下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

英会話

新座 レストランテ さかい

今日は「京都」の話です
さかい1
前回京都に紅葉狩りに行く話をしましたが、運よく抽選であたれば訪れる「修学院離宮」の全景です。ここは17世紀中頃、後水尾上皇によって造営されたもので、上・中・下の3つの離宮からなり、借景の手法を採り入れた庭園として,我が国を代表するものです。ここの紅葉は京都一でしょうね、だって宮内庁管轄ですから(笑)

さかい2
このお店私が大阪単身時代に京都にいけば必ず飲みにいっていた「京極スタンド」です。このお店、昭和初期の雰囲気が漂う店内と料理で有名です。ちなみに働いている方も昭和の匂いがプンプンしています、わかりますよね(笑)
この画像はMidblueさんよりの転載です

今日の英会話で今秋「修学院離宮」に紅葉狩に行くんだと話していたら、先生から何で京都に紅葉狩に行くのにアイスクリーム屋さんに行くのだという話になり、なにかディスクレ(discrepancy=口違い)があるなと思って聞きなおしたら、先生は「修学院離宮」を「Sugar Queen DQ(有名アイスクリームチエイン店)」と聞こえていたらしいのですね、皆で大笑いしました。

「修学院離宮」の抽選当れば本当にウレシイですね

さかい3
今日のお店は新座(実際はほとんど大泉学園)で有名なイタリアン、レストランテ「さかい」です。このお店は元大泉学園在住(ご結婚されて引っ越された)の元TBSアナウンサー山本文さんの御用達だったようです。お店の外観です。

住所: 埼玉県新座市栄5-2-6
電話番号:048-477-4963
定休日: 月曜日

さかい4
店内の雰囲気です。

さかい5
お店のメニューです。

さかい6

さかい7

さかい8

さかい9
本日のオーダー「ペペロンチーニ」@900です。これには写真の様に、サラダ、パスタ、パン、コーヒーがつきます。

さかい10
野菜が多くてなにやら「焼きソバ」の様ですね。味ですか…薄味すぎて分かりません(笑)
塩をかけて始めてパスタの味が分かりました。
多分このお店の味を好きな人は好きなのでしょうが、私は駄目です。
ジャズの「セッション」を聴きにいったら「津軽ジョンガラ」を聞かされたような感じです。
でもこのお店とても感じよい応対してくれますので繁盛店なのは納得です。

それでは(^_-)

変な先輩

今日は「変な先輩」の話しです。
昨日久々に21時という早い時間に仕事が終わったので後輩と飲みに行きました。

会社から少し離れているのですが、行くお店は英語のできるカラオケ居酒屋(スナック)なのでチョコチョコ訪れているのです。そこでツマミをとりながら英会話の勉強です。といっても雑談ですが(笑)
お店の方は日本語が完璧にできるので言葉に詰まった時、日本語でこういう時なんていうのと聞けて楽なのです。

しばらく雑談していると奥にかなり聞こし召したオジさんがいます。
オジ「なんだよ今日の客は中国人ばっかか」
とママに言っています。
ママ「エッこのお客さん達日本人ですよ。仕事で英語を使うので英語の勉強にきているのですよ」
オジ「二人とも日本人?アソウ、なら良かった。俺中国人嫌いなんだよ」何が言いたかったんだろう?

その後このオジサン一人でカラオケに興じていたのでほっといてママとダラダラ話していました。するとこのオジが突然私達に英語で話しかけてきました。
適当に相対していると、どうやら英語で話し続けるのに疲れたようで、急に日本語に切り替えてきました。
オジ「俺はエリートなんだ。高校は塾高(慶応日吉高校)で大学は内部進学せず九州大学薬学部を狙って他大受験し二浪したんだ。結果的に九州大学薬学部を滑って仕方なく滑り止めの慶応の経済に入ったんだ。これが本当の覆水盆に戻るだね」
それを聞いた後輩が言わなくてもいいのに
後輩「隣の××さん(私の事)も慶応ですよ」
敢えてプライベートで飲みにきているので、こういうセレモニーはすごく面倒臭いのですが、このような時のお約束として次のように挨拶をしました。
私「そうですか先輩ですか失礼しました。私は125期生です。こんなところで塾の先輩に会えるとは感激です。宜しくお願いします」

ここまでは良くある話なのですが、この後からが変なのです。
こういう場合って共通の話題で盛り上げるのが常套話法ですよね(笑)
しかしどうも話が噛みあいません。
まず変なのはやたら「慶応、慶応」といいます。少し嫌(いや)らしいのですが私達はあえて言いません。こういう時の大学の呼称は、「塾」です。
さらに自分が何期生覚えていません。お年から推察すると100期生代ですがそれすら失念しています。
それにアフタースクールでの飲み食い場所が全く一致しません。
特に塾高行っていたのにも係わらず日吉の商店街の通りの名称がいえませというか全く覚えていません(変)
私もそれなりに酔い始めたので、ここまではそれほど気になりませんでした。

その後ダラダラ飲んだり歌ったりしていました。
決定的なのは後輩が気をきかせて、カラオケの締めで慶応の応援歌「若き血」を入れました。
そしてここでのお約束の肩を組んでのご唱和です。
このときこのオジサンの異常さに完璧に気がついたのです。
なな何と「若き血」をカラオケの字幕を見て歌っており、歌も音痴というのではなく音程が違うのです。
さすがにこんな塾の先輩はいません。

すると今までの不一致がハッキリしました。
このオジサン実は先輩ではないのですね。
オジサンこのお店の常連なのでずーっとこのような話で今まで通していたのでしょう。
まさか後輩が来ると思わなかったし、最初の私達の摺り込みが中国人(ホットイテクレ)だったので、酔っている中どっかでセーフティネットが効かなくなってしまったのでしょうね。しかし手の込んだ話しを作るものですね(笑)
この話し鼻についたらごめんなさい。でもこのサプライズ是非とも書きたかったのです

今日のお店は「爛漫屋」です。
住所: 東京都足立区千住2-49
電話番号:03-5284-5656
営業時間:11:00〜22:00
今日の獲物は「冷やし中華+スープ+ザー菜+デザート」@700です。

まずこのお店すごーっく綺麗です。最初お洒落な美容室かと勘違いしたほどです。
一応だまされてみようと思ってお店に入ると、店内は白色で統一され木製フロアーとのコントラストはまさに癒しの空間です。やはり中華料理店の雰囲気はなくやはり美容室ですね。
でもこの清潔感たまりませ気に入りました。
冷やし中華は錦糸卵、チャーシュー、胡瓜、海老、中華ハム、若布、紅生姜そしてオレンジに見えるのは海老の子です。盛り付けが綺麗でしょう。
醤油タレもおいしく、麺もシャキシャキヒンヤリでグッドです。デザートの杏仁豆腐もいけました。この内容で@700はまさにB級グルメといえるでしょう。


それでは(^_-)

大泉学園 十兵衛

昨日は成田でお仕事です。
一日中倉庫内だったので寒いの寒くないのったら(クシュン)本当に底冷えがしました。
そして夕方には英会話のDavid 先生が英国に帰るというので英会話の仲間と送別会です。
つたない英語で聞いてみるとどうやらあまりハッピーな話ではないようです。
David 先生は今年で御年29歳、商社に努める日本人の奥さんと二人住まいです。
当初はDavid 先生のホームシック説で奥さんも英国に留学していたので一緒についていくという事でしたが実際はマギャクでした。
実態は次のようです。
奥さんからDavid 先生はこのまま英会話の先生を続けていても日本での生活は成り立たないので帰国して生業につきなさいということのようです。
でも帰国しても仕事もないようで、しばらくは大学で取り残した単位をとりながら仕事を探すとのことです。
私は大学卒業しているに何故また復学するのか聞きましたがその返答は良く分かりませんでした。
そして奥さんは今回の帰国は帯同しないようです。即にそれは離婚ですかと問いただすと離婚はしないが英国にこないのも事実だそうです。
David 先生は素封家の出自らしくて一人で暮らすのは困らないようですが、家庭を持つとそれなりに大変なようです。
私が知っている範囲では、日本に定着している英会話の先生の過半は奥さんの収入に依存しているようです。
国際結婚の難しさの一面を垣間見ました。

今日は大泉学園の行列店「十兵衛」に次男坊と行ってきました。
住所::  東京都練馬区石神井台3-24-39
TEL:03-3995-3113
定休:月曜日

十兵衛店先
ここ本当に場所が分かりにくいです。しいていえば十兵衛の角にある銭湯の煙突が目安です。でもこれを頼りにすると行くまでに首が疲れますね

たしかここのご主人学校の先生だったと記憶しています。
趣味が高じてラーメン屋さんになったようです。
お店の名前はご主人が「十兵衛」という名前が好きだったことからつけられました。

十兵衛説明書
十兵衛の説明書きです


私も次男も「十兵衛ラーメン」を注文しました。
十兵衛ラーメンとは、和風ダシと豚骨ダシの合わせスープです。
十兵衛ラーメン
個人的にはトンラーメンが一番美味しいと信じていますが、世論の支持がえられていません(何故
ナルトが可愛いですね(笑)

味ですか麺は太麺でもっちりしています。味はこのスープに魚粉が加えられておりコクを増しています。チャーシューもトロリ感があってマズマズです。
安定した美味しい味と言えるでしょう。
しかしアクセスが悪すぎるのと、近隣に駐車場がないため今日は駐車場から20分ほど歩いてしまいました。当初駐車場があると聞いていたのですが、ぞの実は駐輪場で車は止められません。ご主人が学校の先生なのに漢字の使い方がなっていません(プンプン)

それでは(^_-)


ポトラックパーティ

本日は英会話学校のクリスマスパーテイをポトラック形式(英;「potluck」各自1品づつ持ち寄り楽しく食事をするパーティ)でやるということで午後19:00に英会話学校に行きました。
下町っ子なので始めての経験です。
会場に着くと、お子チャマ(Kids School)とその母達が多く来場しており立錐の余地も有りません。
会費が@900なので、ショッパイ貧乏パーティかと思いきやとんでもございません。
冷静に考えると、私の住んでいるところは田園調布、成城学園の次に社長が多く住んでいる街です、尚私は全く違いますのでご安心ください(しなくてもいいか)。
そうなのです、年端もいかない子供達に英会話をさせる家庭って何となく想像できますよね、つまりセレブ家族が大挙して参集されたのです。
さらにイヤらしいのは、母親達がとても英語が上手です。
担任の先生に流暢な英語で自分の子供の英語レベルをチェキしています。
何なのでしょうか全く洒落になりません、英語を習っている人たちは全く顔色がありません。
お酒が入ってくると各自完璧な英語で仕切りますし、(゜-゜)という感じですね。
でも英会話のパーティなので全部会話は英語なのですが、飲んでまで話す気にはならず日本人同士では日本語で話しているのですよ(ウン)。

ということでこのパーティをパチリで楽しんでください(笑)
最初のパチリは皆様が持ち寄りの手作りの料理のホンの一部です。


これがとても美味しいキッチュです。これは絶対ホテルでも売れますよ!


手作りケーキです。折り返しの時にこれにローソクを立て「聖しこの夜」を英語で歌います。以外に甘くなく大人の味でした。


カナダ人のGreg先生です。発音チェキがとてもウルサイです。
一度発音を三四回直されそのシッツコサに通じれば良いではないですかと英語でガブ噛みしたら、すかさず英会話学校の授業ですから当たり前ですと涼しい英語で切替されました(あたり前か)。


まぐろの漬け握りと鳥の親子握りです。これも美味しく秒殺で皆の胃袋に収まりました。


最後はカナダ?のパーティゲームです。名前はPut a tail on the donkeyです
カナダ版福笑いですか?目隠しをした子供が尻尾を○の部分につけたらご褒美をもらえます。
これは英語で子供達にLeft,Right,Up,Downと方向を教えるのですが子供達が皆燃えていましたネ(笑)。


最後はビンゴで大盛り上がりまして(万国共通)終宴となりました。
異国情緒に触れられてとても楽しかったですよ(笑)
それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ