今日は「ロードマップ」です。
toyota
トヨタ自動車は18日、自動車向けの情報サービスを刷新すると発表した。音声認識技術を全面採用。画面を一切触らずに経路をはじめあらゆる情報を検索でき、運転しながら会話をする感覚で使える。自動車向けの情報サービスはスマートフォン(スマホ)大手の米アップルなどが始める予定。トヨタは自社のサービスを改良することで、スマホ世代の若い顧客のつなぎ留めを狙う。
トヨタは2002年、車向けに経路検索や交通情報などを提供するサービス「G―BOOK」を開始。トヨタ車に搭載する純正カーナビゲーションシステムで利用できる。新サービスの「T―Connect」は7月以降に発売する純正カーナビなどで使えるようにする。ナビと自分のスマホを無線接続して使う。サービスは原則無料。

特徴の一つは運転手との自動対話機能。ナビに呼び掛けて経路や店舗などの情報を問い合わせられ、結果も具体的に音声で返ってくる。「近くで今使える駐車場がある所を教えて」と尋ねると、「3件あります」「最も近いのはスーパー○○です」「3キロ先です」などと会話を重ねるように案内する。
スマホの音声認識サービスに比べてより具体的な回答ができるようにした。自動で答えられない場合はオペレーターに切り替わり、オペレーターの回答履歴を学習して精度を上げていく。
もう一つの特徴はスマホと同様、外部の企業が開発したサービス専用の様々なアプリ(応用ソフト)を用意すること。当初は自宅のエアコンを操作できるパナソニックとの共同開発アプリなど14種類が使える見込み。娯楽関連や暮らしなど多様な分野でアプリをそろえる。ナビに取り込むことでスマホのように機能を高めていける。
スマホとも情報を共有し、駐車場で車をとめた後、徒歩で最終目的地まで経路の案内を続けるなどの機能も備える。

アップルは今年3月、車向け情報サービスを発表。イタリアの「フェラーリ」やドイツの「メルセデス・ベンツ」などがサービスを利用できる端末を標準装備した車を発売する予定。米グーグルも計画を打ち出すなど、国内外で本格化する見通しだ。
トヨタはアップルのサービスを導入する意向も示しているが、国内ではまず自社のサービスを提供。海外展開も視野に入れている
『トヨタが「会話するクルマ」』日本経済新聞より転載

061110_2
今日のフリネタは「ロードマップ」です。
ロードマップ(Roadmap 行程表)とは、プロジェクトマネジメントにおいて、用いられる思考ツールの一つです。
どこの会社でも会議の時にやたら使われるので人口に膾炙した言葉ですよね。
用途としては、
未来予想図の提示
合意形成ツールとして、
目標管理ツール
計画表
等様々で、その用途によって、内容もまちまちですが、概していえば、「具体的な達成目標を掲げた上で、目標達成の上でやらねばならないこと、困難なことを列挙し、優先順位を付けた上で達成までの大まかなスケジュールの全体像を、時系列で表現した計画表としてもよいのでしょう。

実はこのトヨタさんの「会話する車」は、2003年頃に中国で生卵ご飯を食べた人から聞いていました。
その時点で「車のIT化のロードマップ」はすでに有ったわけです。
まさかそこから11年もかかるとは・・・
予定通りかどうかはさすがに確認するすべはありませんが、さすが世界のトヨタさん、きちんとfaceを合せてきましたね。

実は私はこのような「ロードマップ」的考えが大好きなのであります。
といっても端からこのような考えを持っていたわけではなく、ひょんな事で一時期ワタミの渡邉社長と定期的に会う事があり、彼の口からいつもほとばしる「夢に日付を入れる(未来行動計画書)理念」にいたくいたく共鳴したからなのです。「夢に日付を入れる」ことは、即ち自分が今何をすべきなのかを知ることができる事です。
そして自分の軌跡をふりかえれば、夢に向かって自らが何を成し遂げたかがわかるのです。
自分は何ができて、何ができなかったのかがわかるようになれば、人生はふくよかになっていきます。
言い換えれば人生の「milestone」であります。
絶えず自分の立ち位置がわかれば、心の葛藤も消え失せ、自分の考えがスッと一本の道にのびていくように思えるでしょう。
実は家庭環境もあり社会人になるまでは完璧な行き当りばったり人間で、何物にも邪魔されない甘い夢を見続けていたいがために、いつ果てるとも知れない助走を続け、跳躍する事は一切せず、自らかを損なっていたのでした。

目標は達成されればそれに越した事はありません。
人生は長いマラソンです。順調な道行きは決してありません。
しか〜し自分が今どこにいてどこに行こうとしているのかは、自らに教えてあげていたほうが、自らの人生に資するのではと思っております。
こんな事を書く日もあります。


日本のコマーシャルは変なのが多い!?
海外「日本のCMって変なのが多いけど、でも世界で一番面白いかも


IMG_1328
今日は豊洲に出没です。
今日のlunchは「永利」豊洲2号駅前店さんです。

住所:東京都江東区豊洲5-5-1シェルタワー1F
電話:03-3536-9606
定休日:無休

IMG_1332

IMG_1331
お店の外観です。

IMG_1341
店内の雰囲気です。

IMG_1334
メニューです。

今日のオーダー「玉子とレタスチャーハン(スープ・サラダ・デザート付)」@730円です。
このお店は前回取引先の接待の二次会できました。
それ以前に池袋本店は何回も通っておりますので比較的安心して中華が楽しめるお店です。
ただ〜し、このお店は厨房が店内からはっきり、くっきりと見えてしまう構造になっているのですよ・・・
・・・の後は行間を読んでください。
しか〜しご心配めさるな!
中華料理のほとんどは火が通りますので没問題(メイウェンティー=no problem)なのであります。

IMG_1336
待つこと4分で「玉子とレタスチャーハン(スープ・サラダ・デザート付)」の到着です。
見た目こんもりしています。

IMG_1337
それでは実食です。
玉子とレタスチャーハンは意外にあっさりと炒めており美味しいです。
ご飯のふんわり感が高評価です。
で〜もちょっとご飯の量がtoo muchですか。
普通の中華飯店の倍はあります。

IMG_1338
杏仁豆腐は池袋の味に近いというか同じです。
いずれもかなり濃厚な味ですので、美味しくいただけます。

IMG_1339

IMG_1340
サラダとスープは特筆するものはありません。
池袋本店のようなdeepさはありませんが安心し且reasonableにlunchがいただけるお店です。

それでは(^_-)