの先代は新宿で暴走族等をやっている若者をみると、店に雇い入れて修行の中で更正させていました。そして立派な一人前になると、開店資金を自ら用意して独立させてきたそうです。この話は偶然隣で食べていたこの店主と旧知な地元の老人から聞いたのです…先代は立派なかたなのですね

それでは(^_-)

駒込 萬来

今日は会社の部下と軽く飲んだのですが地元に帰ったら小腹が空いて地元の居酒屋で小食をとりながら英語の勉強をしていました。小上がりでは五月蝿いオバチャン達がペチャクチャと喧(かまびし)いしし隠れた小上がりでもオバチャン達が喧(かまびし)いです。

私は今日の復習が終わり早々とお会計をして帰ろうとします、ところが好奇心が強く隠れた小上がりにいる喧(かまびし)いオバチャン達を脇目で眺めたのです・・・普段はしない(嘘)

ナナ何とそのオバチャンの一人が私の奥さまでした。向うもビックリして私の顔を見つめているだけです・・・こんな偶然ってあるのですね。

今日のお店は駒込ラーメンハウス「萬来」です。
萬来1
お店の外観です・・・チョット寂しい感じですね。

住所: 東京都豊島区駒込1丁目40-8
電話: 03-3943-9387
定休日:不明

駒込のB級グルメ店は初見参です。こういうときは下町っ子の嗅覚でお店を探します(笑)
萬来2
このお品書きを見て入ることを決めました。鮮蝦麺(センシャ―ラーメン)辛味のきいたトムヤンクンスープ@750・・・思い切りアブナイ感じですよね(笑)

萬来
お店に入ると客は誰もおらず(12時前に入った為)何となくお店の雰囲気もオドロオドロしく感じられ、実はこういう暗いお店も好きなのです。
今日の獲物。鮮蝦麺(センシャ―ラーメン)@700です。外のお品書きより店内のお品書きの方が▲50円安い・・・不思議ですね(笑)

萬来4
具はイカ、ピーマン、キクラゲ、豚肉、キャベツ、ニンジン、タマネギ等の豊富の具を熱々の火力でサックリトアオッタものです。
味ですか、麺はノビノビで×でしたがスープは何と何とイケました、辛さも程よく美味しさを倍加させていました。かすかに、本当にかすかにですがトムヤンクンの香りもしましたし多分スープスットクが良いのでしょうね合格合格合格
仄聞するにこのお店「タンメン」の名店らしくコアのランチタイムになれば満席の繁盛店です。そう評価するとなんであんな暇なときに麺の茹で具合を間違えたのが残念でなりません。妙に後ろ髪を引かれたお店でした。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ